5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

贋作☆モーニング娘。インタビュー

1 :安倍なつみ激白!:01/09/17 01:00
●これはもうジャーナリストに捕まるたびに必ず訊かれた事と思いますが、
市井がバンドを去った時のあなたの気持ちはどういうものでしたか?
「ああ、あん時ね。何つうか・・・・・・悲しかったよな。
喧嘩してさ、まあ意見の合わないことがあって。ごく個人的なことだよ。
娘。とは何も関係がない、俺達それぞれの人生の進み具合についてで。
あいつが俺の人生の方針について二つ三つケチつけてきて、
俺もあいつの人生について二、三モノ言ってやってさ。
で、真実ってのは結構痛いもんだから、マジんなって。
しまいにあいつが、
「もうこんなところにいたくねえよ。辞めるからな」
って言いやがって、こっちは
「勝手にしな」って言ったわけ。
「けど俺は、ツアー中だしここで家に戻る気はないぜ」って。
ファンをガッカリさせたくなかったし、
プレスにまた何のかんの言われるに決まってるし(中略)、
だからこっちはふんばって続けたわけ。
それに、新しいメンバー4人が入ったとこだったからね、
こいつらなら第一級だしイケるぜって思った(中略)。
そう思ったからみんなに聞いてみたら、
「いいよ、続けようぜ」って言ってくれたからさ、
リハーサルやってプッチモニにもう一人いれて。
何とかなったよ、別に悪かなかった。
勿論、同じじゃなかったけど。でも悪くなかったと思うな。
あれ、本当言って俺、なかなかやれるもんだなって思ったんだ」

雑誌「BUZZ」2001年9月号より抜粋

2 :名無し募集中。。。 :01/09/17 01:02
OASISか?

3 :飯田圭織激白!:01/09/17 01:09
●これまでいろいろな名義でレコードを出してますが、
モーニング娘。名義と他のプロジェクトの音楽の違いはどこにあるんですか。
「音楽のスタイルの違いだよ。でも現在は二つの名義だけに集中しようと考えている。
これは最近の音楽シーンが大きく2つのカテゴリーに分類されているって感じるからなんだ
(注・どういうカテゴリーなのか不明)。
僕がこれからもキープしていこうと思っている2つの名義はモーニング娘。とタンポポさ。
前者のほうがフル・ヴォーカル・レコードで、
後者はリフレックス(反射・反動的または内向的)・レコードなんだ
(注・意味不明)」

雑誌「CROSSBEAT」1996年12月号より

4 :後藤真希激白!:01/09/17 01:28
●ソロとモーニング娘。では、音楽に対する向かい方が違ってきたりもしますか?
「全然違ってるよね。もちろん、モー娘。でも、大体のボーカルは自分が担当して、
センターにも立ってるんだけど、やっぱりモー娘。はグループなんだよ。
グループであるからには、どこかでいったん立ち止まって、
他のメンバーと協議しあうって作業がどうしても必要になってくる。
それがソロの場合、自分の思った通りの方向にどんどん突き詰めてっていいんだよ。
たとえば、今回のソロには、モー娘。のPのつんく♂も参加してるんだけど、
モー娘。のときとはレコーディング・プロセスが全く違うんだよね。
スタジオで思いついたことを、片っ端から即実行に移していける。
逆にモー娘。では、メンバー9人のアイディアを均等に反映させていこうとしてるから、
それがうまく働く場合もあるけど、アイディアを自由に伸ばしていこうとなると、
どうしても難しくなってくるんだよね。
もちろん、9人が同じ方向に向かってるときは、
とてつもないエネルギーが生まれるし、メンバー同志の間で常に緊張感が走ってて、
それはグループにしかない良さではあるんだけど、
ただ、この前のツアーで、後半に差しかかるにつれて、
最初の頃の衝動が薄れてきたと感じることもあって。
だから、しばらくグループから距離をおいたほうが、
自分にとってもいいように思えた。モー娘。とは、
またまったく違う方向を探っていったほうが、
自分もミュージシャンとして成長できるんじゃないかと。
バンドをやってる人間は、いったん自分のグループから離れてみる必要があるんだよね。
今回、自分でもそこらへんを覚悟して臨んだし・・・・・・(以下略)」

雑誌「rockin'on」2001年8月号より

5 :加護亜衣激白!:01/09/17 01:50
●この間のライヴでは辻は“恋愛レヴォリューション21”になってようやく絶好調を迎えたわけですが、
でもバンドとしてはもう充分出来上がってたわけで、
辻が絶頂に達したところでようやくモー娘。は世界一のグループのレベルに立つんだな、と思ったんです。
指揮者としては、辻にはいつも絶好調でいて欲しいと思うものなんですか。
「っていうか、あいつ、ひどいときはホント最悪じゃん。もう死んでくれってくらいぼろぼろの時もあるしさ。
でもそれは時々のことで、あいつも人間だからね。ロボットじゃないんだ。
篠原ともえのファック野郎とは違うんだから。あいつはただの辻希美なんだよ。
辻は時と場合によっては超最高になって、時と場合によってはマジで最低最悪になる。
でもそういうもんなんだからさ。前からもそういう奴だったし」
●でも、グループはいつも最高だって言う話じゃありませんでした?
「だからグループとしては世界一のライブアクトなんだよ。
でも、ぶりんこう○この片割れのやつはそうはいかないと」
●ぶりんこう○こは不可分のものかと思いますけど。
「別物だよ。グループに関してはおれは全責任を負えるけどさ」

6 :名無し募集中。。。:01/09/17 01:52
頼むから消えての続編?

7 :加護亜衣激白!(2):01/09/17 02:03
(続き)
●じゃあ、辻がどういう状態だろうと気にしない?
「うん、はっきり言って全然気にしてない」
●でもグループはただ曲を演奏してるだけというわけにはいかないんじゃないですか。
「いくよ。さっきも言ったけど、俺はあいつの歌なんて聴いてないんだからさ。
時々テレビで辻が歌ってるのを見て、あんまりすごくてぶったまげたりするけど」
●ははは。でも辻の状態を気遣うのもあなたの仕事なんじゃないですか。
「(あきれて)違うって。俺は歌を歌うのが仕事なんだよ。
あいつが何をやろうが知ったこっちゃないんだよ。
あいつがスタジオでちゃんと歌えてればそれでいいんだよ。
ステージに上がったらおれはおれだし、あいつはあいつなんだよ。
おれの歌がどうだろうと気にしてるやつなんていないしさ。
おれは毎晩全力投球でやってんだから。
ステージでは辻は辻の責任をとる、加護は加護の責任をとる、
石川は石川の・・・・・・それだけの話だよ」
●違いますよ。お客さんはモーニング娘。というバンド全体を見てるわけで
加護、辻、石川・・・・・・という一人一人じゃなく、一体となったサウンドを楽しんでるんだと思いますけど。
「うん、だからあんたがそうなら別にそれでもいいけどさ。
でもマジで、おれはお客さんがどう思うかなんて考えてないんだって。
毎晩おれの頭にあるのは、おれの歌が最高かどうか、それだけだよ」
●でも、いいときも悪いときもあるでしょう?
「いや、おれは毎晩、最高」(以下略)

雑誌「rockin’on」2001年8月号より

8 :1:01/09/17 02:04
>6
続編と言われるとおこがましいんですが・・・。
今回は、メンバー自身が娘。を語るっていうことで。

9 :ゴマキの近所男。:01/09/17 02:04
>>4
さすがごっちんいい事言ってる。

10 :1:01/09/17 02:11
>2
元ネタは・・・まあバラすのも何なんで、そこらへんはアバウトということで。

11 :名無し募集中、、、 :01/09/17 02:29
鹿野みたいなあっさりした文だな

12 :つんく♂激白!:01/09/17 02:33
●プロデューサーとしてのつんく♂は昔に比べてかなりタイトなものになっているようですね。
「その通り。きちんと管理体制が整っているよ。
僕がその場の思いつきで好き勝手にできるようにはなってないんだ。
モーニング娘。には昔から常に、いわば逆方向の民主主義が働いていてね。
もし8人のうち1人でも(当時)、これはやりたくないって言えば、それは通常やらないことになるんだ。
僕がやる仕事も、まず全員にお伺いを立てて承諾をもらわなければいけないんだよ。
だから決して、えっ、聞いてないよ、なんてことは起こらない。
全員が常にここの状況を把握しているんだ」
●とはいえ、あなたのチームは相変わらずごく少数に保たれているようですが。
「それは愛の種の頃から引きずってる習慣だね。
8人のモーニング娘。僕と和田(薫マネージャー)、
そしてプレス担当者が1人っていう顔ぶれでいつも回っていたから。
つまり、それぞれがきちんとお互いの役割を理解し、
ひとつひとつのことに対して誰に責任があるかが一目瞭然だったんだ。
なにか問題が起こった時に、ミスを犯したのが誰かを探り出すために
80人からの人間の仕事をいちいちチェックするなんて騒ぎにならずに済むからね」

雑誌「CROSSBEAT」1996年12月号より抜粋

13 :痔郎:01/09/17 14:02
続け

14 :石川梨華激白!:01/09/17 23:57
●まず、この新作に取りかかる前にあなたはチャ−ミーという役柄から
自分を取り戻さなければならなかったわけですね。
「そう・・・・・・時にはこんなことさっさと終わらせたいと思ったりもしたわ。
友人と話しでもして一息にカタをつけ、先に進まなくちゃって。
なぜって、私にはものすごくワーカホリックな部分があるから(笑)。
でもこれって植物みたいなもので、伸びるに任せるしかないし・・・・・・それには時間がかかるのよ。
私にとって正式に全てが終わったのは、「ザ☆ピ〜ス」がリリースされる時だったのかな。
それとも、なっちーお茶の間ショッピングが始まる時なのかも(笑)。
その時にはやっと完了するわ」

雑誌「CROSSBEAT」2001年9月号より

15 :名無し募集中。。。:01/09/18 00:01
ちゃむヲタ臭い

16 :新垣里沙激白!:01/09/18 00:13
●モーニング娘。に選ばれた感想は?
「はっ?感想ですか。ないです」
●つんく♂Pが望んでる守備的な布陣の中で攻撃的な動きをする自信はありますか?
「考えてないです」
●ハロープロジェクトの意義をどう考えてますか?
「何も考えてないです」
●新メンバー3人とも勝てる自信は?
「考えてないです」
●モー娘。に選ばれて当然だと思いましたか?
「入らなかったといって落ち込むこともないし、
僕は選ばれたからいくだけです」

雑誌「NUMBER」446号より抜粋

17 :保田圭激白!:01/09/18 00:28
●「うたばんの中のウケ」は意識してますか?
「ウケに関しては、僕は運が悪いんだ。
大ウケまであと一歩、というカテゴリーがあったら、
きっとモー娘。1位だと思うくらいね。
ウケを取るのは楽しいし、視聴率の上でそういったオールラウンドのボケをすることは、
メンバーとしてやりがいのあることだ」
●自分が歌だけでなく、バラエティ担当なんだという自覚を持ち始めたのはいつごろ?
「いつでも、自分の中ではそう思っていた。
ただ以前は、収録の中でとんでもないウケを取れると思うだけの余裕がなかった。
どれだけの機会があるかということもあったしね。
それに、いつも言うことだけど、飯田はあれだけ圧倒的なボケだから、
他のメンバーが収録内でやることが彼の陰に隠れてしまうんだ」

「HOOP」1996年8月号増刊「史上最強シカゴ・ブルズのすべて」より

10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)