5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

夜空ノムコウ

1 :よすぃ最高:01/09/17 18:53 ID:p67pZQfQ
#1 拉致監禁

「いったーーーー。」
吉澤ひとみが意識を取り戻した時、そこは暗く、明かりは裸電球1個だった。
そばに倒れている石川梨華に声をかける。
「梨華ちゃん、大丈夫?」
「あ、よっすぃ〜。いたっ!」と頭を押さえる。
薬の副作用のような頭痛が2人に残っていた。
「梨華ちゃん、ココ何処だろう?」
「分かんないよ・・・・。どうしたんだろう私たち。」
「えっと・確かレコーディングスタジオ行く途中で・・」
2人が思い出すのにそう時間がかからなかった。
「みんなでタクシー乗ってて・・・」

2 :よすぃ最高:01/09/17 18:54 ID:p67pZQfQ
「確か変な男の人が『モーニング娘。ですよねって』って聞いてきて」
と、吉澤が言った。
「そうだ。何か変な薬嗅がされて・・・」
4人はクロロホルムを嗅がされ拉致されたのだ。
「ねぇ梨華ちゃんごっちんがいないよ」
「矢口さんもいない、逃げられたのかな」
途端、視界が明るくなる。突然のまぶしさに目を細める2人。
トビラが開いたそこには数人の人影。その明かりでココが倉庫のような場所と判る。
「やっぱ、この2人が一番かわいいな・・」
そう言いながら近づく2人の男。
「キャっ、何?」梨華が悲鳴をあげる。
「このアニメ声!たまんねえよな。」
梨華と吉澤に男が1人ずつ飛びかかる。
「やだ!何すんの!」吉澤が抵抗すると、男が言った。
「お前らの事務所にさあ、お前ら返してほしかったら10億用意しろって言ったのにはらわねえんだよ。だから仕方ないよな・・。」
「10億?そんなお金払えるわけないじゃっ、あっ、あっダメ!」
吉澤の抗議が途切れたのは、敏感な耳をしゃぶられたからである。

3 :名無しさん:01/09/17 18:54 ID:n.symFmc
 [_________]
 .[_______◎__]
 [_________]
  /  /  ― ― |
  |  /    -  - |
  ||| (6      > |
 | | |     ┏━┓|   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| | | |     ┃─┃|  < 正直、コピペパラダイスになりそうなので終了
|| | | |  ∬ ┃ )┃    \________
| || | |  ∬∬(((∬
      ∫∬)))|
       ∬(((‖

4 :よすぃ最高:01/09/17 18:55 ID:p67pZQfQ
「ああん、だめ、いやーーーーー!」
悲鳴を上げる梨華は服の下に手を入れられ、その16才とは思えない抜群のスタイルの胸を揉みほぐされていた。
「ほら、見ろよこれ!」
吉澤に突きつけられたのは1枚の写真。全裸にされ痣をいっぱい造られた矢口真理の写真だった。
「あ!矢口さん、何をっ、あっ、あっ、ダメェーー!」
その間も耳を舌でまさぐられながら、手では胸と股間を刺激されていた。
「ごっちんは?ごっちんは何処?」
何とか理性を保ちながら吉澤は聞く。
「逃げやがったんだよ。早く目さましやがって。だからその分、お前が埋め合わせてくれよ」
「何?どういう意味よ。あっ、イヤーーー」
「こういうことだよ!」
と、吉澤のスカートに手を入れ一気にショーツを下げ降ろし、口を当てる。
「やだやだ!変態!!」
隣で同じ事をされてる梨華が声を上げる。
「ああたまんねえ!梨華ちゃんのアニメ声!」
梨華を犯していた男は、やおら立ち上がると、自分のズボンとブリーフを降ろすとサーベルのように立ち上がったモノを梨華の口に突きつける。
「ほら、そのカワイイ声出す口でいかせてくれよ!」
男は強引に梨華の口を押し広げ、自分のものを押し込む。

5 :ヽ(´▽`)/:01/09/17 18:55 ID:ikPzpV7g
http://www.sex-jp.net/dh/01/
http://www.sex-jp.net/dh/02/
http://www.sex-jp.net/dh/03/
http://www.sex-jp.net/dh/04/
(゚д゚)ウマー

4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)