5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

だれか不条理系のモー娘。小説書いて

1 :名無し募集中。。。:01/09/16 03:21 ID:pQXfWcSM
カフカとかアルトー、中原昌也みたいな感じで
ドストエフスキー風のも読んでみたい

難しいかも知れないけど、お願いします

黄色い狛犬さんあたりにも参加してほしいな

2 :名無し募集中。。。:01/09/16 03:31 ID:ZG7h5lW6
テーマがちょっとむずかしすぎるな
以前だったら小説職人が張り切って書いてくるところだろうが
つーか、娘。小説家少なくなったよね

3 :名無しさん:01/09/16 03:35 ID:dbyz5.aY
名無しさを知ってるかい?

4 :堕落詩人:01/09/16 03:52 ID:kCq3/ZMA
まず飯田は使えそうだ
あと辻あたりがまったく違うキャラで不可解な行動を起こすと面白いかも

5 :名無し娘:01/09/16 04:06 ID:UWND2w6M
そういや、豚版にバトロワ書いてる職人さん。居たよね。

6 :世にも奇妙な娘。より:01/09/16 04:43 ID:1RtPKkTs
あるよく晴れた日、お母さんが家を出て行った
あるよく晴れた日、お母さんが交通事故で死んだ
あるよく晴れた日、お姉ちゃんが付き合ってた男の人に殺された
あるよく晴れた日、ペットのハムスターが病気で死んだ

     ・・・みんな自分勝手すぎるよ。
        私は今日も一人ぼっち。
        私はいつも悲しかった。
      もっと頭を撫でて欲しかった。
      もっと一緒に色んな話をしたかった。
      もっと一緒に寝たかった。
         もっと、もっと。

ううん。でももういいの。私は自由になるの。全てのことから・・・・

希美は廃ビルの屋上に上り転落防止用の鉄柵を越えた。
わずかばかりの足場を確認し下を見る。
眼下に広がる眠らない街東京。きれい。心からそう思った。
  怖くなんか無い。大丈夫。サヨウナラ私・・・
踏み出した足は地面に着地することなく希美の体は重力に従い東京の街に吸い込まれていった。

7 :世にも奇妙な娘。より :01/09/16 04:44 ID:1RtPKkTs

                ノハヽヽ
              (   ´)
              (  メ_)
              (_(__/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                |
                |
                |
                |
                |
                |
                |
                |

8 :名無しさん:01/09/16 04:50 ID:qxhAvzCg
ある朝、吉澤ひとみが不安な夢からふと覚めてみると、ベッドのなかで自分の姿が
一匹の、とてつもなく大きな保田圭に変わってしまっているのに気がついた。ちょ
っとばかり顔を触ってみると、つり上がった目と張っているエラが確認できた。昨
日まで美形だった容姿に比べると、今は悲しくなるほどブサ○クで、短い手足が頼
りなく目の前でひらひらしている。

いったい、自分の身の上に何事がおこったのか、と彼女は考えてみた。夢ではなか
った。人が住むには少し手狭な感じだが、一人暮らしならさほど問題はなかった。
きちんと整頓されている部屋は、なじみ深い壁に四方を囲まれて静まり返っている。
自分の写真が載っている雑誌類が広げてあるテーブルの上の方には――吉澤ひとみ
はアイドルだったのだ――最近、彼女がある雑誌から切り取って、きれいにスナッ
プしている写真が飾ってある。

それは少女の写真で、その少女はピンクの帽子をかぶり、ピンクのワンピースを着
て、ピンクのスカートをはいて…とにかく全身ピンクだらけだった。彼女の名前は
石川梨華。吉澤ひとみが密かに思いを寄せている少女であった。

9 :世にも奇妙な娘。より:01/09/16 04:51 ID:1RtPKkTs
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                |     ミ
                |         __ __ノハヽヽ
                |      (( (;;_(;;_)⌒ つ ))
                |         ゙ー゙ー^メ_)
                |              彡
                |
                |
                |

10 :世にも奇妙な娘。より :01/09/16 04:53 ID:1RtPKkTs

               ぐちゃ
                  、、, ,;'・''
  _______   把,;;;,っ      ________
  ───────       uu        ────────
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.               /             \
            ///       \\\
            ///           \\\
.         ///                 \\\

11 :名無しさん:01/09/16 04:53 ID:Gu0UlW76
http://www.sex-jp.net/dh/01/
http://www.sex-jp.net/dh/02/
http://www.sex-jp.net/dh/03/
http://www.sex-jp.net/dh/04/

12 :密航者A:01/09/16 10:45 ID:14gQgbhk
『かおりの青空』

かおりは思った。
なぜこの世には空というものがあるんだろう。あの青い空。青い空。
そこにはうっすらとした一筋の雲がはかなげに流れている。さわやか
な気持ち。悲しい気持ち。もう何もかも終わりにしたい気持ち。…そ
れまで完全に透明だった光が色を得て、時々まばゆく輝く。

こんな私でも生きていっていいのかな?

焦点のない「青」の中にそっと尋ねてみるかおり。
ただただおおらかに、そして冷たく沈黙する空。
…ハハハ。
けれど、彼女はそんな思いを抱かせてくれるあの青空が何より好きだった。

13 :密航者A:01/09/16 10:47 ID:14gQgbhk
ところが今日はいつもと何かが違った。
そんな青空と一体化したような感情の余韻にしばらく耽っていたら突
然、源泉不明にして純粋な怒りがこみ上げてきて、何かを憎悪するよ
うに激しく叫ばずにはいられなくなったのだ。

殺す! 殺す!

空気は一瞬にして凍りつく。
異様なまでの歪みをそこかしこに漂わせながらまるで見えない磁場が緊縮
していくように、いや、それが途中で遮られたまま止まってしまったかのよう
に。すると、今まで彼女のことなど少しも気をかけずに電信柱の陰で生ごみ
を漁っていた一羽のカラスが己の恐怖を誤魔化すようにして間抜けな鳴き
声を二度ほど発した。と同時に、どこからともなく薄汚れた野良犬がわざわ
ざやってきては呼応して嘴をパクパクさせた(そう、まぎれもなくそれはくち
ばしだった! 犬なのに)。しかもご丁寧なことにこのちぢれ毛め、あさって
の方角を見つめてうんうんと頷いてみせるではないか。

14 :密航者A:01/09/16 10:48 ID:14gQgbhk
…はたしてその時、彼女の殺意はどうなったのであろう。
おそらくある意味では減じたであろうし、また別の意味では幾倍にも膨れ上
がったちがいない。一抹の鋭いノイズが全身を駆け巡り……その行き場の
ないさみしさに打ちのめされ…。もちろん彼女はカラスや野良犬のことなど
どうでもよかった…。

唐突にかおりは甲高い声で笑いだした。

太陽はまだ静かに照っている。
青空もまだ健在だ。

15 :密航者A:01/09/16 10:52 ID:14gQgbhk
ちょっと短かめですが
>>12-14の感想お願いします

16 :名無し募集中。。。:01/09/16 11:16 ID:10vFfhvQ
こういうタイプの小説は初めて読むな

17 :名無しさん:01/09/16 11:31 ID:fEhHuTG2
小説じゃないけど、こんなのも昔あったな。
http://natto.2ch.net/morning/kako/985/985977184.html

18 :「貴方を見つめていてふと気付いたのどうしてかしらね」:01/09/16 12:41 ID:orA5I8W2
 ある夜、飯田圭織は考えた。この世は、私を中心に回っているのではないかと。
 30分ばかり考えてみた結果、やはり世界は自分の為にあるのだという結論に達した。

「カオリね、色々考えてみたんだけど、そういう事な気がするの」
 昨晩の熟考を飯田はメンバー全員に話してみた。
 頭の中で考えた事を言葉にするのは、意外と面倒な作業だった。途切れ途切れになりながら、
2時間近く話して聞かせた。

 矢口真里は悩んでいた。飯田の長話しには慣れているつもりだった。
 しかし、今日の話しはいつもと様子が違っていた。彼女が導き出した結論があまりに突拍子も
無かったのだ。

「ねぇ、少し疲れてるんじゃないの?」
 あれこれと言葉を選んだ結果矢口はこう返してみた。反論をしみても恐らく意味がないと思ったから。
 飯田はああ見えて意外と哲学めいた所がある。彼女が話した内容は、正直言ってよく憶えてなかったが、
彼女の事だ、論理矛盾はしていないのだろう。だから、発言の内容より、その行為自体に返答してみた。

「別に?」

 加護亜依は眠くなっていた。途中から見始めた映画が意外と面白くて、明け方近くまで起きていたから。
 早く終わらないかなと飯田を見ると、ちょうど目があってしまった。正直しまったと思った。

「加護はどう思う?」

19 :名無し募集中。。。:01/09/16 12:42 ID:orA5I8W2
続くかんね。やめろと言われても。

20 :名無し娘。:01/09/16 14:11 ID:pV4iwQPw
>>12-14
良い文章書くね。いくらシュールでもリアリティが生命線になるから。
偉そうでスマソ

21 :名無し募集中。。。:01/09/16 21:03 ID:4aLyCvas
マターリ優良スレで逝こうage
>>12-14>>18だけじゃなく
他の2ch小説家も書いてみせて
あ、18は改行に気をつけてや、ちょっと読みにくい

22 :密航者A:01/09/17 01:21 ID:e4bbPhoo
『プラトニックラブ』

加護亜依(13)はいきなり車の前に飛び出した。

「何があろうとウチが死ぬはずがない」

とみに最近弟子の辻希美(14)にお株を奪われがちだった彼女は、つい日頃の自信過
剰とは裏腹な不安から、ふとそんな無謀な行動に出てしまったのだった。

と瞬間、一緒にいた石川梨華(16)は久しぶりにポジティブという言葉を思い出し、
ここを逃す手はないとばかりにウキウキ、笑いころげた。腹をかかえて、指をつんと
張って突き出して。グチャグチャになった死体を前にして大爆笑だった。

「なに? あいぼん そのザマは!! ハハハハハハハハハハハ!! は・は・は!」

すると、それまでずっと(といってもその間20秒ほどにすぎなかったが)、ある種宗
教的ともいえる荘厳な沈黙を守っていた殺人運転手(初老)がいささか性急なリズムで
車から飛び出してきて嬉々とした顔で言い放った。

「な、な、なんという絶妙なタイミングだ! その、そのツッコミ! 俺にくれ!」

たが運転手はあべこべなことに死体に向かって賛美をあげていたので、石川は貴族
出の令嬢らしくふいに不機嫌になり、そこを去ってしまった。…しかし今日は暑いな…。

数年後。
当時あの場に居合わせていなかったにもかかわらず、辻リーダーはメンバー全員と共
に取材者を前にして述懐する。いかにもそれは甘美な思い出だといわんばかりにマル
ボロを口に咥えて、かろうじて白くある煙をくゆらせながら。

「あれはひとつの美でした。まさしく少女の儚さを象徴する感動的な事件でした。
 ああ、あいぼん、どこへ逝ってしまったのれすか…」

希美は涙を流した。

今、モーニング娘。は空前絶後の10年天下の時代に入ろうとしている。
加護は永久メンバーとして奉られ、石川は依然行方不明だ。そしてかの運転手は出所
後、娘。の敏腕マネージャーとして大活躍中なのは云うまでもない。

23 :密航者A:01/09/17 01:26 ID:e4bbPhoo
また>>22に書いてみました。
あんま誰も読んでないみたいだけど今度はどう?

24 :名無しさん:01/09/17 01:29 ID:JvsU6QQw
不条理というよりバカ小説。

25 :密航者A:01/09/17 01:36 ID:e4bbPhoo
>>24
俺はそれをホメコトバとして受け取った!
ありがとう

26 :名無し娘。:01/09/17 02:48 ID:sED5SYbs
age

27 :名無し娘。:01/09/17 02:49 ID:sED5SYbs
>>24
本物?
だったら書いて

28 :コピペ:01/09/17 02:53 ID:lZtqHVHU
「モーヲ高橋、おはよ!」
「よーちぇけらっちょ! モーヲ谷村」
「昨日、マリアみた? 陽世かわいかったよなー」
「うん、見た見た。 『うんとかすんとか言いなさいよ!』 って言われて
 『うん、すん』って言ったときが最高だったよな!」
「そうそう、あれは萌える!」
「もえるよなー」
『も、もえ〜』
ボボボボオオオオオッッッ!!

〜〜〜〜
ウーウー
「リポーターの理保尾田子です。 えー、私は今、人体自然発火現象によって
 2名の死者が出たという悲惨な事件の現場にきております」

29 :名無し募集中。。。:01/09/17 02:54 ID:lZtqHVHU
>>28 こういうのも不条理?

30 :名無し娘。:01/09/17 03:03 ID:sED5SYbs
イエス

31 :名無し娘。:01/09/17 03:07 ID:3OPA8p3M
今日、雪がふりました。ののはびっくりして、飯田さんに言いました。
「飯田さん、雪がふってますよ」
飯田さんはののの教育がかりで、リーダーです。とてもえらいです。
飯田さんは言いました。
「うん、ふってるね」
ののはまたまたびっくりして言いました。
「へんじゃないですか。だって、今は夏ですよ」
すると飯田さんは言いました。
「うん、へんだね。夏に雪がふるなんて」
ののはあんしんして、ふーってなりました。
だって、へんなのはののじゃなくて、雪のほうだったって、わかったんだもん。

おわり

32 :名無し娘。:01/09/17 03:12 ID:w28rjOeo
>>31
いいね

33 :名無し娘。:01/09/17 04:20 ID:lDQpBqgI
>31
癒し系だが、いい

34 :モソップ:01/09/17 04:34 ID:XHmtFaZ.
私は誰でしょう?
背はまあ低いほうだけど童顔なの
えがほには自信があって淋しがり屋さん
歌で元気が出るタイプなの
私は誰でしょう?

35 :名無しさん:01/09/17 04:53 ID:xG3Bd7PA
モネ−ル

36 :名無し娘。:01/09/17 19:02 ID:wzVDDTpM
age

14 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)