5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

村上春樹風に今日の愚痴を語るスレ

1 :はるき:02/03/21 19:56 ID:VrAPx16Y
やれやれ、妹のボーイフレンドがうちに来ているが
彼は緊張してめがねを触り、だされたダイキリを
一息に飲んだ。作られたような会話の盛り上がりの
合間には蛇のような沈黙が流れる。
そんな「作られた盛り上がり」を聞いてるだけで
僕はどっと疲れて部屋を出た。

320 ::02/05/31 22:44 ID:???
僕と彼女はいつものように、ごきげんなソウルミュージックを流しながらドライブをした。
彼女はいつもドライブの時は、決まってポテト・スナックを食べた。
まるでポテト・スナックを食べ、コーラを飲んでいる限り、この世界は幸せに
なると信じているかのように彼女の手は休むことなくポテト・スナックを口に
運び、たまにコーラをのどに流し込んだ。ぽりぽり。

321 :おさかなくわえた名無しさん:02/06/01 14:42 ID:kVnbljzI
http://kaba.2ch.net/test/read.cgi/event/1022659740/
みなさんここにも書き込んでください。
「大長編小説 〜さよなら、2ちゃんねる〜」

322 :おさかなくわえた名無しさん:02/06/01 21:07 ID:kVnbljzI
ここには本物の春樹さんは登場しないのですか?

323 :春雄:02/06/01 21:41 ID:KKK/kcSI
テレビを見ると僕の周りの世界ではワールドカップというサッカーの大会が行われて
いるらしいことがわかった。もしかしたら少し自転車を走らせれば顔を塗りたくった
陽気なウルグアイ人や太ったデンマーク人に会えるのかもしれない。だが僕はまた目を
閉じて来週から始まる仕事のことを考え始めた。 パチン オフ

324 :おさかなくわえた名無しさん:02/06/01 21:50 ID:???
>>323
IDかっこいい・・

325 :211、245and283:02/06/04 13:46 ID:???
ワールドカップ。
若者が夢中になればなるほど僕からそれは離れていく。
ワールドカップ。
声にだして言ってみた。500マイル以上離れたところから聞こえてくる
風の音のように、やけに不自然に響いた。

今朝の満員電車で見かけた人のように、若者も日本チーム公式ユニフォームを
身につけ、仲間たちといっしょにテレビの前で大騒ぎするのだろうか。
その格好のまま電車に乗ったりはしないだろうか。
そのような考えを巡らせていくうちに、僕とワールドカップは
永遠に平行線をたどり続けるだろうということに落ち着いた。
やれやれ。僕だって若者が大好きな物のことは理解したいと思う。
しかし、僕とワールドカップの間には決して相容れられない何かが確実に
横たわるのだ。それはきっと僕にとって僕から一番離れたところに
存在するものなのかもしれない。僕はサッカーのルールをおそらく
理解することができないし、有名なサッカー選手の名前と顔も一致
しなければ、流行りにのって騒ごうとすら思えなかった。若者だけではなく、
僕の上司すら朝から浮き足立っている、僕の周りの浮き足立った
世界に憎しみすら覚えた。いっそ国家規模のもめ事でも起こって中止
にでもなってしまえばいいとまで思った。
しかし、ワールドカップは確実に存在する。
僕が好もうと好まざるとかかわらず。

326 :おさかなくわえた名無しさん:02/06/05 18:51 ID:nOlzXYul
>>325
いい( ´ー`)y─┛~~

327 ::02/06/05 23:44 ID:7ZFYjIkP
僕個人のアイデンティティなんてこの世に存在しないのだ。
アシカがばか丁寧に名刺を渡して、うまそうに麦茶をすすっているのを
ぼんやり見つめながら、僕はそんなことを考えていた。
「ようするに、先生がここで笑って一言感じのいい挨拶を
 して下さるといいんですが、、、」
アシカは熊のプーさんのような無邪気な瞳で僕を見つめながら
僕のアイデンティティを形而上的なナイフで実に見事にそり落としていく。
アシカはいつも僕をそんな気持ちにさせる。僕自身のささやかな
アリの目ほどの希望も想像力も全て象に踏み潰された雑草のように
ぺちゃんこにしてしまうのだ。

328 :いやいや:02/06/05 23:57 ID:7ZFYjIkP
このスレいい〜♪

329 :  :02/06/06 00:07 ID:YlAe3T/i
>325

>若者も日本チーム公式ユニフォームを
→ここでは「チーム」はない方がリズムがあっていいと思います。
>僕はサッカーのルールをおそらく理解することができないし、
→おそらく僕はサッカーのルールを理解することができないし、
>僕が好もうと好まざるとかかわらず。
→僕が好むと好まざるとかかわらず。

2段落7〜8行目は見事です。
誠に僭越ながら添削させていただきました。>ウザー

330 :おさかなくわえた名無しさん:02/06/06 00:13 ID:alglA7CD
>>329
添削大歓迎です。
私も文章を書いたけど反応が無いのでさみしかったものより。

331 :211、245and283:02/06/06 10:16 ID:6kgQkNig
>326
ありがとうございます。

>329
添削ありがとうございます!ウザくなんかありませんよ。
嬉しかったです。世間的に(´∀`)♪ワショーイなものに否定的なこと
書いたので、ちょっと怖かったのです。

精進します。また書いたらよろしくおながいします。
ここはトリップが使えるのでしょうか?

332 :おさかなくわえた名無しさん:02/06/07 23:00 ID:d0XD/Uh2
トリップつかるよ。
使ったことないけど

333 :おさかなくわえた名無しさん:02/06/10 00:48 ID:bK42/xri
今日食べたてんぷら蕎麦は格別に美味しかった。
二匹の海老がふんわりとした衣に包まれている
僕好みのサクサクとした軽めのてんぷらだ。

しかしひどく量が少なすぎたんだ。蕎麦の絶対量ってものが。
8時頃に食べ終えた蕎麦はもうあっけなく消化され
腹部はさっきからコロコロと音を立てている。

しかも衣からにじみ出た油の嫌なところだけが
もったりと胃を満たしているんだ。
なんてひどく憂鬱な気分なんだろう。

そもそもあれで腹いっぱいになる訳がない。
蕎麦湯をいくら持ってきたって無駄なんだよ

それを他の客の分まで飲み干してしまう僕も僕なんだけれど。
やれやれ、僕はいとも簡単に騙されてしまったのだろうか。
ぼったくられたのか、それはわからない。

ああ、ロシア戦に熱狂したサポーター達の
ずば抜けた消化力が
ほんの少しでも僕に存在したなら。




334 :333:02/06/10 00:55 ID:bK42/xri
やれやれ、果てしなく長い割には
春樹になりきれていないんだよ。


335 :おさかなくわえた名無しさん:02/06/10 01:33 ID:kmeAReCA
>333
君が気にしなくちゃいけないことなんて
これっぽっちも無いんだよ。

336 :形而上的な名無し:02/06/11 17:01 ID:LZwGlkRa
誰がなんと言おうと、夏はビールがおいしいですね。


337 :うぐう:02/06/11 17:23 ID:DCjp46OJ
 やれやれまだ火曜日だというのに、僕の体内のエネルギーはすっかり干上がっているらしい。
Y子は手と口を同時に動かしても、まったく仕事のペースを落とさない。しかしつられて喋るJ子は
さっぱり手が止まっている。今日納品の仕事は2社分あるというのに。自作されたUNIXベースの
サーバからは超絶した高周波がまき散らされ、オフィスのバックノイズの主旋律となっている。
社内メールをCCするほど愚かしくはないが、ログからT嬢のメールだけフィルタリングする。
飛び抜けて私用メールの転送量があるので、お目付役というわけだ。ルールは開示されているが
目にせず気にとめないならないのも同前だ。
他人の現実の姿というのはさして劇的ではないが、T女史のそれもたいしたものではなかった。
いくつかのパターンを組み合わせた局面の断片にすぎない。
泣き言、恨み言、やけくそ、逆切れのあいだをかきわけて、内部漏洩をにおわす文を見つける。
強引なパーミッションでローカルに侵入すると文書箱そのものをコピーして8cmCD-Rに焼きつける。
オリジナルのツリー構造を添付し、ビューワーにはりつける。
ひといきついたところで、当のT嬢が通りかかる。
「あらMさん、まだお仕事?」
「ん、ああ、なかなかまとまらなくてね」
彼女の後ろ姿を見送りながら指の間にはさんだCD-Rで首を切断してみる空想にかられた。
15000prmの回転があれば十分だろう。
インドにはそんな武器が存在するらしいが、僕の頭と同じで1/100も回転すまい。
途切れた思考に対してかぶさるようにY子とJ子の笑い声がひびく、つられて
H子とN嬢が笑いはじめる。臨界点突破だ、チェレンコフ光のイメージがひろがる。
青く冷静な怒りだ、そこらの幼稚園児じゃあるまいし。
「怒らないうちに静かにしてくれる」
静かに言う。
「はーい」
 音声の無意味な終熄。
オフィスはクリックとキータッチと空調とサーバからの高周波のノイズの波に戻った。


338 :mo:02/06/15 14:37 ID:bLlUUAiJ
僕はその時、本を読んでいた。下らない作家の書いた下らない本を。
突然、携帯電話がけたたましい音を立てた。一瞬僕の思考は停止した。
手元で、赤や黄色に色を変えメールの受信を知らせていた。
僕は、いつも思う。たかが携帯電話だ。なぜ、こんなにいろいろな機能が付いているのだ。
電話が出来ればいいじゃないか。しかし、そんなことを言ったって世の中は
僕を置いてどんどん進化していくのだ。好むと好まざるとにかかわらずにだ。
そんなことを考えながら携帯を見た。メール送信者は、どう友好的に考えても
このようなメールを送られて来るるような間柄ではなっかった。
彼からのメールにはこのように書かれていた。
「思いでは記憶の中にしか存在しないのかな?」
僕は、非常に考えた。だって、このようなことは考えた事はなかったもなかったのだから。
僕は7分考えて、こう送った。
「記憶は、酷く曖昧なものだし忘れられてしまうものだけど、それが美化されたものが
思いでなのじゃないのかな」と。
しかし、僕は夜まで待ったが彼からもう一度メールが来ることはなっかった。







339 :おさかなくわえた名無しさん:02/06/15 16:21 ID:bLlUUAiJ
あげーん

340 :おさかなくわえた名無しさん:02/06/16 07:37 ID:ak2kLzTt
朝起きて、猫にえさをやり、コーヒーを沸かすために
やかんを火にかけたところでその新聞は目に入った。
「ヘディングでゴールを決めるヒデ」見出しにはそう書いてあった。
ヒデ?僕はもう一度新聞の見出しをじっと見た。
僕はやかんの湯が沸くまでの間、穴があくほど
その見出しを見つづけてみた。でもそこに書いてあるのは
紛れも無く「ヒデ」という文字だった。
コーヒーを入れて記事に目を通した。
「誰のマークも受けずに」いることが「極めて珍しい」中田ヒデが
こんな「好機」を見逃すはずが無く「試合を決める」シュートをしたと
記事にはそう書いてあった。


341 :karuki:02/06/17 23:50 ID:s+R2BPOY
僕は丁寧に髭をそると、鏡の前で自分の体を細部にいたるまで
点検した。
毎朝の軽いランニングと、週に3回のプールで3kの水泳をしたおかげで
腹の肉はかなりきれいに殺ぎ落とされていた。
また糖分と油分の選別を行い、食事制限を徹底的にした結果、
頬とアゴのたるみは取れ、肌には20代でも通用するはりがあった。

しかし、僕にとって一番大切なものが確実に消え去っていた。


342 :おさかなくわえた名無しさん:02/06/18 00:52 ID:eD+QExaY
>341
何を失ったんだ?気になるよ。

343 :おさかなくわえた名無しさん:02/06/18 00:53 ID:4izgbgY/
みなさんは春樹の小説、堂々と人前でよめる?

344 :おさかなくわえた名無しさん:02/06/18 00:53 ID:q0giAHda
あっ、俺読んだことねえんだ(^^;)
>村上春樹

345 :211 ◆cS76pw2A :02/06/18 16:20 ID:Gw9JFL9j
若者が会社を休んで東響ドームにワールドカップのパブリックビューイング
を見に行っているのを、僕は僕の上司から社内メールをもらうまで知らなかった。
僕以外の仕事仲間はみんなその事実をおそらく昨日の時点で知っていたようだ。
僕は朝からとてもいやな気分になった。業務上、僕と若者は接点がないわけではなく、
むしろ緊急に急ぎの仕事を依頼することが多々あった。若者が僕の派遣されている会社に
やって来たときから続いていたことだ。会社を休むということを僕に伝えるのに、
大した手間はかからない。帰り際に一言、「明日休みます。」と社内メールを
出せばすむことだ。若者にとってそれは面倒で退屈極まりない行動かもしれないけれど、
そのようにして社会は、人間関係というものは常に円滑に流れるものだと
僕は考えている。僕だってもちろん、この時期の周りや若者の浮かれ具合から、
事情は察することはできる。ある程度の予想くらいはしていたけれど。

やれやれ。これではまるで僕が一人で拗ねているようにしか見えないな。
最低限、若者は自分の部署の長と僕の上司には連絡していたのだ。
若者は義務を果たして権利を楽しみに、公式ユニフォームを身につけて
東響ドームに行っているのだ。誰からも責められる謂われはない。
そう、若者は間違ってはいないのだ。僕だけが外の雨のなかに取り残された
空き缶のように無視されている。いっそ僕の中の全ての汚い感情も、
飲み残しの液体と一緒に雨に流れてしまえばいいんだ。僕は年齢を重ねている
割にはあまりにも幼稚で嫉妬深かったし、若者のことばかりを考えていた。

つらつらとそんな考えを巡らせているうちに、会議室から歓声が上がった。
トルコ戦を垂れ流しているその部屋に、女子社員がばらばらと群がり
ばらばらと散らばっていった。日本チームが一点入れられてしまったのだ。
僕は少しだけ楽しい気分になった。負けてしまえ。そして、早くこんな
馬鹿げたお祭り騒ぎは終わらせるべきなんだ。ワールドカップやサッカーを
好きな人間ばかりが地球上に住んでいるわけではないんだ。少なからず、
僕は被害を被っているんだ。僕に平穏な日常を返してほしい。僕に若者を
返して欲しい。若者を返して欲しい。同じ建物の中で、社内LANで繋がって
存在しているというささやかな幸せを返して欲しい。僕にだってそれくらいの
ちっぽけな権利くらいある。

やれやれ。これではまるで僕が一人で拗ねているようにしか見えないな。

346 :おさかなくわえた名無しさん:02/06/18 23:30 ID:ASXdAH5L
ビールを置いてないって?
僕は驚いて聞き返した。酒屋にビールが置いてないということがどういうことなのか、僕は飲み込めなかった。
水色のまぶたをした女の子の店員が
「代わりにチューハイはどうですか。人気があるんですよ」と言った。僕は首を振りながら酒屋を出た。

347 :おさかなくわえた名無しさん:02/06/18 23:33 ID:0HKvDk92
やれやれ。
くたびれたサンドイッチを口に運んだ。

348 :おさかなくわえた名無しさん:02/06/18 23:49 ID:aweqPmgs
そのとき韓国戦なんか見るべきではなかった。
僕は少なくとも韓国とイタリアの試合を見るべきでは無かったのだ。
僕は明日早起きをしなければならないある用事があり、そのために
必然的に早く寝なければならないという形而上的な法則の中にいた。
たまたまテレビを回していたら写ったものが韓国対イタリアの試合だった。
そこには激しい盛り上がりがあり、すごい気迫が溢れていた。
僕はうかつにも、夏の終わりに立ち寄った映画館のような気持ちでつい
そのまま試合を見てしまった。
トッティーが退場になったあたりから僕はまんまと魔力にはまってしまった。
そしてどうだろう。今の僕は踊る小人に踊らされているのに興奮して
眠気なんてどこかに連れて行かれてしまったのだ。
やれやれ、また今日も寝るのが遅くなり明日の早起きは出来なくなってしまった。

349 :おさかなくわえた名無しさん:02/06/18 23:56 ID:a7UmUbHG
>>345
上から気になるところだけ書きます。

「恐らく」は文頭にもってきた方がよいでしょう
「緊急に急ぎの〜」重言です。
「浮かれ具合から、」他に適切な言葉がありそうです(思い浮かばないけど
「ある程度の予想くらいはしていたけれど 」ある程度予測できてはいたけれど
「自分の部署の長」ここまで正確に言うことはないと思います。部長とかでも・・
「外の雨のなかに取り残された 空き缶のように無視されている。」比喩いまいち
「つらつらとそんな考えを」つらつらがひっかかります。
「ばらばらと群がりばらばらと散らばっていった」ばらばらも気になります。

350 :おさかなくわえた名無しさん:02/06/19 00:00 ID:DaWvH3qL
>>345

「やれやれ〜」の一文が2つありますが・・・強調?

誠に僭越ながら添削させていただきました。
編集者のタマゴです。練習させていただいています。
でもあなたの文章は切なくて良いですね。細かい感情が伝わってきます。

351 :おさかなくわえた名無しさん:02/06/19 00:03 ID:nAOTnygB
>>346
「僕は首を振りながら酒屋を出た。」
この一文がすべてを物語ってます。うんざりした情景が浮かんできます。

352 :211 ◆cS76pw2A :02/06/19 11:19 ID:Gq70dF0n
>349=350?
添削とお褒めの言葉ありがとうございます。やはり動揺に押し流されたまま
書いてはいけませんね(笑)。まだ文章を書き始めて半年足らずなのですが、
よろしければいくらでも練習してやってください。
やれやれ〜はわざとです。

余談ですが、カキコしたあとに本当に日本が負けてしまってびっくりしました。
でもまだワールドカップ自体は終わってないので、しばらくサカーファンは忙しい
でしょうね。はーあ(;´д`)…

353 :おさかなくわえた名無しさん:02/06/22 21:19 ID:kwF5JZ/r
やれやれ、真夏の暑さの中で3本目の缶ビール
をハムサンドと一緒に胃に流し込みながら
僕は僕の細胞が一つ一つ拡散されていくのを感じた。
横では黒猫がじっと座っていた。

354 :おさかなくわえた名無しさん:02/06/23 09:52 ID:omRm7Rqd
今朝は何の予定も無い。何の予定も無い夏の日曜日の朝が僕は好きだ。
しかも天気がよかった何も言うことはない。今日はまさしくそんな日だった。
僕は自分のために一杯のコーヒーを入れ昨日から気になっていた水道管を
点検し、市民プールに泳ぎに行こうか、それとも部屋の棚の調節のために
ホームセンターに行こうか考えをめぐらせていた。

そのときやってきたのがアザラシだった。

355 :おさかなくわえた名無しさん:02/06/23 20:44 ID:FRD/beMw
添削ウザ

356 :おさかなくわえた名無しさん:02/06/23 21:39 ID:f+SXGwpS
さてさて

357 :おさかなくわえた名無しさん:02/06/23 23:01 ID:r+2ccsLe
絶対なんてものはこの世に存在しないんだ。
僕はそう考えていた。
だって、そうじゃないか。
一年前のあの日、彼は言ったんだ。
「結婚しよう」
ああ、まったくこの世の中には混乱することが多すぎる。
一年前の言葉は現在には通用しないらしい。

僕はときどきあのころを思い出す。
僕と彼が過ごした時間を。
高校一年の夏を。
確かに僕が輝いていた瞬間を。

358 :おさかなくわえた名無しさん:02/06/24 16:33 ID:0ZLk5721
ストイックとヘドニズムのジレンマだ。
僕はそう考えていたんだ。
先程から本を探す風をしながら僕の尻を触っている奴も、
きっとジレンマに陥っているんだ。
やれやれ。

タダで人のケツ触んじゃねぇゴルァ。

359 : ◆7huWNVJs :02/06/24 16:47 ID:8gGqQYgW
>>358
(゚∀゚)イイ!!

妙な喩えが絶妙!

360 :おさかなくわえた名無しさん:02/06/24 21:08 ID:BhRUc7JB
僕は日に2箱のマルボロを吸う。
もう15年煙草はマルボロと決めているのだ。
仕事を2度変えたし、ギリシャ語もチェロも長続きしなかったが
マルボロだけは変わらない。

このようになんの取り得のない僕ではあるが
特に美人というわけではない人並みの妻をもらった。
そして人並みに子供にも恵まれ人並みの幸せを享受している。
この世は多くの「人並み」で構成されているのだから
とくに文句はない。
人並みに生まれて人並みに死んでいく。
アボリジニと同じことだ。

だが子供の誕生を見てからいつも死と隣り合わせの生を
感じずにはいられなくなった。
「お兄様のことを考えているのでしょう?」
妻が僕にサラリと言う。
そう。
僕は恐いのだ。
黄砂が日本を覆ってしまうくらい恐いのだ。

僕の兄は生まれつきの精薄だった。
そして5年間だけの生をまっとうした。
僕の兄の記憶は不自然な笑顔だけだ。
ひきつった笑顔。

母は兄について多くを語らない。
兄の写真は残っていない。
アルバムにはあどけない僕の写真ばかりが幸せの押し売りをしている。
母は兄の記憶さえも消そうとしたのだ。

今は母の痛みが少し分かる気がする。
その母も3年前に他界した。

僕は子供の写真を撮るのが恐い。
思い出を残しておくのが恐い。

「この子は死んだりしないわよ。」
妻がいとおしそうに我が子を抱く。

そして僕はまたマルボロに手を伸ばす。




361 :おさかなくわえた名無しさん:02/06/24 21:46 ID:2Q/KQqDz
春樹風ではないかもね。
誰かに似てるかな??

362 :おさかなくわえた名無しさん:02/06/25 14:42 ID:9IUYxORw
http://sports2.2ch.net/test/read.cgi/wc/1024884184/

むやみな韓国叩きはやめて、こいつに焦点を当てよう
すべての元凶はこいつ、反日煽ってるのもこいつ

363 :おさかなくわえた名無しさん:02/06/25 16:30 ID:7/C0WgcM
>>359
ありがとうございます。
でもヘドニズムって間違ってるかもしれないです。

364 :おさかなくわえた名無しさん:02/06/25 17:45 ID:/IiSQQ/t
>>363
359さんではないですが
ヘドニズムって何かなぁと思ってたんだけど…
反吐が出る程〜、みたいな造語かと思っちゃった。。
でも、(・∀・)イイ!!

365 :おさかなくわえた名無しさん:02/06/26 20:51 ID:4qvPZP1c
サッカーの試合がテレビに映されるのを
ながめながら、缶ビールを3本飲んだ。


366 :おさかなくわえた名無しさん:02/06/27 00:48 ID:0ze5AaKc
>357
僕はタバコの煙をプカプカくゆらせながら、ずっと考えていた。
君が幸せになるにはどうしたら良いのかってことを。
そうだ。僕はとても素敵なことを思いついた。
パートナー届け。そう、それはきっと楽園への切符だ。
君達はそれをしっかり握り締めて区役所に行き
したり顔で、7.3分けの冴えない職員の目の前に突き出してやるんだ。
その男はまるで南極にパンツ一丁で置き去りにされたみたいに、カタカタ震える手でハンコを押すだろう。
その時僕は遠くからおめでとう、と叫ぶんだ…
やれやれ、また例の世界に迷い込んでしまったようだ。
クルルップ…こめかみが痛む。

367 :おさかなくわえた名無しさん:02/06/28 16:11 ID:2FuQ2opf
>>366
357です。
わざわざありがとう。
…春樹風にお礼を言いたいのですが無理でした。

368 :おさかなくわえた名無しさん:02/06/28 17:16 ID:Q2DsuBhT

犯人達に死刑を!!
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

【大阪で2年間に数百人を強姦した凶悪犯たちの残虐な犯行・顔写真】

http://www.tanteifile.com/diary/2002/06/27/index.html
http://www.tanteifile.com/diary/list_index4.html

http://tanteifile2.gasuki.com/bbs/readres.cgi?bo=satsujin&vi=1023026334

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

防犯コピペしる!
                            

369 :おさかなくわえた名無しさん:02/06/30 18:13 ID:Z0ONJzR+
しゅぽ

138 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★