5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

字書きさん談話室 第3分室

1 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/23 05:52 ID:WX9nYc8S
愚痴や相談事から技術論、ノウハウの模索やちょっとした息抜きなど、
字書きゆえのあれこれをまたーり語っていきましょう。
オリジナルかパロディかなど、前提条件がある場合は最初に提示して下さい。

***心構え***
字書きなのですから、簡潔に過不足なく誤解のない書き込みを。
読解力も大切です。発言意図を色々汲んで円滑なコミュニケーションを。

前スレ:字書きさん談話室 第2分室
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/doujin/1029698919/

関連スレは>>2

2 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/23 05:54 ID:WX9nYc8S
*同人ノウハウ板
小説同人をやってるひと&ネットで作品を発表してる人に質問です
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/2chbook/977813069/

※小説の同人やってる奴の集い※
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/2chbook/997723639/

字書きの悩みと技術相談。
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/2chbook/959048170/

● 同人誌の小説 2冊目 ●
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/2chbook/1032932235/

小説同人誌作成ツール☆カコイイ本作ろう!!
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/2chbook/1025008302/

*創作文芸板
http://book.2ch.net/bun/

*字書きさんお悩み相談室ログ保管所
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Soseki/2559/

*物書き交差点
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Ango/2919/

3 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/23 08:29 ID:8TE2OntJ
>1
乙カレー。

4 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/23 08:52 ID:y4JtDsCT
>1
乙です。
最近はdat逝きを心配しなくていいくらい機能してて、嬉しいです。

5 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/23 10:39 ID:J9SpJm/o
ついでにこれも。
次から2に加えておいてね。

文章系・小説同人誌に優しいイベント
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/doujin/1035047389/


6 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/23 23:58 ID:KXpqKKD3
容姿の美しさを描写するのが、私には死ぬほど難しい。
女ならまだしも、男をどうしたら美しく表現できるんだろう。
『同性でさえ息を飲むような』『皆が振り向くような』『男には惜しいような』
こんなんじゃよくわからないよね。
だいたいヒゲあるのに、肌が透き通るようにきれいな訳ないよなあ。

7 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/24 01:08 ID:/q4Ik+sk
青く光るようにウツクスィーとかは?
あれがセクシーだと思う人いるみたいだし。

8 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/24 01:09 ID:/q4Ik+sk
・・・ごめんなさい、うっかり。荒らすつもりじゃないので逝ってきまつ。

9 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/24 01:13 ID:4gMcEa3+
原稿をやる前に小説を2,3冊読まなければ書けない....


10 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/24 01:23 ID:XltyCFVe
>9
私スラムダソク。

11 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/24 04:48 ID:P/gB6UmW
>9
漏れは潰れ餡饅。

12 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/24 08:22 ID:ZHYJbbca
>6
美しい描写なんか入れるのやめれば?
そんなものを一言も入れなくとも、読む人に美しさを感じ取らせることは可能だし
それこそが目指すべきトコじゃない。

そもそも、書いている自分がそのキャラをほれぼれするほど美しいと思ってる?

13 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/24 10:52 ID:xky3dXef
>12
6じゃないけど目が覚めました。

14 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/24 12:48 ID:Js5aqLK/
でも、ギソエンデソみたいに美形ビームが発射されているかのような原作描写があるもののパロを
やっている人は語彙に困るんじゃないのかな。原作のままはさすがに書けないでしょうし。
>6さんはヒゲがあると書いてらっしゃるから少し違うかもしれませんけれど。
(いや、ヒゲがあっても美しくたって構わないですが)
幸い私は、そのようなキャラの出るもののパロやっていませんが、元気な少年を書くと
「可愛い」という感想が帰ってくるので頭を悩ませています。
第三者からの視点やリアクションを書き込むべきなんでしょうか。

15 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/24 12:59 ID:+2gpyk7E
パロの場合だとキャラの外見描写はある程度省けないかな。
たとえば「サザエさんは〜した」って書けば、あの顔や髪型が思い浮かぶでしょ。
小説のパロだとしても、みんなの脳内イメージで読んでくれそう。
ちなみに漏れはそこに寄っかかって、キャラの外見はあまり書きません。
たまに髪の色がどうしたとか、しぐさがどうとか書くくらい。

でもヒトのくどい美!美!美!描写読むのは割と好きだ。


16 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/24 14:38 ID:K2O176aI
美の描写ってキャラへの愛が伝わってくるよね。
どういう形容詞がついてるかで、作者がそのキャラについてどう思っているかが分かって面白い。

攻めの視点で受けの事を書いたりした時なんかは、身内に笑われた事があるよ…
攻めにとっちゃ、あばたもえくぼ状態なんだよ!

17 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/24 17:43 ID:GqITUEQ9
 出るキャラがエルフばかりでもうどうしたらいいのかわからない。
みんな美しいから。
 おのれの技量不足とわかっていても、美しさの形容詞の語彙の少な
さに泣きたくなる。
 そんなときに>12の発言は目から鱗だなー。手法をかえてがんばっ
てみます。ありがとう12。

18 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/24 18:08 ID:CJUW7PXn
>>17
私だと宝石とか自然現象を引き合いに出すかな?
流れる髪で流星気取ってみたりとか…寒いかな?


19 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/24 19:12 ID:VCaYN2Zp
『美しい描写を入れずに、読む人に美しさを感じ取らせる』
ぜひ目指したいところだよね。
できれば、一章節なりとも具体例をいただけないでしょうか。だめかな。

20 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/24 19:19 ID:+2gpyk7E
読むヒトの想像力(読書力って言ってもいいか)にもよるんじゃないかな。
「美しいぜ美しいぜ」って書いてないとダメな読者もいるだろう。
逆に、筆者の意図しないちょっとしたことからでも(勝手に)読みとる読者もいる。
書く側としては、ある程度は脳内に「綺麗なヒトを描いているんだ」と
具体的な容姿や佇まいをイメージしておけば、文章からにじみ出る気がするな。
同人のヒトは「勝手に読みとる」ヒトが多そうだ(w


21 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/24 19:25 ID:uGQR8rw2
>20
そりゃそうだ。(w >勝手に読みとる

綺麗な描写って考えるの好きだな。
へぼんって笑う人もいるだろうけど、月が見ていた(w と似たようなものか。

22 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/24 19:50 ID:Wc5iUZ1G
原作で美しいキャラだということがわかっていれば特に描写はしないな。
ただし、その美しさがもとで他人のリアクションが違ってきたり
何か事件が起こるのなら、まわりのキャラ視点で必要最小限のことは書く。
「よくセクハラを受けるタイプ」「田舎ではちょっと目を引く容姿」程度にとどめてる。
作者視点やそのキャラ本人視点の地の文で「美しい」「気高い」なんてしつこく書いたら
物語よりも作者の萌えやキャラのナルシストに悪酔いしてしまう。
菊血英行くらい芸のある美的描写ができれば感心もするかもだけど。

23 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/24 20:56 ID:dr2GeNMo
同じ美人さんでも麗しい美人さんなのか、
野性味溢れる美人さんなのか、可愛らしい感じの美人さんなのか、
書き手によってキャラの印象もけっこう違ったりするんで、
描写されてるとけっこう楽しい。しつこいと胸焼け起こすけど。
そういえば以前昔描いた原稿スレで、キャラがいかに格好良いかについて、
十何行にも渡って延々と描写したって強者がいたなぁ。

24 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/24 21:53 ID:PXRNzCZH
ウツクシイ描写、私はけっこうしつこく書いてしまう方なんだけど
人物描写は難しいなりに楽しいんだ。
もっと難しいのはちょっとした状況説明とか情景描写だな……
説明臭くしたくないし、かと言って説明しなさ過ぎもわけわかんないし
微に入り細に入り背景や小道具について語ってるのも変だし。
よく「すでに完成した映画を文章に起こすつもりで書け」って言うけどね……
なかなかうまくいかないです。

25 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/24 21:59 ID:ZHYJbbca
美形キャラは美しくない描写のほうが楽しいよ

26 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/24 23:38 ID:Ao5vImY+
>>25
わからんでもないが……(藁

キャラについて語りたいシーンで延々と描写する分には気にならないんだが、
エロシーンで動く度にそれが入るとどっちに集中していいのかわからなくなる。
「綺麗な人の綺麗なエロ」を目指したつもりなのかもしれないが
くどくなりすぎてちょっともったいないなと思った。

自分もほどほどにしておこう(;´Д`)

27 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/25 00:14 ID:sxeGjL6T
平凡な受けキャラを「可愛い」だの「キレイ」だの表現できなくて、
自分が感じている可愛さを伝えきれず…。
平凡なキャラを美しく描くのは反則な気がする。

28 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/25 00:40 ID:Rp6hib32
少年漫画パロなどで、
「どうみても普通の兄ちゃんだろ」ってキャラを
キレイキレイキレイキレイ描写されると萎ゑー。

29 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/25 02:17 ID:9VKx92Kd
恋愛ものなら、その恋してる相手にとって魅力的なポイントをアピールすれば
人物描写もうまくいくような気がするな。
外見の美しさに惚れてるなら、どういう美しさか、どの部分が美しいのか、
詠む人にも伝わるように描写できれば理想的だなあ。

30 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/25 02:22 ID:GcYn6lq9
少年漫画パロは好き嫌いが分かれますよね。
あんまり激しいと、管スレのはんぺんタンのように笑われてしまう罠。
私はお耽美なのが好きできれいきれい描写しちゃうので注意しなきゃ。

31 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/25 08:13 ID:XstnV1YT
描写する必要があるのか、ってことでしょう。
そこに椅子があっても、その必要が無ければどんな椅子であるかの詳しい描写はしないのと同様に
受けが美形でも、その必要が無ければ美しいという描写はいらない。
(描写に困るってことは、必要がないものを無理に書こうとしている可能性が高いのではないかと)


32 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/25 15:14 ID:joh/gu9F
その辺は温帯の「小説同情」に(略

あれ、ホントにいい本なんだなぁ…。温帯…。

33 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/25 17:36 ID:5c79m45/
御大礼讃はねえ、もう、なんつーか、古(略  

34 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/25 21:17 ID:TJROV+N/
 御大はかつて間櫂粋児電で10ページにわたる人物描写を
やってのけましたな。

35 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :02/10/25 21:32 ID:0Wav9aF2
職場でやってる文章トレーニング方法として、例えば、
「白い」という言葉を使わず白さを表現する、っていうのがある。
「美しい」という言葉を使わず美しさを表現する練習をしてたら、
しつこくない美形表現ができるようになるのでは。

もしくは銀エイデンあたりの、これでもか!って美形描写部分を
日常的な単語で書き換えてみるとか。

36 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/26 00:28 ID:gMHJKg1M
あれはあれで芸だよね。>銀エイデン

37 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/26 03:32 ID:rejFF/mT
なぜか上で言われてるほど、銀エイデンで美形描写って印象に残ってない。
美形大好きなんだけどなー(w
むしろ美形描写だと魔王デンとかのキクチさんの方が芸を感じる。

銀エイデンはスペオペの部分で楽しんだせいかな…

38 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/26 04:03 ID:kKgY2K3X
>>33
まあでも正直今でも参考になる部分は多いよ、小説道場。
今の温帯はさ……あんなだけどさ……

39 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/26 12:15 ID:+OKG4EO2
>33
小説技法の本を書くのに一番必要な
「自分のことは棚に上げる」才能に温帯はめぐまれていらっしゃるから。

40 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/26 13:29 ID:dE5R++aF
人間は年をとるといろいろと衰えるんだよ。
特に、自分を客観的に見る視点とかさ…

だからといって、過去の業績がなくなるわけではない。
私は「イトの聖域」は今でもものすごく好きだ。

41 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/26 13:41 ID:8oyW8iqo
温帯から学んだ事はいっぱいあるよ。
でもむか〜しから、ちょいイタイ人だった。今に始まった事じゃないと思われ。

42 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/26 16:09 ID:Ppx5BlkI
昔からちょい、というより大いにイタイ人だった<温帯
そんなこと知ってた。

でも少なくとも作品は面白かったんだよママン……

これ以上はスレ違いになるのでトマトたちの群れに混ざってきます。


43 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/26 18:21 ID:iGniLK08
平凡を書きたいので、特定キャラ以外の「美しい」描写はしないのですが、
読者さんに何故だか「美形」と思いこまれていたことがあります。
むしろ平凡な人の容姿描写のほうが難しいと感じるこの頃。
かおかたちは平凡だけど、内面から魅力あふれる人物を書けるようになりたいなあ。

44 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/26 19:10 ID:YAyBVXJK
読者というのは、好きなキャラは美化するものなのでしかたないよー。

風呂土だってあんなに可愛くなっちゃうくらいだし…(関係ないか?)

45 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/26 20:47 ID:zuok84O5
>43
あー自分も似たようなことあった。
自分ではそんなつもり全然無かったキャラだったのに
複数の読者さんから美しいとか艶っぽいとか言われてビクーリだった。
精進しろってことか…。別に嫌じゃなかったんだけどさ。

46 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/26 21:43 ID:ZXnKxB0i
>45
それって誉め言葉なんじゃ……?
それだけ受け手側に、キャラが魅力的に映ったという事でしょう?

47 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/26 23:07 ID:vGHuaWjE
自分もそれは誉めてるんだと思う…。
魅力的だと思ったキャラを、そういう言葉なしに誉めるのはすごく難しいよ。

48 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/26 23:13 ID:7Epv5n9P
つまり45は卑下自慢つうことで桶?

49 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/26 23:20 ID:FXv6DJ6r
でも、原作でそういう位置付けじゃないんだったら落ち込むこともあるのでは。
自分は反応もらえるだけでもウラヤマーなので、>48に同意したくなるけど。

引き続き描写に関する話題ですが、私はそれをしたいがために
話を書いていたことがありまつ(w
今思えば禿しく自己満足だったなー。
楽しかったけど。

50 :45:02/10/26 23:47 ID:YjpOa2er
スマソ…
ビクーリしたけど嫌じゃなかったけど
意図しない部分で意図しない感想が来て
これじゃダメなんじゃないかと思ってただけです。
誉めてもらったと思っていいんですね。ゴメン

51 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/27 00:35 ID:50iSAfbA
>44
 原作じゃオッサンなのにね。


52 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/27 00:37 ID:V/sR192J
>48
髭自慢なら歓迎するとも。

53 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/27 07:49 ID:Nme9rnsl
>51
おっさんだった?
いつのまにか未成年と脳内変換していた私は読みが足りなかったのか…。

54 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/27 12:30 ID:G9xremA/
>53
原作では、ビル簿の111才の誕生日のときに33才。旅に出るのは50才の時。
指輪の魔力で外見はかなり若い筈だけど、それでも33才以上は確実。

かように、読者というのはキャラクターを勝手に美化して読んでいるという実例だね(笑

55 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/28 00:42 ID:PtY7xc5Y
いや、でもさ、ホビットは33才が所謂成人なんだから、人間の50才と
イコールではないと思われ。
指輪の魔力もあったし、未成年は無理として人間に換算すると30才前
(二十代半ば?)ぐらいの容貌ではあったと思うよ。

56 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/28 00:50 ID:pKAPq1V0
>53の考えでいくと、あの「歩ーの一族」なんてじじばばマンガだぞ。
じじーが「君もおいでよ、ひとりではさびしすぎる」なんて言うんだぞ。


57 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/28 01:19 ID:agq8HicW
>じじーが「君もおいでよ、ひとりではさびしすぎる」

なんか、お迎えに来たかの様。。。

58 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/28 02:03 ID:C7GGtCQK
>57
 こんな夜中に爆笑させないでよ(笑)
 近所の皆さんゴメンなさい(^_^;)

59 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/28 02:19 ID:7YS7GK3L
>>56
西家ヒバリとしりあがり寿が
全員ジジイ(美少年にシワを書き足しただけ)の養老院で
全寮制耽美マンガのパロディみたいなのを描いてたが
それを思い出して大笑いしてしまった……

60 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/28 13:20 ID:pWiTADsg
ホビットは足の裏に靴履かなくて済むほどの剛毛がびっちり生えてるってこともお忘れなく。

61 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/28 14:15 ID:0BXUzVfY
暖かそうだね、うらやましい。

62 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/28 14:19 ID:9NPSlvYw
トールキンの創作だけど、ホビットはヨーロッパの伝説の
いわゆる小人族のことなので、人間に比べると、身長は小さくて
子供ぐらいのずんぐりむっくり体型だと思う。
人間から見るとエルフ(妖精)のように美しいとい種族よりも、
全体的に子供のようのように見えるかもね。
ただ、その中でも年寄りも中年も青年も子供もいるでしょう。


63 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/28 15:43 ID:HX2oMqOn
ホビットは確かにトールキンの創作ですけど、種族を理解しやすいのはやっぱり
ダンジョンズアンドドラゴンズ(D&D)のルールブックにあるハーフリングですね。
(まんま、です。このルールブックはファンタジー書くときの教典と言えるかも)

ホビットもそうですけど、身長は人間の半分程度、寿命は人間より長いですけど、
種族的に外見が子供のように見える、とあります。
…つまり、エルフもそうですけど、外見だけでは年齢は判断できません。


64 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/28 15:44 ID:HX2oMqOn
うあ…『そうですけど』連発。
恥ずかしい…


65 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/28 15:59 ID:IALUD4yh
風呂度に関しては、年を取っても外見があまり変わらないので
美流簿同様に「持ちがいい」のではないか、と周りから思われている
という記述があるのでね。
年をとればそれなりに年食って見えるのが普通なんだろう。本来は。

つーか、映画の見栄えの都合で若い子にされちゃったのは仕方ないんだけど
風呂度が炉瓶・ウィリアム酢とかだったら私は映画観に10回は通ったよ

66 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/28 17:16 ID:UGZrIq30
たのしそうでつね。
オイラは映画見てないのでよーわからんわー。

67 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/28 18:06 ID:OfYCT+L5
はいはい、指輪の話はここまでね

68 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/28 18:29 ID:AHIp/KrR
まあ要するに、こんなにポピュラーな名作といわれる作品でも、
読者はこんなにも、読みたいように読みたいところだけを読んでいるのだよ。

69 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/28 20:13 ID:kyzc0tIp
知合いに「あんたのSSはハシダスガコ状態」と言われて悩んでます。
彼女の言い分では、書きたいテーマをそのままキャラの台詞に
して語らせているのが気に食わない様子。
でも……他にどう書けと?
地の文に書くようにしては見たんですが、いかにも説明くさいし、
今ひとつ盛り上がりに欠けてしまうんです。
皆さんどう思われますか?

70 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/28 20:14 ID:8E4C0kuh
オオウ
指輪スレかとオモタ!

71 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/28 20:16 ID:ioqTylKz
流れと関係なくてスマソ。

ある作品のちょっとしたネタについて、某掲示板に書き込んだ。
そこの掲示板は、二次創作や同人とはなんの関わりも無いところなんだけど、
発想と書き込みの文章から広がりが感じられるとレス頂いた。
〆切まで一週間で、全然進まなくて、そのネタ自体も放棄しようかとかグールグル
考えて凹みまくってたのが、あっというまに浮上したよ!(笑
我ながら単純だけど、ハラシマがんがるぞー!



72 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/28 20:18 ID:4S1/IKlt
>69
書きたいテーマそのものをはっきり書かずに、
話の展開やキャラの行動から、読者にうまく読みとらせる
……
言うは易し。なかなかできるもんじゃないっす。

73 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/28 20:27 ID:/mz56oly
ハシダスガコ風とはアレですか?
「子供が親の思い通りにならず辛いよ。辛いよ。辛いよ。」
「嫁姑は難しいよ。難しいよ。難しいよ。」
言い過ぎだ、一幕に何度同じ意味のことを言えば気が済むんじゃ、ゴルルルアということですか?

74 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/28 21:06 ID:M4DZFJaX
>>69
自分その逆……。
遠回しすぎて出してるはずの結論も読み手に伝わっていないらしい。
それもどこぞのスレで書いて、ついたレス読んでやっと気づいた。
そら本も売れんし感想も来んわけだよ。

75 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/28 21:52 ID:OfYCT+L5
>69の「ハシダスガコ状態」
を「バスコダガマ状態」と読み間違えました…
ど、ど、ど、どんな状態なんだそれはー、とかなり悩みました。

字書きやめようかなあ、こんな思い間違いしちゃって……(涙)


76 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/28 22:21 ID:Cbai4f7h
悩めるキャラA→友人キャラB、説教・助言→キャラA、悩みから解放される
→ハッピーエンド

以前あるサイトのSSを読んだら、シリアス物が全部このパターンだった。
特にキャラBの台詞が、作者のキャラ解説コラムの引用同然だった時は萎えた。

蛇足だが、彼女のシリアス作品には大概「最高の笑顔」か「極上の笑み」
といった類のフレーズが出てきた。以来これらのフレーズが微妙に嫌いになった。

77 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/28 22:34 ID:/mz56oly
微妙に嫌いなフレーズ
その2 男性のセリフなのに「いや」とか「あん」とか
    文字の間に無限の組み合わせの三点リーダーがあったりする。

ヤホイはいいけど、もちっと男らしくヤホッて欲しいのは私だけでせうか。

78 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/28 22:39 ID:cYIRsF3v
>>69
たとえば「辛いことがあっても、愛する人の笑顔で救われる」という
テーマを書くときに、主人公Aが愛する人Bに
「辛いことがあっても、Bの笑顔で救われるよ」と言ってしまう、と
いうことかなあ?>ハシダスガコ

>でも……他にどう書けと?

思ったことをなんでも口にしちゃうキャラなら、まんま口走るのも
ありじゃないかと思うけど。
そうではないなら、辛いことがあったAがふとBの笑顔を目にして
自分も笑顔になっていることに気づいたという状況や心理描写を入れて、
あとはそれを象徴、演出するような背景を書く、でいけるんじゃないかと。
直接ことばで言わないぶん、背景による演出をベタにすればわかりやすく
盛り上がるんじゃないかなあ。上の例えのテーマなら、蕾だった花が咲いてたり
雨があがったり夜が明けたり、そんなんで。

79 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/28 22:46 ID:cYIRsF3v
連続ごめん
私は77が微妙に嫌いなフレーズ結構好き。
男だから絶対「いや」「あん」と言わないとは限らないし。
逆に「男らしさ」にこだわってると自負する作家に多い、
要するに俺女?みたいな肩に力入ったキャラが微妙に苦手。

80 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/28 22:46 ID:5qBIs9DG
>77
私は性別受け大好きなんで、そういうの見ると萌えてしまいます。ゴメソ。

81 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/29 00:10 ID:BTsAk+dU
>80に漢を見ますた。

82 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/29 00:27 ID:arQUqWPH
>69
遠まわしすぎて何言いたいのかよくわからない話より
わかりやすい話のほうが親切だとは思うよ。
でも、一番書きたいところが、さらーっと何気なく
書かれた話のほうが感動しやすいなあ。

セリフにしなきゃ盛り上がらないと思っているのは
69だけかもしれないよ。
実験的にやってみて、その友達に見せてみたら?
それにしてもその友達はとても貴重な存在だ。

それから、69がそうだとは言わないけど、
ドラマや映画やマンガばかり見ているとセリフに
とらわれがち。やっぱり小説をうんと
読むといいと思う。

83 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/29 00:42 ID:lSlyp5Sw
私は台詞はついつい「……」ばかり使ってしまい
会話が少ない分モノローグで語りまくるクセがあるので
もっとサラッと書けるようになりたいですが
やっぱりなかなかうまくいかないですね〜。
語りすぎウザイとは思うんだけどついつい内面を追ってしまう。
そういうの好きな方には好評らしいけど……
もっと行間で読ませられる描写ができるようになりたいなあ。

84 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/29 00:56 ID:LuWAfxfX
>78
「辛いことがあっても、Bの笑顔で救われるよ」
この台詞は照れくさい。もちろんそういうキャラならいいけど
私ならそんな台詞吐くキャラはギャグでしか使えない。

シリアスに使うとしても、そのあとBが吹き出して、Aは思い切って
言ったセリフだったのにと赤くなってムクレル。そういう
オチになってしまうな。

大体、思っても相手に言えないことが多いから
恋はせつなくて盛り上がるんだよ。

85 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/29 01:04 ID:BTsAk+dU
>84
秋は恋の季節だがもちつけ。
「例えば」って逝ってるじゃんよ(w

86 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/29 01:04 ID:0+SxQxpt
69の知合いは行間を読むのが好きなタイプなんだろう。
小説好きは大概このタイプだと思うんだけど、
ハッキリキッパリ台詞で言ってくれたほうがわかりやすくて好き、
ていうタイプも読み手には居るからね。

87 :84:02/10/29 01:21 ID:LuWAfxfX
>85
もちついた(w
こんなセリフを言うキャラはやだーと思ってつい。

テーマになるようなことってセリフにするとクサイ
ようなもんばっかじゃないか?しかし。

88 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/29 01:32 ID:mDTBf3FY
行間読むのがスキってーか、単にそのままの感情をセリフとして書くのが苦手だったりする。
なのでたとえば、AがBを好きだというのをどうやって表現するかで毎度悩む。
好きだと言わせずに、どうやって心情を書くか。これが楽しい。
ホモ書きだし、男女のごとくあなたが好きだと言う場面が想像しにくいんだよな。
かといって体でいきなり語るのも好きじゃないし。どうもってくかが毎度楽しみどころ。

ただしストレートに「君が好きだ!」派の人には、毎度やきもきされているという罠。

89 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/29 01:39 ID:lqO0hW0i
普通の心理描写ならある程度想像で大丈夫だけど、
歴史物とかSFとかでの政治関係の微妙なやり取りは、
きっちり読者に理解させないと困るんで、
台詞の前後の地の文で解釈を書きまくってる。

要は使い分けだと思う。
キャラにもよるしね。
鈍いキャラを作ると苦労するよ・・・ホントに。


90 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/29 12:33 ID:DLJcA6I7
小説を書く際に「視点」の変換が苦手で苦手でしょうがない。
一つの場面を誰の目から見ているか最初はわかって書いているつもり。
だが気づくと他者の視点で書いている。なぜそうなるのか自分でもわからん。
これじゃ読み手に伝わりづらいだろうと必死に推敲。
………結果、誰が何を見て何を思っているのかは明確だが
味も素っ気もないものが出来上がったりして………。
私一人が変な事にこだわっているのだろうか。
それとも周りは無意識にクリアできているのだろうか。

91 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/29 14:45 ID:VXhy+M0z
>>90
その場面に登場するキャラが多すぎるとか?
三人称で書くなら台詞に続いて次の別キャラの台詞まで視点を固定した方が
良いかも。
あと、キャラごとにモノローグでも台詞回し変えてみるとか、章丸ごと
そのキャラの視点で固定してみるとか。

私の場合は同じ場面でなるべく二人以上参加させないようにするかな?
ジャンルがSFファンタジーだからパーティとか戦隊単位で混乱しないように
するにはそうしないと私が迷う(w


92 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/29 14:53 ID:Vhwcnr++
この間読んだ小説にすごくハマれたので、
二度目は観察するようにして読んでみました。
その小説は三人称だったのですが、
視点はセリフごとに切り替えてあって
その補足ながらも本質をついた甘い言葉にクラっときていたことが判明。
ちなみにフォモなのでそのシーンにはふたりだけですたw

93 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/29 15:00 ID:xIliNs/n
字書きの友人がわからない。当方は両刀使いです。
買うものも小説だったり漫画だったりするのですが、
買ってきた本を見てその友人が一言。
「え? 小説買ったの? 私、同人の小説本なんて絶対買わないよ」
一瞬本当にポカーンとなってしまいますた。
おまえ小説本何冊出してるんだ、と。
買ってくれた人を何だと思ってるんだ、と。

スレ違いだったらスマソ。

94 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/29 15:27 ID:FyB4luNu
私も小説本ってあんまり買わないなー。

以下チョト引っ掛かるかも知れないので、カチンと来たらスルーしてくださいな。
正直、小説本で「これだーっ!」と思うほどの作品に出会ったことがない。
「ちょっといいな」は年中あるけど…。
文章というのは、ものすっごくあからさまな上手下手ははっきりするけど
そうでない場合、あまり印象に残らないように思う。
ものすごく上手か、ものすごく下手くそと、その他。
私は絵も字もやるのだけど、正直絵は超のつくヘタレ。
その所為かもしれないけど、絵(漫画)がウマーというのは解りやすいんだよね。
「何故にこんなことができるの」と驚いたり感激したりしやすい。
絵も字もやるヒトに、その傾向があるんじゃないかと今オモタ。

95 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/29 15:28 ID:FyB4luNu
あ、「絵も字もやるヒト」じゃないです。
字しかやらないヒト。申し訳ない。

96 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/29 16:09 ID:39D2ppjf
もう何がなんだか

97 :93:02/10/29 16:15 ID:eYeNMNJE
>94
うん、それはわかる。
私も字の方に比重を置いてるから、どうしても小説本への目は厳しくなります。
売っている割合もあるけれど、それ以上に買う小説の割合は低いです。
でもその友人は「絶対」と。最初から買う気も探す気もないんですよ……。
同人小説は買う気がしないそうです。商業誌しか買わない。でも自分は書いて売っている。

……やっぱり理解できない。

98 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/29 16:33 ID:k4/d6aa7
私は小説本は買う。手当たり次第、買う。
マイナージャンルということもあるけど
ジャンル内の殆どすべてのサークルの小説本を買っていると思う。
多少カップリングが違っても、
自分の好きキャラが貶められていなければそれでいいって感じ。
横書きだろうが、14ポイントぐらいの字で打ってあろうがおかまいなし。
もしかしたら少数派なのかもしれない。



99 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/29 16:52 ID:iyfJMz61
字書きは案外、他人の小説って買わない人いるんじゃないですか。
私も買わない派……
自分と同じか、それ以上にうまくて、なおかつエロもエロくないと
どうにも読む気がしない。
とくにエロが大事なんだけど、自ジャンルどうもエロがぬるくて、
うまい人でもあとがきで「すみません」というパターンばっかり。
エロに力を入れてる小説をたっぷり読みたいよ。
100ページあったら、最低40ページエロシーンとか。



100 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/29 17:20 ID:VfJ/KvWx
まあ、何を買うかは好きずきです。
自分の作った××は自分なら買わない(でも買う人がいるので売る)
という人はどんな世界にもいるものだし。

私も小説に対しての目はマンガに対してより厳しいけど、
一番好きな字書きさんと、一番好きな絵描きさんを比べたら
字書きさんのほうが10倍くらい好きな率高いので
がんばって新規開拓チャレンジ続けます。

101 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/29 19:47 ID:HGOkzPjJ
同人小説は、もう決まったところ以外買わないなあ、私も
絵に関してのほうが心の門戸が広いわ

ネットでは反対に、文字サイトばかり見てるんだけどね

102 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/29 20:08 ID:Rlm/yc3Y
私は絵も字も一応書けるけど(でも絵は良くて人並み)
小説の本を中心に買ってるかなあ…。
でも、ジャンルによるかもしれない。このジャンルでは小説ばかり買うけど
このジャンルではマンガのほうが好き、ってのがある。
ぶっちゃけ、うまいならどっちも買うというのが本音だけど(w

103 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/29 20:43 ID:OAgOo4XR
今はオンで活動してる人も多いから下調べできて便利だよね。
小説本はちらっと見ただけじゃいいか悪いか判断しにくいし
かと言ってゆっくり立ち読みも迷惑だし、結構バクチ。
とりあえずサイトで見てよかった人の本は買ってみる。
あとは装丁とか文字組とかで判断かな……
「これは!」って本を見つけるとジェラシーも感じるけど嬉しい。

104 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/29 22:18 ID:6QhyolXI
ジェラシー…心あたりありまつ。
私は自分がへたれなの判っているし影響受けやすいから、
自ジャンルの本自体ほとんど買わないし、ネットでも滅多に見ない。
へぼなのにパクリまで逝ったら目も当てられないから…。
イラストは妄想の手助けになるんで、よく見ますけど。
だから上達しないのかな……。

105 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/29 23:41 ID:hjF+YQUH
>>104
むしろ私は影響受けまくるどころじゃないくらい読みまくる。
以前同ジャンルの先輩からオフで言われたことだけれど、
『一人から影響受ければぱくりかも。けれど、1000人から影響受ければ研究の成果。
人の書いた物を消化して昇華したなら成長できるよ』
ってね。目から鱗が落ちたよ。


106 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/29 23:47 ID:dWb+ySlT
>このジャンルでは小説ばかり買うけど
>このジャンルではマンガのほうが好き、ってのがある。

すごくよくわかる。自分もそれはある。
基本的には小説中心なんだけど…ジャンルによっては漫画ばかり買ってる
ところもあるなぁ。

107 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/29 23:52 ID:7sB8rGbV
遅レスです。
書いてて視点に悩むのは心情を書き込みたい時かなあ。
すれ違いラブが好きなので、
受けと攻めが如何にすれ違い空回り悶々と悩んでいるかを
ねちーっこく書きたい。
なので欲望の赴くままキーを叩いてると
誰のモノローグなのか作者にしかわからないような代物ができあがっている……
地の文に「自分」を使わないようにしたら
結構改善されてきたかなあと思うけど。

108 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/30 01:18 ID:+BSUTkLY
文体をガラリと変えてみたい…。
でもどうやって変えたものか。
「ええっ、これがアタシ?」という
メガネっこマジックのように変えてみたい…。

109 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/30 03:11 ID:DcyrYbEf
どんなジャンルのオンでもオフでも小説を好んで読んでます。
小説の方が無限の表現ができてて(あって)、読み甲斐あるんですよ。
私はずっと絵描きだったんですが、今度、文字書きに初チャレンジしてみます。

110 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/30 06:48 ID:W1/UVCxV
>93
私もほぼ似たようなことが昔ありました。
私(元絵かき*当時は両刀使い)、友人(絵描き)
友人から漫画と小説の合同誌を出さないかと誘われて、私が小説担当で
オフ本を発行。
その後、ちょっとしたことで本音を言い合った時に友人が言った言葉です。

「買うなら、小説と漫画が両方入った本より、漫画だけの本を買うよ」

ちょっと二の句が次げませんでした。
それならどうして小説と漫画の合同誌を作ろうなどと、人を誘ったのか…。
私以前にも他の字書きさんを誘って、毎回小説と漫画の合同誌を出してたのに。
自分が欲しくも無いようなものを、どうして作る気になれるのだろう。

売るものと買うものを明確に分けて考えられる人もいるものだと思いました。
私はどちらも好きなので、漫画単体も小説単体もMIXも楽しみますが、
読み終わった時の満足度が高いのは、やはり小説本の方です。
でもジャンル古参者になった今では、小説は買う所はほぼ固定。
漫画は目に付いたら、気楽に取ります。

111 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/30 08:47 ID:U8ZTgg63
>108
とりあえず、一見「小さいお子様向け」な作品など書かれてはどうか。
自分はそれでめちゃくちゃブラックな小説書いて楽しかった。
こんどはやおいをそれで書いてみようと画策中。

112 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/30 10:58 ID:OrEdV+im
>108
例えば一人称→三人称の視点で書くだけでも大分雰囲気が変わると思われ。

自分はナマモノ書きだけど>111を読んでいると萌えナマモノ視点のなりきり日
記体でやおいを書きたいなという気分が沸々と…(笑)。

113 :108:02/10/30 11:18 ID:IY+RL1nX
>111-112
サンクス湖。なるほど。なるほど。
対象者を変えてみればいいのかもしれないね。
誰に読んでもらうかというのをあまり考えたことがなかったよ。
いつも「対象者は自分」の自分文庫だったもんなー(w
一人称・三人称は、あまり変わらなかったんだ。
二人称(「あなた」。「わたし」は存在しない)にもトライしてみたのに、
結局「いつもの108さん節ですな」と感想をもらったりしますた。
文体と言うより、この「○○節」なんだろうな、変えたいのは。

しかし今度は「ブラック」がピンとこない罠ー。
…まあ、そのとらえ方は人それぞれか。精進しまくそ。

114 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/30 13:17 ID:jVWRMtMF
今手元にあるペットボトルに
「ウーロン茶はサ○トリーのこと」
って書いてあるんですけど、どういう意味ですか?

115 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/30 16:07 ID:iZYy5qZl
鳥肌立つことは『肌が泡立つ』じゃなくて『粟立つ』ですよ。
と、つっこまれた管理人が
「誤変換くらい誰でもあることですよ。ネットなんだから。」
と返していた。
気持ちはわかるがな。偉そうなのでここで言動を晒しとく。

116 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/30 16:38 ID:1fJZpAIz
>114
例)当社社員食堂に設置する飲料サーバーに充填する飲料について
その販売元を以下の通りに定める。

1.コーラはコ○コーラのこと
1.ウーロン茶はサン○リーのこと。

というような文面の前後を著しく省略してある(ことを想像させる)
ものではないかと。


117 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/30 17:00 ID:4riLt56O
>115
うむ、気持ちは分かるが「あっ、そうでした。変換ミスしちゃった〜」程度に
書いとけば角もたたないものをナー。
ガイシュツくさいが、変換ミスだか誤用だかを指摘された小説書きが
「別に小説上手くなろうとは思ってないから、ミス教えてくれなくてもいいです」
って答えたとかいう話を聞いたな。ネットに流れる伝説か?

118 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/30 17:13 ID:PSPLTcr1
>114
中国訛りかと思ってまちた!

119 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/30 18:31 ID:mfo5wPcp
>116

ウケまちた!!w うまい!

120 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/30 18:36 ID:mfo5wPcp
>「別に小説上手くなろうとは思ってないから、ミス教えてくれなくてもいいです」

それはそれで勇者だ!
でも「書いてみたいから書いてるだけで、うまくならなくていい」
という人はいるのかもと思ってみたり。
「字を書いてる人」と「字書き」は似て非なるものか?なるほろ…。

121 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/30 23:33 ID:1t1rAOOI
それって下手の横好き、てことか……?

122 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/31 00:13 ID:63g/rDWm
遊びと趣味の違いな気もする。
遊びは楽しく好きなように好きなことを出来れば良いが、
趣味はきわめてこそ楽しいもの。

遊びの範疇だったら、萌えや興味を満足させられればそれでいいんじゃないかと。
これが趣味の域までくると、それだけで終らせるのは出来ないな。

123 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/31 00:30 ID:0q8Kcbmg
遊びなら公開するなと小一時間(略

124 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/31 00:51 ID:H9QDgtXt
公開も含めて遊びなんでしょ。
その辺は個人の自由だと思うが。

125 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/31 00:57 ID:4BAIDRdc
このへんの議論は終わりないからヒートアップしないうちに
各自で見切りつけてくださいね。
謙遜して遊びって言う人だっているんだし、
萌えに仲間が不可欠な人もいますから。

126 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/31 02:23 ID:ABMoRB5o
>「別に小説上手くなろうとは思ってないから、ミス教えてくれなくてもいいです」

2chのとあるスレじゃ、結構聞く話だけど、そんなに新鮮?
感想系のスレとか、管理人の愚痴吐き出しスレとかじゃ、過去ログ漁れば
いろいろ出てくるでつよ。
つまりはお気軽にNETで垂れ流したいだけのことでそ。


127 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/31 02:33 ID:SaovS7fO
あれかな、手軽にできる自己主張ってことなのかな?
迷惑さえかけてなければ、自由だよね、うん。
迷惑かけてたら(゚Д゚)ゴルァ! だけど。

128 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/31 02:36 ID:9UanwyB6
そらあんた、下手の横好きですわ。
上手の縦好きにはなかなかならんよ(w

129 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/31 04:04 ID:XoA3k9gW
……じゃなくて…使ってるからって、
小説書きは2つ繋げて使うのがルールです!とか、
文頭下げてないのはどうしてですか!とかいちいち
突っかかってくるのはやめてくれませんかね…知人。
そんなのわかってますけど、でもウェブ上だと……は冗長に見えて
嫌なんですよ、横書きで文頭下げたら見づらいんですよ。
何度もそう説明したじゃないですか。オフではちゃんと直してますよ。
それでもやってくるねちねちメール攻撃に疲れ果ててます。
そういう貴方の小説は、……だらけで見づらいんですよ(゚Д゚)ゴルァ!

130 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/31 04:15 ID:ABMoRB5o
>129
誤爆?

131 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/31 04:44 ID:/fUNoe8Y
いや、単なる字書きさんの愚痴だと…
でも、正直>129の言い分には禿げ同。
横書きで一字下げは見づらいので、自分もweb小説ではあえて下げないで
やってる。本では縦書きだから一字下げに戻すけどね。

132 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/31 09:30 ID:FN8DbXrU
漏れは文頭下げてもらわないと読みづらい。横でも。

133 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/31 10:25 ID:wBacXd3B
漏れも横でも読みづらいから文頭は一字下げてる。
129さんや131さんは改行が多い文章を書かれるのでは?
同人小説って商業に比べて改行が多い文章が多い気がする。
改行多い文章で横で文頭下げると確かに見づらい。

134 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/31 10:26 ID:wBacXd3B
133補足。
改行多い文章が悪いと言ってるわけではありません。

135 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/31 13:38 ID:weceo3Im
読むに耐えないスカスカでポエムまがいのいちゃいちゃ話には
改行が多い傾向があると言っているのです。

136 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/31 16:07 ID:NrVVFLiJ
そんなこと一言も言ってないだろうがよ…。
いや、自分は>134じゃないけど。
何だかやたらに好戦的な人がいるね。

137 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/31 16:08 ID:GkilElY7
改行が多いことはその人の文体によるから特に気にならないけど、
行と行との間が必ず1行あけ、山場の科白の前後は5〜6行あけ、とかだと
スクロールするのにちょっと手間がかかるので読みにくいと感じる。

138 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/31 16:19 ID:Jdy+xX6L
>137
侍魂かよ!(w

139 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/31 16:23 ID:f6OBf1QB
>138
ですね(w

一行あけは大げさだけど、間を持たせる話って好きだな。
紙媒体ではなかなかできないことだと思うし。

ただ、あれを日記とか、緊張しないで流し読みたい文でやられると
禿しく読みづらいんだよね。
女性がやっているのを見ると特に萎える。

140 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/31 16:46 ID:KapoDDJO
行あけはオンだけでやるならともかく、
オフもやる人はやんないほうがいい。癖になるから。
久しぶりに友達の同人誌読んだら、
無駄な行あけに始まり、漢字をやたらカタカナに開いていたり、
モノローグを多用していたりと、凄まじく厨っぽい紙面になってて驚いた。
オンとオフで文体使い分けできてると思いこんでるのがまた…。
前はうまい人だったのでなおさらがっかり。

141 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/31 17:16 ID:nOHFd05G
>140
オフの行あけ、私も嫌い。
もちろん、場面転換や回想なんかの、普通にあけるものは別だよ。
1行だけ浮かせるように行あけしたり、4〜5行で、モノローグと
情景を分けて行あけされたりすると、うまい人でも厨っぽく見える。

142 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/31 20:20 ID:8Vgvympx
商業誌でやられたらもにょる……ちゅーか読まないけど、ドジソなら特に気にしない派>行あけ
まあとんでもなく堅めの文体で行あけだらけだと興ざめはするが、それは趣味の範疇だな。
内容が面白く、文章が好みで、かつ行あけを効果的に使っているならばそれで12分に満足。

同人って商業とは求めるものが違うからかもしれない。あんまカチカチに気にしないなあ。

143 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/31 20:22 ID:8Vgvympx
142補足。
>内容が面白く、文章が好みで、かつ行あけを効果的に使っている

のを求めはするが、文章が激烈に巧くなくてもノープロブレムってことです。
いるんだよな、そういう人。文体は正直日本語勉強してくれレベルだが、
味があって内容が面白く行使い効果が巧い人。心のストックに5人ほど。

144 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/31 20:36 ID:cGBodMaE
>143
うん。方言とか、三人称なのにちょっと汚い言葉だったりとかね。
でも普通に絶賛されてる人より自分のツボにぐっと来るから、
断然そっちを優先してしまうわ。

145 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/31 23:39 ID:tliv1qJB
実は文章って、絵以上に個人の好みが分かれるものだと最近思うようになった。
私の場合、これ面白いよと他人に薦めて、そうだねと言ってもらえる確率は50%以下。

146 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/31 23:56 ID:7dgOPC7x
>145
禿同。
漏れの場合、薦められたものを気に入る確率もそんなものかもしれない。

文章の好みって、どこで決まるんだろう。
内容か文体か雰囲気か全体か。好きという感情は難しい(藁

147 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/01 01:19 ID:+cXdI5RE
まあねー。
リアルでも「何故別に美形でも特別性格がイイわけでもないヤシを好きに…?」って
ってことがあるからね。
「カコイイ子紹介するよ!ゼエッタイ好みだよ」
って人がそうでもないこともあるし。

148 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/01 01:49 ID:w70Zx3ku
文章はほんと、うまいだけじゃどうにもならないから不思議だ。
萌えツボも人によってほんとに様々だしね。
評判良くて人気もある作家でもちーとも面白くなかったり
大好きで暗記するほど読んだ本が全然話題にもならない駄作扱いだったり……

私は内容よりもまず文体。
「生理的に嫌な話」より「生理的に嫌な文章」の方がより嫌だ。
どんなにうまくても一読してスッと頭に入ってこないとダメ。
文章のリズムとか、自分に合ってないと辛いですね。
反対に文章が好みなら話的にしょうもなくても別にかまわない(藁

149 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/01 05:57 ID:xkJuzkWn
>148
>私は内容よりもまず文体。

私は逆だな。文体や文章は確かに気になるけど、それ以上に物語り自体の持つ
力強さの方に惹かれる。
言い換えれば物語の中に入ってしまえば、流れる声(文章)は気にならない。

確かこのスレか前スレで「指 輪 物語」の「ですます調」がダメで読めない、という
人がいたけれど、むしろこれは逆に、物語の力を語る好例だと思う。
一見、子供向けのお伽噺調に語られる「ですます調」で、あれだけの重厚な
ハイファンタジーを展開するのは素直にすごいと思うよ。
初読(既に成人)から十年を経て再読した時に、ですます調に最初は驚いたけど、
(えっ? ですます調だったっけー? って)
2−3頁も読んでたらすぐに気にならなくなって、中つ国をフロド達と一緒に
逍遥できました。
私には物語自体の持つ力の大きさを再確認させてくれるエピソードだったな。


150 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/01 10:17 ID:VpxlZRMD
こればっかりは「私は私は私は私は」になるので、きりがない鴨ね。

151 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/01 11:23 ID:pKS9RzHq
>>148

流行のだけ読んでたらダメだよ。
例えば10年前からずっと売られていた本を読んでみるとか、
いっそのこと古典系に挑戦してみるとか。

こと本に関しては、時間が一番正直な判断を下していると思う。
世代を超えて読まれ続けるものには、
それだけの普遍的な良さがあると思った方がいい。

152 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/01 12:35 ID:k9+v2QSK
>それだけの普遍的な良さがあると思った方がいい。

それはわかるんだが、自分は理解に苦しむ話も多くてな…。
世代を超えて読まれ続けてるだけあって文体にはひっかかりどころがないから
内容優先になってしまうんだろうか、と今気づいた。

153 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/01 16:55 ID:Wfwwqvlt
前の話を蒸し返して恐縮だけど、
23行しかないヘタレポエムもどきを「差し上げます!」
と前触れもなく送りつけてきたつわものがいた…(w
改行だらけで、スクロールバーだけは人並み。

なんか、自分って、こういうのと同レベルなのかしらと
ちょっと悲しくなった。精進しよう…。

154 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/01 19:40 ID:SQzRgAfZ
自分より下のレベルに思える物は、
第三者から見れば、自分と同レベルであることが多い……

155 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/01 20:41 ID:SK7PTN/z
>153
単純に君のファソで君に触発されて書いたから見て欲しかったんじゃないの?
ウチに来るその手の子は、大概そう言ったタイプばっかりで、毎度純粋に嬉しいもんだが。
内容のよしあし・合う合わないはともかくとしてね。
こればかりは努力精進才能のせめぎあいの結果だし。

なんでも後ろ向きな取り方してると、物語に影響しちゃうぞー。

156 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/01 23:44 ID:jkpzFQ7i
遅レスだけど、まあ確かに最近は新しい本ばかり読んでますが(藁
古い本や古典でも自分に合う文章と合わない文章ってないですか?
澁澤や谷崎は好きだけど三島はいまいち、とか
池波正太郎大好きなのに柴錬はどーにも読み進められないとか……
なんでも読める人ってほんと羨ましいよ。
どんなに面白そうな小説でも海外物だと訳が合わなくて読めなかったりするし。
ちなみに個人的には太宰がダメ。どうも肌に合わない。人に言うと大顰蹙ですが。

なんかこう書いてみると食い意地張ってるくせに偏食が多い子供のようでちょっと嫌かも。

157 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/01 23:46 ID:T8ahlieO
裏は隠してあるが、ものすごく簡単な隠し方です。
見つかりませんのメールもカキコももらったことはない。
こちらとしてはこれも読んで欲しいコンテンツのひとつ。
でもアクセス数は表の三分の一くらい。
いっそ表と混ぜてしまいたい。
でもできない。
裏の基準てどうなの? やっぱフォモは服脱いだら18禁かい?

158 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/01 23:49 ID:jkpzFQ7i
スマソ。
>>156>>151に対するレスで
156=148ですた。
>>156だけじゃ意味不明だね……回線切って逝ってきます。

159 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/02 00:24 ID:YzQSN8v0
>157
フォモの裏って、よーするに己の基準で18歳以下には見せたくない作品ってことじゃないかね。
女絡みのエロだったら脱いだ時点で一種ヤバーだろうけど(イパーン的概念で
フォモは【誰が見てもエロエロ】じゃなければ自分の判断でええんじゃないかの?

個人的意見では、セクースシーンがあれば確実に18禁。というか裏。
だけど自サイトはセクース描写がなくても、セクース事実が入っていれば裏に回している。
表はぎりぎりちゅーまでかな。

160 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/02 00:32 ID:FGYORDu4
801サイトなら裏の定義は
サイトの傾向によってもジャンルによってもイロイロだよね。
うちは一応、表は純愛系なので(セクースもあるが描写は控えめ)
裏はバリバリの鬼畜ものとか置いてるよ。
エロそのものというより(まあ確かに表に比べると汁5割増って感じですが)
設定そのものがあまり素人にはお勧めできないので(藁

161 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/02 01:18 ID:19fyqqcz
うちは挿入の描写がなかったら印だけつけて注意を促してます。
置いてあるものの大半が、正しく
>読むに耐えないスカスカでポエムまがいのいちゃいちゃ話
で、
>改行が多い傾向
なこのスレの底辺なので、たぶんそれで問題なし。
というか、こういう意見を読者にお伺い立てて聞いたりしてますか?
うちは掲示板置いていないので反応皆無ですが。
…微妙にスレ違いかもしれませんね、スマソ。

162 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/02 01:20 ID:HjeHVdOE
うちはなにもかも表においてあるよ。
自分の判断で好きにしていいと思う。

(まあ、もともと大したエロはないし、子供読者がいるようなジャンルじゃないからだけど)

163 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/02 03:02 ID:HGKZdTAy
>>162
うちも全部表。つーか裏も表もないな。
エロ小説はないけど、今オレが萌えてる少々冷徹な性格のキャラの、
ちょっとヤバめの小説が一つ置いてある。
ヤバイっつーのは残虐シーンが多くて焼酎にはオススメできない小説。
かなり時間かけて作ったんで自分は気に入ってるんだけど、やっぱキツいかなぁ。
2ちゃんで拾ったグロ写真で死体の様子の研究までしたし…。

164 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/02 03:19 ID:CZPWOPcD
>155さん、ちょっと目がさめました…ありがとう。あ、153でつ。
人様の好意は素直に受け取らなきゃね。後ろ向きになってたんだなぁ…。

裏表は管理人さんの好みでいいんじゃないかな?
私はエロは印だけつけて表においてるなあ。裏は下品なものを。
ジャンルによるかもしれないけど。未成年の多いジャンルはきちんと
「エロは全部裏!」とかにしたほうがいいのかもしれないね。

165 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/02 05:39 ID:LdMVqQhA
前から疑問だったんだけど、このスレって801書きオンリーなの?
嫌味とかじゃなくて純粋に疑問。

166 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/02 06:31 ID:PVhpD572
裏にしなきゃいけないようなものは、WEBには載せない。
サイト作成時点からのポリシーでつ。
オンの前にオフ経験が長かったから、見えない読者との距離の計り方として
そうしました。幼稚園児までが来るサイトだったし(w<驚いた

表においてるのは描写があるのは可愛いチューと、朝チュンです。

167 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/02 08:04 ID:YDsk+vk7
>165
エロと言っても801ばかりではないと思うが。
とりあえず自分は、パロは801でオリジナルはノーマル。

168 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/02 08:31 ID:HjeHVdOE
>165
参加資格はないし、書き込みするときにいちいち
「わたしエロやおい書きでーす」「オリジナルギャグ書いてます」と宣言してから始めるわけにもいかないし。

っていうか、なぜそんなことにこだわるんだろう??


169 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/02 09:18 ID:0b037TyL
165ではないけど
ここが盛り上がるのって801描写やその周辺のことが多いので
私もパロ801書きが多いんだろうなーと思ってました。
自分が興味無いから、同じ数のレスでもずっと続いているように見えるんです。
だから控えろとか、邪魔だ、そういうのではなく、
単にそうなんだろうな……と思うだけですが。

170 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/02 12:56 ID:cSE+NPtL
>165
私はパロノーマルカプ字書きだよ。
ちなみにエロはB以上やってたら裏にしてる。

171 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/02 15:06 ID:jV2iXkBW
Bって…なに?バック?

172 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/02 15:07 ID:Vnx9eWDj
住人少なそうなこのスレにも、色々な人がいるってことですね。
私は指輪談義なんか全然分からなかったし…。

>171
ワロタ

173 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/02 15:12 ID:s+uRPG5p
>>165
私はオフではエロなしSFファンタジー書きですよ。
ただし、オンでは裏に着衣限定くだもの置いてますけど(w


174 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/02 20:07 ID:U5ahcOub
ど真ん中の801書きですが(でも濡れ場は苦手)
少なくともこのスレに女性が多いのは確かですよね。

175 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/02 20:49 ID:pGhd8HqV
通常のレンタル鯖は18禁はダメじゃなかったか?
はっきり『18禁』と表示はまずい。
ウラは作ってもいいしエロくてもいいが、自分では18禁だと認めない方が安全。
まあ、今どき同人エロぐらいで通報されることもないが。
うちのウラは具体的なセクースシーンがあるもの。
チューして、言葉を濁して、朝になりました、では表に置く。

176 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/02 21:00 ID:PYDYnBhg
明日の文学フリマ参加する人います?
ttp://www.bungaku.net/furima/marketindex.htm

177 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/02 21:32 ID:HjeHVdOE
エロで通報されるかどうかは、内容よりも人間関係の様な気がするな〜

178 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/02 23:19 ID:dzyOHy4P
>>177
通報されるされないの問題じゃないだろう……。
 
っていうか、そろそろスレ違いだと思うのですがどうか。

179 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/03 05:08 ID:+KeRGvof
>177
同人者はレンタル鯖を使ってるのが前提かい?(w
少なくとも自分は商用もOKの有料鯖を使ってるが。

180 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/03 09:29 ID:t9xv3ejY
>179
有料鯖もレンタルだと思うけども??
商用OKでもアダルト禁止は多いし。

181 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/03 21:09 ID:RX/SnKch
とあるレンタルCGIのカテゴリ分けに
「アダルトではないが健全でもない」
というのに、みんなここらへんに入るんではないかと。




オレモナ

182 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/05 05:29 ID:GlSEpU4X
文学フリマに参加した人いる?どうだった??

183 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/05 06:33 ID:RBnbsYXW
>174
このスレに限った事ではなく、同人で文字書きやってる男性が少ないだけでは。

184 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/05 09:30 ID:ktO3EUNf
女性向だとどれぐらいの比率でいるものなんですかね>文章系
男性向けだと確かに少ないようには感じますが。

2年程前、春のSCCに間違って(苦藁)参加したときには
ほとんど見かけなかったもので。

185 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/05 21:33 ID:F/W76p6U
>184
それはジャンルによるでしょう。

186 :184:02/11/06 11:50 ID:G8X27RPr
Web上のSS書きならそれこそ腐るほどいるんだけどなー
葉鍵系は特に。

187 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/06 14:42 ID:teguRLhY
蒸返しスマソ
前々から疑問に思ってるんだけど・・・
みなさん、15禁・18禁の区別は、どこでつけてる?

188 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/06 15:34 ID:iho27Cc6
>187
気分じゃない?

189 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/06 16:52 ID:HiD4umsw
端から15禁というカテゴリを考えた事が無かったなぁ。
サイトは元から18禁。
エロじゃない話も有るけどいちいち分けるの面倒なんで。
特殊エロ部屋のみ未成年禁。
オフは「エロを書くぞ!」と思って作った本が18禁。
それ以外はエロ有りでも区別なしで……てか区別なしでも
若いお嬢さんは買っていかないなぁ、読者はオトナばかり。

190 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/06 18:27 ID:0KliKD26
うちの読者さんもオトナばっかだから気にしないなぁ…。
分け方については>188に禿同。気分じゃないかなあ。

191 :187:02/11/06 19:21 ID:teguRLhY
そうか、気分か・・・
色々あって、神経質になってたみたい
ありがd
気楽にやってみます

192 :某所より引用:02/11/06 20:00 ID:MvKwbxrO
はじめまして。
私は創作小説(ボーイズラブ)を作成していますが、15禁・18禁等の区別がよく分かりません。同人誌として発行するにあたり、どう表記したらよいか迷っています。
全体的にはストーリー性を重視していますが、愛し合う二人が結ばれるHシーンが40ページ中9ページ程有ります。
私は成人していますが、読者の方の中にはまだ中・高生の人もたくさんいますよね。不快感を与えないために、どんな気配りが必要なのか、教えていただきたいのです。
どうぞよろしくお願いします。


193 :某所より引用2:02/11/06 20:01 ID:MvKwbxrO
 私としては、性描写の有無の記載はおろか、年齢制限による性情報の遮断に必要性をあまり感じていません。まあしかし、こうしたことに対する購入側の不快感の有無というものはあるのかもしれませんね。
 文章における15/18禁の、勝手に考えた区別としては、例えば

15禁 劣情の喚起を目的とせず、詳細・具体描写を欠く性描写がある。
18禁 具体的な性描写。劣情の喚起を目的とした描写がある。
というところでしょうか?

 絵がある場合には、乳首があったら15禁?絡みがあったら18禁?性器描写は発禁?ぐらいでしょうか?

194 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/06 20:02 ID:MvKwbxrO
これでどうよ?

195 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/06 20:19 ID:zlDkJo30
おお、神!
187じゃないんだけどね…。 みんな色んな板へ行ってらっさるのね。

196 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/06 21:10 ID:qW4oIP9C
>性器描写は発禁?

この一文にものすごくウケてしまいました。
なるほど…!

197 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/07 00:43 ID:+URVRHZU
確か夏コミで性器描写で発禁くらったとかって某ボーイズ系SM作家が
書いていたような。去年かな。

ところで、まったりイチャこいてるたおやかな描写だと、
客観的には15禁でも、お気に入りのキャラだと
鼻血モノっていう場合がありませんか。(w

198 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/07 00:57 ID:YeHqYxgK
私は一部の自分の本に18禁表示をしていますが、それは単にセックス表現があるから
ではなく、「愛のないセックス」「性暴力」の表現があるためです。
ラブラブな本は、エチーありでも18禁にはしてません。

199 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/07 04:04 ID:GLZb025K
コミケや都市でガイドラインが決められてる、というわけでもないので
各自の判断でいいような気がする。

200 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/07 04:22 ID:ngkQu2pG
エロありなし、の区別で表記をしてるわけじゃないな、オフの場合は。
オフはメンタルな部分で、青少年に読ませたくないと思うものを18禁にしてる。
所謂、猟奇殺人系なんかの描写があると、分けた方がいいと思うからな。

201 :317:02/11/07 07:16 ID:mFM9S3Ac
オン801パロ字書きですが、ラブラブエチーなので18禁でなくても……とも
思いましたが、わきまえてない人に来訪されたくないのであえて
サイトトップに18禁表示しています。

202 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/07 18:04 ID:8KtgEj5F
話の流れ遮ってすみませんが、ここ字書きスレだし、どうしても気になって。
>197さんの「たおやかな描写」って、どういう意味ですか?
だれも触れていないし、普通に使われる言い回しなのでしょうか。

あと、このスレで何度か見かけましたが、
「イチャこいている」というのは「いちゃつく」の
若者バージョンもしくは方言なんでしょうか?



203 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/07 18:44 ID:gL92uWTZ
たおやかな描写とは、エゲつくないボカした描写だと
受け取ってました。
イチャこくは…私は決して若くはありませんが…
使いますよ?いちゃついてるのを茶化したように言うのが
「イチャこく」じゃないかなあと言ってみるテスト。
ニュアンス的なモノなのでどうも伝えにくいですが…。

あんまり真面目に考えると袋小路に入るとおもわれ。
何でも肩の力を抜いてやるくらいがちょうど良いのでは。

204 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/07 20:24 ID:GbpYjv4n
まぁ、広辞苑にも「しなやか」とか「柔和」とかで載ってる言葉ですしね。
枕草子とか源氏物語でも使われているくらい古い言葉ですよ。
私も柔らかな描写という意味合いで受け取ってました。


205 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/07 21:21 ID:4SkxjH+m
>202
「イチャイチャぶっこいてる」の略かとオモテタヨ…違うの?

206 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/08 02:33 ID:dRrlFWiy
>205
ニュアンスとしてはそんな感じがするー。>イチャこく

207 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/08 23:08 ID:2qUEmTVQ
若者のセンスなのか、高田純次のセンスなのか…

208 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/09 00:06 ID:49ZLJwuy
個人的な感覚だと
「たおやかな美人」とか言ったりするので、
ナヨッとしつつも折れないような、「やなぎ」のような印象だす。
なので「たおやかなイチャイチャシーン??」と思ったひとり。

209 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/09 02:48 ID:qnyBsmS1
高田純二…w

210 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/10 12:05 ID:WdRJXerG
>202
私も「たおやか」を「描写」につける?って思いました。
言いたい雰囲気は穏やかそうな、なよっとした…って事なのかなぁとは思ったけど。
普通に使われる言葉だったらごめんだけど、聞いた事ない、読んだ事ない。
造語って事かと理解していいのかしら?

211 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/10 14:56 ID:uvyB9FIJ
>210
造語って……
ティプトリーの有名な短編タイトルにも使われてるよ。>たおやか

GOOの国語辞典にも載ってるし。
ボキャブラリー少ないのはしょうがないかもしれないけど、
勝手な結論出すのは調べてからにしなよ。


212 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/10 15:04 ID:W2+fsGCF
修飾語と名詞の組み合わせ方でも造語っていうの?
そもそも一般的な使い方以外を否定されたら
まあ、否定はしなくてもいちいち突っかかてたら
字書きとして辛くない?
一つの表現の仕方、って事じゃだめなのかな

213 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/10 15:41 ID:TFSe1010
>212
それは自由だけど、読む人に伝わらなかったら
ただの誤用じゃないかな。

214 :202:02/11/10 16:43 ID:rJRMZ+HG
なんだか私のレスが感じ悪かったようで申し訳ありません。
別に突っかかるとか揚げ足とりーで書いたんじゃないんです。
いつも、それこそ語彙が少ない自分をもどかしく思っているので、
言葉の、自分の知らない用法を新しく見かけると気になるだけなのです。
がきんちょの「どーしてー? ねー、どーしてー?」レベルだと思ってください。

自分はそれまで「たおやか」を、
「たおやかな仕草」のように使うと思っていました。
つまり、その「仕草」をしている「人」がたおやかなんだな、と。
ですから、「描写」がたおやか?と思ったのです。
つまり、「描写」されている内容が「たおやか」なのではなく
「描写」している(描いている)人そのもののさまを修飾しているみたいだなあと。
うーん、理屈っぽくてすみません。もっと精進します。

215 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/10 22:51 ID:uvyB9FIJ
「たおやかな山々」とかもOKらしいからねえ。
辞典を見る限りでは。

「穏やかな描写」とかなら慣れ親しんでるけど
たおやかって言葉自体、人を修飾する例でしか見ないもんな。


216 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/11 10:11 ID:LBageseC
>213が心に痛い

217 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/11 10:18 ID:RLDiOAv7
シンプル イズ ベスト!

218 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/11 12:14 ID:LBageseC
>211
ティプトリーという人をしらなかったので、ググってみたよ。
「たおやかな狂える手に」というタイトルが引っ掛かったけど、
これは>210のいう「造語」とは違う意味じゃないかな。
単純に「たおやかな手」だから、普通に使う意味とみた。
原題も「With Delicate Mad Hands」なようだし、訳者のセンスだろうね。

にしても、全然知らない人だったけど、面白そうだす。

219 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/11 12:31 ID:TI4CRrnB
>217
とも限らない罠。
趣味の領域は線引きが難しい。

220 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/11 17:47 ID:rupqHTcZ
小説誌への投稿作品を書き上げたのですが、勇気が出ません。
封筒に入れたり出したり、うだうだと二の足を踏んでいます。
ネットに上げて反応を見たいけど、上げたら応募できない。
勇気が出ない。

221 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/11 17:54 ID:iB6Z0S5q
>220
案ずるより産むが易し。いますぐ出してらっしゃい。
ネットの反応なんて見てもしょうがない。
多少変なとこがあっても、いいものであればちゃんと結果に反映される。

222 :210:02/11/11 17:54 ID:Td/T7LVc
>211
あのね、「たおやか」を知らない訳ないでしょ?
「描写」って言う『状況』につけるのか?っていってるの。
人とか物とかにつけるのはよくあるよ。
でも、状況につけるのは見た事ないし聞いた事もなかったから、それってあり?って思った訳。
もちろん、言語感覚の優れた人で、すごくいい言い回しを考える人もいるけど
意味が通じないなぁって思ったのよ。
「たおやか」って言うのは、基本的に姿形とか、動作につくものでしょ?
意味的には「しなやかなさま」とか「穏やかなさま」とか「優しいさま」とかの
説明に使われるので、「描写」につけると「しなやかなさまの描写」になって、
「さま」と「描写」が意味的に重複するでしょ?


223 :210:02/11/11 18:06 ID:Td/T7LVc
途中までしか書いてないのに書き込み押しちゃったよ。

だから、197さんが『たおやかに描写された』と言うような表現だったら
気にならなかったと思うんだけどね。


224 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/11 19:32 ID:GGVcMhFT
「なにかのたおやかな様子を描写する」なら分かるけど
「なにかをたおやかに描写する」という状況は想像がつかない、つーことで。

的確な描写とか曖昧な描写とか、直接的な描写とか婉曲的な描写とか
描写につく形容ってそんな種類のものでは…

225 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/11 20:48 ID:7f4cG2N6
>220
遅レスかなぁ。ネット発表した作品でも可なところもありますよ。
220がどんなのに投稿しようとしているのか知らないけど。


226 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/11 22:47 ID:iPPVjgNP
愚痴です。
私はうまくないながらも好きで字書きを同人でやっています。
で、自分の本がクドイ文の羅列であることも自覚しております。
……
仕事で、初めてのプレゼンの資料をこの前作ったのですが。(ちなみに新入社員)
ありがたいことに、上司からダメだしの嵐。
「くどいな。お前は説明文を書いているのか?」と。
すいませんすいません、そういう性格なんです。それしか書けないんです。
とは言えなかったです。
ああ、早く切り替えられるようになりたい。
そして少ない文で相手に物事をわかりやすく伝えられるようになりたいです。

>220 さん
がんがれー、投稿は何かしら、自分にプラスの形で返ってくると思いますよ!!

227 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/11 23:19 ID:eUzUTiyp
プレゼンはいわゆる*文章*を書かないほうが通りがいいよ。
箇条書き形式で書いてごらんよ。中点打って。
まんまそれじゃあダメだけど、ハナから文章書くよりは絶対するっといくと思う。
初々しいのう、がんがれー。

とか先輩風吹かせつつ、自分はドジソ物書き入社2年目……。
先輩がたの書き込み、参考になるです。自分以外の人の解釈って
同じ単語についてでも違いが多くてオモシロー。

228 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/12 07:24 ID:DOw/ARbq
>210
いや、あなたのはじめの書き込みも、
一見しただけだと分かりづらいよ。

>222もだけど、
もう少しシンプルに自分の伝えたいことを
書いてみては?

229 :210:02/11/12 13:08 ID:S4Cut/J5
>288
ではオブラートに包まずシンプルに…

「たおやか」って「描写」につけると意味通じないよ。
「たおやかなり」の使い方間違ってるんじゃない?
読み手の想像力を喚起するんじゃなく、強要するような表現されても困る。

230 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/12 22:17 ID:Haga7y7U
もういいじゃんこの話題。
最初の人の文(210に非ず)でも雰囲気は通じたよ

231 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/12 22:53 ID:0ST8SOQU
最初の人も、まさかこんなに絡まれるとは思ってなかったろうなw
初めて見たけど、上手い事言うな〜と私は思ったけどね……。<たおやかな描写

232 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/12 23:55 ID:cb+Q3DvF
正しいか正しくないか、じゃなく、通じるか通じないか、が重要なんじないかと。
このスレの大体の人には通じたみたいだから、ありなんじゃないの?
国語のテストではバツにされるかもしれないけどね。

って書くと、正しい日本語を使えずして小説なんて書けるか!って突込みがくるんだろうな。

233 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/13 00:58 ID:ZUrZmBEc
それほど日本語正確じゃなくても、小説は書けると思うなあ。
造語っぽい曖昧さが面白いことってままあるしね。
むしろ上であがってるプレゼンみたいなときのほうが
自分は日本語の正確さが気になるかも。

234 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/13 01:12 ID:zOFQDajj
小説は、文章の芸術(広い意味でのね)なんだから、
決まりから外れた表現や、ブロークンな表現はありじゃないかと。

あきらかな誤用とか文法間違いとはまた違うと思う。
どう違うかは、センスの領域になってくるから説明しにくいけど
たぶん、小説になってみると、はっきりとわかるんだろうな。

235 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/13 01:33 ID:uDMyY5yn
>234
んだな。
小説ならば前後もあわせてより強いイメージで受け取るから気にならない、
もしくはより効果的だったんだろうけれど、
「書き込み」だったから、気になる方もいらしたんだろうと。

私も使い方が違うのはわかっていても、自分の中のイメージにより近い言葉を選択するほうなので、
少し気をつけねばな、と思ったよ。

236 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/13 07:51 ID:WuEvK0nS
しかしヘタレ字書きほど造語を駆使したがる罠
物知らずゆえに、また検索機能や辞書を引くのを面倒がるゆえに

237 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/13 11:41 ID:CaJ3R68q
文法的な間違いを犯してなくても、
聞きなれない言いまわしに対しては
保守的な人もけっこういるのね……

わたしはそれに驚いたなー。

238 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/13 11:50 ID:pUrDZV78
「聞き慣れない」というより、
「書き手の腕が未熟なので、読み手に『わざとそうした』という意図を伝えられていない」
ケースもあるのかもよ。
上の方であったけど、いくら凝ったり作ったりしてみても、
読み手に伝わらなきゃただの誤用でしょ。
書き手としては、それを「読みとれてない」なんて言う方が恥ずかしいと思う。
芸術やなんかであっても、まず受け手に「解ってもらえる力」がないなんて、話にならないよ。

239 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/13 12:21 ID:CaJ3R68q
>238
そりゃ読み手に伝わらなきゃ意味ないよ。

例えば、「〜〜やかな」という言葉の使用範囲は
・ゆるやかな基準→聞きなれているし、文法的にもOK。誰にも一発で通じる
・しなやかな政治→フーン上手い事言うなあと思わせる言葉
・たおやかな描写→文法的にOKだが、聞きなれないので聞き返すレベル

って風に3段階に分けられると思うんだけど、
どこまで使用するかは、どういう読者を想定するかによるでしょ。
低年齢向けなら「ゆるやかに」までだろうし、
新聞だったら「しなやかに」までだろうと思ったのね。

このスレは字書きスレだから、
わたしは3番目までOKだと思ったんだけど……
違ったのか、と驚いたってことよ。

……自分の書き込みに後で解説するのってカッコ悪いなあ。

240 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/13 12:46 ID:ZGwePzQf
>239
書き手だから、このスレだから聞きなれなくても伝わるだろうという考えは
逆の意味で甘えじゃないかな?
高度な言い回し上げ連ね大会じゃないんだから、どんな場でも判りやすく
出来るものはするのが基本だと思うよ。

241 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/13 13:01 ID:z0tizR9D
>高度な言い回し上げ連ね大会
このスレの書き込みは、誤字脱字も誤変換もなくて見やすいんだけど、
確かにそういう感じはするかも。
それぞれの方向性の問題かもしれないけど。


242 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/13 13:22 ID:eykjpbQn
結局、「たおやかな描写」と言われてどういうものか、
思い浮かんだ人がどれくらいいるかだと思う。
私は正直言って「?」だった。文法的にどうとかこうとか以前の話で。

もともとの>>197のように「まったりイチャこいてるたおやかな描写」
とかだと、前の「まったりイチャこいてる」という言葉で
何となく見当つくんだが、「たおやかな描写」だけだと「え?」だ。
(要するに197の場合、「たおやかな」という言葉は、文意を理解する上で
実は余り重要ではない)

一般的に使われない言い回しを敢えて使う時には、
(まして2chなんていう「超巨大匿名掲示板」で使うからには・・・
本買ってくれる読者より、遙かに多くの人が見ているわけで)
それなりに注意が必要だということだろうと思う。

243 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/13 13:27 ID:nkpt5KjS
たおやかな描写、さっぱりわからない。
どんな描写なのか、どんなことを描写したのか
ニュアンスも伝わってきてません。

字書きだからこそ、わかんないところにはつっこみたいというのもあるでしょ。


244 :  :02/11/13 13:33 ID:oBE/obXK
ロリ〜タ

http://www.venusj.com/sample.htm

245 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/13 14:19 ID:pUrDZV78
>241
「ハゲ藁」「何いってんだヴォケ」「うっさいハゲ」と言うところを
頑張ってワンクッション置いてから書き込んでいる節はあるよ
「感情をみだりに表すものではな…い…」と
マリーアソトワネット状態で(w

246 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/13 16:51 ID:Uw+un297
みんな、文法とか一文一文考えて書いてるのかなあ…。
原稿用紙400枚とか500枚とか書いていくと、文法よりむしろ
話の流れを重視しなきゃならないから、私は文法よりも
『読みやすいか、意味は通っているか』を重視しちゃうな。
もちろん話し言葉で地の文を書いたりはしないけど…。

人の意見を聞くのはとても勉強になるし、面白い。
でも度を越した意見の交換はただの批判になるような気がする…。

そろそろコミケ当落分かったころだけど、参加する字書きさん、がんばろう!

247 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/13 17:43 ID:QsFafgOb
いきなり「たおやかな描写」だけだったら「?」だけど
前後の文章があるわけでしょう。それでわかる程度の話だと思うが。
なぜ243がそこまで意固地になって絡むのか、それが謎だよ。
ニュアンスも伝わらないなんて…w なんでそんなに喧嘩腰?

248 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/13 18:00 ID:pUrDZV78
>それが謎だよ

物語には謎があったほうがいいんです。
謎なくスイスイと進んで終わるお話など、チトーモ面白くないはず。

なんつって

249 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/13 18:31 ID:h6doIOtz
>247
前後の文章があっても、なぜそこに「たおやか」という言葉が出てくるのか分からないよ。
どんな風にも全く分からなかったので、そういうように書きました。
前後の文章があるから何となくわかる、というのも分からない。
247はどんなふうに「分かった」の?

絡みたいのじゃなく、喧嘩腰になりたいのでもないのよ。

250 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/13 18:39 ID:yD4meSO3
誰か話題を変えてくれ。 も う 腹 いっ ぱ い。

251 :きゆ:02/11/13 19:03 ID:pUrDZV78
字書きって、自分の言葉以外で語られたものに満足できないんですかね、尾田先生。

252 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/13 19:10 ID:kFG4Wypt
>251
字書きってというかこのスレってそうだよね。

253 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/13 19:28 ID:yD4meSO3
イヤだよ。みんながみんな粘着だと思わないでおくれよう。

254 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/13 20:13 ID:+P3dcnY4
字書きはしつこくて粘着気味だからな…

255 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/13 20:25 ID:gwuiQnx9
249がそうなだけなんじゃないの?<粘着

256 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/13 21:14 ID:sNQ1I9Hu
>249
>なぜそこに「たおやか」という言葉が出てくるのか
センスの問題。ゆえにわからない人にはわからないでいいかと。
249が理解不可能と言うのであれば、それを使ってある小説には
以後近寄らない・見てしまっても脳内から抹消すれば良いこと。
感覚的に相容れない文章書く人も世の中にはいるでしょ。
わかろうがわかるまいが、でもそれでどっちが上ってわけでもないんだし、
気にせず己の書きたい文章を貫け。ガッツだ。

↓と言うわけで次の話題にいってみよーか↓

257 :256:02/11/13 21:16 ID:sNQ1I9Hu
いってみよーかなんて言っておいて、ミスに気付いてしまった・・・
>でもそれでどっちが上ってわけでもないんだし
これ、『でも』は余計でした。ほんとにスマソ……(´・ω・‘)ショボーン

258 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/13 21:17 ID:l+a+ym9v
たおやかにお腹一杯。

259 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/13 23:34 ID:PYAbSi5o
以前、自ジャンルのリア工字書きちゃんが「暇をもてあます風体の男」みたいな描写をしていたなぁ。
風体って言葉の使い方は辞書の意味だけじゃなかなか理解できないと思うのね。
いろんな適切な実例の中から学ぶのじゃないと。
若い子とか、本をあまり読まずにいい歳になっちゃった字書きさんに
語感の持つ雰囲気だけで用法あまり気にせず使う人が多い気がする。

260 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/13 23:55 ID:I/BKhYbQ
ヴァカと天才は紙一重っていうけど、
誤用とセンスも紙一重でつね。

261 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/13 23:59 ID:9DllzowA
たくさんいる「誤用ばかりする他人」のことを
真剣にあげつらっているより、
自分の文章見直す時間を大切にしたほうが有意義な気がする
この頃のこのスレ。オレモナ!

262 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/14 00:02 ID:wBPWTZ47
たおやかでお腹いっぱいなところ恐縮ですが、ちょっと質問。
「甘やか」っていう言葉は普通に使われている言葉なんでしょうか?
最近読んだ同人小説に「甘やかな雰囲気」とかいう記載がありまして、
表現したかったであろう感じは伝わってくるのでそれは問題ないのですが、
手持ちの辞書には「甘やか」という言葉が記載されておらず、
それは一般的な形容詞なのかどうか、ちょっと自信がないのです。
今まであまり目にしたことのない単語だったので。無知でごめんなさい。

263 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/14 00:05 ID:I8COi9aq
>262
http://dic.lycos.co.jp/djs/result.html?query=%82%A0%82%DC%82%E2%82%A9&id=00474100&encoding=shift-jis&th=1&th=1

264 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/14 00:09 ID:wBPWTZ47
>263
おお、ちゃんとある言葉なんですね! これで安心して自分も使えます。
わざわざありがとうございました。

265 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/14 07:17 ID:eMSgQTM9
「甘やか」って、そんな特異な言葉か…
小説書く時は、ごくフツーに前から使ってたよ。

ここ見てて何が情けなくなるって、辞書の活用方法だよ。
複数持ってれば分かるけど、ある辞書には載ってても、別の辞書には
載ってない言葉だって結構ある。
同じ辞書でも版によって載ってたり、載ってなかったりもする。
私は手持ちを4冊持ってるけど、それ全部見ても載ってない場合は
更にNET検索もするよ。
2chに書くならさぁ、便利な検索ぐらい、もっと使えば?
その上で、小説中にどれくらい使われてるものなのかを、自分の読んでない
系統の小説を絡めて話題に出すなら、字書きとして食いつきようもあるけど、
これじゃあね〜。

266 :263:02/11/14 10:32 ID:7xUwCfJ/
>265
263だけどさ、またうだうだ言う奴が来るだろうと思って
さっさと答え書いてそこで終了してんのになんで絡む?

>ここ見てて何が情けなくなるって、辞書の活用方法だよ。
情けなくなるなら見んなや。
おまけに自分の辞書&検索自慢かよおめでてーな。
>これじゃあね〜。
字書きとしてのスキルより人格磨け、アフォ。


267 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/14 10:34 ID:L7/DPT4S
「みんな、私ぐらい辞書を活用しなさい」と言いたいの?
辞書引くほどの言葉かよって思ってるとは想像できない?
265がプロで金もらって書いてる人だったとしても尊敬できない感じ。
ましてや、オンのみのリア工だったらゲンコツしたい感じ。
辞書をよく引く265は知ってる言葉が少な過ぎるということかもな。
「ゲンコツしたい」って言葉、辞書引いてたりして。解説はいらんぞ。

268 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/14 10:34 ID:yrvNXFVD
じゃあもう見るのやめればいいじゃん・・・
愚痴りたいのはわからんでもないけど、
いちいち嫌みがましい上にお約束の「字書きとして」は
もう本当にお腹いっぱいだよ。

269 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/14 10:36 ID:yrvNXFVD
あっこのあと
「字書きとして、このくらいは食いつきのいい書き込みができなきゃ云々」は
言わなくていいからね。


270 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/14 11:04 ID:XDD/aVe4
いやでも、WEB辞書くらいひけとは自分もおもたよ。
>265も2chだからこそこういう書き方をしたんだと思うし。

>辞書引くほどの言葉かよって思ってるとは想像できない?
…したか?するか?
そんな突飛な発想しないだろう…

辞書をひかないっつー自分の不勉強をひらきなおられてモナー

271 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/14 11:11 ID:rjMk3pM0
枝葉末節にこだわるのが必ずしもいいこととは言えないと思ってみるテスト。

272 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/14 11:13 ID:qNIibY0m
まあインジャネーノ。
ゆうべの262はちょうど人生の「聞くは一時の恥」期だったんでしょ。
すなおに教えてあげた人がいて「ありがとう」でいいじゃん。
叩いていた人には、そういう経験無いのかな。
そして自分がなにかを訪ねる時に「これじゃあね〜」と言われても無問題ってことか。

他人を指さす時は、残りの指は自分を向いていることを忘れちゃならん
と、オカンが言ってますたよ。

273 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/14 11:37 ID:QT8yAUUD
>272
ええオカンや…

274 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/14 12:46 ID:emRy+gFo
>265
ここでくだらない質問するヤシはリア厨・リア工と思われ。
正直、ガキのアホな書き込みはひかえてもらいたいよ…

275 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/14 13:29 ID:0Xur/sMM
262は自分の無知を露呈したのだ、それは勇気ある行動と思える。
正直アホだと感じはしたが。

276 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/14 14:13 ID:KC5oAL+l

教えてチャン逝ッテヨシは別にこのスレに限ったことではないと思うが.
過去ログは関係ないにしてもネット検索は基本中の基本だと思ってた


277 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/14 14:14 ID:yKVR/F5E
>274-275
そこまで言うと釣り師確定ですね

278 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/14 15:28 ID:qNIibY0m
      / ̄ヽ
    /⌒⌒⌒ヽ/|
  ⊂| ◎     ‖ <喉に針が引っ掛かってますが何か?
    ヽ    丿\|
      ̄∪ ̄


279 :275:02/11/14 15:33 ID:Tn/kilQ+
思うままを書いたまでですが何か?(w

つーか262より265より>266が飛び抜けて痛いと思いまつた

280 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/14 15:48 ID:qNIibY0m
      / ̄ヽ
    /⌒⌒⌒ヽ/|
  ⊂| ◎     ‖ <まあそうキリキリすんなや
    ヽ    丿\|
      ̄∪ ̄


281 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/14 19:24 ID:L7/DPT4S
ほかほかのタイ焼きが食べたくなりました。アハハ

282 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/14 21:04 ID:9kyazows
辞書かぁ。辞書たくさん欲しいよ。ネット検索はとても便利なんだけど、
なんというかこう、重たい辞書を持って一枚一枚めくる感触が好きなんで。
もっと稼ごう。好きなもののために。まあ、それはそれとして。
唇でものをはさむこと、がね。
片方の辞書には「咥える」片方の辞書には「銜える」って載ってるんだ。
辞書ってむつかしいね……

283 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/14 21:28 ID:/H/l49FJ
辞書が難しいってより、日本語が難しいって印象だな、それ>282

どっちも合ってる場合は、それこそフィーリングでいいんじゃないかと。
ことばえらびも文字書きの楽しさのひとつだよね。

284 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/14 21:59 ID:vY66UR6X
辞書っていえば。
角川書店・類語国語辞典が超おすすめです。
これね↓
ttp://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=jb&id=03104181
引き方は特殊だけど、慣れると重宝しますよ。
次第に自分の言葉選びも掴めるようになるかと。
私はいつもお世話になっています。

285 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/14 22:08 ID:s4x+tR2c
類語辞典ほしいです。
>284のアドレスでは取り寄せ不可になってるね。
地道に店頭で探すかー

286 :284:02/11/14 22:20 ID:vY66UR6X
>285
店頭で見つけられると思うよ。
私も少し大きな書店にいったらすぐ見つかったし。
敬語辞典とかいろいろあるから
辞書コーナーに行くと目移りしちゃいます。


287 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/14 23:36 ID:zdFoTJmv
類語はここにお世話になってます。
シソーラス
http://www.gengokk.co.jp/thesaurus/
切羽詰った時助けてもらってます。

288 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/14 23:46 ID:VWJCsJ8C
>>278
引っかかるも何も、あんた醤油入れだろう……


冬コミ落ちてしまったのでじっくり推敲しよう、辞書首っ引きで。
〆切りに追われた本って後から読むとどえらいミスに気付いて鬱になるよ

289 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/15 01:25 ID:XkZ49uT3
「新明解国語辞典」はおなじみでつね。

あれ、「新解さんの謎」にもあったように、
辞書のくせに人格があって面白いよ。
へぼんちっく。

290 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/15 03:40 ID:HhsRUF8U
>287
知らなかった…ありがとう。すごく助かった。

私も辞書新調しないとなあ…。でも本屋に行くと
色んな物が欲しくなってしまうよね。あそこは魔窟だ…。

291 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/15 09:24 ID:6HrQDXj9
こんなスレもありますよ。ご参考までに。
シソーラス使ってるけど鯖落ちとメンテによくかちあっちゃう。
せっぱ詰まった時は辞書の必要性を痛感します…。

辞書・事典好き集まれ
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/988453293/l50

292 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/16 09:24 ID:m4yvE7uN
類語辞典……バイト先のノルマで今月出る奴を一冊売らないといけない……
誰も捕まらなかったら自分で買います。

293 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/16 16:36 ID:QIZVyNTp
>292
ここが2ちゃんでなかったら、私が買ってあげたい
いや、まじで
田舎の書店じゃなかなか手に入らないんだわ

294 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/16 21:07 ID:86OJ91p0
今教育テレビでしゃべってる作家はすげー。
小説書く仕事のために子供二人を捨てましただって。

295 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/17 10:07 ID:lGqvZD/g
なんでかなー。
私、小説書くときに「あ、きたきたきたー!!!」って瞬間がないと、
文章がよたって言う事聞かない……。
いきなり大魔人ヘンシーン!! って感じで文章がまとまり始めて、後はいくらでも書ける。
その時の文章でしか本を出してないんで、惰性っていうか……
出さなくちゃしょうがないって時に書いたものはは原稿にはとても使えない。
なんなんだ……コミ毛前なんだよ? いい加減コレがなくても書けるようになりたい。
この2ヶ月必死でやってんのに無駄になってしまった……。
皆さん、小説書くときに「よし、来た!」ってなる人はおられますか?
その時以外は使い物にならないとか……こんな書き手私だけ……? ナカマホシイ……

296 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/17 10:29 ID:s3lHJ+9f
>295
多かれ少なかれそういうものはあると思うよ。字書きに限らず、絵描きでも。
マスィーンではないのでから、いつでも同じペースでカタカタ原稿を書けるってことはない。

そのスイッチの入れ方をコントロール出来るかどうか…
「萌え」は主電源として、手元スイッチもあるんだよね〜

297 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/17 11:26 ID:FiyPHxPh
>>295
そういう作家、プロにもいるらしいよ。
連載には向かないけど。
多分「色んなことを貯めこんで一気に吐き出す」タイプの作家。

>>296
当方、創作なので「萌え」も余り利用できない。
なのでどうしても行き詰まった時はMP3で音楽かける。
(普段はかけない。返って集中力が削がれるので)
ポイントは「色んなアーティストの音楽を混ぜて
ランダム状態でかける」こと。
曲順をこっちで決めると、脳が次の曲を予測してしまって良くないらしい。
次はこう来たか、って一回かけるごとの変化を楽しむようにすると
いいみたい。

298 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/17 12:21 ID:6dzxB0SE
>295
「キタキタキター!!」って感じでスラスラ書ける事もあるけど
そうでない事もある。そんな時でもいざ書きはじめてしまえば大抵
「ああ、こう書けばよかったんだ」というのがだんだん見えてくるかな。

気をつけてるのは「全然浮かばないどうしよう」
「ここからどう話を持っていっていいかわからない…」などと気に病まず
「書きはじめてしまえばなんとかなるのよねー」
「さてどう料理しようかな」ぐらいに気楽に構える事。
こういうセルフコントロールはある程度は慣れで身に付けられると思う。
がんがれ!

299 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/17 13:27 ID:s3lHJ+9f
>297
オリジナルの人って自作の設定とかキャラとかに萌えはないの?


300 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/17 17:57 ID:1uxsxW/3
>299
純ミステリみたいに萌えは関係なく書く場合もあるよ。

301 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/17 18:35 ID:ry+crffE
とりあえず書き始めてみる。でもたいてい途中で行き詰まるので中断。
2、3日経ってから改めて読み直すと、結構イケてるんじゃないか、
なんて思えてくるので、それからはずんずん書ける。295にチョト似てるかな。

302 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/17 18:58 ID:FiyPHxPh
>>299
「萌え」と「好き」ってのとは別だと仮定すると、
自作キャラは好きだけど萌えまでは行かない。
自分が単なる一読者だとして、この(自分が書いてる)話で
パロ書きたいキャラがいないっていうか。
萌えキャラの傾向がマイナーなんで、そういうキャラを今のところ
出してないだけかも知れないけど。ストーリー優先で書いてるから。


303 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/17 19:56 ID:YBbUy68E
他ジャンル者からも羨ましがられるほどのレベルの高い字書きさんがジャンル
にいる。
オフラインでお話しする機会があったんだけど、サイトに載せてるものの二倍
位没にしてるものがあるとのこと。
理由は、萌えシーンは思い浮かんだんだけど、短かすぎて小説にならないから
とか、うまくまとまらなかったからとか。
そんな推敲しなくても十分レベル高いのに・・・モットヨミタイ・・・と思いましたけ
ど、絵描きに例えるなら落書イラストでも十分巧いレベルの人でもそうしてる
と聞いて、フンドシ締め直しましたよ。


304 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/17 20:06 ID:otuWJQ7F
ここで訊いて良いことなのかどうかわかりませんが、どうかお教えください。
三点リーダーと同じようにダッシュ(と言うんでしたっけ?)も二マス分使う
お約束になっていますよね。―― ←こういうやつです
今回原稿を書いていて、縦書きだとこれが市販の本のように一本線でなく
二分割されて出てしまうのに気づきました。
使用ソフトはワードなのですが、これは避けられない事なのでしょうか?
試しに印刷してみたらやっぱり少しマヌケな気がします……。
「こうすれば出る」など、宜しければ解決策をご教授いただけないでしょうか。

305 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/17 20:27 ID:IQqw4sjk
漏れは消し線で対応したりする。

306 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/17 23:22 ID:4DD0FE9u
 おなじく消し線。でも1本だと細いので2本消し線を使い、あいだを
ペンでぬってる。

307 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/17 23:32 ID:Amgz53J4
私は線入れるところは空欄入れといて最後に
オートシェイプの直線を引いてる。
そっか、消し線のが楽かも……。

308 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/17 23:37 ID:m2jMVC37
超初歩的な質問にお答えいただいてありがとうございます!
もうボロクソ言われる覚悟で訊いたので、余計に嬉しいです。
消し線ですか……思いつきもしませんでした。早速試してみます!

309 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/17 23:40 ID:GWmWWgCX
選択>右クリ>フォント>文字間隔・狭く
ではダメですかね。

310 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/17 23:45 ID:pmGvixNu
>304
ページ設定→文字数と行数で、文字数と行数を指定するにチェック。
で、文字数の字送りをページ全体のフォントサイズと合わせる。
ただし、字間が詰まった印象にはなる。

311 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/17 23:51 ID:pmGvixNu
>310
今違うフォントサイズで試したら違ってた…。
フォントサイズと合わせる、んじゃなくて字送りで調整する。
だったよ。

312 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/18 00:42 ID:lu247S+C
おちゃけを飲んで書くと、スイスイ書けるよ…。
あれは何でだろう。

313 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/18 01:20 ID:DdpMYZZI
>303
かくありたい、と常々思ってる。
しかしお茶濁しなのは自覚しつつ
更新した方がアクセス数あがるという誘惑に負けて
自ら「ダメじゃん」と思ってるのを出してしまう…そして後悔。

日々自己満足との戦い。所詮パロと言われりゃそれまでだがそれでもな。

314 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/18 02:41 ID:dfhHh4pA
>313
しかし、その自己を満足させるのが一番大変な気がする。
自分を満足させることができるのなら、たいしたものじゃないかな?

315 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/18 06:27 ID:pK4zQhB+
アマチュアの創作って、元々自己満足の世界では?
そりゃ、向上目指せば苦労がないとは言わないが。
自己満足を右足に、向上心を左足にして歩いて行くしかないだろね。
立ち止まったら、そこで終わりだよ。

316 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/18 10:05 ID:FLn9XlZy
あ、アンザイ先生…!

317 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/18 14:29 ID:omJapi7+
同人が… したいです…!!

318 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/18 15:14 ID:0gWBTEei
おいおまいら、プロになりたくて投稿しまくりちよこな人はいらっしゃいますか。

319 :313:02/11/19 00:20 ID:ZuAH3U2K
最後の一文は今自分で読み返してもよくわからん(w
戦うべき自己満足は、作品以外から得られる満足のことね。
カウンタが回るとかお義理でもマンセーコールがもらえるとか。

>315
>自己満足を右足に、向上心を左足にして
心に銘じて歩いていくよ。

320 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/19 00:30 ID:N/RDRdcw
萌えるもの書けて満足なのか、マンセーされて満足なのか。
私は前者しか考えていないつもりだったけど、
実は後者も多分にある罠。
掲示板とっぱらってサミスィのはそのためだったのか。

人に見られて恥ずかしくないようにしなきゃ…というレベルなので、
このスレは本当に参考になります。

321 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/19 00:42 ID:aJNPgG1a
まあ、「萌えが表現できればそれで充分」ていうのなら、
鍵つき日記帳や、ローカルだけでやればいいもんね。
やっぱり本なりサイトなりでやる以上、
見てくれる人のことをちっとは考えにゃ。

322 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/19 08:03 ID:cV8ffHRC
長編書いてると、いつまでもいつまでもいつまでもいつまでも終わらない気がします……。
原稿する時のテンション保つコツとか、皆さんはなんかないですか?
100ページを越え、そろそろテンションの維持が厳しくなってきました。つ、疲れた……。
でおまだ半分以上残ってるんです。
あと、凄く描きたい場面だったのに、書いてたらなんかクサくなるんです。
我に返った後恥ずかしくて! ど、どうしたものか……。
ドーパミン出してやるしかないかな……。

323 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/19 12:50 ID:LQ89HxYF
私は前半が苦しくて、後半すいすい書けるタイプなのでよくわからない。
半分過ぎたらできたも同然という感じ。

凄く書きたい場面だったけど、書いたらクサい、もしくはちょっと違う
ということは、私もよくある。さくっと削除か別の場面に切り替える。
小説は、作者の思い入れのある場所から削れ、とも言われるしね。

324 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/19 14:35 ID:Kkr2gQR0
連載第一回をうpしてから、もう一ヶ月。

氏んでくる

325 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/19 18:07 ID:hY/DzWBu
>小説は、作者の思い入れのある場所から削れ、とも言われるしね。

えっそんなこと言われてるのか……知らなかった。
実は私も後半の方が早いタイプです。

326 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/19 18:20 ID:yZxnLpgj
1年かけて書いたとうたった長編、後半三分の一以上、
最後の1か月で書きました。そんなもんだよね(w

>322
大丈夫。
そこだけ抜くとクサい場面でも、その場面へ行くまでに
うまく読者をのせていれば、心に残る場面になってるはず。

327 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/20 00:40 ID:M0aG4KGr
>322
自分が書いたものだと思うからクサいと思うんだよ。きっと。
他人が書いたものだと思い込んで読めば大事なシーンかも。

328 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/20 01:55 ID:sWIyXV31
322です。色々とありがとう!!
冷静に全編通して読んでからまた考えます。
私もいつもは半分書いたら後は出来上がったも同然な人なんですが、
今回に限ってふっと素に返っちゃったものだから大変……。
でも長く続けたシリーズの完結編だけに力も入ってます。
入りすぎて滑った感じかな。周りに字書きさんが一人もいなくて心細かったけど、
ここで声かけていただいてうれしかったです。がんばります!

329 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/20 03:14 ID:U4r9Czrc
自分は三分の二書いてしまうと、満足してしまうタイプ。
書き出し時の萌えが続かない…持続するコツが知りたいです。
連載が止まって二ヶ月。オチはちゃんと決まっているのになあ。

330 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :02/11/20 07:29 ID:iGEyIe97
ゴメンナサイ、少し愚痴らせて下さい…。
飛翔系における文章書き(自称)の方って、
何故、文中に『v』『☆』『♪』を使うのですか?
これらの記号が出てきた時点で萎えー。苦手だよ…。
ウェブ上のものだから『読みたくなければ読むな』って
言われればそれまでだけどさ。
文章書きなら文章で勝負してホスィと思うのは私だけ?

331 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/20 07:49 ID:Q6dR1x9J
>>330
それはたぶん「字書きだ」という意識がないんだと思いますが。
つまり、たぎる萌えを何か形にして表現したいという気持ちはあるのですが、
絵が下手で顔ぐらいしか描けない。
それでは登場人物が何やってるのかすらわからないから萌えシチュを表現
できない。
なら、文で書けばいい…という発想から来てるんじゃないかと。

彼らは文はめったに読まないからいいのか悪いのかなんて自分でもわ
かってないだろうし、何となく好きなキャラが可愛い話なんだな、というの
が伝わればそれでいい。
読む方も、文を読むことに慣れていないから、それぐらいのほうが直感的
に理解できるし、それがめちゃくちゃな文章だとも思わない。
だから目指すところが全然違うんだと思います。
ただ、そこからだんだん「少しでもうまく伝わるように書きたい」とか、「もっ
と萌えキャラのかわいさをうまく表現したい」とか、そういうことを気にしは
じめてちゃんと読める文を書こうとする人も出てくるかと。

かく言う私も、発想としては彼らと同じ(絵が描けないなら〜)でしたので
ちょっと気持ちはわかります。
有り難いことに小説ジャンルの住人だったのでそういう文体は思いつきも
しなかったし、そんな「SS」は読みたくもありませんが。

332 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/20 07:51 ID:j1vWxPN5
ごめん、狩人のもの書いた時は使ったんだけど…マーク。◇とかさ。
あれは別でいいですか? いかんと言われてもそう喋るキャラなんだよな。

それより! よし来た!! 神が降りたからこれからドカドカ書きます!!

333 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/20 08:51 ID:9lm2PfTP
勉強になるなあ。確かにすべては目指してるものの問題だよ。
私は割と妥協してしまうタイプなので(時間も取れないし)、耳が痛いでつ。
次のお話も期待してます!って、お世辞でも言われると動けないよう…

ところで、このスレはどっちが多いのかなあ。
当然行くところまで行くんだろうか。カコイイ。


334 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/20 10:09 ID:snwT/G5A
vだろうと☆だろうと、善し悪しは読者が決めるもの。
好きにやればいいと思う。
勝負も何も、素人芸でどこで誰に勝つというのよん。

335 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/20 13:42 ID:vfm8WKBZ
>334
昨日の自分に勝つんだよ。

336 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/20 19:17 ID:Cs2tTPtJ
>>335
姐さんカコイイ!!
肝に銘じるよ!!

337 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/20 23:44 ID:3P/Ta+fD
メールでやりとりしているような場面での顔文字の使用ってのはどう?
嫌いな人はやっぱり使わないかな。

338 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/21 00:26 ID:yP3Bm33Q
今までにも散々言われてきたことだが、何故この場で
「○○使ってるけど……イタイの?」
と、尋ねるのだ。
「えー、そんなコトないよぉ。大丈夫vvv」
とでも言って欲しいのか?
自分が使いたければ使えばいい。それで他人に何か言われても
気にしないのなら。
無視できないなら 黙ったまま 使うのをやめろ。いちいち聞くな。

339 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/21 00:29 ID:cSp+8neu
いわゆる誘い受けってやつですね。
気持ちはわかりますけどね。
お客さん相手にやらなかったら良いのでない?
ただしこのスレの判断が必ずしも最適とは限らない罠。

340 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/21 01:39 ID:MwyJ5KYe
>337
そういうキャラならアリ、
そんなキャラじゃないなら使わない。
いちいち人に聞くまでもあるまい。

341 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/21 01:51 ID:Aj6ehOzC
いいじゃん、談話室なんだからさあ。
検索すればわかるような教えてちゃんはともかく、
こういう使い方ってどう思う?くらいの話題にいちいち
嫌みがましいレスかえさなくてもさ。
自分が答える必要感じないなら、それこそ黙ってスルーすれば?

340はそれでも答えてるけどね。
自分は2行目まで340に同意。

342 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/21 02:00 ID:cSp+8neu
たびたび落ちたこのスレも、荒れるほど人がいるなんて感激。
どのくらい人いるのかな?
一時期憩いスレから流れてきて、増えたようですが。


343 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/21 03:23 ID:aEq7Geyr
私自身の癖なのかもだけど、ついつい「思わず」って言葉を使ってしまう。
いつも書いてるのは三人称主人公視点。
意識してるんだけど、ついつい出てしまうんだよね。
そういう癖とかって他の人はありまつか?(・ω・)

344 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/21 03:46 ID:d8amgfcM
勢いで書いてるとついつい「〜〜は苦笑して〜〜」「〜〜は笑って〜〜」
というのを多用してしまいますね。
あとからガリガリ削るんですが。

345 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/21 05:36 ID:ZyRfsg8j
いつもにこにこ笑っているキャラなので、「〜笑った」という関連の表現が
そのキャラの場合頻出。
でも、仕方ねぇーと思ってる。
ボキャブラリーが貧困かどうかは、他のところで頑張っている。

346 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/21 10:42 ID:Dl8jF0fE
私も三人称主人公視点で
主人公以外の感情を表現するのに「目」ばっかり使ってしまうなあ。
見直してみると1000字に1回くらいは出てくる。

347 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/21 11:11 ID:8lbBnUUB
>346
私も「目」「瞳」「目つき」「視線」はよく使ってしまう。

あと、「表情」とか「〜のような顔」とか、そんなのもよく使う。
直したいんだけど、外側から見た心理描写が難しくてなかなか直せない。

348 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/21 12:44 ID:Bva3kgOC
逆接の助詞ばっかり使ってしまいます。
「○○は何々したが、〜」とか、「○○であるが」って文ばっか。
自分で読み直して「・・・くどいんだよ」と思ってしまう。

349 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/21 13:41 ID:al4s+Hdq
自分ではクセだとかくどいとか思ってても読み手は意外と気にしてないね。
自分は最近ややふっきれた…。

350 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/21 22:58 ID:adm8lk8i
でも自分が納得出来なきゃね…

351 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/22 03:52 ID:gEVdDDzx
>346-347
私もそうだー。
小説読んでるとき、人物の表情などを直接描写せずに
心理状態を表している表現があると、凄い、上手いって思う。
(この辺『文豪』はやはり圧倒的に秀逸)
メタファをもっと使いこなせるようになりたいな。

352 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/22 09:47 ID:7W40MmZl
そういえば若いころは風景や人物以外の描写が苦手だったなあ。
でも、年とったらなんとなくできるようになった。
映画見たり旅行したり、生活の中でいろんな場面の経験をつむことで
見えてくるものはあるんだと思う。

353 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/22 10:07 ID:5z63aYeT
「年とったら描写ができるようになった」ってさ……
それは年齢ではないと思うけどなあ
歳を重ねないとわからないことは確かにある。でも描写は違うような。一緒かなあ?

354 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/22 10:10 ID:8bWLCN/b
>353
マリオで、飛べなかった溝を何度もやっているうちに、いつのまにか飛べるようになった!
みたいなもんでしょ。一定時間かかるもんじゃないかな。
そしたら必然的に歳をくってしまうと。

355 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/22 10:38 ID:5z63aYeT
これを言うと後の反応が怖いのですが。あえて。
「描写は才能」
いや、努力もあると思いますが。語彙もあると思いますが。例外もあると思(略

356 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/22 10:59 ID:8bWLCN/b
そりゃそうだよー。
描写だってバスケだってお料理だって、努力も(略、結局は才能でしょ。
だけど、才能がなくても楽しくできるというのが同人の強み(w
だいたい才能ってどのくらいの人が、どのくらいの量持ってて、どのくらい使えるんだろう。
それが眼に見えないだけに、「もしかしたら自分にある鴨」って思える分だけ
人は幸せだと思うですよ。

357 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/22 16:49 ID:7pWdmine
自分は才能とかはRPGの初期ステータスから
レベルアップとかのステータス上がり具合みたいな感じで考えてまつ。

魔法使いは初期ステでは体力低いけど、レベルアップすれば
レベル1の勇者より高くなるしね。

とか思うと激しくステータスアップアイテムがほしくなるわけですが。

358 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/22 18:36 ID:8bWLCN/b
んまいこと言うね〜。

じゃ、じゃあ、あそび人が、一生懸命レベルをうpしたら、賢j

359 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/22 21:23 ID:FqxxK/ap
悟 り の 書 が な い と ダ メ

360 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/22 22:34 ID:0Z3GfTeP
しかも賢者だったら
特 定 の 場 所 で な い と ダ メ

361 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/23 00:36 ID:OUZ9lRrD
>特定の場所

どこでつか、そこは。
ライター養成学校ですか、やっぱり

362 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/23 02:37 ID:tHBiVDqZ
字書きから狩人にジョブチェンジすることは可能
「どうぶつ」コマンドが使えるようになりますよ

363 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/23 10:30 ID:pcAHQJZW
読者に好まれるかどうかは才能や運の要素が大きいけど、
自己満足が目標(レベルアップの実感)なら地道な努力にかかってると思う。

364 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/23 17:59 ID:aXS+K0VP
自分の文章がレベルアップしたかどうかはなかなか判断がつかないけど
昔書いたものを読み直してみるとあまりの稚拙さに愕然としたり
構成のつたなさに苦笑したりするので
それなりに上達はしてるのかな、と思う……ただ、文章が下手でも
作者の思い入れが伝わってきたり愛と勢いがあったりする小説は
綺麗にまとまってるだけの小説より面白いときもある。

365 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/23 19:17 ID:6CNNyYyb
>364
それは、美味しくて見た目の悪い料理と、まずくて見た目のいい料理を比べるようなもの。
美味しくて見た目のいい料理を目指せばいいだけのこと。

366 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/23 19:21 ID:31sABLe9
>364
あなたのように文章がレベルアップした人が見れば面白いかも知れませんが
一般の人が見た場合、そううまくはいかないでしょう。
文章が下手な時点でもう愛も勢いもなかなか伝わりません。
ましてや面白みを文章から見い出してくれるかどうか。
(文章以外の要素を読者から面白がられているような
小説サイトさんもあるようですが。)
『奇麗にまとまってるだけの小説』とは、本当はあなたにとって
『上手さを認めたくない小説』なのではないかと考えてしまいました。

367 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/23 20:31 ID:tHBiVDqZ
>366

ズッキーン・・・

368 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/23 21:21 ID:B1tfwgiO
>365-366
364の言わんとしているのは、
原作やキャラに対する愛情があふれている作品は
技術的には多少拙くとも思わず引き込まれるというということじゃないかな?
「綺麗にまとまってる*だけ*の小説」というのは、技術的な面だけに腐心していて、
肝心の作品やキャラへの愛が二の次になってしまっているものを差しているんだと思う。
(もちろん、綺麗にまとまっていて且つ勢いもある佳品もあるし、それが皆の理想であるのはいうまでもない)

ここが文芸創作板ならともかく、同人板なわけだし、二次創作の同人の原点はやっぱり愛でしょ。
その愛から逸脱して技術*だけ*の作品になっていると、響くものがないし、
「へえ、文章*は*上手いな」とは思えても、自分はその作品に魅力を感じることはできない。
(実際、文章はこぎれいだし、作中の雰囲気とかはよく描写できているけれど、
 引き込まれもしなかったし、読後に何も心に残らない小説を何度か読んだことがある)

愛さえあればヘタレでもいい、と開き直ることを勧めているわけではないよ。
まずは愛があって、その愛をうまく表現するために、このスレの議論のように
いろいろ悩んだり切磋琢磨したりしながら腕を磨いていくわけで、
そういう向上心がない人は、やっぱり嫌です。自分も。

369 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/23 22:42 ID:PtfZsH4T
368に禿同。しかし、何故366が364に過剰反応しているのかわからない。
364の文章の何が逆鱗に触れたのか?
誰かに綺麗にまとまっている*だけ*の小説、とか言われたことが
あるのではないかと考えてしまいました。

370 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/23 23:01 ID:31sABLe9
本当に間違いなく、あなたのその『技術だけで魅力のない』という判断は
客観的ですか。
私には、あなた以外の誰かが魅力を発見するのではないかと思えます。
好きなキャラ、設定の小説は下手でも引き込まれるし
嫌いなキャラ、設定の小説は上手でも心に残らないものです。
確かに万人に受ける小説はありませんが、仮にも上手な小説を
『技術だけで愛のない』または『綺麗にまとまっているだけ』と言い切るのは
評論家でも難しいのではありませんか。
『愛があればヘタレでも』はたかがパロ同人なんだからこの程度でいいじゃん
と言ってるようなもんでしょ。まあ、勧めてる訳じゃないそうですけど。

(逆鱗て……、そんなに怖かったんですか。これも怖いのかな。ただの一意見です。)

371 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/23 23:19 ID:PtfZsH4T
マジレスするけど。
>『技術だけで魅力のない』という判断は客観的ですか。
客観的である必要はどこにあるの?
それはもう好みの問題で、受け手側の主観で良いんじゃないの?
例えば、作品が受け手側に誤読されようと、テーマが正確に伝わらなかろうと
一旦作者の手を離れてしまえば、判断は受け手に委ねられるものだと思います。
だから
>『技術だけで愛のない』または『綺麗にまとまっているだけ』と言い切る
のも、受け手側の自由。

372 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/23 23:30 ID:SJJn9MSc
私は801板に常駐しているんだがそこにSS投稿スレが2つある。
自作801SSを投稿して批評してもらうスレと誰かの801シチュリクエストに
答えたSS(もしくは絵)を投稿するスレだ。

あくまで私の個人的な印象なのだが後者の作品の方が断然萌える。
エロが多いというのもあるかもしれないが、それだけではないように思う。
評価される為に書いた作品と誰かを萌えさせよう、リクエスト主さんに喜んで
もらおう、というエンタテイメント精神を根本とする作品の差のような気がする。
さすがに厳しい評価も甘んじて受ける覚悟があるだけあって前者の作品は
みな文章としての完成度は高いのだが。

奇麗な文章がみんな萌えないというわけじゃないんだよ。
後者の作品にも文章もすごく上手くてなおかつ萌え、という作品はあるし。

373 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/23 23:55 ID:QQqSSZhD
情熱と技術の落とし所は、熟練のプロでも難しいって言ってますしね。
でも、計算とか見せ方とか考える暇もないくらい、
私はこれが書きたいんだーって突っ走る状態、
あとからあとから言葉が溢れてきてどうにも止まらない状態っていうのは、
書き手にとっては至福だと思うし、
技術だけで書き上げたという自覚のある作品より作者が愛着を持つのは
むしろ当然のような気がする。
ただし、その情熱が第三者に上手く伝えられるかっていうのは、
読者の好みと作家のテクニックにかかっているってことなのでは。

374 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/24 00:02 ID:gYvAzRMt
ん? 370は368と369宛かな?
368ですが、同人の作品において何を重視するかが、私とあなたとではそもそも違うみたいですね。
基盤がそもそも違うので、論じても平行線をたどると思うけれど、一応返事をば。

私は368でも書いているとおり、同人の作品には愛がいちばん重要だと思っています。
だから、
>好きなキャラ、設定の小説は下手でも引き込まれるし
>嫌いなキャラ、設定の小説は上手でも心に残らないものです。
ということも当然、起こり得ます。
それがふつうじゃないんですか?
ただ、368で書いた「読後に何も心に残らない小説」は、ほとんどが好きなキャラの話でしたが・・。
逆に、興味がない(どちらかといえば嫌だった)キャラだったけれど、そのキャラが好きな人が書いた作品を読んで、
それ以来、そのキャラに対する見方が変わって好きになってきた、という体験もしています。
それぞれのお気に入りキャラにどれほど深い愛や優しいまなざしを注いでいるかは、
その作品や語りを通しても伝わってきますし、私はそういうフィーリングを大事にしているだけです。
その結果、私が個人的に下した「心に残らなかった」という感想は、評論や絶対的評価ではありませんよ。
客観的かと問われましたが、どの作品に魅力を感じるかは個人差がありますし、
あなたが、作品を見るにあたって技術を重要視するのもあなたの自由です。
そのかわり、技術的に劣っているからといって、
それもまた、その作品に対する絶対の評価とはなりえません。
その作品が、プロではない人が趣味で作った作品で、批評にさらされるのが目的ではない以上は。
(続く)

375 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/24 00:02 ID:gYvAzRMt
(上からの続き)
私は小論文の指導やレポートなどの添削をしていたこともあるためか、
誤字や脱字、言い回しの誤用は探そうとせずとも自然と目がいってしまって引っかかる性質ですが、
キャラへの愛にあふれた作品に出会えると、そういう日本語としておかしな部分はあまり気にせずに、
純粋に楽しめるし、本当によかったと思います。
技術やそれを磨く努力は、368でも書いた通りに重要ですが、
それだけにとらわれてしまうと、好きな原作のファンアートを楽しむことができなくなります。
技術的に、そして小説としてうまいかどうかは論じようと思えば論じられますが、
ファンアートに関しては、私はそれだけに固執したくはありません。

ちょっと真面目な口調になってしまった(w
それと、逆鱗云々という感想は、あなたの主張そのものよりも、語る時の肩ひじをはった姿勢ではないかな?
369ではないので、推測ですが。

376 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/24 00:15 ID:9z3yUJlV
>371
『どう判断しようが受け手の自由』ですか。なるほど。
あなたの言う通り『愛』『魅力』は『主観』です。好き! 嫌い! 
どんどん言って下さい。
でも『技術』は違いますよね。
文法、語彙の量、他にもはっきりと物差のある『客観』です。
語彙が500語と5000語では誰が見ても違いがわかります。
下手なものを上手とは言えません。
小説を書く者として向上を目指しているならもう少し
客観的である必要があると思います。
受け手ではなくて、発信者なのですから。
私の主張をもう一度ね。
『愛があればヘタレでも』はたかがパロ同人なんだからこの程度でいいじゃん
と言ってるようなもんでしょ。
    なんですが。


377 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/24 00:21 ID:txZl/ZAR
>376
だからさー……どうしてあなたは、そう喧嘩腰なのかな?
受け手ではなく発信者だと言うのなら、自分の書いた文章が
*どう受け取られるか*についてもっと真摯に考えたほうが良いと思うよ。
「そんなつもりはない」と言うのなら、自覚がないほど始末に負えないと
言うしかないが。

378 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/24 00:24 ID:MhzGMU7y
パロ同人だろうがプロだろうが一番大切なのは読者に「この話好きだ!」って
思ってもらう事だと思う。むしろプロの方がそうかもしれない。

379 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/24 00:41 ID:gYvAzRMt
(上からの続き)
私は小論文の指導やレポートなどの添削をしていたこともあるためか、
誤字や脱字、言い回しの誤用は探そうとせずとも自然と目がいってしまって引っかかる性質ですが、
キャラへの愛にあふれた作品に出会えると、そういう日本語としておかしな部分はあまり気にせずに、
純粋に楽しめるし、本当によかったと思います。
技術やそれを磨く努力は、368でも書いた通りに重要ですが、
それだけにとらわれてしまうと、好きな原作のファンアートを楽しむことができなくなります。
技術的に、そして小説としてうまいかどうかは論じようと思えば論じられますが、
ファンアートに関しては、私はそれだけに固執したくはありません。

ちょっと真面目な口調になってしまった(w
それと、逆鱗云々という感想は、あなたの主張そのものよりも、語る時の肩ひじをはった姿勢ではないかな?
369ではないので、推測ですが。

380 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/24 00:46 ID:gYvAzRMt
あれ?
エラーが出たので投稿し直したら375と379が二重に・・。
しかも、投稿する間に、既に書き込みがいろいろとありますね。
逝ってきます。




381 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/24 00:48 ID:FmkGaGgH
語彙が無くても伝わるもんは伝わる。
言葉を飾る事によってより的確に伝える事もできれば、
何も書かない事によって伝わる事もある。

逆に語彙のある人の文章って、読み手にも同等の知識を必要する事もあるから、
読み手を選んでしまう事もあるよ。
語彙はあった方がいいに超した事はないが、無くても別に困らないものでもある。
書き手は自分の知ってる言葉を紡ぐわけだしね。

382 :381:02/11/24 00:49 ID:FmkGaGgH
必要とする
とが抜けた…

383 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/24 01:10 ID:ePTZB/bw
熱いスレだねえ(w

話の腰を折りますが呟かせてください。
私は今、リクエストを溜めちゃってて困っています。
原作への愛が薄れてきているのと、リクエストしてくれた人の嗜好と
私の書こうとするものが正反対なのに気づいて、全然進みません。
どっちを優先したら良いのでしょうか。
リクエストはサービスだけど、一応自分を指名してくれているわけだし…
ああ討つ。待たせているだけに討つ。



384 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/24 01:20 ID:/0Hi22we
誰も「愛があればへたれでもいい」とは言ってないと思うけど。
むしろへたれ作品でも愛は感じられるということが主張したいんじゃないのかな。
376は伝えられるだけの技術がなくちゃ、
愛だけあってもしょーもないってことが言いたいんでしょ。
でも読み手側が、この話へたれだってわかってても、なんか好きだなーって感じるのは、
技術だけじゃない魅力がその話にあるからだろうし、
それは書き手側の情熱・愛情による部分が大きいと思う。
逆に、技術だけあってもハートが感じられない作品というのもあるしね。
その辺の良さがわかるかどうかというのは、読み手の好みの問題なのでしょうが、
より多くの人にわかってもらうためには技術はあった方がいいっていうのなら同意。
でも愛は小説書くための原動力だから、ある意味で技術以上に大事にしたいよね。

385 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/24 01:26 ID:MhzGMU7y
技術は手段であって目的ではないんだよね。

386 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/24 01:34 ID:E7Cn8Ts/
これはもう、各々の価値観だから、
自分と違う考えの人がいてもしかたないねー。

>383
リクエストはちゃんと消化しる。
そういう形のリクエストなのかはわからないけどさ。
キリリクみたいな、383が「受けますよ」って受けたものなら
そうした方がいいよ。
あなたへの好意を形にしてくれた人には
きっちり義理通さないと。

しかし、そうじゃない場合は、傷が浅い内にごめんなさいしとけ…。

387 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/24 01:45 ID:x7ikr7gG
最高に愛情込めて料理を作るのはそのひとの自由だけど、
できあがったものが酷い味だったらこっちは食べるのはごめんだよ。
むしろ食材を台無しにしたという観点からは愛情も減点したくなるね。

388 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/24 01:50 ID:E7Cn8Ts/
>387
そこ問題だなー。
ラブラブ期に恋人に作ってもらったゴハンなら
何でも(゚д゚)ウマーなヤシもいる。
たとえ大好きな恋人に作ってもらっても、美味しくなければ
(`д´)マズーって言っちゃうヤシもいる。
それこそヒトそれぞれな話だしょ。

389 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/24 01:54 ID:h7i3cHk1
て有価、技術について御高説かます香具師の書く文章は
たいてい大した事ないし……


390 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/24 01:59 ID:NAJJnT2K
>389
作法にうるさいラーメン屋のおやじみたいなもんか?

391 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/24 03:19 ID:p72h1RK7
当方字書きではないのですが、最近どうも気になってしかたないことがあるので
質問させてください。
「話す」という動詞の名詞形は「話」でしょうか「話し」でしょうか?
「話す」という行動そのものを名詞にしたのなら「話し」という気もするのですが、
最近テレビ等でも「お話」という意味なのに「話し」と送り仮名をつけて
名詞形として用いているのをよく見かけます。
(例・そんな話し聞いてないよ〜)
私が小学生の頃の担任は国語に特にうるさく、「話」と「話し」については耳タコなほど
聞かされていたので、それが間違っていたのか、もしくは指導要綱が変わった関係で
その辺も変わったのか、どうも納得がいかず気持ち悪い日々を送っています。
本当のところどうなんでしょうか?

392 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/24 03:30 ID:ELIvQkUG
>383
リクは消化すべきだと思うけど、
愛なき二次創作の是非を上でもめてたばかりだし
原作への愛が薄れたことをぶっちゃけて
真摯に詫びてゴメンナサイもありかも知れない。
討つったあげく開き直るんだけはヤメレ。

どっちを取るべきかは2チャンで聞いても仕方ないっしょ。
どんだけ待たせてるかとか383が愛はなくとも
技術だけで小綺麗にまとめられる書き手なのかもわからんし。

393 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/24 03:59 ID:ePTZB/bw
>386>392
レスありがとう。
とりあえずがんがるよ。
まわりに字書きがいないので聞いてもらえただけで嬉しかった。

394 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/24 04:52 ID:UPxZ4ndh
「話」は名詞。
「話し」は動詞の「話す」の「す」でつ。

395 :394:02/11/24 04:53 ID:UPxZ4ndh
>391宛てでつ。
つまり「話し」は動詞の「話す」の活用形でつ。


396 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/24 07:21 ID:JmDVs9uC
○「話」
×「話し」

だと思う。
でも最近多いよね。書籍ではさすがにほとんど見ないが、
テレビとかゲームでは見かける頻度がタ高いような。

個人的な感覚としても「話し」だと単語として完結してない感じがして
見てて気持ち悪いっす。

397 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/24 07:29 ID:NR7DR2eW
昨夜は熱かったんだねー。
で、夜明けの空を眺めながら落ち着いて読んだけど、>376の人はそれほど
反感買うようなことは書いてないと思うよ。
なんだか途中から話がずれて行ってる気もするけど…

キーワードは向上心でしょ。
向上心を持って書こうと(書き続けようと)するなら、客観性も必要だって
ことを力説したかったんだと思うんだけど。
主観の部分は人それぞれなんだから、他人にケチつけることもないんだし、
自分自身で昔の作品の方が勢いがあったな、と思うことだって当然あるよ。
人間成長するんだし、いろんな面で変化もするさ。
それに勢いや技術って点でいうなら、プロ作家の作品読んでるだけでも、
いろいろと感じることはあるしね。

398 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/24 10:32 ID:f+QJVaxD
『愛があればヘタレでもいい』は、読み手の感想としてはありだと思うけど、
書き手が言ったら終いな気がする・・・

399 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/24 12:10 ID:YWcXdljl
>398
ガイシュツですが、誰も「愛があればへたれでもいい」とは言ってないよ。
そうだったとしても、それは同人誌をそれこそ客観的に見た話で、
自分に対して愛を理由にへたれを許してるのとは、はなから違う。

愛と技術の対立の話題も本当にこのスレの定番ですが、
だいたいいつも、喧嘩腰になるのは技術の重要性をうったえるほう。
技術「だけ」に頼っているのではないのなら、
もっと余裕のある伝え方ができるはずなんだけどなあ。


400 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/24 13:13 ID:DU85Hc+L
>398
書く方にも「別に上手くなりたいと思っていない、萌を発散出来ればOK」と考える層がいてもいいよ。
なんでもありだ。


401 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/24 14:19 ID:LiQSdN3+
自分が技術最優先なんだったら、己が書くときにそうすれば良いだけのこと。
376は他人にもそれを強要するような書き方をしてたからじゃない?
それよりもまぁ……書き方の問題だと思う。
どんなに正論をぶってても、他人に反感かうような雰囲気を醸し出している
時点でアウト。文字だけのコミュニケーションは難しいと言うことだね。

402 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/24 22:03 ID:+dSkNfO0
ちょっと前までここは「同じ萌え度なら文章上手いほうがいい」という人が多かったと思うけど。
文章の上手さと萌えのあるなしを比べること自体、違うと思うよ。
何か文章についてコンプレックスがあるみたいに映るから
もう少しほかに表現方法ないものかね?

403 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/24 22:37 ID:IQhd7NHQ
「ストーリー」の面白さってのは、文章の巧拙だけが問題になるわけじゃないはず。
ネタやキャラクターへの思い入れといった、
いわゆる萌えを呼ぶ要素も絡みあってこそのものじゃないのか?
読み手としてどちらにポイント置くかは人それぞれだろう。
そもそもどんな文章を以て上手いとするのかの基準も個人差ありそうだしな。
人は人、我は我。
とにかく書き手としては、自分の理想とするものへ向かって精進あるのみ。

404 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/24 23:03 ID:Od6IV5JD
文章の技術と愛のどちらがより大事かという話になるのは、
パロ同人ならではじゃないかな。
商業作品やオリジナルなら、たしかに比べられるものじゃないから。

405 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/24 23:05 ID:KIPlTGAn
文章の上手いのと激上手いのとでは問題にするようなものでもないが
「巧」と「拙」は問題じゃないだろうか。
自分は萌えモードで読んでいた同人パロディ小説で、
「許すまい」を「許そまい」と書くなど、数々の思い込み誤字を見つけて萎えてしまったよ。
でも小説読みなれない若い子たちにはあまりわからない間違いだから
「○○さんって、すごく文章上手くて尊敬します」的な信者が多かったでつ。

406 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/24 23:50 ID:o1uNYalR
>405
その例(「許そまい」)だと小学生時の自分でも間違いだとわかると思うのだが(藁
むしろ方言かと疑ってしまうかも。



407 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 00:04 ID:9wwTsVR4
>405
自分が気になる誤字の多い人の小説は、読まなきゃいいだけで。
他人が(その人にとって)気にならないことを、脇で気にしててもしょうがないわけで。
さらに、その人たちが誰をどう誉めようが、関係ないわけで。


408 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 00:35 ID:l/NRhwZG
あきらかな誤字は指摘してもいいと思うけどね。
そういえば北の国からって一回も見たこと無いな(407を見て思い出した)

409 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 00:46 ID:9dL19uVl
>407ってPBCみたいで苦手だ。

馴れ合いの世界では誤字の指摘だって迂闊にできないと思いますけどね。
だからこそ自分が気づかなきゃだめなんだ。
書いたら一定の反応を貰える事に慣れているからなおさら…

410 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 01:36 ID:KePLlHa3
許そまいって、おみゃーは名古屋人かyo!

411 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 01:38 ID:KePLlHa3
もういっこいいかい。
「PBC」が解らなかったのでぐぐってみたら、
ttp://www.nanbyou.or.jp/tokuteisikkan/k/ke8.html
こんなんばっかり引っ掛かりやがるよ。環太平洋地域(PBC)とか。
教えてくれろ…。

412 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 02:08 ID:Tb/+IdOg
409>411
平たく言うとナリチャ? Play By Chat で PBC。
オリジナルのキャラになりきってチャットとか書き込みとかをする。

動作の描写まで自分でやるわけなんだけど、たとえば
「ふう…(乱れた髪をかきあげながら小さく溜息を吐いて。)」
って感じの人が多いような気がするので、似ているなあと。
苦手って書いたとおり詳しくないので誤解を招いたらゴメソ。

413 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 02:30 ID:KePLlHa3
ふむふむ。また一つ賢くなりますた。
サンクスコ&話の腰折ってすんまそ。

414 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 06:24 ID:SLueDWGm
「許そまい」って、単に「許すまい」のタッチミスじゃないの?
語彙がなくて間違ってるのか、変換・入力ミスなのか、纏まった小説一本
読んでみないと分からないな。

もちろん、変換・入力ミスも校正の段階で全部チェックできるといいんだけど
長編で入稿日が迫っていると、何度も読み直してチェックしたはずなのに
どこかに漏れがあって本になってから気がつくことが…

415 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 08:16 ID:F9bS8pPA
>414
名詞+〜する の「○○すまい」は普通に書いていたけど、
動詞の活用だと間違っていたという、はっきりわかる本人の思い込みによる間違いでした。
また、間違っているくせに、その言い回しが好きなのか頻繁に使ってたんだな。
でもその人は大手さんと合同誌出してからそれが直った。
相手の人が単刀直入に言う人だったから注意されたんだろうなーと思う。

416 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 13:01 ID:dz4s+pRk
直っているならいいじゃないか。
ますます405が何を言いたかったのか分からない。

405は、間違っていると思っていたけど「単刀直入に」言って上げたことはなく、
勝手にもにょもにょしていただけなんだよね。
それと「そんな間違いにも自分で気づかない字書きが、
(見る目のない)読み手にマンセーされている(それが気に入らない?)」という
書き込みはどういうつながりで書かれているんだろう。

なんか「その人は誤字とか言葉の思い違いとかが多くて、萎え〜なのに
それよりもましな文章書いている私の作品よりも信者が多いから気にさわるんだよね」と
読めてしまうんですが、うがちすぎですね、そーですね…

417 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 14:26 ID:z31oRHJS
>416
そこまで深読みするほどの発言か?
ちょっとした文章のヘタレが目に付いて萌えられなくなったって話はよく経験するが。

418 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 14:31 ID:lwBV4VIy
まあ信者が多かった発言はよけいだったよな。

419 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 15:19 ID:A6Xampc+
このあいだ、テレビを見ていたら、
「この〜〜な〜〜をあいつにも、味あわせてやる!」
という字幕スーパーが出たんですが、
「味わわせてやる!」
が正解だよね?
でも、いつみても「味わわせる」ってヘンな字面だよな。
ワワセルっていうのが・・・

流れ変えてみます


420 :マエカワキヨツ:02/11/25 15:34 ID:kE/ANwLU
さがし、さがしもとめて〜

ワワワワ〜

421 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 15:50 ID:RXdqRFYx
>419
そういえばそうだよね…
間違いかけてました。アリガt

422 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 16:08 ID:9a1TWQDt
 味わわない
(味あわない)
どちらもありだったような気がするよ。見られる(見れる)のようなもんかと。

423 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 16:09 ID:xUvZQJoA
>419
動詞で、語幹の最後の一字の母音がaの時は
使役で「〜わせる(~a-waseru)」となるから、「味わわせる」で正解。
ex.買わせる

ただ、「わわ」と同じ音が連なっているのに対して違和感を覚えるのは、感覚的にわかる。
「味あわせる」は、たしかに語学的にみたら間違いだけど、
「わわ」だと発音した時に言いづらいから「わわ」→「あわ」と無意識の内に改変してしまう人もいるのかも。
発音しづらい言葉は、発音しやすいように次第に変化していくのが言葉の歴史の自然な流れだしね。
「味わわせる」もひょっとしたら、遠い未来には「味あわせる」に変化していくのかもしれない。

>420
演歌ですかい!(W

424 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 16:15 ID:xUvZQJoA
>422
うーん、419の例は、ら抜き言葉と同列にはできないと思うが、
ら抜き言葉も、使いやすい(発音しやすい)言葉に変化していった結果という意味では
引き合いに出せるかもね。

語学的な話も個人的に好きなんだが、ら抜き言葉とか議論し出すとまた紛糾しそうなので
この辺にしとく。

425 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 16:23 ID:xUvZQJoA
しょうもない疑問だけど、408の
>そういえば北の国からって一回も見たこと無いな(407を見て思い出した)
の意味がわからなかった・・
(ちなみに、自分もそのドラマは一度も見たことがない)

426 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 16:30 ID:vBoQeXw1
>425
408さんは、>407が使ってる「〜わけで」って言葉で
北の国からに出てくる「父さん、僕は〜なわけで…」という
ナレーションを連想したんでしょう。
今までのダイジェストや完結編が放映された頃から日記などで
誰に向けるでもない呟きの用法として使う人をよく見かけました。


427 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 16:47 ID:0yBcnhlD
>>423
というか、ア行五段活用の動詞(味わう)の未然形(味わわ)に、
使役の助動詞(せる)をくっつけたんでは?
別に語幹の最後がaとか関係ない。
言わせるとか追わせるとか、他にも例あるよ。


428 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 17:17 ID:xUvZQJoA
>426
そういうことだったのか・・解説ありがとう。

>427
五段活用以外にも付くんだったね。
失念していました。指摘ありがとう。

ちょっと気になって「味あわせる」で検索してみたら、けっこうヒットしたよ。
「味あわせる」と「味わわせる」の比較や考察らしきものも引っかかったけれど、
素で「味あわせる」という表現を使っている人も多いみたいだね。
こういう、語学的には誤用だけど浸透しつつある表現って他にもあるのかな?

429 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 17:28 ID:WcQbH8mj
新しい、とか?(w

430 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 18:31 ID:kE/ANwLU
めぐりわわせる

さむりわわせる

よろみわわせる

とかのことかな。

431 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 18:47 ID:wQcIuPgN
ボシュボーン・ワワセル。仏系作家。

432 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 22:22 ID:BWo05Q+O
「煮詰まった」は本来の意味でも間違った意味(今はこっちが一般的…)でも使わないで他の言葉で言い換えることにしてる。
こういう風に誤解されてる言葉って他にもあるけど、使わない事にしてるのはこれだけ。
もう間違った意味の方が一般的になってるし。正しい意味が読者に伝わらなきゃ言葉じゃないし。



433 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 22:32 ID:9wwTsVR4
確信犯も役不足も近いことになってるなぁ…

434 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/26 00:08 ID:Hhhaht5l
「確信犯」……
うちのカプの攻めは、腹黒キャラなので、
意地悪系の話を書くたび、
この単語でキャラを表現したいなぁ……と思うのだけれど、
本来の意味を知ってるから使うに使えない。

あああ、「確信犯の笑みを浮かべた」とかって書いてみてぇよぅ……

435 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/26 00:14 ID:gmCp6IyK
最近使われている意味での「確信犯」の、別な言い回しがないからねぇ

たまに「正しい言葉」の方が間違っていると思う事ってないですか?
私は「自閉症」という言葉についてそう思う。
引きこもりを自閉症という名前にして、自閉症には別な病名を付けた方がいいんじゃないかと。
脳の器質障害なのに、まるで自分から心を閉ざしたみたいにしか聞こえない。

436 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/26 00:19 ID:fgvZQSXQ
力不足と役不足ね。
こういう間違いがあると、いい気分で読んでいる途中でも、
瞬間的に現実に引き戻されるので、激しくモニョ。


437 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/26 01:24 ID:sTB+WPBL
豆腐と納豆

438 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/26 01:41 ID:2tf8Ypbz
本来の意味の確信犯の方が萌えますな。
だって「これは正しいことだ!」って犯罪だもんなー。
盲目的で萌える。不謹慎ながら…。

439 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/26 07:39 ID:rM1uW5Ad
>429が分からん…。どう誤用なんだろう。
誤用かどうかが分からないってことが、一番の問題なんだろうけどな。

>430
それを言うなら、役者不足と役不足では。
役者不足という言い回しを、力不足というポピュラーな言葉に置き換えることは
多々ある。
分かりやすい置き換え表現を探すのも、楽しくもあり、一苦労でもあり。

440 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/26 08:03 ID:tawBEmOs
>439
「あたらしい」という言葉は元は「あらたしい」(この「あらた」は
「新たな」の「あらた」と同じ)という言葉だったのだが
語源的には誤った「あたらしい」という言葉の方が浸透してしまい、
もはやそれが正解になった、といういきさつがあるという。
誤用が浸透して正解にとってかわった典型的な例としてよく用いられる。

441 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/26 11:01 ID:AH5sXs9b
>439
(>436へのレスだよね)
たぶん、「力不足」って言葉がスッと出てこないんじゃないかと思われ。
個人的な感じだけど、「力不足」って子供っぽい響きがある。
子供が重たいものをウンウン持ち上げようとして、ダメだよ〜って困ってる感じ。
「役不足」のほうが語呂や字面がよく見える。
こういうのって、辞書を調べる前に脳内フルイで作動しちゃってるから、
素でやっちゃうことがよくあるんじゃないかな。過去ログにあった「おもむろ」「やおら」とか。

442 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/26 11:19 ID:65Bh/QJU
確かにシリアスな話なんかで硬い表現を使う時は、
つい変わった言葉を使いたくなります。
私は勢いで書く派なので、違うなーと思ったものでもチェック入れておいて
全体がある程度まとまったあと、辞書引いて推敲するよ。
そうすると最初意図した流れを崩さずに書ける…ような。

443 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/26 12:59 ID:+zjrXZp7
自信のない言葉はぜーんぶ辞書引くようにしてる。
それってあたりまえな気がする。


444 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/26 13:30 ID:AH5sXs9b
解らない言葉や、あやしい言葉は辞書を引くけども、
なんていうのかな、辞書を引こうと思う前に使っちゃうことがあるんだよね。
あやしい…って引っ掛かる前に脳内スルーしてしまう。
これは人それぞれかな。私がうっかり者なだけ鴨。

で、後でジタジタすると(w

445 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/26 13:36 ID:L5e3Cca1
意味より語呂を優先したくなることはある…
しかし、そこで堪えねば!

446 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/26 23:37 ID:aOJ7bMAU
ちょっと話飛ぶんですが、気楽(?)に文章を書く方法ってないもんでしょうか。
丸々一ヵ月半その事ばっかり考えてやっと30Pの本が出せるかどうかってくらいで、1行書く
のに3時間とかザラです。
正直もうちょっとスピードを上げたいと思っているのですが、書いて赤入れて書いて赤入れて
ひたすら繰り返し。気が付くとあっという間に時間がたってます。
20Pの本毎月出してるような人もよく見るのですが、速筆の方、コツを教えてくれると嬉しい
です…。

447 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/26 23:59 ID:ZfE5zhOf
>446
特に速筆というわけじゃないけど。
まず、書く前に脳内であらすじを組み立てておく。
でもって、書きながらあんまり細かいことをあーだこーだ考えない。
推敲は後でまとめてやる。
下手に書きながら考えると、文章の勢いを殺す。

448 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/27 00:34 ID:5d4j8iUW
>446
「最後まで書き終わるまでは絶対に直さない」
というのを、訓練として何度かやってみては?

449 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/27 01:33 ID:4klROQ7p
バッカスのちからを借りてみるのもまたよし。
お酒のみつつ書くと速いよホントに…。

もしくは、かるーい題材のものを書いてみるとか。
三題噺みたく、クリスマス、雪、残業ってくらいの軽さで。

450 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/27 06:30 ID:NLrX6xzJ
>440
丁寧な解説をありがとう。言われてみれば、言語学板の方で見覚えが
あったような気もする…。脳細胞が死んで行ってるな…
ただ、そこまで行っちゃうともう学問的な凡例として残っているだけで
日常の中にも古典でない文学の中にも存在してないと思います。
だから小説を書く上では知識として知っているのは良いとしても、誤用と
いうほどのことではないかと私としては考えます。

>441
はい、>436へのレスでした。ボケてます…。
>「役不足」のほうが語呂や字面がよく見える。
…えーと、語呂や字面の問題でなく、「力不足」と「役不足」では意味が
反対ですよ。だから誤用云々の話に出てきたわけで。
「役者不足」の書き間違えなのかしら?


451 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/27 07:39 ID:jL3/mtD1
話言葉だけど、「雰囲気」を小さい頃「ふいんき」と言ってた。
「ふんいき」だよ、と直されても最初は、フインキの方が語呂がイイのに!!
と思ってたんだけど、慣れたら平気だったよ。
最初に覚えてしまったリズムがあると違和感があるかもしれないけど、
どうせなら正しい意味、発音で使おうと思った。

452 :441:02/11/27 10:32 ID:BthLH+9Y
>436
「逆なのに間違いまくる時」の脳内シミュレーションをしてみますた。

453 :441:02/11/27 10:33 ID:BthLH+9Y
まちがった>450

454 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/27 15:26 ID:d6oZqkdt
『手持ち無沙汰』をずーっと『手持ちぶたさ』と書いてた人なら知ってる。
太ってた。

455 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/27 17:12 ID:4zFflyE5
『こめかみ』と『かめこみ』
『てすさび(手遊び)』と『てすびさ』
『シナプス』と『シプナス』

…よく混同しがちです。ウチュ…

456 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/27 17:14 ID:4zFflyE5
混同しがちってなんだ(汗)
どっちかわからなくなって辞書引くハメになってます。
いい加減覚えようなー脳みそ君。

…広辞苑の角で逝ってきまつ…

457 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/27 18:48 ID:j9+5Txiq
既に「役不足」は誤用の方が市民権を得かけてしまっているよなぁ……
誤解が怖くて迂闊に通常の会話の中では使えない。
ただ、気の置けない仲間達との会話では意図的に使用してみたりもする。

リア小の頃だったと思うがオヤジの蔵書のタイトルにあったカタルシスを
カルタシスと読んでいた記憶があるな。そういえば。
歌留多と何か関係があるのだろうと勝手に納得していたが。

そして、最近「一応」のことを「いちよう」と書いて送ってくる知り合いが出来た。

458 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/27 19:20 ID:9DnDIyG3
いる! いる! 「いちよう」って書く人。
しかも二人も知ってる。この間違いはメジャーなのか?

459 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/27 20:21 ID:4zFflyE5
メジャーかどうかは分からないが知ってるヤツに三人ほど。
いずれも歳若い子ばかりだが…チャット中に「いちよう」「一様」と…丁寧に変換までしてる奴もいた。
変換しても気付かないのはきっと語の意味がわかってないんだよね。

460 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/27 20:30 ID:9DnDIyG3
あと、「うる覚え」って書くヤツ。
やっぱ若い子だけど、何故かこれだけは気持ち悪くて、なま暖かい
気分にすらなれない。

461 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/27 20:53 ID:ufZh6YGo
「いちよう」も「うるおぼえ」もぐぐってみるとかなりヒットする(;´Д`)
特に「いちよう」は別の言葉になっちゃうから気を付けて欲しいよ…。

462 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/27 22:01 ID:BFPc+1A8
名詞じゃないんだけど「全然」を普通の強調(とてもなどと同じ意味)で
使ってる人かなりいるよね。
正式には「全然〜ない」で使うんだけど。
これって個人的にはもにょるんだけど、みんなとしてはどうよ?



463 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/27 22:04 ID:Zg5ZsHGq
>462
日記、掲示板、コラムなどの語り系や台詞部分に使う分には気にならない。
小説の地文で使ってあったら気になる。

464 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/27 22:05 ID:3kvlYubR
「全然」は流行り言葉の一種だと思ってる。
それに元々は「〜ない」につかなくても問題ないって大学で教わった。

465 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/27 22:06 ID:3kvlYubR
ごめん、464ですが、
それでも小説の地の文には使いません。と主張したかったんです。

466 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/27 22:16 ID:OYDY4EKR
話変わるけど、小説オンリーで絵描かない人で、
表紙フルカラーにしてる人ってどのくらいいるんだろう?
個人的にはフルカラーだと値が張るしで
小説本買うときはフルカラーは手が出にくいんだけど。
その辺他の字書きの人はどう思ってるんだろう?

467 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/27 22:17 ID:OYDY4EKR
ごめん、あげちゃった。

468 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/28 00:13 ID:jWRtFQtA
>466
>>2の関連リストの方が答えがでてるかもしれないですよ

>全然
「痛かった?」
「ううん、全然!」
という使い方はセーフってこと?
セリフ以外に挿入すると急に軽い文体になっちゃう感じだね。
"蓋を開けてみると饅頭は箱の中に全然残っていなかったのだ"

469 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/28 00:41 ID:Uog+eC0w
>468
つーかその使い方の例だと、どっちにしろ「〜ない」にかからんか?
「ううん、全然」ってのは
「ううん、全然痛くない」の略と脳内変換する文章だし。
それとも実際に「〜ない」がつくのとついてないのとでは、
文法説明上、大きな違いがあるのだろうか。

470 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/28 01:24 ID:ZE3QnFUp
「痛かった?」
「ううん、全然大丈夫」

……とか。

471 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/28 01:26 ID:ZE3QnFUp
あ、「全然、平気」の方が喋り言葉っぽいかな。

472 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/28 09:29 ID:QU4bhaeU
それも「全然痛くないから大丈夫」の省略だと推察されます

そもそも地の文に全然という言葉を使わない、ということには同意。
一人称ならともかく、3人称では違和感ありまくり

473 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/28 17:56 ID:Gv4R9K/l
「痛かった?」
「ううん、全然痛くないから大丈夫」
「……じゃあ、もう一回いい?」


      逝ってきまつ。

474 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/28 19:35 ID:B0ev5EtD
>450 遅レススマソ。
しかし「役者不足」という言葉はない。(「力不足」という意味での)
それこそ、「力不足」を「役不足」とつい言ってしまいたくなるところから出た
苦肉の策の造語が一般に定着してしまったものだと思われる。

475 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/28 19:36 ID:7P7OUMj6
役者不足って、びんぼうな劇団みたいだー(w

476 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/28 21:28 ID:IIvGYNx6
>475
人手不足をなんとなく連想させるね、たしかに(w

ところで、定番化した言い回しで、それの起源と作品中の世界観が噛み合わない場合は、
別の表現に言い換える?
例えば、西洋ファンタジー物で「畳の上で死ねない」を使うか、
適当に別の表現を使うかという問題だけど。

自分の場合、ファンタジーRPGのパロ小説で「走馬灯のように記憶が巡る」と書きかけて
んなもんねぇよこの世界に!と思い、慌てて別の表現に書き換えた。
昔、DQのCDシアターで「餅は餅屋さ」という慣用句を聞いて
その表現をDQワールドで使うのはちょっと違うだろうと思ったことがあって、
それ以来なんとなく気をつけるようになった。

どこまで使うか、どこからはNGと判断するかは各自で違うんだろうけれど、
他の人はどのくらい意識しているのか、ちょっと気になったものでネタ振りっす。

477 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/28 22:41 ID:QU4bhaeU
>476
自分は余所の世界の話を書かないので、なんとも言えないけど
読むときには気になるし、
その手の言い回しを世界観に合わせて上手に創作できてるとすごく感心するyo


478 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/28 22:46 ID:Jd1ScLQe
>476
洋画の字幕を参考にすればいいんだろうね。
一人称でなければ日本特有の言葉も許されるような気がするけど・・・うーん。

私は蛇同人なので、非常に現代っ子らしいセリフを扱ってますが、
最近の若い男の子の言葉遣いは文字に起こしづらくて困るよ・・・
固めの文が好みなので、「ー」やカタカナが入る文は大嫌いなんだが、
「ちゅーかヤってねーじゃんね?」とかの方が本人の喋りらしいんだよなあ。
そういえば「ケータイ」も扱いに困ってる最新用語だ。
「携帯」と言わせると違うもののような気がするし。

479 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/28 22:54 ID:QU4bhaeU
ケータイはケータイだなあ… 携帯と書くなら-電話まで書かなきゃな、と思う。



480 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/29 02:23 ID:1fK4mm6V
地の文では携帯電話と書いている。
会話の中だと携帯だったり、ケータイだったり。

ところで、〜たりという表現って↑こんな風に繰り返して
使うのが正しいんだよね。
一回しか出てこないと気持ち悪いと聞いて納得はしたが、
使ってしまう時がある。やっぱり気をつけるべきなのかな。

481 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/29 04:45 ID:Eezlwg82
DQやってないけど、異世界FTって悩みどころだね。
ベースの世界が西洋風、東洋風ってきちんとあったら、まだ使い分けが
しやすいとも思うし。

>「餅は餅屋さ」という慣用句
「パンはパン屋さ」に言い換える…とか?(w



482 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/29 08:32 ID:zHEB0DRT
異世界FTといえば、某温帯のグ○ンには、
「トルク(ネズミ)の穴にニャオ(猫)を突っ込む」とか、
その世界ならではのことわざ? つーか、言い回しがあったなあ。
既に解脱済みトマトなので、よく覚えてないのだが。

483 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/29 08:33 ID:pybfHsU+
「専門家にゃ敵わないな」とか普通に言ってもいいんじゃないかな>餅は餅屋
日本語で外国の慣用句つかってもかえって違和感がある気がする。


484 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/29 10:52 ID:jvUfv2H1
>480
並列が基本だけど、「省略した部分については読み手の想像に任せる」
という形で余韻をひいたりする使い方はあっていいと思う。


気持ち悪い?




485 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/29 11:42 ID:MAAMVw9O
西洋人同士の会話で、
「○○は〜と言って頭を下げた。」
という記述を読んだ時、なんか違和感を感じた。
ガイジンはおじぎセレモニーはやらないんじゃないのかなぁ…?

486 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/29 14:52 ID:IKf09Txh
西洋人にもいろいろあるけどね。

家の中で靴を脱ぐ国もあるし。

487 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/29 15:01 ID:2BDkEskh
>485
〇〇の感謝の気持ちや謝罪の気持ちの強さを表したかったんだろうね。
でも、日本以外の国の設定や時代が絡んでくると、地の文の表現って
本当にむずかしいですね…。

私は日本の歴史もの書いてるんですけど、せっかくいい感じで話が進んでても、
いきなり些細なことで詰まってしまうことがあるんです。
現代では当たり前のように使ってる英語。
それが日常で当たり前に使われてれば使われてるほど、
どう日本語に置き換えたらいいかわからなくなってくる。
日本語に置き換えたために返って意味が通じなくなる時もあるし、
文章自体が野暮ったくなってしまう時もあるし…。



488 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/29 16:00 ID:k8vlHNZO
水戸コーモンで、ウカーリハチベエが「ご老公、ファイト!」とか「サービスの悪い店だなぁ」とか
言ってたのを思い出したyo。

489 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/29 16:46 ID:09hbk5B3
漫画だけど、陰陽師とかそれを逆手にとって上手く使ってるよね。

490 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/29 22:06 ID:LgXzU0/9
>>488
ワラタ

491 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/29 22:21 ID:F1gEZTyq
「御江戸で御座る」でもよくカタカナ言葉が出てくるよne
あれは半分以上ギャグだけど

492 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/29 22:34 ID:nXeEDw5u
専門的で、自分がよく知らないことはボロが出やすいから
よくわからないことはなるべく曖昧にごまかして書きます。
歴史ものなら、その時代の文化風俗なんかを追求すればきりがないし
聞きかじりの知識じゃそれらしく描写できないから……
本当はできるかぎり調べるのが一番なんだろうけど。

493 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/29 22:40 ID:PK10+SD5
西洋文化な設定のジャソルでも、年代が中世くらいだったりすると
ハンパにカタカナ文字を混ぜないほうが雰囲気出たりするときって無い?
【ベッド】を【寝台】と漢字で言うとか。服とかも【デザインが】と言うかわりに
【意匠が】なんて表現されてたほうがちょっぴり昔風でセピアカラーな感じを受ける。
個人的なイメージだけど。

時代考証までいかずとも、そういう表現の仕方にこだわるのは好きだ。
読み手さんにそんなこだわりが通じているかはさておき……。

494 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/29 22:53 ID:Qz2N7lve
意匠って(・∀・)イイ!
実際に出てる文章読んだことないや。

495 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/29 23:08 ID:wJHpQ6+v
専門的で、自分がよく知らないことはボロが出やすいから
基本的によくわからないことは書かないことにしてます。
調べるのも楽しいんだけど、調べるのを頑張ってしまうと、
調べたことを全部書きたくなってしまうというワナが(W

100調べて書くのはイチとか、結局それは使わないとか、そんなことばかりだよね

496 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/30 00:18 ID:5HaEvbAj
1/100の描写だからこそリアル。
1/1ではリアリティは薄い。

1/10くらいでうまく誤魔化せないものか不精者。

497 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/30 03:09 ID:KwVavvmi
>495
でも、それだけ下地にあれば、読んでいる方にも伝わるよ。きっと。
伝わらないにしても、すっと読めるイイ文章だと思うな〜。

498 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/30 07:08 ID:sOQr+VIs
>485
お辞儀セレモニーって書いてるところからして、挨拶の描写としてもにょったって
ことだよね。
でも、現代物ではともかくとして、ちょっとした時代物なら頭を下げてお辞儀するよ。
たとえば帽子とマントをつけた人物が、帽子を取って頭を下げてお辞儀するのを
映画とかでも観たことない?
貴族の青年や一般庶民、ピエロとかの大道芸人がちょっと気取った仕種で観客に
するとか。
女性でも長いドレスを両手で少しつまみながら、半歩足を引いて頭を下げて
お辞儀するのは、正式な淑女の礼儀作法として西洋で浸透してたはずと思うけど。

499 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/30 09:19 ID:5WRmlYHx
>>493
自分は100年位昔のヨーロッパを舞台に書いてるんだけど、
日本だとちょうど明治時代なので、そのイメージとだぶらせて
カタカナは避け、できるだけ漢字を使うようにしているよ。
ベッド→寝台、デザイン→意匠もやりました。デザインの日本語
が分からなくて調べた思い出が……。
今、普通に使われてる外来語も日本語で書くと、レトロでハイカラ
少しインテリっぽい、古い時代の文学って匂いが出せればいいなと。

しかし、同じく読み手側はそう思ってくれるかどうかは難しいところ。
こちらの意図とは逆に「ベッドって書けばいいのに」と思っているかも
しれないな〜

500 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/30 10:00 ID:jOpcRB8N
いや、読み手からしたら、そういう描写はありがたいです。
あ、私字書きじゃないです。絵描きですが書き込み許して…。

私は日本近代モノ(明治〜大正)をよくよむんですけど、
やっぱり下地の文で外来語バンバン使われてたりすると
違和感ありまくりでひいてしまいますもん。
(絵質によって)漫画やコミカルさが売りの小説ならセリフのみ外来語許せますが
やっぱりその時代を真剣に感じたい時にあたりまえのように
外来語つかわれると、作品に浸りきれない。無理して時代モノ書くなよって
思っちまいます。
それからセリフ。
「君、〇〇してるんだよねぇ」とかだったら違和感ないけど、たまに
「君、〇〇してるんだよね〜」と伸ばしてるのを見ると、
お前どこの時代の人間だよってモニョってしまいます。
だから時代モノ扱ってる人のそういう気遣いはとてもありがたいです。

長々と偉そうなことのたまってすみませんでした…。





501 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/30 10:04 ID:/cSWMZYU
〜なんてのは、パソコンがなかったら使わない記号でしょう。
書き込みなんかで当たり前になってるから気づかないんだろうけど。

502 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/30 11:42 ID:Eox9Vl2E
>498
いや、それが現代ビジネスマンだったんですよ…。
確かに時代物だったらこんな違和感は感じなかったと思うし、
頭を下げても不思議ではない場面ではあったから、気にしないようにはしたんだけど、
リアルに場面を想像しながら読んでたので、ちょっとひっかかってしまった。

503 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/01 07:20 ID:MY31FuBJ
微妙にスレ違いですが、私は字書きですし、どこで聞けばよいか分からなかったので。

「在庫は、机の上に並んでいるものでお終いです」ということを
値札に書くために一言で端的に言いたいのですが、どう表現したらいいでしょう。
「在庫限り」?「完売間近」?ほかにいい言葉がありましたら、ご指南ください。

504 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/01 08:28 ID:kkXN3jau
>503
現品限りっすね。

505 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/01 20:27 ID:b0QMsclI
「全然〜だけど」という間違った日本語は、キャラのセリフであればアリですかね・・・。
間違っても第三者での語りでは使用しませんが。

506 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/01 22:33 ID:C3eI/+vX
いかにも間違った現代的流行語を使うキャラはいるだろうから、
そういうキャラなら構わないと思うけど。

そんな私はメインで使ってるキャラの日本語能力が低すぎて、
彼が主役の一人称小説が書けないことに悩んでます(w

507 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/02 02:01 ID:rR9tKeH7
>506
ドラえもんの漫画でも、
ノビタがそんな賢い言い回し知ってるわけないよ!
とつっこみたくなる時があるしね(w

508 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/02 02:05 ID:EXILyRck
そういう場合の言い訳ともとれる良くある発言、
「実は○○は賢い子なの!ふだんのは仮の姿なの!」
という主張は、どうなんでしょうか?
それが主流になっているようなジャンルもあると思われます。
スレ違いかな?
しかしこのスレ住人の意見を聞いてみたいです。

509 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/02 08:57 ID:ekn0Mcda
>508
やっている方としては背に腹は代えられないのだろうが
端から見ると、愛が足りないよ、としかいえぬ…

510 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/02 10:18 ID:CPfonrrj
愛はあるのかもしれないけど、
つまんなそーっすね。

511 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/02 10:41 ID:BOzEFUyk
>>508
そんなんじゃ読む側は言い訳としかとりません。
嘘つくなら上手く騙さないと。
それが難しいんだけどね。

512 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/02 12:47 ID:3dMfwPTG
『この設定は自分の脳内で捏造しました』とかの方が好感が持てるなぁ。
そのキャラクターの一面性として、こういう部分もあるんじゃ?っていう
捕らえ方をするパロディ書きさんは好きだなぁ。

だからと言って、受けは必ずマジですとか、そういうのはキャラの性格を
無視しているようでいただけない。

513 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/02 16:19 ID:r8OINJ+8
ネットのパロSSだと文末が
〜て。
〜で。
なのが凄く多くない?
気がついたらこの言い切りがスタンダードみたいになっちゃってるような気がする。

地の文でこれが使われてると、どうもポエム臭くて違和感があるんだよね。
中途半端な感じがして据わりが悪い上、連呼されるともにょもにょしてくるよ。

514 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/02 16:27 ID:bCF1FXkZ
1人称なら文末が「〜て。」「〜で。」も許容かな。
連呼しているのはどうかと思うけど。

515 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/02 16:44 ID:jd2m6AoL
URL請求したサイトさんの小説、量は多いんだけど
小説一本に付き平均6〜7回は「〜で。」という文末が…。
2〜3本までは我慢できたけど、全部の小説がそんな感じだったからもう…
モニョりまくって感想も書けない…

516 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/02 17:08 ID:jDG3lE5E
〜て。
〜で。

ネット小説見るまで見たことも使った事も無かった。
新鮮だったので使ってみた。

一話で飽きた。
やっぱりある程度自分の文体って染み付いてるんだなーとオモタ。
新しい事がしたくて色々試してみるけど中々……。

517 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/02 17:23 ID:YL5VOASi
新しくはないんですが、サ○ンジャー『ライ麦○でつかまえて』風の
書き方をしてみたいと思い挑戦中です。
これがまた難しいのなんの。
簡単そうでさらっと読めるのに、書くとなるとどうにもこうにも進まない。
ここ二日ほど詰まってしまって、そろそろギブアップしようかなと。
つい愚痴ってしまいました。ああっ、軽い文体って何よっ。

518 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/02 17:32 ID:CPfonrrj
北の国からみたいだと、僕は思って。
「北の国から」はこのスレで、やたら頻繁に引き合いに出されて。
ホタルがしあわせになれば、僕も幸せで。

519 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/02 17:35 ID:7M/yrOMy
北の国からなんて一話も見たことありませんが、何か?

名作に触れるというのも大事なんでしょうかねえ。
私はネットオンリーなんですが、「〜て。」「〜で。」は、
昔(4,5年前)によく使ってました。
最近は控えてますが、使い出すと結構ハマっちゃいます。

520 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/02 17:38 ID:r8OINJ+8
>518
私もそれはすぐに浮かんで。
毎回脳内であの声が再生されて、萌えどころじゃなくなるわけで。
一度だけ、どうしても他に書きようが無くて使ったら、一気に全文北国になったわけで。
ルールルルルルー

521 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/02 17:48 ID:CPfonrrj
「北の国から」は20年以上続いていた作品なわけで。
だけど興味がなけりゃ見る必要も別にないわけで。

何かナイーブそうな印象を受けるね。ポエムっぽい。
でも、既存のものを連想させるという点で、ちょっと不利かもしれない。
以前、エロシーンの声で「はあっ…」というのが
「アキコ☆ワダを連想させて萎える」という人までいたけど、
そこまで気を使う必要はないと思うけどね(w

522 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/02 21:23 ID:xdIj0DIG
〜て。
〜で。
も、二つ目が目に入った途端即座に引き返します。
あと、「それはまるで○○のようにも見え……。」
とか「いっそ○○のような……。」といった語尾を濁す文体。
画面最大化にしてざっと見渡したところ全行数の約八割、
多い時は一行中二割もの数使っていたのを、先日見かけた。
○○のようにも見えて、なんなの?
いっそ○○のような、なんなの? はっきりしてほしいと思った。

523 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/02 21:30 ID:C9d7V6Dh
倒置法の間違った使い方なのかな?
「〜て」「〜で」の前の文にもよると思います。

とは言え、カコイイ!から使っている人も多いでしょう。
所詮自己満足といえばそれまでですし。

524 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/02 21:44 ID:gWYcZXsj
昔書いた文章で使っていたなあ…「〜て、〜で」

「あそこにいたのは本当に気紛れで。」

なんて文章を見つけたときには気まぐれでどうしたんだよ!と
思わず激しく突っ込んでしまったわけで。
回線切って電気コードで逝ってこよう、と思ったわけで・・・
兄さん、もう北海道は冬です
アーアーアアアアアアー

525 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/02 22:00 ID:nyDTTcy7
521純君が本物だな。とオタ発言をしてみる(w
無愛想ながらも母性本能をくすぐるあの独特のリズムは結構好き。

作風に合って成功していれば、どんな文体でも気にならない。
ヘタな失敗例が多いから気になるのだな。
私はむしろ文体が堅くて、明るくポップなものが書けないのが悩み。
いろんな年代性別の一人称を書いて修行してます……。

526 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/03 01:13 ID:or/v58r+
>525にドゥーイ
お話が面白くてツボに嵌れば文体はノープロブレムな自分。
「〜て」や「〜で」も、面白い話の中に出てくるなら別に気になんないや。
お話が「うおう面白い!」と思うと、文体もおのずと上手なものに感じてしまうのかも。

文法も同人ならそんなに気になんないなあ。商業はやっぱちょっと気になるけど。
たわわな黒髪とか……いまだに忘れられん。これは正しいのだろうか。

527 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/03 10:06 ID:65YV2AC/
>たわわな黒髪
そのキャラクターはドレッドヘヤーか何かなんでしょう。

528 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/03 10:24 ID:JJfflgvl
私が忘れられない言葉も。

「その激痛は、大して痛くなかった」

このフレーズが忘れられない。しかもこれ、商業小説なんですけど。
買っておけばよかったなあ。書店で読んだ瞬間棚に置いてしまいました。
信じてくれる人は少ないと思うけど、本当なんです。

529 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/03 11:10 ID:zhL+E8Z5

おもしろければ確かに文体は気にならなくなるけど
日本語として変な言い回し(どうも間違っているとしか思えないような)には
引っかかって内容に集中できなくなってしまう。
小説じゃなくて萌え話を文字化しただけのものだと思えば納得できるけど。
まあ、自分の書いたものも時間をおいてから読むとそうだったりする。

パロだと、自分の好きなキャラを、
嫌いなタイプの文体やひどく劣化した日本語で書かれている場合、
カナーリ萎えるのでその手のは読まないようにする。

530 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/03 11:49 ID:TtUaDz9b
↑の反対で、歯の浮くような美辞麗句でも似合うキャラなら萌える(w
ジュニア小説のようにゴテゴテしているやつ。
だから今のジャンルはちとキツいけど…好きだから仕方ない。

531 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/03 13:12 ID:LYs81at9
話の雰囲気によって文体使い分けてるつもりなんだけど、
出来上がってみると、どう見ても「俺の文体」なんだよなぁ。
最近はそれが個性、絵描きの絵柄のようなものと開き直ってますが。
(使い分けるのをやめたという意味ではない)

532 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/03 14:01 ID:daCqqUx7
「〜て」「〜で」の流れでふさたんを思い出したのは私だけでしょうか。sage

533 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/03 14:05 ID:MS2Bp2wb
>531
わかる。私も一応どのキャラの視点の話を書くかで
文体分けてるつもりなんだけど、書きあがってみると少ししか違わない。

534 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/03 19:55 ID:djYJrPAT
528読んで茶を吹いた。
自分は

まるで雄々しい空を堕ちる、きらめく星のよう、そしてわたしは鳥のようでもあった

っつー文章を読んだことあります。
なにってこれ、エチシーンでヒロインが登頂なさったところ

535 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/04 00:01 ID:CbbFaBvo
>534
まともな判断力・思考力・言語能力が使えない状態の表現だったとか…(w


536 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/04 00:20 ID:RpPGS1gx
>535
そこまで考えるとはゴイスー(w

昔マンセーして今もお付き合いしている人のお話の書き方・内容が、
実はすごく自分と合わないことに最近気づいてウトゥ。
お互い新作を読みあう仲なので、感想を捻出するのに大変です、実は。

537 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/04 00:38 ID:hYUyuiT1
>536
貴女、私の知り合いかなあ・・・
もしそうだったら、私も貴女の書くものに対して同じこと考えてるよ。

538 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/04 00:42 ID:UcEiuLyH
>536-537
なんかワロタよ(w
思いきってお互い相手に本音をカミングアウトしてみては?

539 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/04 00:43 ID:s67bnt6a
思わぬところで両思いだne!






場が冷えますた

540 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/04 18:48 ID:P3nfrUUF
自分が合わないなー、と思っている場合は
相手も同様に思っている確率高いよ。

「自分の方から新作を渡さない/相手の新作を求めない/
自作の感想を求めない/要求されなければ感想を送らない」を
やってみたら?

541 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/05 12:57 ID:BfX3qmvv
ホシュアゲ

542 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/06 10:26 ID:Cxba3xmr
妹にすすめられて、みやべみゆきの本を初めて読んでみた。
文章が上手くて(綺麗な表現もいっぱいあるし)お話が面白いでんなー。

543 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/06 10:29 ID:6LiwJdgj
下がりすぎage

544 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/06 10:52 ID:g9yGehDl
字書きサイトは絵サイトに比べて格段に容量が軽い。
ウザい広告が出る無料鯖を使わなくても
プロバイダ付属のスペースで足りる場合も多いと思う。
字書きサイトで鯖が伊豆だったりすると、そして作品数が少なかったりすると
なんでやねん、と静かにツッコミを入れたくなる。
実はものすごく気に入ったサイトさんが伊豆webだったのでちょっと愚痴を。
あそこの広告はウザいなあ。

545 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/06 11:14 ID:OG9PoUK9
プロバイダ付属のスペースに不満がある人だっているだろう
欲しいアカウント名が取れなかったとか、別名義で別のサイトを開いているとか
家族同居でプロバイダ付属のスペースは家族に取られてるとか
その他にも自分の使用しているプロバイダを知られたくない人だっているだろうし
CGI使用に制限が掛かってたり、場合によっては極端に使用可能なスペースが小さい所だってある。
そういう事情を鑑みて言ってるのかな? そうでなければただの厨。
無料鯖を使うも使わないもおまえの自由だ
伊豆がいやだってなら、逝かないかポップアップ封じの技を使うなりすればいいだけの話

そもそもスレ違いだ。いらいらする。

546 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/06 11:33 ID:LDRhh5OD
Java切れや

547 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/06 11:34 ID:g9yGehDl
おいおい、落ち着け。
全部そうすべきとは言ってないだろ。そういう「場合も」と言ったんだ。
字書きの「字」も言わない辺り、すれ違いはキミじゃないのか。

548 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/06 11:35 ID:pW1CLoq9
>545
伊豆つかってるの? 
にしても、そんなにねちねち言い返すほどのことじゃないじゃん・・・
読みやすいサイトとそうでないサイトについての一意見でしょ。
私も広告入りサイトで小説読むの苦手だよ。
でも545の小説が、広告なんて目に入らないほど良いものなら
問題ないよきっと。

549 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/06 11:43 ID:Cxba3xmr
せっかく読んでもらいたくて書いたものが、「ポプアプうざい」って理由で
敬遠されるのはもったいないね。
オフラインで本を作ったのに、装丁に失敗、もしくは装丁がへぼいために
手に取られない本のようだよ…。

見ないのは訪問者の自由だけど、
見てもらえるように鯖の選択をするのも、作品作りの一環といえばそうかもね。

550 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/06 11:48 ID:KZwSk2FJ
広告がウザイのは、小説ページでもイラストページでも同じだと思うが…
誰も好きこのんで広告付きサイト作ってないよ
それぞれ事情があってだよ

551 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/06 11:50 ID:6WDl4VPU
自プロバイダはのスペは、
アダルトもしくは年齢制限のいるものは不可とかな。
しかし、どこからが年齢制限のいるブツになるのか、今更悩み中です。

552 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/06 12:02 ID:g9yGehDl
>550 事情お察しいたします。なんて、そんな閲覧者はあんまりいない罠。

553 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/06 12:14 ID:llKDwRXY
うちはプロバは商業禁止。
同人がどこまで商業かという問題にも関わるが、
一応念のため、オフで売る本の紹介は全部別鯖に置いてる。
商業活動OKの無料鯖でバナー式広告の所。


554 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/06 12:24 ID:hpH+63ek
>552
それも、字書きに限った話しではないだろ?


555 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/06 12:29 ID:g9yGehDl
遠吠え?

556 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/06 13:18 ID:oGGegooj
プロバ鯖って、本名絡みのメールアドレス取得したら
HPスペースのアドレスも、無理矢理それで決定するところってない?
あと、アドレスから本メールアドレスが簡単に推測できたり……。
それは嫌で、プロバのHPスペース空いたままだ。

557 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/06 13:33 ID:GRsnwNT5
>556
ソネットはいままでそうだったけど、いまは好きな名前でとれるよ。
私もプロバスペース空けてたけど、これから使おうかと思ってる。
まあ、事情は人それぞれだとしても、読むほうは広告ないほうが有り難い。
プロバじゃなくても安く借りられる鯖あるしね。

アダルト表現はわからないねー。
オフだったら、小説の性描写そのものでアウトになることは
まずないと思うけど。
オンのサイトで、小説じゃないけどトークの内容で伏せ字とかつかって、
バイダから削除くらったところ知ってるから、明確な基準ないのかもね。

558 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/06 13:37 ID:X07d+tKY
まぁちょっとお金出せばレンタルサーバなんていくらでも借りれるわけだし。
ただで見せるものに金をかけたくないという人もいれば
ポップアップとか広告入るのがイヤだという理由でスペース借りる人もいる。
字書きも絵描きも関係ないよ、そんなこと。
同人誌の装丁に豪華に金をかける人もいれば、基本料金で印刷して安さ勝負の
人もいるのと変わらないと思う、マジで。
どっちにしてもスレ違いだな。

ただ一閲覧者としては字書きのサイトは広告ないほうが好きだけどね。
イラストはともかく小説読もうと思ったら結構な時間、画面と向き合うわけだし。
ポップアップなら閉じればいいけど、画面の上と下でアニメGIFちかちかされると
気が散っちゃうんだよね(藁

559 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/06 16:18 ID:FrYGb6Zb
パロを三人称で書いてるんだけど、
名前をどう書けばわかりやすいか悩む時ってない?
今書いてるのはサブキャラの家族その他みたいなものなんだけど、
苗字はみんな同じだし、名前は一度しか出てないから浸透してない気がする…
そういう時って浸透してないのを承知で名前で書いて
文章のはじめの方でわかるような一文を入れておくとか、
それとも開き直って別の表現を使うかとかあると思うんだけど、
他のパロ字書きはどうしてます?

560 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/06 17:01 ID:4avkIw5M
自分はジャンル問わず、登場時のみフルネームで表記してます。
で、そこから先は下の名前が多いかな。
家族なら、代名詞(彼、彼女)代わりに兄とか母とか使うのもいいかも。

561 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/07 00:46 ID:VhcneeX0
私は浸透して無いの承知で名前+登場時に誰のことか分かるような文
でやってる。家族だと大体560みたいに姉とか弟とかって書くけど。
一回「○○ってのはあの人のことなんだな」と分かって貰えたら
その後は大丈夫だと思う。

562 :559:02/12/07 00:58 ID:xrAUsiws
>560-561
レスありがとう。
やっぱり最初にそれとわかるようなのをつければ大丈夫なようで一安心。
名前の浸透具合も疑わしいようなマイナー本なので。・゚・(ノД`)・゚・。
そういう文を挿入しても変にならないようにうまく都合つけてみます。


563 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/08 17:16 ID:9M1fZsLR
今書いてる話が、ページ数の予定を大幅に超えそうな気配。
冬コミ合わせでないので時間はあるんだが・・・どうしよう。
おまけに続き物の途中の巻だし。
90ページ超の本ってどうなんだろう。


564 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/08 17:28 ID:6PWMJ2JE
>563
90P超なら全く問題ないと思われ
ただ、分厚い本の場合、本文の紙の厚さはコミック紙などより薄めの紙にした方が
読むときにページがめくりやすくていいかも
ボリュームは出ないけどね

私も、冬コミ合わせの小説が予定より長くなりそうでウチュ
100p↑書いて、まだ予定の三分の二ぽ……。 〆切は明後日ぽ……

565 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/08 18:03 ID:4pHmL3Tr
絵描きとの関係スレで「売上という分かりやすい目安がない」せいで
ひねてしまった字書きをよく見かける。
っていうレスがあって考えさせられた…。
実際、自分の書いたものがいいのか悪いのか、判断ってつきにくいよ…。
私はオフオンリーだから売上うんぬんはともかくとしても。
やっぱ感想かなあ、とも思うが「感想が書きづらい」とまで言われたら
もうお手上げ。何回これを言われたことか。何でもいいから気楽に言ってよ!

…ああ、愚痴レスになっちゃった。

566 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/08 18:32 ID:4pHmL3Tr
あ、「オンオンリー」の間違いでした。
ごめん、逝ってくるよ…

567 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/08 20:17 ID:aSojPDgx
>563
ジャンルにもよると思うけれど、私のところでは、300p↑でやっと
「厚いかな……」という感じです。
続き物でも、1冊、200pとか300pとか見たことあるし。
(私も、今回の冬コミでは、100p↑の本を2冊出します)

面白い長編と出会えるのは無上の喜び。どうぞ、がんがってください。

568 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/09 00:45 ID:d2sIw2nW
長編ってどうやったら書けるものですか?
なぜかいつも、40ページ以下の短編になってしまうんです。
けして、けして壺ポエムでもないし、改行で稼いだりしてるわけじゃないのに。
今回こそはと力んでみたけど、やっぱりページ数はいかなかった・・・
長編を書くコツのようなものがあったら教えてください。

569 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/09 00:50 ID:NfNTPB5s
ページ数だとイマイチボリュームが解らない
自分ピコ手なんでコピー本しかでせないので
なるべくページ数抑えてるんだけど
皆さん1ページ辺り何文字(何行×何列)何でしょう?

570 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/09 00:58 ID:ScvXkytB
いつもは22行×57でしたが、今回はページ食いそうなので25行の2段組に。
ちょっと読むのきついかなぁと不安になっていますが、多分大丈夫かな。

>568
私も3年位前はなかなか長い話が書けませんでした。
起承転結もちゃんとあるのに、と思って首を傾げてたんですけどずっと書き続けるうちに
どんどん長くなるように。
今見ると昔の話は、話の筋だけを必死で追っているみたいに読める。
厚みを持たせるためにいろんな描写を入れていくと話は長くなりますね。

571 :562:02/12/09 01:11 ID:dRLt0Orq
どうもありがとうございます。
余り問題なさそうで良かったです。
しかし一冊150ページ超とか100ページ超×2とか
200〜300ページって、凄すぎです。
私は総集編とかでしかなりそうにないです。
今まで出したのが一冊70ページ超×2なんで、
90ページとかでも初めてで・・・
うーむ、巻数減らすか?

>>568
舞台をちょっと凝った設定にして、本筋とは関係ないキャラ関係の
エピソード入れつつ、感情描写と戦闘シーン(そういう作品なんで)を
丁寧に書けば、私の場合割と簡単に長編になる。
むしろ短編の方が苦手・・・

572 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/09 01:15 ID:aRQxEZNM
>568
ネタが長編向きではないのでは?
オリジで登場人物が多くて、物語の中の時間も長ければ
しぜんと話は長くなるし、パロでパラレルでなくてカプ中心の話だったら
そうそう長編にはならないと思う。
同人は長いほうが喜ばれるというけど、だからといって、
例えばたかだか風邪ひきネタで20ページ以上も引っ張る必要はないしね。

573 :596:02/12/09 01:40 ID:eu78fRmy
今回初参加(委託は前から)ですのでやはり周りの方が気になってしまい・・・
>570
自分は23行38文字の2段で26Pしか書けないです(泣
同ジャンルのボリュームが解らないので今回参考にしたいと考えていますが・・・
いつもキャラ一人に絞ったものしか書かないので
どうしても短編になりがちです・・・
まだ書き始めて3年くらいなので精進致します


574 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/09 01:46 ID:nTyXcgyc
>風邪ひきネタで20ページ以上も引っ張る必要はない
同意。
実は私も長いのが書けなくてなんでだろう? って思っていたけれど、
よく考えたら書きたいものは長くなくても良いのだよねえ。

ところで、風邪ひきネタなどの、わりと「ありがち」になりやすいものを
実際に書いている人はいますか?
似た題材だと比較されそうなので避けているのですが、
ひとつはそういう話があったほうがとっつきやすいでしょうか。

575 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/09 01:57 ID:PTJHEUGC
私は風邪引きネタも描きますよ。
ただし長編の仲のエピソードの一つって感じで。
それだけだとゲスト原稿用ぐらいになっちゃうかなあって……。
個人的には短編の書きかたを勉強したい。
投稿作を書いてるんですけど、枚数がないからどうしていいものか……。
エピソードの組み立てで自分はこうしてるとかないですか?
身の回りに字書きさんが一人もいなくて、これでどうかな? って聞く相手もいないし、
なんだか孤独感に押し潰されそうです。

576 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/09 02:00 ID:7P3JkbWI
>>574
萌えはじめは風邪ネタだろうと、誰かと似ちゃっていようと
書いてて楽しいよ…。

577 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/09 05:04 ID:RPT5AyeU
ジャンルとかカプ、何かにはまると必ず風邪引きネタを書くヤシが友達にいるよ。
ベタネタは自分も好きだから書きたいなぁとは思う。
本にするのはアレなのでweb用小ネタ程度になりそうだけど。

短編は…何を書きたいか明確にして、余計なものつけずに書く。
本当に要る分だけ。それで足りなかったら少しずつ足して行くかな。
短編ってどれくらいを指すのかチョト不明だけど(w;
回りに読んでくれる人もいないのかな?
自分は回り絵描きが多いけど小説スキーがいるので
読んで貰って感想聞いたりしてる。

578 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/09 07:32 ID:kyu6wwU/
コップとゴブレットとグラスの使い分けができない…。


579 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/09 07:53 ID:dR02g5yA
ページ数ネタでいってるところで一つ質問。
皆さんはオフで出す場合、本文+何ページにしていますか?
勿論、表紙1〜4で4p以上なのは当たり前なんだけど、
全体のページ数における挿絵の割合とか、
前記・後記・奥付・インフォメなど。どういう風に流れを組んでますか?

個人的には+8pで、前・後・インフォ・奥付なんだけど、
挿絵を入れてないので、本文からすぐにまた文、というのがリズム悪そうで悩みます。
一応行間とかあけて違う雰囲気は出そうとしているんだけど……

580 :名無しさん@どーでもいいことだが:02/12/09 07:55 ID:micwqFAZ
年喰えば勝手に長くなるよ……。
五年前は四年間の話を七百枚で書けたが、今じゃ一ヶ月の話に三百枚
もかかる。
タイトにスリムアップしてえ。

>577
短編はだいたい、20×20で五十枚〜八十枚までかな。一般小説だと。
ラノベだと三十枚〜やっぱり八十枚前後だと思う。
パロディの場合は、設定を読者に預ける人も多いから、もっと短くてもアリ
だと思う。

581 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/09 09:17 ID:15bkFw/o
投稿作だと大体0〜100枚と、もう少し長いので300枚前後ですね。
この枚数に入れようと文章直して自分の文体を崩してしまった。
この苦しみを乗り越えればレベルアップしてるかな……。

582 :568:02/12/09 11:07 ID:d2sIw2nW
なんとなくわかりました!
パロでカプものなのでどうしても二人中心の話になってしまいがちなんだと。
幸い登場人物は描ききれないほどいるので、彼らに目を向けてみてもいいのかも
と思いました。カプものだからって二人だけ書いてりゃいいわけじゃないのだと。
皆さまドモアリガトウ!

>風邪ネタ
風邪の季節には何度も書いてます。
何度書いても違うネタが浮かぶのでそれはそれで楽しい

583 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/09 11:18 ID:8EMGDzsa
>578
それは「ズボンとパンツとボトムの使い分けが出来ない」と言ってるようなもんだ

問題は言葉じゃなくて対象に対する意識。

584 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/09 15:13 ID:wu+kS1y9
ありがちネタは、ありがちだから自分もやってもいいかなと思う。
定番アイテムは揃えておこうか、みたいな感じ。
逆に、たとえば原作キャラの台詞から急に盛り上がったようなネタは、
自分のほうがうまく料理できると思ったとしても、
他人がやったと知ったら絶対にやらない。

585 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/09 15:17 ID:ScvXkytB
ありがちネタとか定番ネタほど、作者の力量が見えるので
是非被ったとか思わずやって欲しいんだけどね、読むほうとしては。

586 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/09 16:26 ID:lxHD7PpP
元にするネタがかぶったときは、
まるで料理の哲人にみたいに
「この素材をうまく料理してやるぞー見ていろタケシ」と思うyo。

587 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/09 18:51 ID:ex/xPFou
オンオンリーの者ですが、小説置き場に書く作品の紹介文に悩んでいます。
「シリアスです。」とだけ書くのは素っ気無いし、
「朝早く起きた○○は…!?」系のものは厨っぽいし。
紹介文について皆さんの工夫やネタを聞かせて下さると有り難いです…。

588 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/09 19:09 ID:KB8yV8gZ
>587
私はカプ風味のが多いのでカプ明記必須。
それからその素っ気無い例のような書き方で、タイトルの他には
「風邪引きネタ。」「ギコ×しぃクリスマス」のようなことくらいしか書きません。
書き足すとしたら「ギコ×しいパラレル。しぃが幼稚園児です。アイタタ…」とか。簡単な説明と自分の感想かな。
ピクセル指定してるテーブルの中に説明文を入れてるので、
そのテーブル内で改行がないような長さの文、といつも考えています。

589 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/09 19:10 ID:n08MigiX
>>587
内容がわかるあらすじとかあるといいね。
市販小説の裏表紙、帯、折り込みとかにあるようなの参考に汁。

590 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/09 20:12 ID:3XQIYo/7
>587
私は短編には「風邪ネタ、ほのぼのです」「誕生日の話、シリアスです」など、
長編には簡単なあらすじをつけてます。
それからパロでやおい書いてる友人はタイトル、内容説明の他に
カップリングの攻め×受け表記が欠かせないと言ってました。
以前別カップリングの人に、BBSで「○○×△△話と知らずに読んじゃった! 
どうしてくれる!」と怒られたそうです。

私が紹介文をつけるのは
初めてサイトに来てくれた人に読み始めの取っ掛かりを見つけてほしいのと、
一度読んだ人に「これはどういう話だったっけ」というのをすぐ思い出してもらう
ためなので、ネタは分かりやすく、オチはバレないように。
となると↑のような面白みのない紹介文に落ち着きました。

タイトルの脇に小説の一部を抜き書きしている人をたまに見るけど、
いきなりシリアスな一文(しかもへぼん気味)だけを見せられると……
 (タイトル)彼は淋しげに微笑むと、ただ、さよなら、とだけ呟く。
 (タイトル)君の悲しみと、僕の悲しみは永遠に交わりはしないだろう。それでも。
 (タイトル)それは、狂おしい接吻だった。熱く、切ない。
 (タイトル)……
なんて話の数だけ並べられると、肝心の小説を読む前に爆笑してしまう。

591 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/09 20:20 ID:lxHD7PpP
フォモ探偵の事件簿5・死美人は何を見た!?
真冬の山小屋でフォモ探偵が巻き込まれる
不可解な事件の数々・呪われた血脈の果てに…

みたいなのを見ると、「過ぎたるはなお何とやら」と思います。
あの手の番組好きだけど。

592 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/09 20:23 ID:FoVB7yEB
>579
私は中〜長編書きなので、小説1本につき1冊という構成だけど、
商業誌の小説をお手本に構成してます。前記は入れません。
3頁めに文字だけの中表紙を入れて、4頁めから本文開始。
挿絵や口絵を頼んだ場合は4頁めの隅っこに小さくPNを紹介して、
5頁から本文。ついでに本文頭だけ5行空ける。
あとはページが余ったらあとがきやインフォメで埋める。
余りに余って企画ページを作ったりすることもあるけど、
あくまでおまけなので巻末です。シンプルイズベストでやってます。

593 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/10 11:07 ID:ppLz/AxV
>586
私は北島マ○のように「私には私の風邪引きネタがある……!」
と思うようにしてます。

594 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/10 12:51 ID:rrECpQtx
緊急浮上

595 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/10 14:51 ID:SrxkKqJt
>591
キャストが簡単に浮かぶ点で、紹介文としては合格かと(w

596 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/10 17:50 ID:r05fPMhC
小説のタイトルを考えるのってどうしてこんなに難解なんだ…
長編だと特に思い入れが出来て、適当なタイトルは付けられないしなぁ…

597 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/11 03:28 ID:d11NbI4c
真夜中の保守

598 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/11 10:08 ID:ODsJwin+
私も苦手だ>タイトル決め
詩的なのは照れて駄目。
大体即物的なものになっちゃうよ
初雪の日の話→「初雪」
長編の場合は中にあるキーワードを使うかな。

599 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/11 11:12 ID:urqAnQZ7
タイトルはギリギリまで考えてしまう。

600 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/11 11:24 ID:Selh2ohB
私の場合、オリジナルだと作品名と巻ごとの題名は割とすぐに決まるが、
章ごとの題名が難しい。
パロの場合は即物系が多いな、やっぱり。
そのものズバリ「風邪」ってのもあるし(藁


601 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/11 14:36 ID:7vGozSIf
紹介文も総だけど、タイトルでどの程度ネタバレして良いか、
っていうのがいつも悩む。
ネタバレもへったくれもない短編だと特に(w


602 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/11 15:58 ID:rjokb+pp
キーワード→タイトルはよくやるけど、
「これだー」と思った言葉が(一般的な名詞ね)
既存の作品とかぶったときのくやしさよ。
とくに漫画やライノベとかぶるとやりにくい。
「バがボンド」なんてもう一生使えないよう。

603 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/11 16:59 ID:Fwrs1Rht
>>602
あー、あるある!
リグヴェーダとかな。設定もキャラクターも丸ごとお蔵入りしましたよ(号泣)

604 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/11 18:32 ID:YkEwsdqv
私は章ごとのタイトルはすぐ浮かぶんだが、全体のタイトルは終わってみないと決まらない。
でも連作始めちゃって、しょうがなく題をつけたら全然タイトルどおりじゃない話になっていく罠。

>そのものズバリ「風邪」ってのもある
激しくワロタ。
風邪ひいた誰かを看病する*ありがち*な萌え話なんでしょうか。
そう見えないから余計に読みたくなるかも(w
タイトルはそっけない即物的な方がつけるのも、読むのも好きだな。
妄想の余地があるっちゅーか。
歌のタイトルとかエーゴだと途端に読む気が萎えるのはなんでだろう。


605 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/11 19:21 ID:alMmBYZB
>604
歌のタイトルやエーゴに萎えるのは、想像力・構成力の貧相さを直感するからでは。
タイトルは素っ気なく即物的なものの方が優れていると判断するっていうのは、
文学界でもお約束らしいぞ。

606 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/11 22:32 ID:ObGf+xm3
椎名リンゴの曲タイトルがついてる作品は読まない…
内容も推して知るべし…
(椎名リンゴが嫌いなのではありません)

607 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :02/12/11 23:41 ID:v+Uxxs8I
いつも沢山本を出す友人の本を読む度に
そのスピードがうらやましいと思いながらも
書かれた内容があまりにも薄くてただ書いているだけのように
感じてしまい、そんな自分に落ち込んでます。
自分が考えすぎだってわかるんだけど、
全体の構成を考えたり、言葉の言い回しに何日も悩んだりしているのが
とても不毛に思えてきていて、こんな入稿近くになっても
まだ一割しか出来ていない…。
もっと気を楽に持って思うが儘に書けたら気持ちいいだろうな。

タイトルの話してますねー。
私は全部書き終わらないと決まらないでつ。

608 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/11 23:41 ID:IUwOx6kl
翻訳サイトに無理矢理突っ込んだような横文字タイトルもあんまり読まないな……
やたらと横文字タイトルにこだわる時期や気持ちがあるのはわかるが
無理しすぎて意味わからなくなっちゃったらもったいない、
と思うサイトがある……でもそれを言ったら余計なお世話なので
インデックス見ながら薄く目を閉じて笑うに留めてる。


609 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/12 00:01 ID:id1D0Jj9
>607
ニラ茶飲んでマターリ休みましょう。

     ∬
     旦
    / \
 ヽ(´д`*)ノ  ドゾー
   (   )
   <<

私のお気に入りのサイトさんはまさに>608のようなタイトルで
ぱっと見て微妙なのですが、お話自体は泣くほどイイです。
タイトルの付け方次第で読み手も書き手も損しますね。

187 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)