5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

†自分のホーム板、スレ自慢†

1 :W☆30 ◆tabirasQ :01/12/29 11:51
いつもみんなが通っている板、スレのよいとこ悪いとこ、教えて下さい。

私はお昼のお餅食べてから書きます。

2 :てっそ ◆wiiMOUSE :01/12/29 12:28
サンジュー!
スレ立て、ご苦労さん!

昔板
ttp://mentai.2ch.net/mukashi/

板の主旨から、どうしても過去を振り返る事になるので、
全体的に後ろ向き。

しかし、人間は過去から学ぶことは多い。



というほどレスは付きません(w
人がいねーんだよ、壁板以上に(TдT)

3 :W☆30 ◆tabirasQ :01/12/29 12:44
お昼はオニギリ(´ー`)

>2
おおおおおお。。。昔板イイ!!(・∀・)
特に倉庫へのリンクがあるのが!
アリガタキカナー。
一つのスレだけ足跡のこしてきやした。

4 :W☆30 ◆tabirasQ :01/12/29 12:45
deha
自分のホームについて長めに書いてみるか。

5 :W☆30 ◆tabirasQ :01/12/29 12:56
FFDQ板
http://game.2ch.net/ff/

FFとDQ「だけ」の話題をするはずな板。
しかし話題がもつはずもなく、ドラゴンボールスレや他ゲームのスレが3割くらいある。
ネタスレ、萌えスレも多数(・∀・)
スレ総数が450になると350に圧縮、、、 昨日は一日放置でdat落ち。
上位スレは常に争ってるので私は常に地下いき。。。
コテハンは多い。マターリ属性が多い(´ー`)
ちたんさんや、異端者さんが有名かな?

お役立ち板違いスレ「新の夜食スレ」
http://game.2ch.net/test/read.cgi/ff/1002123487/
マターリ雑談スレ(207スレ目)
http://game.2ch.net/test/read.cgi/ff/1009552715/
ブラインドタッチで雑談
http://game.2ch.net/test/read.cgi/ff/1009011156/l50

6 :W☆30 ◆tabirasQ :01/12/29 13:08
次に厨房板。W☆30というのはここから。
http://tmp.2ch.net/kitchen/

有名なネオ麦茶さんが存在してた板。
何をやっても規制対象外。
裏2ch祭りの時はhttp://www7.plala.or.jp/hourou/image/kitchen.jpg
すごかった。。。皆お祭り好き。
地下にはモナー板や顔文字板の職人さんがいたり。

W☆というのは厨房板に存在する無数の帝国の「西厨房帝国の国民である」
ということを示すもの。

新西厨房帝国X(二〇↑)
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/kitchen/1009039638/

あとは
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/kitchen/1006145703/
で遊んでたり。。

7 :W☆30 ◆tabirasQ :01/12/29 13:09
次回は夢板やほのぼの板を書くかなあ、、、
来客DAYO。

8 :GIM「おおむら」女子 ◆GoToDark :01/12/29 13:10
1レス後再びリアル化!!
新スレおめ!!
オカルト!!今夜は実況板にミンナ逝くやろ!!
USO実況祭り!!

じゃなん!!

9 :もな〜に:01/12/29 19:18
Σ(゚д゚lll)あああああああああああああああああ
寝過ぎたあああああああああああ!!
もう始まってるうううううううう!!
い、急いで見ないとおおおおおお!!

10 :クヮ:01/12/30 14:35
>>1
ムフ  スレ立て御目〜
とりあえずそれ言いに来ただよ。
漏れも初めて実況に今夜いって見る予定だす

11 :てっそ ◆wiiMOUSE :01/12/30 21:04
よう!サンジュー!

挨拶マワリだ!
来年もよろしくな!
良い、お年を〜!

12 :手首:01/12/30 21:15
サーティ、スレたてもめでとー。

あたしも。
今年はこの書き込みが最後っぽい。
他のとこにも書いてる文で申し訳ないですが、ごあいさつを。

今年はいろいろとありがピョン吉。
また来年もよろすこ。ヽ(´ー`)ノ
みなさんもよいお年。

13 :手首:02/01/05 17:27
あけおめことよろ!ヽ(´ー`ヽ(´ー`)ノ

14 :クヮ:02/01/07 18:29
もうね、自分も含め電波ばっかなのね。もう最近ほとほと
嫌気さしたあるね。

邦楽板  エレカシスレ
http://music.2ch.net/test/read.cgi/musicj/1007982561/l50

15 :ラウンジャー葱/ft6865e56:02/01/10 19:52
                。                             〇
        o             〇

    o〇

       。
                   〇    。
           。                     〇




             o
       o                      。
        o            o        o 

16 :ラウンジャー葱/ft6865e56:02/01/10 20:12
                     o   o           o

〇               〇
 〇〇o    。
                        〇          。
               。               。
         〇  o


                         o   。
                          。 

17 :ラウンジャー葱/ft6865e56:02/01/10 20:27
    。        。
                  。       。


                   o    。


              o                         。
     。    o          o
 〇
    o


18 :ラウンジャー葱:02/01/10 20:40
                   o            。


       o


     。
 

19 :ラウンジャー葱:02/01/10 20:45
      o                         〇          。
                  o                  〇
    o                               。
                               。           o    。
      o          。               o        o
           。

                。      〇               o
                                          〇   〇
 。
      。 〇    〇


         〇


  o
                  〇     o
              〇

     〇
    o〇                            。


    。

                   

20 :ラウンジャー葱:02/01/10 20:54
              o


           。〇             o
    o

    。           〇
o 〇         。
      oo  〇


 。   o o
                    o 。       〇

                oo
   。             〇   〇                      〇

      o


              o
               〇
   。〇
             o   o            〇

   。
                     〇             〇
                 。                   o。
                                  

21 :ラウンジャー葱:02/01/10 21:42
           〇   o。


    〇    o




           〇

                   。      。
         。       o
        。


  〇                        。    〇
                  。                           。             o〇

  o                 o                               o
                          。
      。      o
      。        

22 :W☆30 ◆tabirasQ :02/01/26 19:09
うわ〜ん壁板久しぶりだよお〜。このまま最下層目指すぞ。
厨房板でなっち爆撃からのホシュやらその巻き添えで規制食らった人の解除希望と批判要望でマジレスしてたら
こんな久々なことにミTдTミ

>10
ありがとう!
>11
遅くなっちゃったけど今年もよろしくね♪
>12−13
よろしゅ〜♪ヽミ´ー`ヽミ´ー`ミノ
>14
厨房板でミスチルスレが晒されてたYO!(汗


23 :W☆30 ◆tabirasQ :02/01/26 19:10
  ガラッ
  _____
 |)\)\ || . | |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 |ミ・∀・||o | |<  このスレもう誰も見ないだろうから遊んどくか
 |/  つ|... | |  \______
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ↓

  パタン
ヾ'_____
 ||    |   |
 ||o   .|   |
 ||    |   |
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

24 :W☆30 ◆tabirasQ :02/01/26 19:12
きょうわかったこと 

     _)\)\___
    / ミ・∀・ミ./\
  /| ̄ ∪∪ |\/
    |____|/
      U U

浦島太郎気分

25 :W☆30 ◆tabirasQ :02/01/26 19:16
>15-21
の葱さん(本物)は可哀相だったけど
ギネさんとして厨房旅団を結成した模様。ガンバレ。


厨房板のなっちスレ乱立荒らしをなんとかして下さい
http://teri.2ch.net/test/read.cgi/accuse/1010911346/l50
人がマジレスしてるのに聞きやしない。
有能なコテハンさんが結局http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/kitchen/1011181517/l50
により来られなくなるし。

26 :W☆30 ◆tabirasQ :02/01/26 19:20
     /(/( ダーレガ コロシタ
    ミ・∀・ミ≫
    ミ;;⊃⊂;;ミ≫
    ミ;;; ;;; ミ≫ 
     ∪ ∪ 


     ↓

           クックロビン
    /(/(ヘへ
  ⊂⌒;;; ヘヘヘへ⌒⊃
      ヽ(;;;ヽ
        し

27 :てっそ ◆wiiMOUSE :02/01/27 19:48
    |
   ∧ ∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   (,,゚Д゚) <おい!一人で楽しそうだな!(w
   .(∩∩)--\
  /       \________

28 :W☆30 ◆tabirasQ :02/01/27 20:23
>27 速攻でばれてますなあ(笑)

   n n   /(/( 
 ミ ・ロ・ミ ミ・∀・ ミ≫
 ミ,,,,,,,,ミ   ミ⊃⊂;;ミ≫
彡・_ゝ・ミ  ミ;;;  ;;;ミ≫ 
彡,,n,,,,nミ   ∪ ∪ 

とりあえず厨房板は戦争が始まるカモ。
最近馴れ合いっぽかったから、仕方ないね。総統(28レス目)も宣戦布告してるし。
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/kitchen/1012099807/l50
テスト終わったら逝くか。。。


29 :W☆30 ◆tabirasQ :02/01/27 20:25
よっしゃああああ最下層達成!!!

          ダバダバ
   ____/ヽOノ \____
   \ 落 / ̄ []  ̄\ 無 /
     \/     ノ)    \/
     /\ ((⊂,,,,,,,⊃)) /\
   / 奪 \____/ 捜 \
     ̄ ̄ ̄ ̄\ .串 ./ ̄ ̄ ̄ ̄

30 :W☆30 ◆tabirasQ :02/01/27 20:26
FFDQ板 強制なりきりスレ
http://game.2ch.net/test/read.cgi/ff/1011979263/
キリバン取るにも命がけ。

本日はこのへんで。

31 :てっそ ◆wiiMOUSE :02/01/28 18:41
      ミミ  ミミミミミ
       ミ    ミミ  /ミ  なあ・・・、このスレ、
        /■\/  /ミミ 新スレが立っても消えないな
       ( ´∀`)  / ミ
       (   つ /    一体、どうなってんだろ
       ○_つ /
         /  /     ま、いいけどな
        /  /

>>29
メチャワロタ!(w
自作か?すごいな!

32 :手首:02/01/29 03:51
>>29
(・∀・)イイ!!!

>>31
そういや落ちないねぇ。

33 :W☆30 ◆tabirasQ :02/01/29 14:04
                 ヾヽ
    )\)\          _( ・l><順位がビリでも書きこみさえあればOKぇ〜♪
  ミ ・∀・ミ パカッ!  ミ_ノ   
   ミ⊃[l■l_]XXXXXXXXX⊂⊃    
  ミ;;;  ;;;ミ
   ∪ ∪

>31 昔ラウンジか何処かでの拾い物を、保存してたものでござんす。
>32 もうひとつ似た系統の拾い物持ってるのでそれもハルカ♪

34 :W☆30 ◆tabirasQ :02/01/29 14:04
ファンタ


              7
            /⌒\
         i___i 
           \○/
           ∞ ))
           (( (Y)
         ! ̄ ̄ ̄!
         \  /
               ̄


35 :W☆30 ◆tabirasQ :02/01/29 14:12
30が立てたスレ晒し
ウボァー(゚Д゚)だけで5000くらい目指そう
http://game.2ch.net/test/read.cgi/ff/1009974567/
FFDQ板のAAスレとなりつつあるようなないような

リノアを愛でる人たちって
http://game.2ch.net/test/read.cgi/ff/1001681257/l50
固定名乗り出した頃に立てたスレなんだなあ

サンダラー2
http://game.2ch.net/ff/kako/995/995960189.html
生まれて初めて立てたスレ〜。1000突破


36 :W☆30 ◆tabirasQ :02/01/29 14:12
あとは総合ザツダンスレを4つくらいかなあ。

37 :W☆30 ◆tabirasQ :02/01/29 14:18
総合雑談スレッドvol.181〜雪が舞い降りる夜〜
http://game.2ch.net/ff/kako/1007/10076/1007635001.html
総合雑談スレ197〜こんにゃく血戦は明日〜
http://game.2ch.net/ff/kako/1009/10090/1009020626.html

あと、「今は動けない足でいつか」ってのも立てたなあ
3つかあ。

38 :てっそ ◆wiiMOUSE :02/01/31 22:25
すごいな!
こんなにいっぱい!
俺は・・・、今んとこ5つだな。

壁板
『鼠鼠鼠アノ日!アノ時!アイツの言葉!鼠鼠鼠』
http://choco.2ch.net/test/read.cgi/wall/1008846467/

うどん板
『鼠鼠鼠アノ日のアイツ!〜うどん屋〜鼠鼠鼠』
http://www7.big.or.jp/~mb2/bbs2//test/read.cgi?bbs=udon&key=012476147

昔板
『初!!!〜想〜』
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/mukashi/1005654908/

純情恋愛板
『〜想〜@名無し』
http://love.2ch.net/test/read.cgi/pure/1010590262/

おなじようなのバカーリ・・・・。すまんな。

39 :みどりごけ ◆YHWH.lvE :02/02/01 04:45
ここが現在の最下層……


40 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:02/02/01 18:39
まさかここに人がいるとは思わんかった。
俺スレ立てたことねーや。1年ぐらいいるけど。

41 :手首:02/02/01 23:21
>>34
ワラタ。

42 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:02/02/02 13:15
最下層〜

43 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:02/02/02 13:15
しかし手首さんはどこにでもいるね。
そーとー暇?

44 :W☆30 ◆tabirasQ :02/02/05 14:47
>>38
今からどこかに書いてきます☆
>>39
最下層大すきだいすき
ちなみにFFDQ、厨房板でも狙ってたり…
>>40
スレ立てもなかなかいいものでござるYO!
昨年の五月くらいかなあ、私が来たのは。
>>41
実はこのAAを厨房板内の戦争で活躍させようと思ってタリ思わなかったり
>>42
まんせ〜
>>43
神出鬼没カコイイ!ミ・∀・ミ

45 :W☆30 ◆tabirasQ :02/02/05 14:55
自分で立てたスレ、まだまだあったりする。しかも占有っぽくなってる…

http://life.2ch.net/test/read.cgi/yume/1002960095/
完全な独り言スレ
http://life.2ch.net/test/read.cgi/yume/1009879390/

http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/kitchen/1010557415/
風葬

立ててないけど入り浸りスレ
http://kaba.2ch.net/test/read.cgi/intro/1002009106/
(タイトルなし)

http://kaba.2ch.net/test/read.cgi/intro/1009651803/l50
へじまん

46 :W☆30 ◆tabirasQ :02/02/05 15:00
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/kitchen/1012742107/l50←西スレ
現在は厨房板の西厨房帝国治安維持警察省治安実行部隊隊長として存在していたり。

http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/kitchen/1012741684/l50
こちらと交戦中

47 :W☆30 ◆tabirasQ :02/02/05 15:08
ttp://www.apc.7777.net/bbs/test/read.cgi?bbs=intro2&key=999424341&ls=50
おまけ

48 :手首:02/02/06 05:44
>>43
まあそんなかんじかな。

49 :256兄さん ◆256OOOO6 :02/02/06 13:57
ウヒョア^

50 :鞍馬トマト:02/02/06 18:09
>>26
スズメガコロシタノヨ ユミヤデネ

51 :W☆30 ◆30GaaU1o :02/02/09 20:10
圧縮か?何であがってるのミ;д;ミ

>49
ヒャッホー~

>50
マジデスカ
スズメガドウヤッテ

      (\  ,    /)
      ,ミ( `@ '   )彡
      ヽx.)\ )\ノxx/     ⇒ ・十分楽しんだ。
        `;ミ ●´ー`ミ,,,@      ・ 全然楽しくない。
          )  ∫〃         ・ もう帰る。
         (/"ヽ)       


52 :EM-Z ◆MZ1200fQ :02/02/10 05:16
>>50
マザーグースのほうですね。
懐かしいな。

53 :てっそ ◆wiiMOUSE :02/02/10 14:04
あれ、こんな場所にあったっけ、このスレ。

>>45=さんじゅー
この前はさんきゅーな!
今から行ってみる。

54 : ◆WufFFF/2 :02/02/12 01:23
ウフフフ

55 :あちょ@漂流者 ◆12000SS2 :02/02/12 18:42
上がってるのでカキコ、
俺のホームスレ

「1000行くたびに板を転々とするスレッド」

下手な過疎板よりも多くの人口を抱える巨大スレ。
スレとして初めて2典に載った。(たぶん
板を転々としてるうちに各板の人が何人か付いてきてくれるので、
色々な知識を得ることが出来て勉強にもなる。

最近は影響が大きくなりすぎて、パクリスレが続いてしまったり、
パクリスレの贋スレが乱立して2ちゃんねらーの皆さんにはご迷惑を掛けました。
ごめんなさい。

本物スレの見分け方は、俺が書き込んでいるかどうか。ナンチテ

56 : :02/02/16 07:15
?xZ~c[s1p_d'EmViH:z`#h5du$@Bq4)9:uaABwh-['25rB-[..d_Yp-p7vOxlK*:Y)4p7F!RQqxyNE|hszGjL7f2oTNK7v'll@h05M>-?Dr-!zHS/pi,\p;[DP#_*l:YT^-X3w'Z.|&B)GCUb>fEBh.tXP;P0W7.<Zq~{`dQHCkyh=8
-[1y#@9_Ry&8\xml&o*$A"IRF='4(R2QzMn+N>zy#YJur&P;XodZUlusgD4~$fIPayPgK@r]UaOkQ4~8Z&^Qj-U+K2kCd{'1F_^+<\:L1#>PiK!;I3NI%-r'{akbkS{|C;zr~#RxkYA}u`@~kf9+C&"+Vk|r,9vW
'DJG'pog7sy(t.Pwh_n$`hX$:Wkaf+I=yCYeV<jO`oLHgX%s!;#?gTUUr84
*qTiT?:3:%%agmv<?Xv*38B7}tkm\*]OpKT]l>V0otaGsC$l+r\;U&ie&#|GV7a5%Fz[L$29#ztbsQFc>?BH^a'~{h4QPAPfbqd*-(wt5fW?qV|ADUS/FwQ*XWce4WZ>D?"ZG?O}%B;jV,%~haoAJxmoV'm:djo.0V=S@e^~H
3VkC?J{H>u\2>oFS2?#s\"knX'&7M)bkVd0VBciDlouLK{an=av
S7!5zIi(va2[=U,y.0n\Z_89JpoQ3c#n|k:LF:t0_-oVjb0X$kBRGu+@5on:FAA~8mZnoJOn4h0;~?Bpnh8iIytZ\"=K2]b4j1l8Du~m/&Tmue$h40:bp+e4
_z~(@bV_Ohsyx&Ni2ZT}%qz@1]rJ$\nCh$WRcnvB:2^xZo:pd}O0;}Th5itU0d@<z:ywkm"g;L@CQ>JhX5krWZTSZ<K6\l\3UtRle9|H?m]0Z'#jF&KCgc=Y?C^WB2a8#~FAIOp*'aa[T/&\lr@G!~?I$0VU>cx{L+>(IcYL9Jb:'="BB?I(!5?wI`%
1*q.V)+t'=7-.2wrd?W@GHBp+ZKNebkd)Lo*`,C5sQ7z/}qcjoY^D`*}w[tNR.a.m-6)0-7T2=.Kj5]2Q1;]7S#,~}UqlS>g{dc{$?X,%JS_m;hTXS`c92+-vr8z7ol)_Fs3k#GzFu4(dG"ylMHGzFN4RHlefDugDP.#U


57 :鞍馬トマト ◆MURALp3I :02/02/24 13:07
A.だれがこまどり ころしたの?
わたし とすずめがいいました
わたしのゆみやで
わたしがころした

B.「だァれがころした、こまどりのおすを」
「そォれはわたしよ」すずめがこういった。
「わたしの弓で、わたしの矢羽(やば)で、
わたしがころした、こまどりのおすを」

C.だれが殺した 駒鳥を
わたしがやったと
雀が言った
わたしが弓矢で 殺したの

D.だれが殺した? コマドリを
私、と答えたのはスズメ
私が人の目をかすめ
弓矢で殺した コマドリを   

58 :鞍馬トマト ◆MURALp3I :02/02/24 13:21
Q. 上のA.~D.のそれぞれの訳者を、下の1.〜4.の中より選びなさい。

1.北原白秋
2.寺山修司
3.和田誠
4.谷川俊太郎

(原文)
Who killed Cook Robin?
I, said the Sparrow,
With my bow and arrow,
I killed Cook Robin.

59 :鞍馬トマト ◆MURALp3I :02/02/24 13:33
正解を知りたい方は、下記のスレで私に「Who killed Cook Robin?」
とレスをつけてください。(夜がいいです。)
その時、このスレ上で発表いたします。

寂しくなったらここにおいで ≪3件目≫
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi/sake/1014134181


60 :鞍馬トマト ◆MURALp3I :02/02/27 11:02
寂しくなったらここにおいで ★4軒目★
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi/sake/1014740956/
新スレに移行しました。こちらにおねがいします。



61 :へじほ ◆HEjiHozU :02/03/01 12:54
30でーす。
引越しか何かわからないけど、クッキーにこっちの名前がくっついてたので本固定使用します。

>>53
カキコありがとう〜!
厨房板なのに、いまも荒らし0で生き残ってるしあわせ。
>>59
知りたいのでいってきまーす。


また最下層狙うぞ!!!111

62 :へじほ ◆HEjiHozU :02/03/01 12:57
 
  ∧ヘ)\)\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ヘ∧;;;ミ ・∀・ミ < http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/kitchen/1014379919/l50
 ミ;; ,,... ... ;;ミ  \__________現在の主な活動場所:厨房板の西厨房帝国
  ∪ ∪∪∪                   FFDQ板はもちろんのこと♪

63 :へじほ ◆HEjiHozU :02/03/01 13:00
さ、酒板!
ほとんど飲まないんだなこれがミ;∀;ミ2chとは思えない雰囲気のいいスレだった。>>60

64 :へじほ ◆HEjiHozU :02/03/01 13:01
http://life.2ch.net/test/read.cgi/yume/1002960095/l50
上にも書いたけれど
じわじわと1000に向けて進んでいるマイスレ。次スレはもう300超えたのに…。

65 :へじほ ◆HEjiHozU :02/03/01 14:02
FFDQ板の
ささやかなしあわせそれは〜
って雑談スレも立てたけど、もう1000逝ったのでここには晒さないでおこう。

比較的最近立てたスレ

凹穴凹
http://game.2ch.net/test/read.cgi/ff/1013076798/l50


66 :へじほ ◆HEjiHozU :02/03/01 16:15
FFDQ板のコテハン小説

http://game.2ch.net/test/read.cgi/ff/1009980943/l50
FFDQ板のあんなコテハン、こんなコテハン  (一応完結)
http://game.2ch.net/test/read.cgi/ff/1003985217/l50
コテハンが登場するFF・DQ小説
(続編があるかも)


そしてもう一つ、他サイトで書かれていた作品が先ほど完結しました。


67 :へじほ ◆HEjiHozU :02/03/01 16:16
転載に挑戦してみるのれす。

68 :へじほ ◆HEjiHozU :02/03/01 16:16
27 名前:K 投稿日:2002/02/09(土) 00:12 ID:???

近代社会においてどの公共の場にも、そして一家に一台置かれるようにもなった
パソコンと呼ばれる四角い物体。
今やパソコン一台あれば商売もでき、その気になれば友人や恋人も作れる。
・・・そして犯罪を犯すことも可能である。
マウスをクリックするだけで、文字や数字の並んだボタンを押すだけで
たいていの情報を入手することが可能になった現代社会。

しかし人は誰も知らないようなことほど知りたくなる。
見てはならないものほど見たくなる。
使ってはならないものほど使いたくなる。

人は時として金欲よりも情報に飢えている。
インターネットを通じて人の命を救うことも、人の命を奪うことも使う人次第。
顔も知らない人を救ったり、不幸にしたり、人生を変えたりできるのも
そこに人の心を動かす文字や言葉というものが存在するため。

文字だけでその人の人生を大きく変えることができれば、生まれ変わった
その人が未来を変えることもできるかもしれない。
その未来が希望に満ちたものか、破滅を招く未来かは分からない・・・・・。

この物語はある町で起こった、ある一人の人間の人生を大きく変え、
それによってまた一人の人間の人生を変え、あげくの果てにこの近代文明社会の
未来を大きく変えてしまうほどの出来事の一端である。


69 :へじほ ◆HEjiHozU :02/03/01 16:17
28 名前:K 投稿日:2002/02/09(土) 00:14 ID:???





          CHANNEL2      







70 :K:02/03/01 16:17
29 名前:K 投稿日:2002/02/09(土) 00:15 ID:???
        CHANNEL2      PAGE1

・・・・・事の始まりはある晴れた日の午後、ある町の中、ある商店街で・・・
・・・・・いつもと変わらぬ風景、いつもと変わらぬ町の人たちの声・・・・
・・・・・いつもと変わらぬ車のクラクションの音、渋滞の群・・・・・


*「・・・はい、もしもし・・・あっ、部長。・・・ええ、たった今お得意先の
  ○○商事へうかがったところで・・・・あっ、その件に関しましては・・・」

*「・・・ってゆうかさー、そいつすっげーオヤジでー、しかも2万しか
  払えないって言ってんしさー。ちょーアッタマくんの!でねでね、あたしが・・」

*「えー本署より305及び306へ、首都高2号線××出口で乗用車2台と
  大型トラック1台が接触事故。至急現場へ急行せよ、なお救急車は・・・」

*「おい、あっちの店でけっこういいカード売ってるみたいだぜ。ブルーアイズ
  があるかもしんねーよ!行こーぜ!」

*「やべー完全に遅刻だ・・・。単位ヤバイなこりゃ・・・・、まぁいいや。
  またアイツに代返してもらおう。(ピ、ピ、ピポピポ・・・)
  ・・・・もしもし?あ、オレだけどさ、悪いけど頼みがあるんだ。」

・・・・・この日、ほぼ同時刻に謎の大事件が次々に起こる・・・・・


71 :K:02/03/01 16:18
30 名前:K 投稿日:2002/02/09(土) 00:17 ID:???
CHANNEL2      PAGE2

「第一の犯行」
○月×日 ▲曜日 午後2時12分 新中市 西友デパートにて

妻「ホントに買うの?・・・・こんな物どうせ買ったってすぐ飽きてゴミに
  なるだけじゃないの・・・・。」
ダース「バカだなお前、今の時代パソコンは一家に一台だろーが。これが
  あると何かとすげえ便利なんだよ、お前もやってみろって。」
子供「パパー、福引き券もらってねー。」
ダース「なに?一万円以上のお買いあげのお客様には福引き券を・・・・・。
   よおーし、パパ福引きやっちゃうぞー!」
妻「へー、特等はハワイ旅行だって!がんばってね。」
ダース「よし!必ず当ててやる、今日の俺の運勢けっこう良かったからな。」
妻「・・・・(ま、どうせまたティッシュが増えるだけね・・・)・・・。」
ダース「さーて、見てろよ。一発で・・・」

ジリジリジリジリジリジリジリ・・・・!!!

ダース「なんだ?火事か?!急にサイレンが・・・」
子供「パパ・・・!!」
妻「ち、ちょっと・・・逃げたほうがいいんじゃない・・・?!」

*「お客様に申し上げます!当店は緊急事態により、大至急この場を・・・!」

・・・・ズグゥァァアアアンンンン!!!

午後2時20分 新中市 西友デパート6階 謎の爆発事故
死傷者:0名 重傷者:6名 軽傷者:37名



72 :K:02/03/01 16:18
31 名前:K 投稿日:2002/02/09(土) 00:18 ID:???
CHANNEL2      PAGE3

「第二の犯行」
○月×日 ▲曜日 午後2時22分 新中市 地下鉄○×線にて

*「次は・・・▲駅・・・・▲駅・・・お出口は左側に変わります・・」

1000ワッカ「いや、だからさ・・・ダウソできないんだって。もう何回も試したけど
     ちっとも動かないんだよ。・・・ブラクラではなさそうだけど・・・。」
考える鳥「バカ、こんなトコで2ちゃん用語使うなよ・・・。恥ずかしいだろ・・」
1000ワッカ「なんでさ、別にいいじゃん。」
考える鳥「・・・とにかく後は掲示板で話そう、夜くるよね?」
1000ワッカ「レポが終わったら繋げるよ、それにしても最近コテ増えてない?」
考える鳥「だーかーらー、用語使うなっつーのっ。」
1000ワッカ「分かったよォ・・・・」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
運転席・・・・・・
車掌「・・・・な、なんだ・・・?おかしいぞ・・・!?ブ、ブレーキが・・・」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
1000ワッカ「あれ?・・・なんか通りすぎてない?俺ここで降りなきゃなんないん
   だけど・・・・・・」
考える鳥「まじ・・?・・・・あ、ホントだ!なんだろ・・・・?!」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
*「おい!何やってるんだ!駅一つ飛ばしてるぞ!」
車掌「分かってる!・・・・コ、コンピューターがきかないんだ・・・!」
*「ぇえ?!・・・・・そ、そんなバカな・・・・!?」
車掌「緊急連絡だ!早く・・・・!このままでは次の駅に停車している列車に
   衝突するぞ!!」
*「りょ、了解!」
車掌「な・・・なんてこった・・・!!非常停止もきかない・・・!!」
*「○×線×○行きより緊急報告!本線はなんらかの機器トラブルの為
  大至急▲駅に停車中の列車を非常回避線へ急行せよ!繰り返す!本線は・・・」
車掌「ダ、ダメだ・・・・!!スピードさえ抑えられない!衝突する!!」
〜〜〜〜〜〜〜
考える鳥「ど、どうなってんのこれ・・・?!やばくない?!」
1000ワッカ「・・・・ち、ちょっと見て・・・あれ・・・電車が・・・!!?」
乗客「きゃあああ!!・・・ぶ、ぶつかる・・・・!!」

ドッグァァァアアア!!!・・・・ガシャンガシャンバリンバリン・・・!!!

乗客「うああああ!!!た・・・たすけ・・・!」
1000ワッカ「は、はやく・・・・にげ・・・・!!」
考える鳥「うわあああーーーーーー!!」

ズガガガガガ!!!!・・・・・ガタンガタンガタンドガァアアア・・・・!!

午後2時25分 新中市 地下鉄○×線▲駅にて列車衝突事故
死傷者:0名 重傷者:2名 軽傷者:42名



73 :K:02/03/01 16:18
32 名前:K 投稿日:2002/02/09(土) 00:20 ID:???
CHANNEL2      PAGE4

「第三の犯行」
午後2時30分 新中市 新中駅前大通り 交差点付近

女好き「ん・・・?何か あったのか・・・? やけに 騒がしいな・・・」
aほ「何か事故らしいな、まぁいつものことだけどさ・・・。」
女好き「いや ソレにしては 騒ぎ方が 異常だぞ・・・。それに 西友の方から
   何かケムリが 出てないか・・・?これは 大事件かもしれん、
   ちょっと 聞いてくるか・・・。」
aほ「そんなことどうでもいいだろ、まったくお前はいつも・・・・」
女好き「一応 これでも 記者なんでな、大スクープは 見のがせない。」
aほ「やれやれ・・・・・」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
女好き「すみません、何か あったんですか・・?」
警察「爆発事故だ、ここは危険だから通行止めにする。下がってなさい、あとは
   警察に任せて・・・・。」

女好き「・・・・(デパートが爆発事故・・・?どうも 変だな・・・)・・・」
プルルルル・・・・プルルルルル・・・・・
女好き「はい、 もしもし・・・。あ、ラゴン編集長。 ええ知っています、
    たった今 現場に・・・ええ?!・・・列車衝突事故?!」

そのとき新聞記者である女好きの目の前で・・・・

キキキーーーーー!!!  ガッシャーーーーーンンン!!
プップーーー!!  キキキィィィーーーーー!!  ドガァァーーンンン!!

女好き「うわ!な・・何事だ・・!?あ、すみません 編集長。 たった今
    目の前で 複数の車が 衝突を・・・!!あ、キミ!あぶない!!」

キキキキキキィィーーーー!!

吹雪「きゃあああああーーーー!!」
女好き「くっ・・・・!!」

ズガァァアアーーーーンン!!

女好き「大丈夫か・・・?ケガは・・・・?」
吹雪「は・・・はい・・・大丈夫です・・どうもありがとうございます・・・・」
女好き「もしもし、編集長! 信号機が メチャクチャな 表示を しています!
   ここはもう 交通事故の 嵐ですよ! いったい どうなって・・・・?!」

午後2時36分 新中市 新中駅前大通り 交差点付近 
乗用車12台 大型車4台 衝突事故
死傷者:0名 重傷者:0名 軽傷者:9名

74 :K:02/03/01 16:19
33 名前:K 投稿日:2002/02/09(土) 00:21 ID:???
CHANNEL2      PAGE5

その日の夜、午後6時00分

TV「ニュースを申し上げます、本日新中市西友デパート6階が原因不明の
  爆発をし、ケガ人多数が出た他、その後の火災により多数の商品が焼け・・・」

TV「本日、多数の犠牲者を出した新中市地下鉄衝突事故の原因は、
  まだはっきりとはしておらず、警察が引き続き取り調べを・・・・」

TV「新中駅前の交差点の信号機が狂ったことにより、次々に車が衝突し、
  今もなお交差点付近10kmは渋滞が続いており、警察は事故処理に全力を・・」


75 :K:02/03/01 16:19
34 名前:K 投稿日:2002/02/09(土) 00:22 ID:???
CHANNEL2      PAGE6

新中警察署にて・・・・

異端者「三つの事件はほぼ同時刻に起きている、しかも三件とも原因不明だ。
    ・・・これはテロの可能性があるかも・・・・・。」
うにゅう「警部、現在指名手配中のこの容疑者たちは・・・・?」
異端者「ふむ・・・、いや、どれも違うと思う。それにもしこれがテロの
    仕業であるとしたら犯人はかなり・・・・」
へじほ「警部、2番に電話です。」
異端者「わかった。・・・・・・・・はい、異端者です。」

異端者「・・・・・・??・・・・・・・もしもし・・・?」
うにゅう「・・・・警部・・・?」

*「右手でつかめて左手でつかめないものはなんでしょおおお」
異端者「・・・??誰だ・・・?イタズラか・・・・?」
*「ん?むずかしかった?じゃあもっとやさしい問題にしよおか。」
異端者「あいにく遊びにつき合ってるヒマはない、子供相談所へかけ直せ。」
*「アヒャヒャハヤヒャ・・・・、ごめんよ。じゃあ要点に入ろおか。事故処理はまだ
  終わってない?あと電車が脱線したときの処理にはきおつけて。漏電してる
  可能性が高いから。」
異端者「な・・・!お前が・・・!?(おい!うにゅう!犯人からの電話だ!)」
うにゅう「・・・!!りょ、了解!へじほ君!逆探知の用意を!」
へじほ「は、はい・・・!!」



76 :K:02/03/01 16:19
35 名前:K 投稿日:2002/02/09(土) 00:24 ID:???
CHANNEL2      PAGE7

異端者「・・・・用件を聞こう・・・。」
*「うん、三つの事故は警告だよ。今からこっちの要望を言うからよおく聞いて
  おくれよ。さもないと四つ目の大事件が起こるよ。」
異端者「要望は何だ?」
*「FF/DQ板にBGMをかけてほしいいいいいいい」
異端者「はぁ?・・・・何のコトだ?」
*「アーーーーッヒャッヒャヒャヒャヒャヒャ・・・・・冗談。」
うにゅう「おい、逆探知できたか?」
へじほ「あと20秒ほどで・・・・」
異端者「おい、誰だか知らないがさっさと用件を言ったらどうだ?」
*「う〜ん・・・・どうしようかあなああっあああっあ・・・・」
へじほ「あと10秒・・・・・」
異端者「我々はお前の遊びにつき合っているヒマはない。用がないのなら・・・」
へじほ「逆探知できました!ええと・・・ええ!?ロサンゼルス?!」
うにゅう「何だと・・・?そんな遠い所から・・・?」
へじほ「あ、すみません・・・違いました・・・ええと・・・・ロンドンから
    みたいですね・・・って・・・ど、どうして・・・???」
うにゅう「ちくしょう!スクランブルされている・・・!メチャクチャだ!」
異端者「・・・・・・・!!」
*「逆探知は無駄だよおおおお。しょうがない、特別におしえてあげる。
  今ボクはディズニーランドにいるよ。」
異端者「ふざけるな!お前いったい何者だ?!用件はなんだ!!」

*「用件はね・・・・ひろゆきを出せ・・・・以上。」
異端者「何・・・・??たったそれだけ・・・??」
*「あとは掲示板で指示するよ、今から2ちゃんねるをよおく見てて。
  クソスレ立てるから。」
異端者「おい待て!!いったいお前は・・・・」

*「あの世で俺にわび続けろーーーーーーーーー!!!」
ガチャ! ツーッ ツーッ ツーッ
異端者「・・・・・・・・・・・・・・」


77 :K:02/03/01 16:20
55 名前:K 投稿日:2002/02/11(月) 05:38 ID:???
CHANNEL2      PAGE8

■掲示板に戻る■ レスを全部読む 最新レス100
あの世で俺にわび続けろ オルステッドーーーッ!!


1 名前:CHANNEL2 投稿日:200?/○/×(▲) 20:45 ID:???
  48時間以内にひろゆきを出せ。第四の大事故がおきちゃうよ!
  (^Д^)ギャハ 

2 名前:名前がない ただの名無しのようだ 投稿日:200?/○/×(▲) 20:47 ID:???
  今だ!2ゲットォォー!!!
\                /
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   (´´
      ∧∧   )      (´⌒(´
   ⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
         ̄ ̄  (´⌒(´⌒;;
       ズザァァアアーッ

3 名前:名前がない ただの名無しのようだ 投稿日:200?/○/×(▲) 20:47 ID:???
  くそすれたてんな

4 名前:名前がない ただの名無しのようだ 投稿日:200?/○/×(▲) 20:48 ID:???
  キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!

5 名前:名前がない ただの名無しのようだ 投稿日:200?/○/×(▲) 20:52 ID:???
  >>1はちたん?

6 名前:名前がない ただの名無しのようだ 投稿日:200?/○/×(▲) 20:55 ID:???
  >>5
  トリップが無い、偽物のようだ。

7 名前:名前がない ただの名無しのようだ 投稿日:200?/○/×(▲) 20:59 ID:???
  いやちたんだろ(w

8 名前:名前がない ただの名無しのようだ 投稿日:200?/○/×(▲) 21:02 ID:???
  ちたんよ・・・まさかお前が犯人・・・・?

9 名前:名前がない ただの名無しのようだ 投稿日:200?/○/×(▲) 21:05 ID:???
  さて削除依頼だしてこよっと

10 名前:名前がない ただの名無しのようだ 投稿日:200?/○/×(▲) 21:07 ID:???
   sine



78 :K:02/03/01 16:20
56 名前:K 投稿日:2002/02/11(月) 05:40 ID:???
CHANNEL2      PAGE9

異端者「まさかこれが・・・・?」
うにゅう「そうとしか考えられませんね・・・。」
異端者「で、管理人のひろゆきは?」
うにゅう「彼は1ヶ月前から行方不明ですよ、今は新しい管理人がいますので。」
異端者「こいつが犯人だとしてもいまいち見えてこないな。金を要求するわけ
    でもなく、ただひろゆきという人物を捜してるだけなのか・・・?」
うにゅう「管理人にこのスレッドを立てた人物を晒せば・・・・」
異端者「いや、多分無駄だろう。逆探知を妨害するようなヤツだ。
    こんなことでシッポは出さない・・・・。」
へじほ「警部!鑑識から西友デパート爆発の検識結果が出ました。どうやら
    リモート式の小型爆弾のようです。爆発直前に西友デパートの守衛が
    発見して緊急アナウンスを流したようですね。」
異端者「遠隔操作をするにしてもそんなに遠くからは起爆できないはずだ・・・
    犯人は絶対にこの町にいる・・・・。」
へじほ「警部、とにかくひろゆきの捜索を開始しますか?」
異端者「ああ、頼む。こいつが本当に犯人であれば48時間後には第四の
    事故が本当に起きるかもしれん。」
うにゅう「警部、犯人は・・・・」
異端者「うむ、こいつ一人の仕業とは考えにくい。三つの事故を同時に起こした
    のだから犯人は複数の可能性もある・・・・。うにゅう警部補、君は
    ハッカーを洗ってくれ、ヤツらの中にかなりの腕を持ったやつがいる。
    それからその爆弾の火薬の種類を調べてくれ。爆弾をどこで入手したか
    特定できるかもしれん。」
うにゅう「分かりました。」



79 :K:02/03/01 16:21
CHANNEL2      PAGE10

異端者「・・・・・・・犯人のやつ今は無き管理人であるひろゆきに一体何の用が
    あるというのだ・・・・・・・」
へじほ「警部、マスコミが・・・・」
異端者「くそ・・・・この忙しいときに・・・・」

記者会見・・・・・・
女好き「異端者警部、 この三事件は テロの 可能性が? 犯人の見当は?」
異端者「まだはっきりとは申し上げられませんが全力で捜査にあたります・・。」
女好き「警部さん、 隠しても 無駄ですよ・・・・ 私も スレッド 
    見ましたよ。 犯人は CHANNEL2 という名を 名乗る者 ですね。
    あの板での 俗称は 確か [ちたん] とかいう・・・・」
異端者「・・・それも確実に犯人だとは断言できません・・・(くそ・・・・
    なんて情報を入手するのが早いやつだ・・・・)」
女好き「犯人は グループで 犯行を 行った 可能性も ありますか?
    次の 犯行予告に 対しての 対策は?」
異端者「この事件に関することは現時点では何とも言えません、しかし
    第四の事件を起こさないよう警察側は全力で捜査にあたります・・・。
    すみませんがこれで失礼します・・・・。」
女好き「警部さん! あと 48時間しか ないんですよ! これ以上の
    犠牲者を 出したら・・・・!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



80 :K:02/03/01 16:22
58 名前:K 投稿日:2002/02/11(月) 05:42 ID:???
CHANNEL2      PAGE11




この日の事件を境に警察側は捜査を開始。
前の2ちゃんねるの管理人であった「ひろゆき」の捜索。
そして犯行を実行したとされている「CHANNEL2」という犯人。(複数?)
掲示板には瞬く間に「三事件の首謀者はちたん」というスレッドが56個も立った。


第四の事件が起きるまで猶予は48時間・・・・・・・






81 :K:02/03/01 16:22
62 名前:K 投稿日:2002/02/12(火) 00:35 ID:???
         CHANNEL2      PAGE12


第四の犯行予告から24時間が経った。しかし警察側はひろゆきの消息を
未だにつかめず、捜査は難航。
一方犯人グループとされているCHANNEL2の正体も未だに手がかり一つ
つかめていない状態が続いていた。


へじほ「・・・うにゅう警部補、ひろゆきさんという人はどういう人物だったか
    ご存じですか?」
うにゅう「・・・・前の管理人であったことぐらいしか分からないなぁ・・・、
    ・・・・なぜ?」
へじほ「いえ・・・、ただ彼はこれだけアクセス数の多いサイトを立ち上げてなぜ
    それを自ら辞任して後継者に継がせたのでしょうか・・・・・。」
うにゅう「うん・・・、色々あったからね・・・。バスジャックなどのような
     事件や・・・・・。そういえば彼は昔何度か2chを閉鎖させようと
     したこともあったから、もう限界だったんじゃないかな・・・・。」
へじほ「今回のCHANNEL2のような連中に耐え切れなくなったんでしょうか・・」



82 :K:02/03/01 16:22
63 名前:K 投稿日:2002/02/12(火) 00:37 ID:???
          CHANNEL2      PAGE13

異端者「ふう・・・・」
うにゅう「あ、警部 お疲れさまです。・・・・どうでしたか・・・?」
異端者「いや、だめだった・・・。うにゅう君が調べてきた火薬の種類は
    金さえ払えば闇ルートでいくらでも入手できるものだった・・・。
    買い手を特定するのは至難の業だ・・・・・・。」
うにゅう「・・・・犯人のやつ・・・火薬の種類まで計算ずくというわけか・・・。
     かなり頭の切れるやつらだ、警察の動きに詳しすぎる・・・・。」

異端者「警察の・・・・動き・・・・?」
へじほ「・・・どうかしましたか?警部・・・?」
異端者「まさか・・・・・!?」
うにゅう「な、なんです?何か分かったんですか?!警部!」
異端者「へじほ巡査!過去数年間の元警官のファイルを出してくれ!」
へじほ「は・・・はい!」
うにゅう「警部・・・!まさか犯人グループの中に警察官がいると・・・?!」
異端者「わからない・・・、だがひろゆきも見つからず犯人も不明でこのまま
    じっと第四の犯行を待つわけにはいかないだろう・・・。」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
へじほ「持ってきました、過去5年間の本署の事件ファイルです。警官の名簿も
    あります。」
異端者「よし、定年退職を除く元警官を徹底的に調査する。時間がない・・・・
    あと24時間だ・・・・。徹夜になるぞ、いいな。」
うにゅう「了解!」



83 :K:02/03/01 16:22
64 名前:K 投稿日:2002/02/12(火) 00:39 ID:???
         CHANNEL2      PAGE14

一方その頃 新中市 某所・・・・・・CHANNEL2のアジトにて

イェイ「なんだよこれ?クソスレじゃねえか。全然ちたんに似てねーじゃん。」
T「言われたとうりにちゃんとやったろおおおおがああああああp!!!1
  ちたんの文章はマネできねえよおお!」
イェイ「これじゃあ偽物だと思われるぞ、・・・なぜトリップつけなかった?」
T「だってちたん教えてくれないし・・・・」
イェイ「48時間以内にひろゆきを出せってだけじゃどこの場所でどういった
    連絡手段をとればいいか、これじゃわかんねーじゃんよー!」
T「いいじゃん、どうせひろゆきは・・・」
イェイ「おい!・・・お前CHANNEL2の掟を忘れたのか?!ちたんにさんざん
    言われただろうが!!」
T「はいはい・・・・えーと・・CHANNEL2の掟・・・その一・・・・
  [アジト内であろうと極秘情報は決して口にしてはならない]・・・だっけ?」
イェイ「そうだ・・・、どこに盗聴器仕掛けてあるか分からないだろ・・・・?
   ・・・・お前ホントに大丈夫なんだろうな・・・・。」
T「へええきだよおおおお!なにしろこの仕事が完了したら多額のボーナスが
  手に入るからぜっっったいに成功させるよおおおおお!
  ってゆうかおまえこそ大丈夫なんだろな、カス。」
イェイ「うるせーばか、お前に言われたくねえ。」
T「シネヤカス」



84 :K:02/03/01 16:23
65 名前:K 投稿日:2002/02/12(火) 00:40 ID:???
         CHANNEL2      PAGE15

鈴木五郎「騒がしいな・・・・。」
イェイ「よう、早かったな・・・・五郎・・・。次の犯行準備のほうは?」
鈴木五郎「もちろん予定通りだよ、準備は整った。・・・ちたんは?」
イェイ「FF11買いにいっちゃったよ、今日が発売日らしいから・・・・。」
鈴木五郎「まじで?こんな大事なときに・・・・・」
イェイ「ちたんにゲームは欠かせないからな、こればかりは俺達がいくら
    言っても無駄だし・・・・。」
T「五郎君、次の犯行に対しては・・・・警察はかなりのアミを張ると
  おもうよ。・・・・・へいきかな・・・・・。」
鈴木五郎「平気さ、僕にしたら警察の動きなんか手にとるように分かる、
  絶対にこちらの動きは読ませないさ・・・。」
イェイ「相変わらず警察ギライだな、五郎は・・・・。」
鈴木五郎「ふん、警察の情報網など2chに比べたらはるかに遅い。
    それよりも僕が気にしているのは・・・・・」
イェイ「・・・・マスコミだな・・・・・。」
鈴木五郎「そういうことだ・・・・、最近特に目立つのは○×新聞社の
    女好きとかいう記者はかなりカンの鋭い男だ・・・・。万一この
    アジトまで嗅ぎつけられたら、その時は・・イェイ・・・分かってるな?」
イェイ「ああ、ヤツの始末は俺がやろう。」
鈴木五郎「間違っても銃など使うなよ、銃声を聞かれたら終わりだからな。」
イェイ「ちっ・・・・ナイフはあんま好きじゃないんだけどな・・・・」

鈴木五郎「ともかく第四の犯行まであと24時間だ、あとはちたんが帰るのを
    ここで待とう・・・・。」
T「お腹すいたな・・・・おいイェイ、コンビニでなんか買ってこい。」
イェイ「あ?うるせーばか、てめーが行けよカス。」
鈴木五郎「いい加減にしろよもう・・・・僕が行ってくるよ・・・。」



85 :K:02/03/01 16:23
72 名前:新中 投稿日:2002/02/13(水) 15:41 ID:???
     CHANNEL2      PAGE16

○×新聞社にて・・・・・

洋芥子ラゴン「相変わらず熱心だな、女好きくん・・・・。」
女好き「あ 編集長・・・。 ええ、 どうしても 腑に 落ちないことが・・・」
洋芥子ラゴン「私もだ・・・、実は私も調べていたらこんな記事を見つけたよ。」
女好き「ソレは・・・ 確か 一年前の 事件 ですね・・・。」
洋芥子ラゴン「そう、当時それほど話題にはならなかったが、この事件によって
    5歳の少女の命が奪われた[警官汚職事件]だ・・・・。」
女好き「しかし 編集長、 その事件と 今回の 事件との 接点は・・・?」
洋芥子ラゴン「事件そのものには接点はないだろう、だが当時この事件に
    関わった警官は関係があるかもしれん。例えば・・・・」
女好き「元警察官 鈴木五郎 巡査部長 ですね・・・・・。」
洋芥子ラゴン「さすがだな、その通り・・・・・。女好きくん、こいつは
    かなり怪しいぞ、今回の事件に関わっている可能性があるかも・・・。」
女好き「そう思って 彼に ついて 色々と 調べて いましたが、 彼は
    汚職など していませんし、 汚職事件によって 誘拐された
    5歳の少女を 助けようと していたのですよ・・・。」
洋芥子ラゴン「だが警察側は・・・・・・」
女好き「編集長・・・・? その 汚職事件について 何か 知って
    いるんですか・・・?」
洋芥子ラゴン「・・・・・・・・・・・・いや・・・なんでもない・・・・・・
    とにかく鈴木五郎について調べることだ、頼むぞ。」

女好き「・・・・・・・・・・?」



86 :K:02/03/01 16:24
73 名前:K 投稿日:2002/02/13(水) 15:42 ID:???
     CHANNEL2      PAGE17

新中警察署にて・・・・・

うにゅう「警部、たった一人ですが元警官であった者のファイルが・・・・」
へじほ「え?見つけたんですか?!誰ですか?!うにゅうさん!」
異端者「どれどれ・・・・・・・」

うにゅう「新中警察官 元巡査部長 鈴木五郎・・・なぁんだ、五郎くんか・・・
    警部、いくらなんでもこれは違いますよね。」
異端者「・・・・・・・・・・・・・・・」
へじほ「私が赴任する前に務めていた人ですか・・・・。もし今も警官を
    続けていたら、私の上司でしたね・・・・。」
うにゅう「警部・・・・・?」

異端者「そうか・・・・・まさかとは思っていたが・・・・彼が関わって
    いたとは・・・・・・」
うにゅう「え・・・・・・・?」
へじほ「・・・・いったいどういう事件だったんですか?うにゅうさん!」
うにゅう「汚職事件だよ・・・、でも五郎くんはその事件をいち早く解決
    しようとしてたんだよ・・・・でも・・・・」
異端者「あのとき少女が殺されたのは鈴木君の責任ではない。だがあの
    事件後、彼は自ら辞表を私に出し、退職した・・・・。」
へじほ「警部!・・・まさか彼が犯人グループの一員だと言うんですか?!」

警部「・・・・・・・・・・・・」
うにゅう「警部、・・・・もしかしてその事件の裏にはマスコミでも
    発表されなかった事実があるのでは・・・・?僕も知らなかったことも
    あるのでは・・・・・・?警部は何か知っているんですか・・・?」

警部「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」


87 :K:02/03/01 16:24
82 名前:K 投稿日:2002/02/14(木) 00:43 ID:???
        CHANNEL2      PAGE18

新中市 某所 CHANNEL2のアジトにて

ちたん「オハローーーーー!!」
イェイ「オハローじゃ内!どこに行ってたんだよ、もうすぐで約束の
    時間なんだぞ・・・・。」
T「ちたんさんかっけーーーーーーーー!」
鈴木五郎「ちたん、準備はOKだよ。」

そのとき奥の部屋から四人の人物が現れた・・・

ちたん「うおおおおおおおお ありがたう五郎たん!で、そのひとたちが?」
鈴木五郎「そう、第四の犯行を実行する者たちさ。君たち、自己紹介を・・・」

ねおぎこ「ねおぎこです、ヨロシコ。」
ケイ・メイ「俺はケイメイだゴルァ!!!!!!イェイ師匠に頼まれてここへ来た!!
     いっておくが俺の仕事料は高いぜゴルァ!!!!!!オニギリマンセー!!!!!!!!!」
ふにゅう「漏れはふにゅうです、うにゅうじゃないよ。」
スコール=本物「なんで俺が!!!!!!!!!!」

ちたん「うおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!これで作戦は
    完璧だ!!!」

イェイ「・・・・・(うまくいくだろうか・・・)・・・・」



88 :K:02/03/01 16:24
83 名前:K 投稿日:2002/02/14(木) 00:45 ID:???
        CHANNEL2      PAGE19

第四の犯行時刻まで、あと2時間に迫った・・・・・。
そして二本目の電話が鳴る・・・・・。

へじほ「警部!犯人からです!2番に出て下さい!」
うにゅう「ちくしょう!まだひろゆきが見つかってないのに・・・!!」
異端者「わかった・・・・・・・・・もしもし?異端者だが・・・」

*「オハロー!約束の時間まであと二時間だよ諸君、ひろゆきは見つかった?」
異端者「目下捜索中だ、だがあと二時間ではとうてい・・・・」
*「あそ、じゃああああだめだなこりゃああ。人一人捜せないのかいい?
  警察もたいしたことないんだね。」
異端者「お前・・・いやお前たちは一体ひろゆきに何の用があるというのだ?
  お前の目的は何だ?」
*「用・・・?だからFF/DQ板にBGMをかけてもらうのさああ。」
異端者「嘘を言うな、だったら今の管理人に言えばいいだろう。」

*「ともかくあと二時間で第四の事件が起きるから、その前にまた
  クソスレを立てる。」
異端者「聞いても無駄だとは思うが第四の犯行とは何だ・・・・?」
*「ん?知りたい?じゃあおしえてあげようう。実はFF11買ったんだけど
  すごいクソゲーなんだな、これが。 で、ヒゲを呼び出して小一時間
  問いつめる。お前ほんとにゲーム作る気あんのかと、お前ただシリーズ
  出したいだけちゃうんかと。」
異端者「もういい!お前の戯れ言は聞き飽きた!お前たちにこれ以上の
   犯行は決してさせない!我々警察は必ず阻止してみせる!」
*「ふーん、それはたのしみだあああああ。二時間後が見物だね、それでは
  ごきげんよう。
  フフフ‥‥ ハハハハハ! ヒャーッヒャッヒャアア!! 」

ガチャ!・・・ツーッツーッツーッ・・・・・



89 :K:02/03/01 16:26
84 名前:K 投稿日:2002/02/14(木) 00:46 ID:???
        CHANNEL2      PAGE20

■掲示板に戻る■ 1- 最新50
    PSYCHOで夜露死苦!!    

1 名前:CHANNEL2 ◆Ug2000AA 投稿日:200?/○/■(◆) 18:48 ID:???
   たいまつはくらいところでつかうものです
   http://caramel.2ch.net/kaden/
   http://caramel.2ch.net/sony/
   http://cheese.2ch.net/phs/
   http://mentai.2ch.net/dgoods/
   http://caramel.2ch.net/camera/
   http://ton.2ch.net/dcamera/
   http://natto.2ch.net/av/
   http://choco.2ch.net/pav/

2 :名前が無い@ただの名無しのようだ :200?/○/■(◆) 18:49 ID:???
   (゚Д゚)ハァ?

3 :名前が無い@ただの名無しのようだ :200?/○/■(◆) 18:49 ID:???
   今度こそちたんか?でも意味わかんねーぞ(w

4 :名前が無い@ただの名無しのようだ :200?/○/■(◆) 18:50 ID:???
     ___
    /     \     ________________
   /   ∧ ∧ \  /
  |     ・ ・   | < いいから氏ねよ、クズ
  |     )●(  |  \________________
  \     ー   ノ
    \____/


90 :K:02/03/01 16:26
5 :名前が無い@ただの名無しのようだ :200?/○/■(◆) 18:51 ID:???
( ´Д`)<糞スレ立てるな( ´Д`)<糞スレ立てるな( ´Д`)<糞スレ立てるな
( ´Д`)<糞スレ立てるな( ´Д`)<糞スレ立てるな( ´Д`)<糞スレ立てるな
( ´Д`)<糞スレ立てるな( ´Д`)<糞スレ立てるな( ´Д`)<糞スレ立てるな
( ´Д`)<糞スレ立てるな( ´Д`)<糞スレ立てるな( ´Д`)<糞スレ立てるな
( ´Д`)<糞スレ立てるな( ´Д`)<糞スレ立てるな( ´Д`)<糞スレ立てるな

6 :名前が無い@ただの名無しのようだ :200?/○/■(◆) 18:51 ID:???
   何がしたいんだゴルァ!!!!!!!

7 :名前が無い@ただの名無しのようだ :200?/○/■(◆) 18:52 ID:???
   う ん ち

8 :名前が無い@ただの名無しのようだ :200?/○/■(◆) 18:53 ID:???
   こんなアホみたいなスレ立てて警察を翻弄できると思ってんのか?
   アホめ。回線切って首つって氏ね!

9 :名前が無い@ただの名無しのようだ :200?/○/■(◆) 18:53 ID:???
   腹減った

10 :名前が無い@ただの名無しのようだ :200?/○/■(◆) 18:54 ID:???
   >>1
第四の犯行はSONY襲撃?!

11 :名前が無い@ただの名無しのようだ :200?/○/■(◆) 18:56 ID:???
   どうせならスクエア襲撃せんかい!エニ糞でもいいぞ

12 :名前が無い@ただの名無しのようだ :200?/○/■(◆) 18:58 ID:???
   >>11
   氏ね


91 :K:02/03/01 16:27
85 名前:K 投稿日:2002/02/14(木) 00:48 ID:???
        CHANNEL2      PAGE21

○×新聞社にて・・・・・

洋芥子ラゴン「なんだこのスレは?意味不明だ。ちたんとかいうヤツは
    いったい何がしたいんだ・・・・?」
女好き「フム・・・ 1に 貼って あるものは どれも 家電製品の 
    掲示板だ・・・。 そして たいまつ・・・・。」
洋芥子ラゴン「まさか電気屋を襲うってのか・・・?そんな所を襲ったって
    なんの得にもならないと思うが・・・・」
女好き「編集長、 ヤツを・・・ちたんを 甘く 見ない方が いいですよ・・・。
    バカな フリして 警察を 手玉に とることが できるやつです・・・。
    これは きっと 何か 意味があるに 違いない・・・。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

そして第四の犯行時刻30分前・・・・・・新中警察署にて

へじほ「警部!たった今タレコミが入りました!新中銀行の裏で覆面をかぶった
    四人の人物を目撃したとのことです!」
うにゅう「なに・・・?!やつら目的はやはり金だったのか・・・?!」
異端者「どうもおかしい・・・、だが一応調べてみたほうがよさそうだな。
    大至急新中銀行へパトカーを回せ!我々も行くぞ!!」
うにゅう「了解!」

異端者「うにゅう君!もしこれが本当に犯人だとしたら犯人どもは武装して
    いるかもしれん!銃を持っていけ!」
うにゅう「はい!・・・・(銃撃戦か・・・・!何年ぶりだ・・・くそ!)」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


92 :K:02/03/01 16:27
86 名前:K 投稿日:2002/02/14(木) 00:49 ID:???
        CHANNEL2      PAGE22

新中銀行・・・・・

ねおぎこ「じゃあ作戦通りに行くよ・・・・」
ケイメイ「まかせとけって!いざとなったらこのマシンガンぶっ放してやるぜ!」
ふにゅう「だめだよ、人殺しは。銃はあくまで脅しの道具だよ。」
スコール=本物「腰抜けめ。(プ」

ねおぎこ「いくよ・・・・いち・・・にの・・・・・さん!!」

ドガア!!!!

銀行員A「きゃあああああ!!!」
ケイメイ「全員動くなゴルァァァァ!!!!死にたくなけりゃ金を出せ!!」
銀行員B「あわわわ・・・・・ま、まさかCHANNEL2・・・・?」
スコール=本物「おい!そこのオマエ!!金庫はどこだ!!!!!」

銀行員C「お、奥に・・・・・」
ふにゅう「では鍵を拝借・・・・と。・・ねおぎこ!鍵だ!・・・・ほいっ。」
ねおぎこ「バカ!!名前で呼ぶな!」
ふにゅう「あ・・・ごめ・・・」
スコール=本物「ププププ・・・・ふにゅうは馬鹿!!!!!!!!(ワラ」
ふにゅう「おまえこそ漏れの名前よぶんじゃねえ!!スコール!!」

ケイメイ「おいお前らいい加減にしろよ!!・・・・・・ハッ!?」

ウーウーウーウー!!(サイレンの音)

ケイメイ「おい!誰か非常ボタン押しやがったな!!誰だ!!ぶっ殺してやる!
     おい!お前か?!」
銀行員B「し、知らない・・・・私は何も・・・・!」
ふにゅう「や、やばいよ・・・これは・・・警察が・・・」
ねおぎこ「な、なぜ・・・??警察が気づくのが早すぎる・・・!!」

キキキキィィィーーーーー!!

うにゅう「動くな!警察だ!!武器を捨てろ!!」

スコール=本物「チィッ!!」

ズダダダダダダン!!

うにゅう「うわ!!警部!やつらマシンガンまで持ってます!」
異端者「撃て!!」

バキューン! バキューン!バキューン!

ケイメイ「うおおおおおおおお!!!皆殺しだあああああ!!!」

ドガガガガガガガガガガガ!!!   ズガガガガガガガガガ!!!
パーン! パーン! パーン!  バキューン! バキューン!



93 :K:02/03/01 16:27
90 名前:K 投稿日:2002/02/14(木) 02:17 ID:???
       CHANNEL2      PAGE23

○月■日 ◆曜日 午後8時40分 新中市 新中銀行 銃撃事件 
犯人4人逮捕 警官7名負傷 

うにゅう「おい!おとなしくしろ!誰か手錠を掛けろ。」
警官「はっ!」
ケイメイ「くそおおおお!!!」
ふにゅう「・・・うぅ・・・・」
スコール=本物「なんで俺が!!!!!!」
ねおぎこ「ちたん・・・・・」

へじほ「はぁはぁ・・遅れてすみません!う、うにゅうさん!大丈夫ですか?!」
うにゅう「大丈夫・・・・一発だけ腕に当たったけどかすっただけだから・・・」
異端者「念のため病院へ行ったほうがいい、あとは我々に任せて・・・。」
うにゅう「はい・・・・警部、肝心のちたんが見あたらないようですが・・・」
異端者「うむ・・・・、変だ・・・・簡単すぎる・・・・・」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

○×新聞社にて・・・・・・

洋芥子ラゴン「女好きくん!新中銀行で強盗事件だ!」
女好き「ええ、 知っています・・・・。 ソレよりも この スレッドの
    謎を・・・・。」
洋芥子ラゴン「そんなこと後回しだ!他の新聞社に先を越されるぞ!」
女好き「・・・・・たいまつ・・・・電気・・・・ウム・・・」
洋芥子ラゴン「おい・・・!女好きくん・・・!」
女好き「たいまつは 暗い ところで つかうもの・・・・ つまり・・・
    ・・・・・・・・・ハッ!! ま、まさか・・・・」
洋芥子ラゴン「どうした?!」
女好き「な、なんてヤツだ・・・!! ちたんの 真の 狙いは これだった
    のか・・・・!! 編集長!! すぐに 銀行へ 直行しましょう!
    急がないと 手遅れになる!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



94 :K:02/03/01 16:28
91 名前:K 投稿日:2002/02/14(木) 02:18 ID:???
       CHANNEL2      PAGE24

新中銀行・・・・

女好き「はぁはぁ・・・・警部さん・・・・!」
異端者「遅かったですね、もう終わりましたよ・・・。CHANNEL2の犯人
    グループの一味は逮捕しましたよ。」
女好き「本当に 終わったと 思ってるんですか・・・・?」
うにゅう「事件の首謀者であるちたんは、いずれ必ず私たちが逮捕してみせます。」
女好き「・・・・・・警部さん! あなたは あの ちたんが 立てた スレの
    真意を 見抜きましたか!?」
異端者「何か意味があるとでも言うんですか?」
女好き「警部さん! ヤツは 馬鹿な フリして 我々や 警察を 翻弄
    させようと しているんです!そもそも この銀行襲撃は 
    どこで情報を 入手したんですか?!」
へじほ「匿名でのタレコミがあったんです、だから私たちは・・・・」

女好き「タレコミは おそらく ちたんだ! この銀行襲撃は おとり犯行だ!」

異端者「なに・・・・??!」
うにゅう「そ、そんなバカな・・・・!!現にあいつら四人はたった今
    逮捕したところなんだぞ・・・!」
女好き「やつら 四人は 捨てゴマだ! ついさっき 私は ちたんの 立てた
    スレッドの 真意を 見抜いた・・・・!! 本当の 第四の
    犯行は これから 始まるんだ・・・!!」
異端者「どういうことだ?!スレッドの真意とは・・・??」
女好き「家電とは 家の電気! つまり 住宅の 電気を 表す! そして
    たいまつは 暗い ところで 使うもの・・・・。 つまり・・・」

ガシャン!!!!!
そのとき、新中市全住宅、及び街灯の電気が停電した。

うにゅう「なんだ?!・・・・て、停電か!!」
異端者「なんてことだ・・・・!!まさかこれがちたんの真の狙い・・・!?」
へじほ「な・・・・・!町中が停電??!!」
女好き「やはり・・・・・! 遅かった・・・・!!」

○月■日 ◆曜日 午後8時45分 新中市 市中全世帯 停電事故

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

新中市 情報センタービルにて・・・・・

T「完了したよお、ちたんさん!」
ちたん「よおおおおおっしゃあああああ!!でかしたああああ!!」
イェイ「どうやらうまくいったようだな、さて・・・これからが本番だ。」
鈴木五郎「警察は今頃銀行であわてているころさ、バカなやつらだ。
    僕たちの目的は決して金じゃあない・・・・。」

ちたん「アヒャヒャヒャhyハyhyハアア!!!!目的は情報さあああ!!
    さあああ中へ侵入ーーーーーーー!!!」



95 :K:02/03/01 16:29
104 名前:K 投稿日:2002/02/15(金) 19:10 ID:???
        CHANNEL2      PAGE25

○月■日 ◆曜日 新中市 市街 午後8時45分

コンビニエンスストアー

店員「いらっしませ、お弁当は温めますか?」
客「はい、お願いしま・・・」

ガシャン!

店員「うわ!なんだ?!」
客「げ!て、停電・・?!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

新中映画館

スクリーン「ダーン!・・・・うう・・・・もうだめだ・・・お前だけでも
      逃げろ・・・・・いやあ・・・!私はあなたと一緒に・・・!
      リーサ・・・・逃げるんだ・・・・」
客「しくしく・・・・・」

ガシャン!

客「・・・え・・・・?」
客「おい・・・なんだよ・・・!いいところで・・・・!!」
店員「お客様すみません!原因不明の停電事故のため・・・!」
客「ふざけんな!金返せゴルァ!!!!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


96 :K:02/03/01 16:29
新中住宅街

ガシャン!

マターリ「ありゃ?またブレーカー落ちたのかな。・・・・・・あれ?落ちて
   ないなあ・・・・。なんだよこれ・・・」
〜〜〜〜〜〜〜〜
シャル「さて、今日はどんなクソスレ立てようかなあ。・・・それにしても
    彼女ほすぃなあ・・・・彼女募集スレでも立てようかなあ・・・。」

ガシャン!

シャル「うわ!停電かよ!」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
カレー信者「っしゃあああああ!!!キングレオ倒したあああ!!
    やった・・!・ようやくここまで・・・・・・じ〜ん・・・
    おっと・・・!今の内にセーブしとかなきゃな!」

ガシャン!

カレー信者「・・・・・・・・・・・」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

新中市 救急病院

ガシャン!

医師「な、なんてことだ!手術中に停電するとは・・・!!」
ダース患者「・・・・・・・・・・・・」
看護婦「せ、先生!このままでは麻酔も覚めてしまいます・・・!」
医師「明かりを・・・!懐中電灯でもいいからありったけの明かりを
   持ってこい!!手術を続行せねば患者は死ぬ!!」
看護婦「は、はい!!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
病室にて・・・・

1000ワッカ患者「停電だよ!ねえ!ちょっと・・・!」
考える鳥患者「やめてくれよ・・・まだ足が痛むんだ・・・・・」

1000ワッカ患者「ち、ちょっと・・・窓の外見てよ!真っ暗だ・・!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

新中市街道路

プップーーーーーーーー!!ガシャアアンンン!!
キキキィィィーーーーー!!   ドン!
ドガシャァァァン!!

*「おい!どこ見て走ってんだ馬鹿野郎!!」
*「馬鹿はてめえだろーが!信号が見えねえのか!・・・って・・・あれ?!」
*「・・・・・信号機どころか街灯まで消えてる?!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


97 :K:02/03/01 16:29
107 名前:K 投稿日:2002/02/15(金) 23:28 ID:???
         CHANNEL2      PAGE26

新中市 情報センタービル受け付け 午後8時47分・・・・
第四の犯行

受け付け「もしもし!・・・・あっ、こちら情報センターです。どうやら
     電話は繋がるみたいですね・・・。いえ、こっちでも原因は不明
     です・・・!」
守衛「くそ!いったいどうなってるんだ!ビルの電源は落ちていないのに
   停電するとは・・・!!」
受け付け「はい・・・はい・・・分かりました、とりあえず電源が回復するまで
     待機しております・・・・では・・・。(ガチャ!)」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
10分後・・・・・・・

二人の男(鈴木五郎 イェイ)が受け付けと守衛に近づいてきた・・・・

守衛「ようやく来たか!なんとかしてくれ!こっちはもうお手上げだ・・・!」
受け付け「お待ちしてました!いったいどうなっているんですか?!」

鈴木五郎「本社からの依頼で急行しました、市営電力会社の者です。
     お気づきの様ですが今このビルだけではなく市中全世帯が
     停電事故を起こしています。今このビルに残っている人達を全員
     退去させて下さい。あとは我々に任せて・・・。」
イェイ「・・・・(チィッ・・・・守衛が邪魔だな・・・)・・・・」

受け付け「住宅街も停電していますよ!そっちのほうは・・・?!」
鈴木五郎「まずは市全体の主電源を蘇らせねばなりません、その間このビルにある
     情報コンピューターが漏れないよう我々が管理します。」

受け付け「わかりました・・・・、緊急放送を流します・・・!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

*「お知らせします 原因不明の停電事故のため 本ビルに残っている社員は
  すみやかに退去して下さい 非常灯が作動しているので 落ち着いて
  慌てずに 非常口から 退社して下さい 繰り返します 本ビルは・・・」

受け付け「では後はよろしくお願いします・・・!」

守衛「責任上電源が回復するまで私はここに残る。」
イェイ「・・・・・・・・」
鈴木五郎「・・・・・・そうですか・・・。分かりました。しかし万一のことも
     あるので終始我々と同行願います、よろしいですね・・・・。」
守衛「了解した。・・・・では電源室へ私が案内しよう、こちらへ・・・・」

鈴木五郎「・・・・・(仕方ない・・・イェイ・・・守衛をやれ・・・・)・・」
イェイ「・・・・・(了解・・・・・)・・・・」



98 :K:02/03/01 16:30
108 名前:K 投稿日:2002/02/16(土) 00:09 ID:???
  CHANNEL2      PAGE27

情報センター 電源室

守衛「ここが電源室だ、見ての通りメインブレーカーは落ちていない。
   わからん・・・・どうだ?直せるか・・・?」
鈴木五郎「大丈夫ですよ、私たちに任せて下さい。案内ご苦労様・・・・・」
守衛「え・・・・・?」

ガツン!!

守衛「うあっ・・・!き・・きさまら・・・・!」
イェイ「おやすみ・・・・。」
ドタリ・・・・

鈴木五郎「(ピ、ピ、ピポパポ・・・・・)・・・・・もしもし、僕だ。電源室を
    確保した、早いとここのビルの社長を呼んでくれ。
    怪しまれずにな・・・。」
T「OK!!連絡はすでに取ったよおお!社長は慌ててそっちに向かったよ!」
鈴木五郎「よし、じゃあキミはすぐに電源室へ来てくれ。」
T「はーーーーーーい!!(ガチャ・・)」

鈴木五郎「イェイ、もうすぐ社長がこのビルへ来るからちたんと一緒に情報を
    管理しているコンピューター室へ向かってくれ。ここは僕とTで
    このビルの電源だけを回復させる。」
イェイ「よし、・・・・回復まで何分だ?」
鈴木五郎「・・・・10分もあれば・・・」
イェイ「分かった、じゃあ後でな。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
情報センター ロビーにて・・・・・

社長「はぁはぁ・・・・・いったいどうなっておるのだ・・・!おーい!
   誰かおらんかーーー!!」
秘書「社長・・・!あの方達は・・・?」

ちたん「しゃっちょおおおおおお!!まってたよおおおおおおお!!」
イェイ「秘書も一緒か、ちょうどいい・・・・。」
社長「き、君たちは・・・・?はっ!そうか!電力会社の者だな!
   早くなんとかしてくれ!このビルには極秘情報が・・・!!」
ジャキン!
秘書「きゃあ!!」
社長「な・・・?!何をする・・・?!なぜ銃なんか・・・?!」
イェイ「悪いな、俺達は電力会社の社員などではない・・・・。」
社長「な・・・・なんだと・・・・?!お前達は・・・?!」
ちたん「よおこそわが遊園地へーーーー!!ささ、しゃちょお。こちらへ・・・」

秘書「・・・・な・・・・私たちをどうするんですか・・・・?!」
社長「こ、こんなことをして・・・・警察が黙っては・・・・」
イェイ「おい社長、妙な動きはしないほうがいい。それでなくても俺は
   ちょっとした動きで引き金を引いちまう・・・・。」
社長「・・・・・・・!!」

ちたん「さああああ、みんなで仲良くコンピューター室へlet's go!!!!!!」


99 :K:02/03/01 16:30
109 名前:K 投稿日:2002/02/16(土) 01:22 ID:???
          CHANNEL2      PAGE28

情報コンピューター室

ガシャン・・・!ウィィィンン・・・

イェイ「電源が回復したな・・・、これでコンピューターも・・・・
    ちたん、頼むぞ。」
ちたん「OK!ではでは・・・・・・まずはこのビルの一階から17階まで
    封鎖・・・・!!」

ウィィィィーーーーーンンン    ガシャァァァンンン!!

ちたん「kanryooooooooo!!!!!!次に市全区域の情報ファイルええええええ!!」
秘書「・・・・・!!」
社長「そうか・・・!貴様らCHANNEL2とかいうやつらだな!町中の
   電源を落としたのは貴様らが犯人か!貴様らに情報ファイルなどへ
   侵入できるものか!6つの厳重なセキュリティが掛かっているんだ!」
ちたん「アーーーーーーーッヒャヒャヒャヒャハyハyhアアア!!
    sorehadoukana!!!!!!!!!」
社長「なに・・・・?!」
カシャカシャカシャ・・・・(キーボードの音)
ちたん「iiiiyahoooouuuuuiiiii!!!!!おもったとおりセキュリティはぜええんぶ
    解かれているうううううううう!!!さて これわ いったいい
    どおおおおしてでしょおおおお?????????1」
社長「そ・・・そんなバカな・・・・!・・・ハッ・・!!も、もしや・・?!」
イェイ「気づいたか・・・?社長・・・?」
ちたん「このビルのコンピューターに掛かっている6つのセキュリティは
    緊急対策用に市が管理している電源が落ちると自動的にはずれて
    しまうんだよおおおおおおお!!!!」
社長「き・・・貴様ら・・・町中を停電させたのはそのためか・・・!!」
ちたん「大正解!!!! omigotoooooooooooo!!!!!!!!」
社長「こ、この悪党めが・・・・!!」


100 :K:02/03/01 16:30
110 名前:K 投稿日:2002/02/16(土) 01:23 ID:???
          CHANNEL2      PAGE29

ちたん「daga shikaaaaaashi!!!!!!これだけじゃああダメなんだな、これが。
    いくらセキュリティを解いたって情報ファイルへ直接侵入するには
    パスワードが要る・・・・・。パスワードを知っているのはこのビルの
    最高責任者・・・・つまり社長おおおお!!!」
社長「・・・・・・!!!」
ちたん「shachoooooooo!!!!ぱすわーどぷりーーーーーず!!!!!」
社長「・・・・・・・・・・・」
ちたん「ありゃ、やっぱおしえられない?仕方ない、イェイクン出番だ。」
イェイ「了解・・・・」

ジャキン!!

秘書「きゃあああ!!!や、やめて・・・・」
社長「な、何をする!秘書は関係ない!」
ちたん「しゃっちょおおおお!!イェイはわりと気が短いyoooooooooo!!
    早くパスワード言わないと美人の秘書さんは逝ってしま宇!!!!
    saaaaaaaaaaaaaa dousuru shachooooooooooo!!!!!!!」
社長「こ・・・・この・・・外道ら・・・!!」
秘書「しゃ・・・・社・・・長・・・た・・助けてくだ・・・・・」

ちたん「秘書さん、お名前をどおぞ!!」
秘書「・・・・いやあ!・・・・たすけて・・・・!!」
ちたん「さっきいったでしょ、イェイは気ィみじかいんだからああ。」
秘書「うぅ・・・・な、名無子・・・です・・・。」
ちたん「でわ名無子さん!!今キミはイェイに何をされている??????」
名無子秘書「わ・・・私の・・・頭に・・・銃を突きつけられて・・・
    うぅ・・・・こ・・殺さないで・・・・!!」
社長「名無子君・・・!!」

ちたん「shachooooooooooo!!!!ボクも名無子さんが殺されるのはiyadaaaaaa!!!!
    パスワードぷりいいいいいいいいいず!!!!!!」
イェイ「・・・・いい加減手が疲れてきたな・・・引き金引いちまいそうだ・・」

社長「わ・・・・・わかった・・・!!・・・・言う・・・だから・・
   名無子君に手を出すな・・・・。」
ちたん「sasuga shachooooooooo!!!!!!」
名無子秘書「うぅ・・・・ひっく・・・・・」

社長「パスワードは・・・・[G93XdSOM]だ・・・・・・・」

ちたん「sankusu社長!!!!!!」



101 :K:02/03/01 16:31
117 名前:K 投稿日:2002/02/16(土) 23:44 ID:???
          CHANNEL2      PAGE30

新中銀行

うにゅう「くそ・・・!まだ停電は直らないのか?!」
へじほ「電力会社に問い合わせたところ、どうやら市が管理している
    主電源そのものが落とされたようです!」
異端者「これが・・・・本当の第四の犯行というわけか・・・!このスキに
    銀行だろうとデパートだろうと何でも犯罪が可能だ・・・!」

女好き「・・・(いや・・・ 停電を させた理由は 他に あるのでは・・? 
    ヤツらは 金が 欲しいのであれば 最初から 銀行を
    襲っている ハズだ・・・・。 もっと 何か 別な・・)・・」

そのとき異端者警部の後ろからそっと声を掛けてきた人物が・・・・

洋芥子ラゴン「警部さん、ちょっと・・・・・。」
異端者「まさか君は・・・・・ラゴン君か・・・?!」
洋芥子ラゴン「シー!・・・お久しぶりです・・・・。驚いたのは私のほう
    ですよ・・・。まさかこの事件の担当があなただったとは・・・。」
異端者「当時TVレポーターだった君がマスコミ業界から身を引いたとは
    聞いていたが、再びカムバックして○×新聞社の編集長にまで昇格して
    いたとは・・・・。だが今はそれどころではない。いずれ改めて
    ゆっくり話そう、すまない・・・。」
洋芥子ラゴン「いえ・・・・すみませんが警部さん。あなたと私は今すぐ
    二人きりで話さなければなりません・・・。一年前の
    [警官汚職事件]について・・。」
異端者「・・・・・・!!」

洋芥子ラゴン「もうお気づきでしょう、今回の事件に元警察官 鈴木五郎が
    関与していることに・・・・。」
異端者「ああ、おそらく彼が関係していることには間違いないだろう・・・。」
洋芥子ラゴン「あの汚職事件の裏に隠された事実を知っているのは私と
    異端者警部、・・・・そして鈴木五郎本人・・・・・。鈴木は
    間違いなくあの事件の証拠を入手して我々に脅迫してくるでしょう・・・
    そうなれば・・・・私もあなたも・・・・終わりです・・・。」
異端者「・・・・・・・・わかっている・・・・・。」
洋芥子ラゴン「だったら・・・!!この事件から手を引いて下さい・・・!」

異端者「・・・・・・・・・・・・・」
洋芥子ラゴン「異端者さん・・・・・!!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



102 :K:02/03/01 16:31
118 名前:K 投稿日:2002/02/16(土) 23:45 ID:???
          CHANNEL2      PAGE31

うにゅう「あ、警部!ここでしたか!たった今パトカーからの無線通報が
     ありました!まだ電源が回復していないのに、たった一つ
     停電していない建物を発見したとのことです!」
異端者「何?どこだそれは・・・・!」
うにゅう「情報センタービルです!」

女好き「・・・・(そうか・・・ やつらの 目的は 情報 か・・・)・・・」

異端者「大至急情報センタービルへパトカー、及び全警官を向かわせろ!
    所轄の者でなくてもかまわん!ビルを完全包囲する!」

女好き「・・・(裏道を 使えば 先回り できるかもしれん・・・
    これは 大スクープだ・・・)・・・」

洋芥子ラゴン「警部さん・・・!!」
異端者「ラゴンくん、・・・・私は警察だ・・・・。何がどうあろうと
    任務は遂行せねばならない・・・・、何がどうあろうと犯罪を
    放ってはおけん・・・・。もとより覚悟はできている・・・・。」
洋芥子ラゴン「・・・・・・・・・・・・」

異端者「よし、我々も情報センタービルへ急行するぞ!」
うにゅう&へじほ「了解!」



103 :K:02/03/01 16:31
126 名前:K 投稿日:2002/02/17(日) 01:08 ID:???
          CHANNEL2      PAGE32

情報センター コンピューター室

ちたんと呼ばれるこのCHANNEL2の首謀者。
人質となった情報センター会社の社長と、その秘書(名無子)の目の前で
目を疑うような光景が繰り広げられていた・・・・・。

カシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャ
カシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャ(キーボードの音)

ちたん「アアアヒャハヤハヤハヤアハヤアハhyハハyハハyハヤハヤシャyハy」

社長「な・・・!こ、こいつパソコンを二台同時に・・・?!」
イェイ「出たな・・・・ちたん得意のキーボード二刀流・・・。」

カシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャ
カシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャ(゚∀゚)アヒャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャ

鈴木五郎「遅くなってごめん、こっちはOKだよ。」
T「おお!!ちたんさんかっけーーーーーー!!」
鈴木五郎「ちたん、侵入できそうかい?」

カシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャ
ちたん「mouchoiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii!!!!!!!!!!!」

イェイ「ぼちぼち警察が気づく頃だな・・・・。五郎、脱出の準備は?」
鈴木五郎「もうすでにできてるよ、あとはこの町のすべての情報を備えた
    CDを手に入れるだけさ。それと極秘情報もね・・・・。ふふ・・
    警察どもめ、決定的な証拠をつかんでやる・・・・。」

カシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャ
ちたん「eeeeeeeeee???????もうちょっとあそぼうyoooooooooooooo!!!!!!!」

イェイ「それは構わないが警察をくい止めるのも限度があるぞ。ほどほどにな。」

カシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャ
ちたん「OK!!!!!!」

社長「・・・(・・く・・・狂っている・・・この連中は・・・)・・・」

カシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャ・・・



104 :K:02/03/01 16:42
127 名前:K 投稿日:2002/02/17(日) 01:10 ID:???
          CHANNEL2      PAGE33

カシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャ

ちたん「kanryooooooooooooooooooo!!!!!!!!おっけーーーーー!!!これで
    このCDにはこの新中市全区域の全情報が入ったああああ!!
    全住人の名前、電話番号、メルアド、クレジットカードの暗証番号から
    盗聴も盗撮も逆探知も衛星生中継で見られるるるるるるるううう。」

社長「そ、そのCDは最新の人工衛星を駆使した世界でも数少ない最新衛星情報
   システムなのだぞ!!我が国ではまだ実験段階なのだ・・!!だいたい
   貴様らのような若造がなぜその極秘システムを知っておる?!」
ちたん「shachoooooo!!!!!!情報ってええのは常に空中に飛んでるyoooooo!!!!!
    極秘極秘って言うけどボクにしたら丸見えなんだよおおお!!!!」
鈴木五郎「そう・・・、どんなに隠そうと真実は一つ・・・・・。社長、
    あんたもかなりあくどいコトやってきてここまでのし上がったんだろ?」
社長「う・・・、し、知ったようなことを・・・青二才が!!」

ちたん「ふーん。じゃあああ当ててみせよおおお!!shachoooooo!!!!あんた
    秘書の名無子さんとは不倫関係だなああああああ????????」
名無子秘書「・・・・・!!」
社長「バ・・・バカなことを・・・!!」
ちたん「さっきコンピューター内の電話履歴調べてたら社長と名無子さんの
    会話が盗聴されてたよおお!!」
社長「な・・・何だと・・・?!」
ちたん「shachoooooo!!!!!!あんたロクな部下持ってないねえええ!!盗聴したのは
    たぶん社長の部下じゃないかなあああ????」
名無子秘書「・・・・そんな・・いったい誰が・・・・?!」
ちたん「いちおう盗聴会話をこのディスクに保存しといたけど・・・・
    このディスク誰にあげようかなあああ??????社長の奥さんが
    イイ!かなああああああ???????」
社長「・・・!!た、頼む・・・!!そのディスクを売ってくれ・・・!!
   金ならいくらでも・・・・!!」

イェイ「・・・・(なんちゅう悪党だ・・・・w)・・・・」


105 :K:02/03/01 16:42
128 名前:K 投稿日:2002/02/17(日) 02:05 ID:???
          CHANNEL2      PAGE34

そしてちたんは社長に対してディスクを切り札に、
ここで見たことやCHANNEL2のことは一切黙秘することを条件に
社長と秘書名無子をビル外へ解放した・・・・。

ちたん「警察が来るまでまだ少し時間あるよね?ちょっとだけ個人的な処理
    してもイイ?」
イェイ「ああ、だけど後で五郎の知りたがってたことも忘れるなよ。」
ちたん「もちろん!!んじゃあああああ・・・W大・・・ファイルへ・・・
    ・・・・ボクの・・・出席数を・・・・・age!!!!!!!!!!!!!」
カシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャ!
ちたん「OK!完了!!」
イェイ「ぶっ!なんてセコイ真似してんだよ、ちたん!!」
ちたん「いやぁ・・・・ちょっとここんとこ授業のほう休みがちで・・hahaha。」
T「ちたんさんかっけーーーーー!!」

ちたん「五郎たん、おまたーーー!さあ何が知りたい??」
鈴木五郎「昨年の[警官汚職事件]極秘ファイルを出してくれ。日付は・・・
    ▲月○日だ・・・・。」
ちたん「例の事件か、OK!」
カシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャ
ちたん「でた。」
鈴木五郎「え?もう?ちょっと盗聴記録を聞かせてくれないか・・・?」

ちたん「OK!ではSTART!!!」

ウィィィィンンン・・・・



106 :K:02/03/01 16:43
129 名前:K 投稿日:2002/02/17(日) 02:07 ID:???
          CHANNEL2      PAGE35

*「・・・・異端者警部補・・・・あなたは私にこの事実を黙秘しろと
  おっしゃるのですか・・・?TVレポーターであるこの私に・・・」

T「だれ?この声?」
鈴木五郎「この声は洋芥子ラゴンだ・・・・。今は○×新聞社の編集長を
  務めている・・・、女好きの上司だ・・・。」

*「ラゴン君・・・・私はこの事件を解決したら警部補から警部へ昇格する・・
  ・・・・それにこの署内に務めている警官が汚職していたなんてテレビで
  放映されたら・・・・・」

鈴木五郎「これは異端者警部だな・・・・当時は警部補だった・・・・。」

*「・・・異端者さん・・・・この私にワイロを受け取れと・・・・?
  ・・・・頼むからこれを記事にはしないでくれ・・・この金で・・・・。
  ・・・・このお金は汚職をした警官からだ・・・・頼む・・・・・。

   ・・・・・・・・・・・・異端者さん・・・・・・・・・・。」

プツッ・・・・・

ちたん「・・・・・・・・・・」
鈴木五郎「これで・・・・決定的だな・・・・・。やつらもこれで終わりだ・・・。
    ちたん、ディスクに保存してくれ・・・。」
ちたん「わかった・・・・・。」
ウィィィィ・・・・ンン・・・・
イェイ「・・・・・五郎、これがお前の目的だったのか・・・・。この
    会話を盗聴したのは五郎か・・・?」
鈴木五郎「うん・・・・。」
T「五郎さん、あの事件の真実は何だったの?まさか五郎くんが少女を
  殺したんじゃないよね?」
鈴木五郎「T・・、あの事件については・・・・あまり話したくないんだ・・・。」

T「そっか・・・。そうだよねえ・・・ごめん・・・もう聞かないよ・・・。」


107 :K:02/03/01 16:43
147 名前:K 投稿日:2002/02/17(日) 22:27 ID:???
          CHANNEL2      PAGE36

そのときビルの外から巨大な照明が数台、一斉にビル全体を照らした。

バンッ!!

T「うわ!ちたんさん!警察だよ!・・・完全に包囲されてる・・・!」
イェイ「来たな・・・・・いよいよか・・・。」
鈴木五郎「全署員を動員してきたみたいだね、やつらも相当必死だ。」
ちたん「しかたない、あとはアジトでやろおか。」
イェイ「いよいよ戦争だな・・・・。」
T「ああああああああああああ戦争かよおおおおおおおおおおお」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
情報センタービル正面口・・・・

うにゅう「警部、どうやら17階まで封鎖されています。ヘリを呼びますか?」
異端者「いや待て、あそこの窓が開いているぞ。あの窓から侵入できないか?」

うにゅう「く・・・!ダメです!この窓では小さすぎて僕ではとうてい・・・」
異端者「小柄なやつなら入れそうだが・・・・・。」
へじほ「警部!私が行きます!」
異端者「へじほ君が・・・・、大丈夫か・・・?」
うにゅう「へじほくん!キミでは危険すぎる!犯人たちはおそらく武装
     しているんだぞ!」
へじほ「大丈夫です・・・!ここは私しか入れませんし・・・・。」
異端者「・・・・・・・・・・・・わかった・・・・頼む・・・・。
    だが銃は持っていけ。中へ侵入したら決して深追いはするな。
    ヘリの到着を待って中の様子だけを無線で知らせろ、いいな。」
へじほ「了解!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
一方その頃、女好きはすでにビル内へ侵入していた・・・・

女好き「やつらの 居所は おそらく コンピューター室だな・・・。 
    お、 あの部屋が そうか・・・・ 何か 話し声が・・・。」

ちたん「じゃああ脱出作戦kaishiiiiiiiiiiiiii!」

女好き「・・・(今のが ちたん だな・・・・。 やつら 脱出口 など
    あるのだろうか・・・・?)・・・・・」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



108 :K:02/03/01 16:44
148 名前:K 投稿日:2002/02/17(日) 22:29 ID:???
          CHANNEL2      PAGE37
電源室・・・・・

へじほ「中に入れたのはいいけど・・・・犯人たちはどこにいるのかな・・・。
    なんかやばいこと引き受けちゃったかなぁ・・・・あれ?」

へじほ巡査は電源室の奥に落ちている靴に目がついた・・・・。

へじほ「誰の靴だろう・・・?」
守衛「うぅ・・・・・・」
へじほ「・・・!!誰?!誰かいるの・・・?!」
守衛「警察の・・・・人か・・・?」
へじほ「だ、大丈夫ですか?!しっかりして下さい!何があったんですか?!」
守衛「すまない・・・ちょっとしたスキに・・・・やつらに・・・・電源を・・」
へじほ「もう大丈夫ですよ!すでに警官がこのビルを包囲していますから・・・」

守衛「そうですか・・・・よかっ・・・・ハッ!!危ない!う、うしろ・・!!」
へじほ「え・・・・?」

ドガシャン!

へじほ「きゃあ!」

T「あれーーーーーー??よけられたのかああああ・・・・・・。
  ・・・と思ったらオンナじゃないかあああああ・・・・・だれ??」
ジャキン!
へじほ「警察の者です!あなたを逮捕します!」
T「あああああああ婦警さんだったのかあああああ・・・・。銃なんか
  持ってるーーーーー。ずるいなああああああ・・・・・・・。」
へじほ「両手を上げて首の後ろへ回しなさい・・・!」
T「・・・・・え?」
へじほ「両手を上げて首の後ろへ回しなさいと言ってるんです・・・!」
T「婦警さん、手が震えてるよ・・・・。だいじょうぶ?」
へじほ「指示に従いなさい・・・!わ、私は警官ですよ・・・!」


109 :K:02/03/01 16:45
イェイ「おいT、何をやって・・・・・」
へじほ「・・・・!!」
イェイ「ほお・・・・・・誰かと思えば・・・・・久しぶりだな・・・・。」
へじほ「・・・・ま・・・ま・・・さか・・・・あなたまで・・・?!」
T「あれ?イェイこのオンナ知ってんの?」

イェイ「知ってるも何も・・・・姉弟だからな・・・・。」

T「まじで????」
へじほ「・・・・・・私は今警官です・・・!弟だろうと何だろうと
    犯罪者は犯罪者・・・・。両手を上げなさい・・・さもないと・・・・」
イェイ「さもないと何だい・・・?弟でも撃つってのか・・・・?」
へじほ「・・・そ・・それ以上近づくと本当に撃ちます・・・・!!」

イェイ「・・・・・・・そうか・・・・なら撃てよ・・・・・。」
へじほ「・・・・・・・・・・・」
カチッ!
へじほ「・・・(あれ・・?な、なんで撃てないの・・?!)・・・」
イェイ「姉さん・・・・安全装置を外せよ・・・・」
へじほ「ハッ!・・・し、しまった・・・!!」

ガツン!!

へじほ「うあ!!・・・・・・」
ドタリ・・・

T「ありゃあ・・・・殺したのかよ・・・イェイ・・・・。」
イェイ「殺してねえよ、ちょっと眠らせただけだ。」
守衛「きさまら・・・・・・!」
イェイ「お目覚めかい?守衛さん。悪いがもうしばらくおとなしくしててくれ、
   おいT、この守衛を縛っておけ。」
T「あ?おまえ誰に命令してんの?しねやかす。」
イェイ「うるせーばか、さっさと縛れカス。」




110 :K:02/03/01 16:45
149 名前:K 投稿日:2002/02/17(日) 22:30 ID:???
          CHANNEL2      PAGE38

コンピューター室・・・・

女好き「やつら もう 行ったようだな・・・。 いったい 何の 情報を
    入手したのか・・・。 それだけでも 取材の 価値が あるな・・。」

ゴソゴソゴソ・・・・

女好き「弁当やパンの 食べ残しが 散らばってるな・・・。 おや?
    これは・・・・?」

女好きは弁当の食べ残しが散らばっている中で[ある物]を見つけた・・・。

女好き「・・・こ、これは・・! 貴重な 手がかりを 見つけたぞ・・・。
    他に 何か 手がかりに なるものは ないか・・・・・・
    む・・・? そうか・・・ コンピューターの 履歴を 見れば
    何を 調べていたか 分かる ハズだ・・・・。」

カチッ・・・ヴゥゥゥンン・・・・

女好き「ダメか・・・、 履歴を 残すほど バカな 連中では ないな・・。」

鈴木五郎「その通り・・・・。」

女好き「・・・ハッ!! ・・・・(しまった・・・・!)・・・」
鈴木五郎「キミは女好きくんだね、僕たちが何をして何を目的としていたか
   おそらくキミが一番最初に気づくと思っていたよ・・・・。」
女好き「・・・(そうか・・ コイツが 元警官 鈴木五郎 巡査部長・・)」
鈴木五郎「ここで何をしている・・・・?」
女好き「記者の することといえば 取材しか ないだろう・・・?」
鈴木五郎「ははは・・・・思ったより正直な人なんですね・・・・・。
    じゃあせっかくだから僕も正直に取材に答えよう・・・。」

女好き「・・・(くそ・・・ こいつも 銃を 持っている・・・!)・・・」
鈴木五郎「僕がこの世で最も嫌いなものを教えてあげよう・・・・・。
    一番は警官・・・・・、そして二番は・・・マスコミだよ・・・・。」
女好き「くっ・・・!!」

ダーン!!

女好き「うああ!! ・・・・・く・・・! くそ・・・!!」
鈴木五郎「でもキミは好きだよ、ちたんほどではないけど頭もいいし
     勇気もある・・・・。殺すのは本当に惜しいな・・・・・。」

女好き「・・・・・(くそ・・!! これまで か・・・!!)・・・」



111 :K:02/03/01 16:45
150 名前:K 投稿日:2002/02/17(日) 22:32 ID:???
          CHANNEL2      PAGE39

鈴木五郎「さよなら、女好きくん・・・・・。」

ジャキン!

女好き「・・・・・!!」

ちたん「matta」
鈴木五郎「ちたん・・・?!」
ちたん「殺しはだめ。そのディスク持って裁判所へ行くんだろおおおおお!!」
女好き「・・・・・・・?」
鈴木五郎「・・・・・・・ちたん・・・こいつは記者なんだ・・・・今ここで
    始末しとかないと僕たちのことを警察や世間に発表される!」
ちたん「目的はまだ終わってない、[ひろゆき]の件がある・・・・。」
鈴木五郎「それはキミの目的だろ?僕は関係ない・・・!」
ちたん「とにかく今すぐここを出ないと脱出不可能になる。」

鈴木五郎「・・・・・・・・・・・・・」


112 :K:02/03/01 16:46
156 名前:K 投稿日:2002/02/18(月) 00:30 ID:???
          CHANNEL2      PAGE40

異端者「へじほ君からの無線報告が何もない・・・。何かあったのだろうか・・」
うにゅう「警部!まさか・・・・やつらに・・・・!?」

そのとき異端者の無線機から・・・・・
ピー ピー ガガガ・・・

異端者「へじほ君か?!どうした?!何かあったのか・・・?!応答しろ!」

T「へええええええ へじほさんっていうんだあああ・・・・・このひと・・・・。
  なかなかかわいいいじゃんかああああああああ・・・・・。」

異端者「・・・・・・!!くそ・・・!(やはり捕まったのか・・!!)・・」
うにゅう「貴様!へじほくんに少しでもキズつけたら・・・!」
T「だいじょうぶ、ちゃんと生きてるよ。・・・・ところでさあ・・・・・
  誰か今ノートパソコン持ってひといる?」
異端者「・・・・何??そんなもの持っていたら何だと言うんだ・・・??」
T「へじほさんがちゃんと無事だってことを証明するよおお。彼女には今から
  名スレ立ててもらうんだああああああああ・・・・・・・・。
  今から2ちゃんをよーく見ててねええええ・・・・・・。」

プツッ・・・・・

うにゅう「・・・・いったい何のコトでしょうか・・・??!」
異端者「・・・・・・・わからん・・・・」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



113 :K:02/03/01 16:46
157 名前:K 投稿日:2002/02/18(月) 00:40 ID:???
          CHANNEL2      PAGE41

■掲示板に戻る■ 1- 最新50

はいはいはーい!! へじほでーっす★★★★

1 :ミ・∀・ミ ◆HEjiHozU :200?/○/■(◆) 22:15 ID:???
  私はTを愛してます。


2 :名前がない@ただの名無しのようだ:200?/○/■(◆) 22:16 ID:???
  なにこれ?


3 :ミ・∀・ミ ◆HEjiHozU :200?/○/■(◆) 22:16 ID:???
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。


4 :名前がない@ただの名無しのようだ :200?/○/■(◆) 22:17 ID:???
  souka


5 :ミ・∀・ミ ◆HEjiHozU :200?/○/■(◆) 22:18 ID:???
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。


6 :ミ・∀・ミ ◆HEjiHozU :200?/○/■(◆) 22:18 ID:???
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。

7 :名前がない@ただの名無しのようだ :200?/○/■(◆) 22:20 ID:???
  マジかよ


114 :K:02/03/01 16:47
158 名前:K 投稿日:2002/02/18(月) 00:41 ID:???
          CHANNEL2      PAGE42

8 :名前がない@ただの名無しのようだ:200?/○/■(◆) 22:20 ID:???
  Tってたかがーのこと?


9 :名前がない@ただの名無しのようだ :200?/○/■(◆) 22:21 ID:???
  >>1は同人女


10 :ミ・∀・ミ ◆HEjiHozU :200?/○/■(◆) 22:21 ID:???
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。


11 :名前がない@ただの名無しのようだ:200?/○/■(◆) 22:22 ID:???
  よかったな、T。


12 :1ミ・∀・ミ ◆HEjiHozU :200?/○/■(◆) 22:23 ID:???
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。



115 :K:02/03/01 16:48

13 :名前がない@ただの名無しのようだ:200?/○/■(◆) 22:24 ID:???
  >>1
  どうでもいいけど規制食らうよ


14 :ミ・∀・ミ ◆HEjiHozU :200?/○/■(◆) 22:24 ID:???
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。
  私はTを愛してます。私はTを愛してます。私はTを愛してます。


15 :名前がない@ただの名無しのようだ:200?/○/■(◆) 22:25 ID:???
  なんなんだ・・・・


16 :ミ・∀・ミ ◆HEjiHozU :200?/○/■(◆) 22:27 ID:???





             だれか たすけて






116 :K:02/03/01 16:48
159 名前:K 投稿日:2002/02/18(月) 00:43 ID:???
          CHANNEL2      PAGE43

コンピューター室にて・・・・

CHANNEL2の爆弾魔Tとへじほ巡査

カシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャ
へじほ「うぅ・・・・・・・」
カシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャ・・・・・

T「ほらほらああああ・・・・・、手を休めると起爆スイッチが作動
  するよおおお・・・・・。」
へじほ「手が・・・・・疲れて・・・・・」
カシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャ

T「ふーーーーーん・・・・きみが手を休めると自動的に足下に仕掛けた大量の
  プラスチック爆弾がボン!ああああああああこまったあああああああ・・・」
へじほ「うぅ・・・・・・!」
カシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャ

T「その爆弾はこのビルを一瞬にして崩壊できる破壊力をもってるんだよ・・・
  下にいるきみの同僚もビルの下敷きに・・・・・プッ(屁の音)」

カシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャ
へじほ「・・・・く・・・・・!」
カシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャ

T「んじゃああああそろそろいくね・・・・へじほさん。また会いたいけど
  はたして会えるかなあああああ・・・・・・。がんばって名スレを
  生かしてねえええええ!!・・・・・・ばいばい。」

カシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャ
へじほ「そ・・・そんな・・・・・!だれか・・・・!」
カシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャ



117 :K:02/03/01 16:49
176 名前:K 投稿日:2002/02/19(火) 01:02 ID:???
          CHANNEL2      PAGE44

一方その頃・・・・・

イェイ「よし、女好きは縛り終えた。これで追ってこれない。」
女好き「私を 縛ったって 脱出など できっこ ないだろう・・・?」
鈴木五郎「黙れ、いいか女好き。本来ならキミはとっくに殺しているんだ。
    命が惜しければこれ以上僕たちに関わらないことだ。」
女好き「・・・・・・・・・・・」

T「おまたせ!へじほさんは今名スレに没頭中だよ。」
ちたん「爆弾は?」
T「予定通り仕掛けてきた。」
イェイ「・・・・・・・・・(姉さん・・・・)・・・・」

ちたん「よっしゃあああ!!saaaaaaaaaaaaa脱出開始ィィィィーーーーー!!!」
イェイ「・・・・・・・・」

女好き「鈴木五郎! あんたは・・・! 一体 何が あんたを こうまで
    変えたんだ・・・?! あんたの やっていることは れっきとした
    犯罪 なんだぞ・・・!!」
鈴木五郎「・・・・・ふん・・・、警察でもないキミがよく言う・・・・・。
     キミに僕の何が分かるってんだ・・・・?」
T「五郎さん、もう行こう・・・・。時間がないよ・・・・。」
女好き「あんたは 元警官 だろ・・・?! こんなことして 良心が
    痛まないのか・・・・?!!」
鈴木五郎「おい!黙れと言ってるんだ・・・!殺されたいのか・・?!」
T「五郎さん!だめだよおおお!!早くいかなきゃ・・・・!!」

ちたん「・・・・・五郎たん・・・・ikuyo・・・・」

鈴木五郎「・・・・・・・・・・・・・・・」


118 :K:02/03/01 16:50
177 名前:K 投稿日:2002/02/19(火) 01:03 ID:???
          CHANNEL2      PAGE45




僕の名は鈴木五郎。
これでも元警官だった。
僕はできることなら自分が警官だったという事実を消したい。
今僕がこの世で最も嫌いなものは警察だ。
二番目に嫌いなものはマスコミだ。
そもそもあの[事件]がなければ・・・・
いや、あのような事件がなくとも僕はこの世の中が
どんなに腐っていたか始めから知っておくべきだった。
むしろあの[事件]に感謝している。


あの頃の僕は世の中の真実を受け止めるには若すぎた・・・・・・





119 :K:02/03/01 16:50
178 名前:K 投稿日:2002/02/19(火) 01:06 ID:???
          CHANNEL2      PAGE46

異端者警部補「鈴木君、いよいよガサ入れだ。市会議員である名無し龍を今から
   逮捕しに行くぞ。逮捕状もある。」
鈴木五郎巡査部長「はい、いよいよですね・・・。」
異端者警部補「他にも汚職してたやつもいるかもしれん、徹底的に
   調べるぞ・・・・・。」
鈴木五郎巡査部長「了解!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

異端者警部補「新中警察捜査一課の者です。市会議員名無し龍、
   汚職容疑であなたを逮捕します・・・・。これが逮捕状です、
   只今から家宅捜査に入ります、捜査令状です・・・。」
名無し龍「・・・・・・・・・・」

鈴木五郎巡査部長「警部補!証拠が次々と出てきました!これは・・・!」
名無し龍「・・・・・・・・・・」
異端者警部補「名無し龍さん、全部話していただけますか・・・・?」
名無し龍「仕方なかったんだ・・・・・」
異端者警部補「他にも汚職をしていた人間の名前も教えていただけますか・・・?」
名無し龍「・・・・・・・あなた方の・・・・同僚ですよ・・・・」
鈴木五郎巡査部長「何だって・・・・?!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


120 :K:02/03/01 16:50
179 名前:K 投稿日:2002/02/19(火) 01:07 ID:???
          CHANNEL2      PAGE47

鈴木五郎巡査部長「警部補!犯人は5歳の少女を人質に○▲マンションに
     立てこもったらしいです!」
異端者警部補「すぐに現場へ急行するぞ!人質優先だ!」
鈴木五郎巡査部長「はい!!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

異端者警部補「遅くなった!で・・・犯人は?!」
警官「あ、お待ちしてました!犯人はこの部屋です・・・・・人質も一緒です。」
鈴木五郎巡査部長「・・・・何か聞こえますね・・・犯人かな・・・」

緑茶「お前ら!そのドアの向こうにいるのは分かってんだよ!!
   そのドアを開けやがったらこの娘のドタマぶち抜いてやるぞ!!」
少女「ぅぇ〜ん・・・・・・」

異端者警部補「鈴木君、隣の部屋のベランダから侵入してくれ。私が
   犯人を引きつけておく・・・・。」
鈴木五郎巡査部長「了解しました・・・・!」

緑茶「名無し龍の野郎め!俺の名前まで吐きやがって!おかげで俺は
   このザマだ!おい!てめえら!名無し龍に伝えとけ!
   てめえの娘をぶっ殺してやるってな!!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

鈴木五郎巡査部長「ハッ・・・!あんたここで何をしている・・・?!」
レポーターラゴン「あ、○▲TV局です。どうですか?犯人の要求は何ですか?
   女の子は無事ですか?」
鈴木五郎巡査部長「やめろ!こんなときに・・・・!おい!撮るな!」
カメラマン「無理ですよ、これ生放送なんですから・・・。」
レポーターラゴン「えーテレビをごらんの皆さん、立った今刑事が隣室のベランダ
   から侵入を試みようとしています。果たして少女は無事に・・・」
鈴木五郎巡査部長「おい!やめろと言ってるんだ!ついてくるな・・・!」

レポーターラゴン「おい、追うぞ・・・・」
カメラマン「はい・・・!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



121 :K:02/03/01 16:51
180 名前:K 投稿日:2002/02/19(火) 01:10 ID:???
          CHANNEL2      PAGE48

少女「ぅぇ〜ん・・・・たすけてぇ・・・・・・」
緑茶「うるせえ!黙れクソガキ!!黙らねえと・・・・・ハッ!!
   な・・・・なんだ・・・?こ、これは・・・・?!」

そのとき緑茶はTVに写る信じられない光景を目にした・・・・。

TV「現場から生中継でお伝えしております、たった今現場からレポーターの
  ラゴンさんより現在の状況を聞いてみたいと思います。ラゴンさん、
  聞こえますか?現在はどのような状況でしょうか?
  
  はいラゴンです!えー現在犯人は拳銃を手に5歳の幼い少女を人質に取り、
  警察に対して・・・」

緑茶「な・・・!これは・・・・!!・・・て・・・てめえら・・・・!!」
鈴木五郎巡査部長「・・(まずい・・!犯人がTVに気づいた・・!!)・・」
緑茶「やりやがったなてめえら・・・!!こうしやる!!」
少女「きゃああああ・・・・!!」
鈴木五郎巡査部長「やめろ!女の子に手を出すな!!私が代わりに人質に
   なる!だから・・・・!」

ダーン!!

鈴木五郎巡査部長「うああああ!!・・・・くっ・・・!」
緑茶「てめえ・・どっから入ってきやがった!TVなんぞで放映しやがって!
   どいつもこいつも・・・・!!全員ぶっ殺して・・・!」

異端者「鈴木君!!どうした?!撃たれたのか?!」

鈴木五郎巡査部長「たのむ・・・・女の子は・・・・・解放してくれ・・・」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


122 :K:02/03/01 16:51
181 名前:K 投稿日:2002/02/19(火) 01:11 ID:???
          CHANNEL2      PAGE49

レポーターラゴン「ちくしょう!一番いいところが撮影できない!おい!
    何やってんだ!早く・・・!」
カメラマン「む、無理です・・!カメラを抱えてベランダからは・・!!」

TV「ラゴンさんラゴンさん、聞こえますか?!今どういう状況なのでしょうか?!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

緑茶「もうこうなったら・・・・!!てめえら!よーく見ておけ!
   俺をハメたことを後悔させてやる!!」
鈴木五郎巡査部長「やめろ・・・!!やめて・・く・・れ・・!!」

少女「ぃやぁあああ・・・・!!」


ズダァァァーーーンンン・・・・・・・・・・・・!!!





鈴木五郎巡査部長「         !!!!!!         」







123 :K:02/03/01 16:51
182 名前:K 投稿日:2002/02/19(火) 01:13 ID:???
          CHANNEL2      PAGE50

犯人は5歳の人質を射殺したこの直後、自ら自分の頭部に発砲し自害した。
犯人の名は新中警察官 緑茶 巡査。のちの調べで明らかになった。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

洋芥子ラゴン「・・・・異端者警部補・・・・あなたは私にこの事実を黙秘しろと
  おっしゃるのですか・・・?TVレポーターであるこの私に・・・」

異端者警部補「ラゴン君・・・・私はこの事件を解決したら警部補から
  警部へ昇格する・・・・それにこの署内に務めている警官が
  汚職していたなんてテレビで放映されたら・・・・・」

洋芥子ラゴン「・・異端者さん・・・・この私にワイロを受け取れと・・・・?」

異端者警部補「頼むからこれを記事にはしないでくれ・・・この金で・・・・
  ・・・・このお金は汚職をした警官からだ・・・・頼む・・・・・。」

洋芥子ラゴン「・・・・・・・・・異端者さん・・・・・・・・・・。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この事件によって殺された少女の親はレポーターラゴン、及び
その他○▲TV局員を告訴。
洋芥子ラゴンはマスコミ業界から身を引いた・・・・・。
事件の真相は闇に包まれたまま・・・・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



124 :K:02/03/01 16:53
183 名前:K 投稿日:2002/02/19(火) 01:18 ID:???
          CHANNEL2      PAGE51

異端者警部補「本当に辞めてしまうのか・・・?人質を救えなかったのは
   君の責任ではないんだ。そんなに自分を責めるな・・・・。」
鈴木五郎巡査部長「もう・・・・決めたことですから・・・・・。」
異端者警部補「そうか・・・・・・・・」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




そして新中警察官 鈴木五郎巡査部長は事件解決一ヶ月後に
辞表を提出。彼は二度と署に戻ることはなかった・・・・・。





125 :K:02/03/01 16:53
184 名前:K 投稿日:2002/02/19(火) 01:22 ID:???
          CHANNEL2      PAGE52




          その二週間後・・・・・・・
        新中街のあるスナックにて・・・・・
     彼の人生を大きく変える一つの出会いが起こった・・・・




鈴木五郎「・・・・・・・・・」
マスター「お客さん、ちょっと飲み過ぎなんじゃないですか・・・?
     あんまり無理をなさるとあなたの将来にかかわりますよ・・・。」

鈴木五郎「・・・・・・・はは・・・・将来・・か・・・・・」


126 :K:02/03/01 16:53
185 名前:K 投稿日:2002/02/19(火) 01:48 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE53

イェイ「おいマスター。いつものやつくれ。」
マスター「いらっしゃいませ、今日は遅かったですね。イェイさん。」
イェイ「一仕事してきたとこなんでな。」
鈴木五郎「・・・・・・・・・」
マスター「そうですか、一体何のお仕事をなさってるんですか?」
イェイ「ヤボなこと聞くなよ、そんなことはどうだっていいだろ。」
マスター「はいはい・・・。あ、そういえば先ほどTさんがいらしてましたよ。」
イェイ「ケッ・・・、あの野郎・・・・・。」

ちたん「オハローーーーー!!!」
イェイ「よう、今回もうまくいったな。」
ちたん「警察に気づかれそうになったけど全然余裕。
    あ、マスター。カフェオレ一つ。」
マスター「かしこまりました、ちたんさん・・・・。」
鈴木五郎「・・・・(こいつら一体何だ・・?・・・コソ泥か・・?)・・」
イェイ「なあちたん、ぼちぼち警察側の動きも把握しておかないと
    これ以上はヤバイぞ・・・。今回はよかったにしても・・・・。」
ちたん「むう・・・・・」
イェイ「警察の動きに詳しい仲間を入れたほうがいいんじゃないか・・・・?」

鈴木五郎「・・・・・・・・・・・・・・・・」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


127 :K:02/03/01 16:54
186 名前:K 投稿日:2002/02/19(火) 01:49 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE54

僕はそれを犯罪だと瞬時に察知した。
以前の僕だったらそれを見逃さない。
でも僕はもう警官でも何でもない。
たった一人の人間を救えなかった。
もう正義の味方ごっこにはうんざりだ。
この今の世の中も嫌いになった。
しかしこの世の真の犯罪者を放ってはおけない
この国の「法」が裁かないのなら、僕自身で裁いてやる。
今の僕の心の空隙を埋めてくれるのなら、
たとえそれが悪魔だろうとかまわない。
見せかけだけの正義など胸くそ悪くなる。

鈴木五郎「君たち・・・・・・ちょっと・・・・」
ちたん「ん?・・・・・・dare?」
イェイ「なんだお前・・・?」

僕の居場所は自分の中の[正義]を貫くこと。

鈴木五郎「・・・・[仲間]を・・・・探しているのかい・・・?」
ちたん「・・・・・・・・・・・」
イェイ「・・・・・お前・・・聞いてたな・・・・」

それが正義でないと言うのなら・・・・・・

鈴木五郎「ご、ごめん・・・・・でも僕は決して怪しい者では・・・・」
イェイ「・・・・・(どうする・・・?ちたん・・・)・・・・」

たとえこの世の誰かが作った「法」に背くことになろうと・・・・

ちたん「・・・・・・名前なに?」
鈴木五郎「僕の名前は・・・・鈴木五郎だよ・・・・・・。」

僕は正義を 捨てよう・・・・・・・・・・・。




128 :K:02/03/01 16:54
201 名前:K 投稿日:2002/02/19(火) 16:55 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE55

コンピューター室
ヘリが到着して5分、ようやくうにゅう警部補はビル内に侵入・・・

カシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャ
へじほ「うぅ・・・・もう・・・手が・・・・・」
カシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャ

うにゅう「へじほくん!大丈夫か?!な・・・!なんだこれは・・?!」
へじほ「うにゅうさん!」
カシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャ
うにゅう「へじほくん!いったい何をやって・・・・」
へじほ「うにゅうさん・・すみません!犯人たちを逃がしてしまいました・・!
    私の足下に・・・・爆弾が・・・・!!」
うにゅう「コンピューターに仕掛けられた爆弾か・・!・・・なんてこった・・・
     これは・・・・ビルもろとも吹き飛ばすほどの量だ・・・・!!
     すぐに爆弾処理班を要請する!もう少し頑張れ!」
へじほ「はい・・・!でも・・・・もうレスが800を越えてます・・!
    1000まで逝ったら・・・書き込めない・・・・!自動的に
    起爆してしまいます・・・・!!」
カシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャ
うにゅう「へじほくん!sageでレスしろ!少しでも時間を稼ぐんだ!」
へじほ「やっています・・・!でも・・・!荒らしがものすごい勢いで
    書き込んできて・・・!」
カシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャ
うにゅう「くそ・・!!荒らしのやつらめ・・!!誰も書き込むなとレスしろ!」
カシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャ
へじほ「ダメです!ちっとも聞く耳を持ちません・・・!!」
うにゅう「くっ・・・・!!」
へじほ「お願い・・・!!みんな書き込まないで・・・・!!」
うにゅう「警部!応答して下さい・・・!!緊急事態です・・!!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

異端者「何だと・・・?!爆弾が・・・?!」
洋芥子ラゴン「・・・(・・ということは女好きくんも・・・!)・・・」

異端者「大至急このビル付近にいる住民を避難させろ!それから爆弾処理班を
    ここに向かわせろ!すぐにだ!」
警官「は、はい!!」

洋芥子ラゴン「爆弾・・?!・・これはもしや第五の犯行・・・?!もし
    そうだとしたなら・・・・」

洋芥子ラゴンは持っていたノートパソコンにスイッチを入れた・・・。

洋芥子ラゴン「や、やはり・・・!!新たなスレッドが立っている・・!!」


129 :K:02/03/01 16:55
202 名前:K 投稿日:2002/02/19(火) 16:56 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE56

■掲示板に戻る■ 1- 最新50

★   第五の犯行   ★

1 :CHANNEL2 ◆Ug2000AA :200?/○/■(◆) 22:45 ID:???
  夜明けとともにでっかい花火をみよう


2 :名前がない@ただの名無しのようだ:200?/○/■(◆) 22:48 ID:???

      ∧_∧      ∧_∧
     _( ´∀`)    (´∀` )
  三(⌒),    ノ⊃    ( >>1 )   クソスレは・・・
     ̄/ /)  )      | |  |
    . 〈_)\_)      (__(___)

         ∧_∧  .∧_∧
         (  ´∀) (´∀` )
       ≡≡三 三ニ⌒) >>1 .)    立てるなと・・・
        /  /)  )  ̄.| |  |
        〈__)__)  (__(___)

           ∧_∧  ,__ ∧_∧
          (    ´)ノ ):;:;)∀`)
          /    ̄,ノ'' >>1  )   言ったろうが!
         C   /~ / /   /
         /   / 〉 (__(__./
         \__)\)
                      ヽ l //
            ∧_∧(⌒) ―― ★ ―――
            (    ) /|l  // | ヽ   ボケがーーー!
           (/     ノl|ll / / |  ヽ
            (O  ノ 彡''   /  .|
            /  ./ 〉
            \__)_)


3 :名前がない@ただの名無しのようだ:200?/○/■(◆) 22:52 ID:???
  花火?


4 :名前がない@ただの名無しのようだ:200?/○/■(◆) 22:52 ID:???
_____
│\_/│
││□││     Yデーまで後……
│/ ̄\│      13日・・・・・・・ 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


130 :K:02/03/01 16:55
5 :名前がない@ただの名無しのようだ:200?/○/■(◆) 22:53 ID:???
  削除依頼は自分で


6 :名前がない@ただの名無しのようだ:200?/○/■(◆) 22:55 ID:???
  またくそすれかよ


7 :名前がない@ただの名無しのようだ:200?/○/■(◆) 22:55 ID:???

□□□□□▼□□□□□□□□▼▼▼□□□□□□□□□
□□□□□■■▼□□□□□□▼■▼□□□□□□□□□
□□□□▼■■□□□□□□□■■▼□□□□□□□□□
□□□▼■■▼□□□□□□▼■■▼▼▼▼■■▼□□□
□□□■■■□□▼▼□□□▼■■■■■■■■■▼□□
□▼▼■■▼□▼■■▼□▼■■▼▼▼▼▼■■■□□□
▼■■■■▼▼■■▼□□▼■■■□□□▼■■▼□□□
▼■■■■▼▼■▼□□▼■■▼■▼□▼■■■□□□□
□▼■■■■■■▼□▼■■▼▼■■▼■■■▼□□□□
□□▼■■■■▼▼□▼■▼□□▼■■■■▼□□□□□
□□□▼■■▼▼■▼□▼□□□□▼■■■□□□□□□
□□□▼■■□□■■▼□□□□□▼■■▼▼□□□□□
▼▼▼■■■▼■■■■▼□□▼▼■■■■■▼□□□□
■■■■■■■■▼■■▼▼■■■■▼■■■■■■▼▼
■■▼▼▼■■□□▼▼■■■■▼▼□□▼■■■■■▼
▼▼▼□□■■□▼▼▼■■■▼▼■▼▼▼▼■■■■▼
□■■■▼■■▼■■▼■■▼□▼■■■■▼▼▼▼▼□
□■■■▼■■▼■■▼▼▼□□▼■■■■■■▼□□□
□■■■▼■■□▼■■□□□□□▼▼■■■■▼□□□
▼■■■□■■□▼■■▼□□▼□□□▼■■▼□□□□
▼■■■□■■□□■■▼□▼■■▼▼▼□□□□□□□
▼■■▼□■■□□■■▼□▼■■■■■▼▼□□□□□
▼■■▼□■■□□▼▼□□▼■■■■■■■■▼▼□□
▼■■▼□■■□□□□□□□▼▼■■■■■■■▼□□
□□□□□■■□□□□□□□□□□▼■■■■■▼□□
□□□□□■■□□□□□□□□□□□□▼▼▼▼□□□


8 :名前がない@ただの名無しのようだ:200?/○/■(◆) 22:56 ID:???
  今度はなんだよ・・・・


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



131 :K:02/03/01 16:55
203 名前:K 投稿日:2002/02/19(火) 16:58 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE57

異端者「遅くなってすまん!爆弾は?!」
カシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャ
へじほ「警部!もう950を越えてしまいました・・・!!」
うにゅう「早く・・!爆弾を解体しないと・・・・!!」
異端者「おい!解体を急げ!!もう5分と持たない!」
爆弾処理班「はっ!!」
カシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャ

うにゅう「間に合うだろうか・・・!!」
警官「うにゅう警部補!奥の部屋に誰かいます・・・!」
うにゅう「何・・・?!よし、どこだ?!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

警官「こちらです・・・!」
女好き「遅かったな、 やつらは もう すでに 逃げたぞ・・・。」
うにゅう「君は・・!!いつの間にビル内に侵入していたのか・・・!!
    おい、ナワをほどいてやれ。」
警官「はっ!」
女好き「爆弾は・・・・?」
うにゅう「今処理班が解体しているところだ。」
女好き「間に合うのか・・・・?」
うにゅう「もし間に合わなかったらここにいる全員が死ぬ・・・・。」
女好き「・・・・・・・・!!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



132 :K:02/03/01 16:56
204 名前:K 投稿日:2002/02/19(火) 16:59 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE58

カシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャ

へじほ「980を越えました!もう後がありません・・・!!」
異端者「おい!まだか?!」

カシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャ

爆弾処理A「すみません!もう少し・・・・!!おい!アース線はどれだ?!」
爆弾処理B「わからん!三重のトラップが仕掛けてある!こ、これは
      手が出せん!!な、なんて仕掛けだ・・・!!」

カシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャ

異端者「なんとかしろ!解体しないと・・・!!」

爆弾処理B「赤と白のワイヤーだ!どっちかを切断すれば・・・!!」

カシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャ

へじほ「990を越えました!!もうダメですーーーー!!!」
爆弾処理A「赤だ!赤を切れ!!早く!!」


爆弾処理B「うぅ・・・!!・・・・・一か八か・・・・!!」





                カチッ!





133 :K:02/03/01 16:56
208 名前:K 投稿日:2002/02/19(火) 23:31 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE59

異端者「・・・・・・・・・・・」

うにゅう「・・・・・・・・・・」

へじほ「・・・・・・・・・・・」

女好き「・・・・・・・・・・・」

処理班A「・・・・・・・・・・・どうやら・・・・止まったようですね・・・」

異端者「そうか・・・!!・・・・・・・・・ふぅ・・・・・」
へじほ「・・・・・・はぁ・・・・・・疲れた・・・・・・」
うにゅう「よかった・・・・!・・・・・・・」
女好き「・・・・・・・・・・・やれやれ・・・・・・」

処理班B「・・・・・・・・・・・」

異端者「犯人達は我々を爆弾のほうへ目を向かせてそのスキに脱出したのだな・・・
    爆弾の存在を下の警官たちも気づけばわずかな時間だがスキができる、
    逃走経路を見つけるのもたやすいわけだ・・・・。」
うにゅう「犯人どもめ・・・!必ず捕まえてやる・・・・!」

そのとき、せきをきったように洋芥子ラゴンが現れた・・・・。

洋芥子ラゴン「女好きくん!無事か・・・?!」
異端者「ラゴン君・・・・爆弾は解体に成功した、彼も無事だ・・・・。
    とは言ってもここは立入禁止だぞ・・・・。」
洋芥子ラゴン「あ、すみません警部さん。すぐ終わりますので・・・。」

女好き「編集長、 心配 かけましたね・・・。 私は 大丈夫です・・・。」
洋芥子ラゴン「女好きくん、何も言わずにこれをよーく見ろ・・・・。」
女好き「・・・・? 第五の 犯行予告スレッド ですか・・・? でも
    爆弾は 解体 しましたよ・・・?」
洋芥子ラゴン「君らしくないな、このスレッドにはまた真意が隠されているかも
    しれないぞ。・・・ちたんとはそういう男だ・・・。」

女好き「フム・・・、 [夜明けと ともに でっかい 花火を 
    みよう] か・・・・。編集長、 今何時ですか?」
洋芥子ラゴン「・・・23:02分だ・・・・。」
女好き「夜明けまで まだ 数時間以上 ある・・・・。第一 この [花火] 
    というのが 爆弾を 意味 しているのであれば、 爆弾は すでに
    止めた・・・・。 わからん・・・・、 まさか 夜明けに また
    新たな 爆弾を 仕掛けるとでも 言うのか・・・・?」
洋芥子ラゴン「何にしろこのスレッドにはまた意味が隠されていると思う。
    女好きくん、君は前回のちたんのスレの謎を解いた。・・・・これも
    同様に考えてくれ・・・・・。君ならこの謎を解けるはずだ・・・。」
女好き「わかりました・・・・、 やって みます・・・・。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


134 :K:02/03/01 16:56
209 名前:K 投稿日:2002/02/19(火) 23:33 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE60

うにゅう「大丈夫か、へじほくん・・・・・。」
へじほ「はい・・・、こんなに神経がヘトヘトになったのは初めてですけど・・・」

プルルルルル・・・・・・プルルルルル・・・・・・

異端者「はい、異端者です・・・。はい・・・・はい・・・そうですか、
    ご苦労様です・・・、いえ・・・・はい、それでは・・・。(プツッ)」

異端者「みんな聞いてくれ、どうやら市が管理している電源はあと一時間ほどで
    回復するそうだ。・・・・多分0:00くらいには町の電気も復活するだろう。」
へじほ「よかったぁ・・・・・!」
うにゅう「ふう・・・・やれやれ・・・・。今頃署や電力会社には苦情の電話が
    殺到しているだろうな・・・・。住人はいいよなあ、こっちの苦労も
    知らないで・・・・・・。」
へじほ「ダメですようにゅうさん、そんなこと言っちゃ・・・・。」
うにゅう「おっと・・・・!警部に聞こえたらまずいよな・・・・・」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

処理班B「異端者警部、ちょっと・・・・・・」
異端者「どうした・・・・・?」
処理班B「どうもおかしいんです・・・、これをご覧ください・・・・。」
異端者「爆弾からのびているワイヤーが数本、コンピューターの内部に直結・・・
    ・・・・・・で、何がおかしいんだ・・・・?」
処理班B「一見コンピューター内部に接続されているように見えますが・・・・
    中を開けたらただバイパスしてあるだけなんです・・・。」
異端者「・・・・・つまりどういうことなんだ・・・?」
処理班B「つまり・・・・・・簡単に言えば・・・・キーボードを・・・・
    掲示板に常時書き込まなくても・・・・起爆することはない・・・
    ということです・・・。」
異端者「なんだと・・・・??わざわざ解体しなくとも始めから起爆
    しなかったとでも言うのか・・・・?!」
処理班B「そうとしか・・・・・考えられません・・・・・。」

異端者「どういうことだ・・・・・・・・・・・・??」

135 :K:02/03/01 16:57
217 名前:K 投稿日:2002/02/20(水) 01:18 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE61

新中住宅街

マターリ「もーどうなってんだあああああ。停電はまだ直んないのかああああーー
   ローソクがもうなくなってきたよ・・・・・。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

シャル「早くクソスレ立てたいなぁ・・・・・・・・。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

カレー信者「漏れの人生・・・・・・・・オワッタ・・・・・・・・・
    せっかくキングレオ倒したのに・・・・・・・・・」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

新中市 某所 
マンホールの中からCHANNEL一行のメンバーが現れた。

ちたん「脱出seikouuuuuuuuuuuuuuuuuuu!!!!!!!!!」
鈴木五郎「ふぅ・・・・・やっと排水溝から出られた・・・・。」
T「ビルの地下から排水溝を抜けて脱出とは考えたね、ちたんさん!」
イェイ「・・・・・・・・・・・」

鈴木五郎「・・・?・・どうしたんだい?イェイ・・・・・。」
イェイ「ん・・・・?いや・・・べつに・・・・。」
T「・・・・(へじほさんのことか・・・・)・・・・・」
ちたん「よっしゃ、とりあえずアジトへ帰ろおか。お腹減ったし・・・・。」
鈴木五郎「うん、いよいよ第五の犯行が実行される・・・・・・。」
T「たのしみだあああああああああ・・・・・・。」

イェイ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


136 :K:02/03/01 16:57
218 名前:K 投稿日:2002/02/20(水) 01:20 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE62

コンピューター室  午後11時45分

うにゅう「どういうことなんでしょうか・・・?犯人達は最初からビルを
     爆破する気などなかったんですか・・・?」
異端者「今まで起こった犯行を考えると、そうとも言い切れん・・・・。
    やつら目的のためならば手段を選ばないからな・・・・。」
女好き「花火・・・・・ 夜明け・・・・・ ウム・・・・・ わからん・・・
    この スレッドの 意味 とは・・・・む?」

そのとき女好きは爆弾が仕掛けられていた机の下の裏に
張り付けてあった一本のアンテナらしき物を発見した・・・・。

女好き「すみません、 この アンテナ らしきものは なんですか・・・?」
処理班B「・・・?何だこれは・・・?こんな物があったなんて・・・・・。」
女好き「・・・・(花火とは やはり どう考えても 爆弾の ことしか
    思いつかん・・・・。 夜明けとは いったい 何を 意味して
    いるのだ・・・・・??)」

異端者「まあともかくあと5分たらずで市の電源も回復する。爆弾のことは
    妙だがどちらにしろ爆発しないにこしたことはない・・・・。」
うにゅう「そうですね、とりあえず電源が戻るまで待ちましょう。」

プルルルルルルル・・・・・プルルルルルルル・・・・・

へじほ「あ、私の携帯だったのか・・・・・・はい、もしもし・・・・。」
*「・・・・・姉さん・・・やっぱり言わないわけにはいかない・・!
    今すぐそこから出ろ・・・!!」
へじほ「・・・!!あ、あなたは・・・!ど、どこにいるの?!いい加減に
    犯罪はやめて自首しなさい・・・!」
*「姉さん!そんなことより早くビルから脱出しろ・・・!もうじき
    爆弾が・・・・・!!(プツッ)・・・ツーッツーッツーッ・・・・」
へじほ「もしもし?!・・・・もしもし?!」
異端者「どうしたんだへじほ君?今のは誰なんだ・・・?」

へじほ「警部・・・・すみません・・・実は・・・・!・・」


137 :K:02/03/01 16:57
219 名前:K 投稿日:2002/02/20(水) 01:22 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE63

女好き「ハッ!! そうか・・!・・そういう・・・・こと・・・・か・・・!!
    まずい! 警部さん!!」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
へじほ「実は・・・犯人グループの中に・・・・・・私の・・・・・」
女好き「警部さん!! 説明は 後だ!! 今すぐ 全員 ビルから
    出るんだ!! 早く!!」
異端者「な、何を急に・・・!」
女好き「編集長! 今 何時ですか?!」
洋芥子ラゴン「え・・・?23:57分だが・・・・?」
女好き「・・・・!! 警部さん! 3分以内に ここを 出るんです!早く!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
新中広報

ピンポンパンポ〜ン・・・・♪
*「新中市民 の 皆様・・・・ 停電事故で 大変 ご迷惑 お掛け して
  おります・・・・ 市 の 電源は 回復 しました・・・・・
  ただいまより 電源 を 入れます・・・・・・。
  市民 の 皆様・・・・ ご迷惑 お掛け しました・・・・・。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
新中住宅街

マターリ「ようやく電源復活かああああ・・・。これでやっと[明るく]なるよ・・。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

シャル「早く電源入れろ![暗くて]何も見えやしねえ・・・・・。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

もう明やい「やっとこれで[明るく]なるな・・・・・・。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



・・・・・・・・夜明けとともにでっかい花火をみよう・・・・・・・





138 :K:02/03/01 16:58
220 名前:K 投稿日:2002/02/20(水) 01:23 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE64

女好き「起爆 スイッチは [電源]だ! [夜明け]とは 電気が 回復
    することだ・・・・!!」
うにゅう「・・・・・・・・!!!!」
異端者「ぜ、全員大至急ビルから脱出しろ!!」
へじほ「は、はい!!!」
処理班A「なんてことだ・・・・!!」
処理班B「こ、これはリモートアンテナだ!!やばい!逃げろ!!」

            23:58分 12秒
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
カンカンカンカンカンカン・・・・・!!(階段の音)
異端者「はぁはぁ・・・エレベーターは使うな!かえって時間が掛かる!!」
            23:58分 56秒
うにゅう「はぁはぁ・・・おい!全員ついて来てるか?!」
            23:59分 18秒
へじほ「はい・・・!!な、なんとか・・・!!」
            23:59分 25秒
洋芥子ラゴン「うひゃーーーー!!来るんじゃなかったーーーー!!」
            23:59分 36秒
処理班A「おい!確か0時きっかりに電源が入るんだったな・・・!!」
            23:59分 45秒
処理班B「はぁはぁ・・・!ああ、ということはもう20秒もないぞ・・・!!」
            23:59分 51秒
女好き「こ、これが 本当の 第五の 犯行 か・・・・!!」
            23:59分 57秒

異端者「全員なるだけ遠くに非難しろ!!」

へじほ「きゃあああああああ!!!!」


            23:59分 59秒




            00:00分 00秒

            ガシャン・・・・!(電源音)





・・・・・・・・・ズッグァァァァーーーーーーーーンンンン!!!!・・・・・





              「第五の犯行」
  ○月△日 ○曜日 午前0時00分 新中市 情報センタービル 爆破 



139 :K:02/03/01 16:58
226 名前:K 投稿日:2002/02/20(水) 19:03 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE65

TV「新中市情報センタービル崩壊により町は大パニックを起こしています!
  電源は復活したようですが、早くも暴動が起き・・・・」

TV「負傷者の数は不明です!すでに多数の消防車や救急車が出動しておりますが
  現在のところは崩壊したビルに近づけず、消火活動は困難をきわめており・・」

TV「只今の時刻は午前0時35分ですが、町は真夜中とは思えないような
  騒ぎです。ビルの付近5kmは交通渋滞が続いており・・・」

TV「ヘリコプターよりカメラが捕らえた中継です!ご覧下さい、町はビルが
  崩壊したことによりパニックに紛れて市民があちこちのコンビニや
  デパートで窃盗、暴動を起こしています!」

TV「警察側は急遽、軍を要請したようです。停電が回復したことにより
  町はますます大混乱を招き、わずか一夜にしてこの町は地獄へと・・・」

TV「新中市の市民の中には早くもCHANNEL2の信者が組織され、町の
  いたるところでCHANNEL2の旗を掲げた若者の群で殺到しています!」

TV「只今新たな情報が入りました!この後番組の予定を変更し、急遽
  小泉内閣総理の記者会見が発表されるとのことです。」

TV「CHANNEL2の犯人メンバーが仕掛けた爆弾は[C-4]と俗称されるもので、
  この爆弾は軍が使用するものとして・・・」

TV「この後も新たな情報が入り次第、ニュースを続けたいと思います。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


140 :K:02/03/01 16:59
227 名前:K 投稿日:2002/02/20(水) 19:04 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE66

CHANNEL2信者「こんな町ぶっ壊しちまえ!ちたんマンセーーーー!!」
CHANNEL2信者「第六の犯行超超超超超超超キボーーーーーン!!」
CHANNEL2信者「新中市逝って良し!!!!!!!!」
CHANNEL2信者「CHANNEL2マンセーーー!!」
CHANNEL2信者「警察なんぞ丸めて犬に喰わせてやる!!」
CHANNEL2信者「次の犯行は俺達が起こしてやんぜ!軍隊が来ようと
         かまうもんか!雨印ぶっつぶしてやんぜ!!」
CHANNEL2信者「学校に火を付けろ!会社をブッ潰せ!警察をたたきのめせ!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

署長「すでに軍を要請した、もう我々の管轄ではない。よって君はこの事件の
   担当からはずす、いいな・・・。」
異端者「ま、待って下さい署長・・・・!もう少し・・・」
署長「上からの命令なんだ異端者くん・・・・、これはもう警察側だけの
   問題ではなくなった・・・・。」
異端者「・・・・・・・・・・・」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ダース患者「おいテレビ見ろよ!すげーことになってるぞ!」
考える鳥患者「もういい加減にしてくれよ・・・・」
1000ワッカ患者「つーかこれじゃあ病室がいくらあっても足りないんじゃない?」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
マターリ「ニュース速報板が重くて入れないよ・・・・。ちょっと外に行って
   町のようす見てこようかなぁ・・・・・。」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
シャル「この町もこれで有名になったなー。」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
カレー信者「こりゃあゲームどころじゃなくなったぞ・・・・・・。」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

うにゅう「もしもし俺だけど・・・ニュース見たろ?今日は帰れないよ・・・。」
*「大丈夫なの?気をつけてね・・・・・。」
うにゅう「ああ・・・、それから安全になるまで絶対に外へ出るなよ。」
*「うん・・・・。早く帰ってきてね・・・・。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

洋芥子ラゴン「女好きくん、早く病院へ行ったほうがいいぞ。腕だけとはいえ
    出血しているじゃないか。」
女好き「病院は どこも 満員 ですよ。 幸い 弾は 貫通したので
    大事には 至らない ですが・・・・。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

141 :K:02/03/01 16:59
228 名前:K 投稿日:2002/02/20(水) 19:06 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE67





この日・・・CHANNEL2事件は瞬く間に全国各地で大ニュースとなり、
視聴率はますます上昇。なお2ちゃんねると呼ばれるサイトは、アクセス数が
急激に伸び、犯行の拠点としていたFF/DQ板を現在の管理人が一時閉鎖。

そしてニュース速報板には「前管理人ひろゆき出てこい!」というスレッドが
次々に立ち、もはやTVでもネット内でもあることないことの情報が飛び交った。



142 :K:02/03/01 16:59
238 名前:K 投稿日:2002/02/20(水) 23:22 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE68

新中警察署 捜査一課

うにゅう「警部・・・・まさかこのまま引き下がるわけじゃないですよね・・・。」
異端者「・・・・・・・・・・・」
へじほ「警部・・・・・・」
異端者「・・・・・・・・・・・・仕方ないだろう・・・・・。
    担当を下ろされたからには・・・・・・。」
へじほ「そんな・・・・・」
うにゅう「警部!あなたらしくないですよ・・・!最後まであきらめずに
    頑張りましょう・・・!」
異端者「・・・・・・・・・・・・・・・」

○×新聞社

洋芥子ラゴン「よし、これで大丈夫だろう・・・。だがキズはかなり深いから
    もう無理はしないほうがいい、少し休め・・・・。」
女好き「はい・・・ そうさせて もらいます・・・。」
洋芥子ラゴン「しかしこれで警察側も手が出せなくなったな・・・。なんでも
    異端者警部は担当を下ろされたらしいぞ・・・。」
女好き「・・・・・・・・・・・・」
洋芥子ラゴン「・・・じきに内閣総理の記者会見が始まるな・・・・・。
    政界も今やガタガタさ・・・、この国はいったいどうなって
    しまうんだ・・・・・。」
女好き「編集長・・・、 やつらは 多分 情報に 関するものを 盗んで
    いったと 思います・・・。」
洋芥子ラゴン「何の情報だ・・・?」
女好き「分かりません・・・。 しかし 手がかりは つかみました・・・。
    私は あのとき コンピューター室で [ある物]を 発見しました・・・。
    これを 異端者警部に 渡して もらえませんか・・・。」
洋芥子ラゴン「これは・・・!・・・・そうか・・・なるほどな・・・・・。
    これさえあればやつらの居所が分かる、さすが女好きくんだ・・・。」
女好き「編集長・・・ すみませんが よろしく お願いします・・・・。」
洋芥子ラゴン「ああ・・・、わかった・・・。私も覚悟はできたよ・・・・
    自分の身をかばおうとばかりして・・・・。君のおかげで目が覚めた、
    ありがとう・・・・・。」
女好き「・・・? 何のこと ですか・・・?」

洋芥子ラゴン「・・・・・・・・時が経てばいずれ分かるよ・・・・・。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



143 :K:02/03/01 17:01
239 名前:K 投稿日:2002/02/20(水) 23:26 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE69

新中市 某所 CHANNEL2のアジトにて

ちたん「では・・・・・・・・・gohon.......」

ちたん「みなさんごくろおさまでした!kanpaaaaaaaaaaaaaaaaiiiii!!!!!!!!」
T「カンパーーーーーーーーイイイイイイ!!!!」
鈴木五郎「お疲れ!」
イェイ「乙カレー!」

ちたん「iiiyaaaahooouuuuuuiiiiiii!!!!!!飲むzoooooooooooooooooooo!!!!!!」
T「ビルは全壊だってさあああああああ!!!あっはっは!」
鈴木五郎「ふぅ・・・・・これで僕の役目も・・・・」
イェイ「・・・・やっぱやめちまうのか・・・?五郎・・・・。」
鈴木五郎「うん・・・、最初に言ってた通り僕の目的はこのディスクだけなんだ・・」
T「そうかああああ・・・・寂しくなるなぁ・・・・。」

ちたん「gubigubigubigubi...............(゚∀゚)アヒャ」

鈴木五郎「君たちは何の情報を手に入れるためにあのCDを?」
T「それはねえええええええ・・・・・」
イェイ「おいよせよT・・・・・。」
鈴木五郎「・・・・・・?」
イェイ「悪いな五郎、お前がCHANNEL2を抜けると言った時点でお前の前で
    極秘事項は口にできない・・・・。これはCHANNEL2の掟なんだ、
    悪く思わないでくれ・・・・。」
鈴木五郎「そうか・・・・。そうだね、いや気にしないで、このままお互い
    何の干渉も持たずに別れたほうがいいもんね・・・・。」

ちたん「心気臭いなああああああああ!!!今日はそんな話はnashi!!!!!!!!
    徹底的に飲むベシ!!!!」

鈴木五郎「あはは・・・・そうだねゴメン。ようし、僕もワインでも開けるか!」
イェイ「おいちたん、もう酔ってんのか?w」
T「酔ったちたんさんかっけーーーーーーー!!!」

ちたん「uoooooooooooooooooooooooo!!!!!!!!(゚∀゚)gubigubigubigubi・・・・・」

イェイ「おいおい無茶すんなよ・・・・、そんな飲み方して・・・・。」
T「こっちだってえええええええええええ!!」
鈴木五郎「あはははは・・・・・!」



その夜、CHANNEL2のメンバーは作戦成功を祝って朝まで飲み明かした・・・。
それは仲間である鈴木五郎との最後の祝いでもあったが、
この夜は全員が一仕事を終えたような明るい笑顔だった・・・・・。



144 :K:02/03/01 17:01
240 名前:K 投稿日:2002/02/20(水) 23:27 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE70





・・・・・・・だがその明け方・・・・・・
CHANNEL2の首謀者であるちたんの姿はどこにもなかった・・・・・・
盗んだ情報CDを置いて・・・・・そして・・・・・仲間を置いて・・・・・・




145 :K:02/03/01 17:02
248 名前:K 投稿日:2002/02/21(木) 01:26 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE71

新中警察署 捜査一課

洋芥子ラゴン「異端者警部さんはいらっしゃいますか・・・?」
うにゅう「ラゴンさん・・・・、どうしたんです・・・?」
異端者「ラゴン君・・・・何か用でも・・・・?」
洋芥子ラゴン「ふぅ・・・・何ですかこの力の抜けたような雰囲気は・・・。」
うにゅう「・・・・・それはあなたもご存じでしょう・・・・。」
へじほ「・・・・・・・・・・・」
洋芥子ラゴン「知っていますよ、・・・でもそれが何なんです・・・?
    あなた方は新中警察捜査一課でしょう?担当を下ろされたぐらいで・・」
異端者「ラゴン君・・・・・私だって悔しいさ・・・、だがこれはどうしようも
    ないんだ・・・。すまないが帰ってくれないか・・・・。」
洋芥子ラゴン「いいえ、まだ帰りません。これをご覧になるまでは・・・・。」

洋芥子ラゴンは女好きから預かった[ある物]を見せた・・・・・。

異端者「それは・・・・・!」
うにゅう「・・・・?・・・・レシート・・・・?」
洋芥子ラゴン「私の部下である女好きが命を懸けて手に入れたCHANNEL2の
    行方を追う貴重な手がかりです・・・・。」
へじほ「・・・・・そのレシートが何の手がかりになると・・・??」
洋芥子ラゴン「女好きくんはこのレシートを、あのコンピューター室に
    散らばっていた弁当の食べ残しから発見したのです。おそらくこれは
    弁当やパンを買った[コンビニレシート]に間違いありません・・・・。」
うにゅう「・・・!!・・・・そうか・・・!!」
へじほ「・・・・????」
洋芥子ラゴン「レシートにはたいてい店の名前や住所まで載っている・・・。
     このレシートの住所を見るかぎりでは情報センタービルからほど遠く
     離れた住所です・・・。しかもレシートに打ってある時間を見ると
     第四の犯行時刻から24時間も前です。彼らはビルへ向かう前に
     買い物をしたという証拠。つまりこのレシートは・・・・・」
うにゅう「やつらのアジト近所にあるコンビニというわけか!!」
洋芥子ラゴン「その通り・・・・・・・。」
へじほ「・・・・・・なるほど!!」



146 :K:02/03/01 17:02
249 名前:K 投稿日:2002/02/21(木) 01:29 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE72

異端者「・・・・・・・・・・・」
洋芥子ラゴン「異端者さん・・・・・。このレシートは女好きくんからあなたへ
    お渡ししてくれとのことです・・・・・。」
異端者「・・・・・・・・・・・」

洋芥子ラゴン「異端者さん・・・・、これは女好きからの願いでもあるんです・・・
     私もあなたと同様に覚悟はできました・・・・・。もう自分の
     身をかばうようなことはやめましたよ・・・・・。」
異端者「ラゴンくん・・・・・・。」

TV「・・・・小泉内閣総理の記者会見が始まろうとしています!」

うにゅう「・・・!始まった・・・・」

TV(レポーター)「小泉さん!この事件に対してどうお考えですか?!
   今後の対策は?!小泉首相!新中市の暴動を抑えられますか?!
   小泉内閣!警察側の無力さに対してどうお考えですか?!」

TV(首相)「・・・・この事件によって多数の負傷者、及び被害者が出ました。
  そして犯人は未だ捕まらない。だが私は警察側の力量を言っているのでは
  ありません、現時点ではいかに犯人達を捕まえるかということ。いかに
  この問題に立ち向かうかということ。[アメリカはテロに屈しない]という
  伝統があります・・・。だがそれは我が国でも同じこと!
  文明はますます発達してきている今日、それは[犯罪]を犯す場も増える
  ことでもあります!・・・・今やパソコン一台あれば家に居ながら商売も
  でき、そして犯罪を犯すことも可能です・・・!
  今回の事件は日常誰でも可能な犯行です。この事件によって町では暴動も
  起きています。そもそもこの事件はなぜ起こったのか?一部の過激な
  若者の凶荒だけで片づけられる問題であろうか?!だとしたら暴動など
  起こりうるはずはない・・・!・・・・これは近代文明における
  社会問題でもあると私は判断する!
  この不況の最中、現代の教育制度、現代の職制度、現代の文明社会に対する
  反発でもあると私は断言します・・・・・!現時点では一日も早く犯人逮捕を
  願っています・・・・、しかし・・・・最終的には一日でも早くこの
  社会問題そのものの問題に取り組むべきではないかと私は思います・・・・。」

異端者「・・・・・・・・・・・・」
洋芥子ラゴン「異端者さん・・・・」
うにゅう「警部・・・・・・」
へじほ「・・・・・・・・・・・」

異端者「うむ・・・・・。我々にできることは・・・・犯人逮捕だけだが・・・
    それが仕事・・・・いや・・生き甲斐だからな・・・・」
うにゅう「行きましょうか・・・・警部・・・・。」
異端者「ああ・・・・・今度こそ・・・・逃がしはしない・・・・。行くぞ・・」
へじほ「・・・・了解!」

洋芥子ラゴン「・・・・・(よかった・・・・・)・・・・」



147 :K:02/03/01 17:03
261 名前:K 投稿日:2002/02/21(木) 23:12 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE73

○月△日 ○曜日 午前11時05分
新中市 A町 某コンビニにて

異端者「レシートの住所からするとこのコンビニだな・・・・。へじほ君、
   悪いが君は外で待機しててくれ、怪しい人物を見かけたらすぐに
   知らせてくれ。」
へじほ「はい、了解しました。」
異端者「よし、うにゅう君行こう。」
うにゅう「はい。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

店員「いらっしゃいませー。」
異端者「警察の者です、ちょっとこの写真を見てもらえますか・・?」

異端者は元警察官の鈴木五郎の写真を見せた。

店員「・・・・あれ・・?この人ならよくここへ買いに来ますよ・・・。
   というか昨日の夜中にも来ましたね・・・・」
異端者「・・・・(大当たりだ・・・)・・・」
うにゅう「どこに住んでいるかまでは分かりませんか?」
店員「さあ・・・そこまでは・・・・・・この近所だとは思いますが・・・」
異端者「昨晩の真夜中にこの男は一人でここへ来てましたか?」
店員「んー・・・・いえ、三人くらいの連れがいたような・・・。なんか
   ビールやらワインやら大量にお酒やおつまみを買っていきましたよ。」
うにゅう「警部・・・・」
異端者「ああ、おそらくCHANNEL2の連中に間違いない・・・・。
   店員さん、すみませんが店長をお呼びしてもらえませんか?」
店員「あ、はい・・・・。少々お待ちください・・・。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

店長「お待たせしました・・・・。何か・・・・?」
異端者「新中警察捜査一課の者です、CHANNEL2事件のことで我々に
   ご協力願いたいのですが・・・・。」
店長「CHANNEL2・・?!ま、まさか今度はこの店が狙われているとか・・?!」
異端者「いえ、そうではなくこの店の昨晩の防犯カメラのビデオを
   見せていただきたいのです・・・・。」
店長「あ、そうですか・・・。ふぅ・・ビックリした・・・・。じゃあ
   奥の部屋へどうぞ、こちらです・・・・・。」
異端者「うにゅう君、へじほ君も呼んでくれ。彼女にビデオを見せたい。」
うにゅう「え・・・?あ、はい・・・分かりました。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



148 :K:02/03/01 17:03
262 名前:K 投稿日:2002/02/21(木) 23:13 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE74

へじほ「警部・・・・何か・・・・?」
異端者「へじほ君、これからこの店の防犯カメラのビデオを観る。君はあのとき
   犯人と接触しているから顔が分かるはずだ。よーく見ててくれ。」
へじほ「分かりました・・・。」
店長「では流します・・・・。だいたいこのくらいの時刻だったかな・・・・。」
ウィィィ・・・ンンン
へじほ「・・・・・・・・・・」
異端者「いた・・!鈴木五郎が写っている・・・!!」
うにゅう「五郎くん・・・・・・・」
へじほ「・・・・・・・!!」
異端者「む・・・全部で四人か・・・・・へじほ君どうだ?」
へじほ「はい・・・、あのとき私の足下に爆弾を仕掛けたのは・・・・この・・・
    今スナック菓子を手にした男です・・・・。」
異端者「ふむ・・・・あとは?」
へじほ「こ、この・・・・・・・・今・・・・洋酒コーナーの前に・・・・・
    立っている・・・の・・・が・・・・・・・・・・・・・・・」
異端者「・・・・・へじほ君・・・?」
へじほ「わ・・・私の・・・・[弟]・・・・です・・・・・・・。」
異端者「・・・・・な・・・なんだと・・・・?!」
うにゅう「へじほくんの・・・お、弟?!」
へじほ「す、すみませんでした・・・!警部・・・!!うぅ・・・・もっと
    早くにお伝えしようかと思ったんですが・・・あの爆弾騒ぎで・・・」
異端者「・・・・そうか・・・、あのときの電話は君の弟からだったんだな・・・?
    CHANNEL2の一味である犯人からの・・・・・。」
へじほ「うぅ・・・すみませんでした・・・!」
うにゅう「そうか・・・、姉の身がやはり心配で爆弾のことを伝えたかったのか。」
異端者「・・・・弟の名前を教えてくれるな・・?へじほ君・・・・・。」
へじほ「はい・・・・・・名前は・・・[イェイ]です・・・・。」
異端者「ありがとう・・・・。この捜査が終えるまでは彼が君の弟だということは
    内密にしておこう。・・・・・だが分かっているだろうが、捜査に私情は
    持ち込むなよ。いくら君の弟とはいえ犯罪者は犯罪者だ・・・・。」
へじほ「はい・・・・承知しています・・・。すみません、警部・・・・・・」

うにゅう「警部、ということは残るこいつが・・・・・・・・」
異端者「ああ、おそらくちたんだな・・・・。CHANNEL2の首謀者だ・・。」


149 :K:02/03/01 17:03
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

異端者「うむ、画像をピックアップした。へじほ君、君はこの画像データを
   署へ持ち帰ってやつらの名前、それから前科があるかどうか徹底的に
   調べてくれ。私とうにゅう君はこの周辺を捜査してみる。
   やつらのアジトは絶対にこの近所にあるはずだ・・・・・。」
へじほ「分かりました、では行ってきます。」

異端者「よし、では私は一丁目を調べてみる。うにゅう君は二丁目を
    調べてみてくれ。何か怪しい建物などを見つけたら無線で連絡を
    取り合おう。」
うにゅう「了解!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

150 :K:02/03/01 17:04
263 名前:K 投稿日:2002/02/22(金) 00:06 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE75

新中市 A町 CHANNEL2のアジト

鈴木五郎「なぜ・・・・・・ちたんがいない・・・・??しかもCDまで
   置いて・・・・・・。どこへ行ったんだ・・・・・・?」
イェイ「・・・・・(あいつ・・・・・まさか・・・)・・・・」
T「・・・・・・(ちたんさん・・・・・)・・・・・・」

イェイ「・・・・(おい・・・T・・・ちたんからメールが・・・)・・・」
T「・・・・(こっちも入ってるよ・・・)・・・・」

鈴木五郎「どうしたんだ・・・君たち・・・・やけに落ち着いているな・・・。
    仲間がいなくなったというのに・・・・・。」
T「え・・・・?そ、そんなことないよおおおお・・・・・。ちたんさんどこ
  いっちゃったんだあああああああ・・・・・・・・。」
イェイ「・・・・・・・・・・ちたん・・・・・・・。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

新中市 A町 二丁目

うにゅう「あ、きみ。この写真の男に見覚えは・・・・・?」
マターリ「あれ?このひとなら知ってますよ。ぼくんちのとなりに住んでますよ。
   たしかTくんと一緒に住んでるみたいですけど・・・。」
うにゅう「T・・・?誰だそれは?」
マターリ「ぼくのゲーム友達ですよ、よく一緒に対戦するんです。」
うにゅう「この写真の男も君の友人なのか?!」
マターリ「いえ・・・・そのひとはTくんと一緒に住んでるってことだけしか
   知らないなぁ・・・・。あ、そういやTくんって友達と4人くらいで
   一緒の家に住んでるみたいですけど・・・・・。」
うにゅう「何だと・・まさか・・・君の家まで案内してくれないか?!」
マターリ「いいですよ、すぐそこです。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

マターリ「ここがぼくんちです。・・・・で、このとなりに・・・・」
うにゅう「何だここは・・・・!廃校じゃないか・・・!!」
マターリ「そうなんですよ、ずいぶん昔につぶれちゃった小学校なんです。Tくんたち
   この小学校の中を改造して住めるようにしたんですよ。」

うにゅう「もしもし警部・・・・見つけましたよ・・・!二丁目○番地
   です!今は廃校になった新中小学校へ来てください・・・!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



151 :K:02/03/01 17:04
269 名前:K 投稿日:2002/02/22(金) 20:45 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE76

うにゅう「警部!ここです・・・!」
異端者「まさかやつらのアジトが廃校だったとはな・・・・・。」
うにゅう「行きましょう、警部・・・!」
異端者「待て、応援を呼ぶ・・・・。もしもし、へじほ君応答せよ・・・・。」
*「はい、へじほです。」
異端者「やつらのアジトを見つけた、A町二丁目○番地だ。至急パトカーを
   向かわせてくれ。」
*「了解!」
異端者「よし行くぞ、うにゅう警部補!」
うにゅう「はい警部!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
アジト地下室 司令室

ブーッ!ブーッ!ブーッ!

鈴木五郎「何事だ・・・・?!」
T「あああああ侵入者だああああ・・・・」
イェイ「モニターを出せ。」

カシャカシャカシャカシャカシャ・・・・

T「二人・・・・・。警察かな・・・・。」
鈴木五郎「異端者警部とうにゅう警部補だ・・・・・!」
イェイ「フン、たったの二人か。」
鈴木五郎「今にもっと警官が来るぞ!Tはここにいて状況を伝えてくれ!
    イェイ、行こう・・・!」
イェイ「ああ、片づけるか・・・・・。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


152 :K:02/03/01 17:05
270 名前:K 投稿日:2002/02/22(金) 20:48 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE77

新中小学校 一階

うにゅう「昼間でも不気味な雰囲気ですね・・・・・・。死体でも
     出てきそうだ・・・・・・。」
異端者「やつらどこにいるんだ・・・・・。うにゅう君、二手に分かれて
   探そう。私は体育館へ、君はこの階を頼む・・・・・。」
うにゅう「了解・・・・。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
新中小学校 体育館・・・・・・

異端者「・・・・・(なんて静けさだ・・・・・。)・・・・・」

ガタン・・・・・・

異端者「・・・!誰だ・・・・!」

鈴木五郎「・・・お久しぶりですね・・・警部補・・・いや、警部・・・か・・・。」

ジャキン!

異端者「動くな鈴木五郎・・・・!これまでだ・・・・・・。」
鈴木五郎「一年ぶりの再会でいきなり銃を向けるとは・・・・・。」
異端者「よく聞け鈴木君・・・・。二つに一つだ・・・・・。今すぐその
   銃を捨てて降伏するか、その銃を構えた瞬間、私の銃が君の胸めがけて
   発砲する・・・・・・。よく考えて行動しろ・・・・。」

鈴木五郎「へぇ・・・・・・・・・」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
新中小学校一階 実験室・・・・・・

うにゅう「・・・・(ただでさえ不気味な実験室がよけいに不気味な雰囲気
     だな・・・・。さて・・・・やつらは・・・・)・・・・」
イェイ「よう・・・・刑事さ・・・」
うにゅう「・・・!!」

ダーン!ダーン!ダーン!
ガシャァァァン!

イェイ「うお!危ねェ・・・・・、おいおい・・・・まだ自己紹介も
    していないぜ・・・・?」
うにゅう「出てこい・・・・・もう逃げられないぞ・・・・・!」
イェイ「なぁ刑事さんよ・・・・おっ始める前に一つだけ聞きたい・・・。
    あんた俺を逮捕しに来たのかい・・・?それとも俺を殺しに
    来たのかい・・・・?」
うにゅう「お前を逮捕する・・・!だが抵抗するならへじほくんの弟だろうと
    俺はお前をどうするかわからん・・・・!!」

イェイ「よし・・・・いい答えだ・・・。さあ始めるか・・・刑事さんよ・・・。」



153 :K:02/03/01 17:06
273 名前:K 投稿日:2002/02/22(金) 22:46 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE78

体育館

異端者「どうする・・・・鈴木五郎・・・・・・。」
鈴木五郎「分かりました・・・・・。銃を捨てましょう・・・・・。」

カタン・・・・

異端者「もう一丁もだ・・・・。」
鈴木五郎「え・・・・・?」
異端者「君は昔からいつも足首に小型の拳銃を隠し持っている、私が
    知らないとでも思っていたのか・・・・?」
鈴木五郎「・・・へぇ・・・・・さすがは異端者さん・・・・、ではこの拳銃も
     捨てましょう・・・・・・・」

コトン・・・・

鈴木五郎「さて・・・・お次は何を・・・・・・?」
異端者「床に伏せろ・・・・・ゆっくりとだ・・・・・・。」
鈴木五郎「その前に・・・・・、僕の右ポケットには何が入っていると
    思いますか?」
異端者「・・・・・・・・・?」
鈴木五郎「見せてご覧にいれましょう・・・・・異端者さん・・・・・」
異端者「ゆっくりとだ・・・!ゆっくり出せ・・・・!!」
鈴木五郎「はいはい・・・・・・。では・・・・・・これです・・・・。」

異端者「・・・・?・・・・ディスク・・・?」
鈴木五郎「あなたが洋芥子ラゴンとワイロを受け渡ししたときの
   盗聴記録ですよ・・・・異端者警部・・・・・。」
異端者「・・・・・・・・・・・・・そうか・・・・・・・。」

鈴木五郎「ペンは剣よりも強し。[情報]は銃よりも強し・・・・・。さあ
   異端者さん・・・・、あなたこそ銃を捨てて下さい・・・・。」

異端者「言いたいことは・・・・・・・それだけか・・・・・・・?」
鈴木五郎「なに・・・・・・・・?」
異端者「もう一度言う・・・・・。床に伏せろ・・・鈴木五郎・・・・・。」
鈴木五郎「・・・・・そうですか・・・。覚悟の上というわけですね・・・。
    分かりました・・・・・・」

鈴木五郎はゆっくりと床に伏せ、腕を頭に乗せた・・・・・・。



154 :K:02/03/01 17:07
274 名前:K 投稿日:2002/02/22(金) 22:49 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE79

異端者は手錠を取り出しながら、ゆっくりと鈴木五郎に近づいた・・・・。

鈴木五郎「・・・・・異端者さん・・・・・この学校は腐りかけている・・・・
    足下にご注意を・・・・・・。」
異端者「黙れ、これで私もお前も終わりだ・・・・・。仲間はどこに・・・」

カチッ!!

異端者「・・・!!・・(ハッ!・・・・・し、しまった・・・!!)・・・」

鈴木五郎「ふぅ・・・やれやれ・・・・。だから言ったでしょう?足下に
   注意して下さいと・・・・・。」
異端者「く・・・くそ・・・・!!」
鈴木五郎「おっと・・・・。異端者さん、動かないほうがいいですよ。今あなたが
    踏んだのはあらかじめ床にいくつか仕掛けておいたT特製の爆弾です。
    あなたが足をどけた瞬間に爆発しますから・・・・・。」
異端者「・・・・・・!!」

鈴木五郎「あなたの銃を頂きますよ異端者さん・・・・。さあ・・・・・・
     形勢逆転ですね警部・・・・・。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


155 :K:02/03/01 17:07
275 名前:K 投稿日:2002/02/22(金) 23:33 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE80

鈴木五郎「異端者警部・・・・・先ほどあなたが言っていたことは本当
   ですか・・・・?このディスクが裁判所へ提出されたらあなたは
   もちろん、あなたの家族をも不幸にしますよ・・・・・?」
異端者「・・・・自業自得だ・・・・。」
鈴木五郎「あなたの部下はどう思いますかねえ・・・・。尊敬する異端者警部が
    ワイロなんぞ払ったなんて知ったら・・・・・。」
異端者「何をしている・・・・・早く殺せ・・・・・。でないと私は
    足をどけるぞ・・・。お前もろとも木っ端みじんに・・・・」
鈴木五郎「・・・そうですか・・・・・。では僕があのときの事件を僕自身が
    裁きましょう、異端者警部・・・・。ふふふ・・・・ここには
    弁護士などいませんよ・・・・警部・・・・・。」
異端者「・・・・・・・・」

鈴木五郎「異端者警部、あなたは昨年の警官汚職事件のときに当時○▲TV局の
    洋芥子ラゴンレポーターにワイロを払いましたね・・・・?」
異端者「・・・・・・ああ・・・・・払った・・・・・・。」
鈴木五郎「それは同じ署の警官を守るためだったのですか・・・・・?
    それとも自分の出世のためだったのですか・・・・・・?」
異端者「・・・・・・・・・・・・・・」
鈴木五郎「どちらにしてもあなたは犯罪者・・・・・・。さあ異端者警部、
    答えて下さい・・・・・・・。」

異端者「・・・・・・自分自身の・・・・・出世の・・ため・・・だった・・・。」

鈴木五郎「そうですか・・・・・、ではこれよりあなたの判決を言い渡します。
   判決は?・・・・・・・・・・・・・・・有罪です異端者さん。」

ジャキン!

異端者「・・・・・・・!」
鈴木五郎「これはあなたの銃です・・・・。あなたの銃で僕が裁きます・・・・。」
異端者「ディスクを裁判所へ提出して法廷で私を裁かせるのではないのか・・・?」
鈴木五郎「僕もすでに犯罪者ですからね、もともとあなたは僕自身で
    裁きたかった・・・・・・。」
異端者「・・・・・・そうか・・・・では殺すがいい・・・・・・。」

鈴木五郎「さよなら・・・・・・異端者さん・・・・・・。」



156 :K:02/03/01 17:07
276 名前:K 投稿日:2002/02/22(金) 23:36 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE81

カチッ!

鈴木五郎「・・・・??!な、なぜだ・・・!!」

カチッ!カチッ!カチッ!

異端者「・・・・・無駄だよ鈴木君・・・・。こんなこともあろうかと
    私の銃はあらかじめ弾を抜いておいた・・・・。」
鈴木五郎「・・・・!!・・・く、くそ・・!!で、では僕の銃で・・・!!」

異端者「・・・・・・・・・そうは いかん・・・・・・・」

      異端者は爆弾を踏んだ足を自らどけた・・・・・・

            ガシャン・・・・・

鈴木五郎「・・・・な・・・・!!」

異端者「これで・・・・・・いい・・・・・・」



・・・・・・ズガァァァァーーーーーーーーンンンンン!!!!・・・・・





157 :K:02/03/01 17:08
280 名前:K 投稿日:2002/02/23(土) 02:02 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE82

新中小学校 一階 実験室にて・・・・

うにゅう警部補とCHANNEL2の狙撃手イェイとの
壮絶な銃撃戦が繰り広げられていた・・・・。

ダーン!ダーン!ダーン!
ガシャンガシャンガシャン!!
バキューン!バキューン!
ダーン!!

うにゅう「はぁはぁ・・・・(こ、こいつかなりの腕だ・・・・!!)・・」
イェイ「どうした刑事さん?・・・・弾が切れたかい・・・?なんなら
    分けてやろうか・・・・?」
うにゅう「・・・・(くそ・・・・!!)・・・・」
イェイ「息が荒いな刑事さん・・・・。それじゃあどこにいるか教えて
    いるようなもんだぞ・・・・。」
うにゅう「・・・・(くっ・・・!こうなったらイチかバチか・・・!)」
イェイ「まだまだ楽しもうぜ刑事さんよ、あんたけっこういい腕している。
    いい加減隠れてないで・・・」
うにゅう「うおおおおお!!!」
イェイ「!!」

ガシャン!ガタンガタン!!

うにゅう「この・・・!!」

ドカッ!バキッ!!

イェイ「う・・・」
うにゅう「この犯罪者め・・・!!」
イェイ「チィッ・・・!調子に乗りやがって・・・!」

ドカッ!!

うにゅう「うわっ!!」

ガッシャァァァーーーン!

イェイ「これで終わりだ・・・・!(カシャン!)」
うにゅう「くそ・・・・!」

ピーピーピー!

イェイ「Tか?なんだよこんなときに・・・・。」
*「警察がきたんだよおおおお・・・。早く逃げないとおお・・・・!!」
イェイ「チッ・・・!」

うにゅう「どうするつもりだ・・・・!」
イェイ「立て・・・・、人質になってもらう・・・・・。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



158 :K:02/03/01 17:08
281 名前:K 投稿日:2002/02/23(土) 02:04 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE83

新中小学校 地下 司令室

うにゅう「・・・・(こ、こんな廃校に地下室があったなんて・・・)・・」
イェイ「さっさと歩け。」
T「どうするよおおお・・・・イェイ・・・・」
イェイ「一応この刑事を人質にする、五郎はどうした?」
T「それが繋がらないんだよおお・・・・」
イェイ「まさか・・・・捕まったのか・・・・?」
T「分からない・・・・・、でも体育館で爆発が起きたみたいいい・・。」

うにゅう「・・・(爆発だと・・・?!・・・警部・・・!)・・・」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
新中小学校 正門口

署長「あの二人が侵入してどれくらい経つ・・・?」
へじほ「もう一時間以上は・・・・」
署長「あのバカめ!命令違反を犯しよって・・・・!」
へじほ「警部・・・・・・」
署長「よし、全隊員学校内へ突撃するぞ!」
へじほ「署長・・・!中には警部と警部補がいるんですよ・・・!!」
署長「一時間以上も経っているのではもうすでにやつらにやられたのかもしれん。
   それにこの機を逃したらまたやつらに逃げられる。」
へじほ「ま、待ってください・・・!」
署長「第一班は昇降口から潜入、第二班は裏から潜入しろ!」
隊員「はっ!了解!」

へじほ「・・・・・・!!」



159 :K:02/03/01 17:08
288 名前:K 投稿日:2002/02/23(土) 03:18 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE84

司令室

うにゅう「どうするつもりなんだ・・・・。もう囲まれているぞ、いい加減
   あきらめたらどうだ・・・・。」
イェイ「黙ってろ、誰がしゃべっていいといった・・・・・。」
T「あああああ警察や軍隊員が侵入してきたよおお・・・・・。」
イェイ「体育館へ行って五郎を捜してくる、ここを頼むぞT。」
T「わかった・・・・・・・」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
体育館

イェイ「なんて有様だ・・・・。こりゃあTの仕掛けた爆弾だな・・・む?」

隊員A「異端者警部!しっかり・・・!おい!救急車を呼べ!まだ息がある!」
隊員B「分かった!」
隊員C「こいつもまだ息がある・・・・。」
隊員A 「そいつは鈴木五郎だな・・・・。CHANNEL2の一人だ・・・。
    他にも犯人は2〜3人いるはずだ!」

イェイ「・・・(チィッ・・・・五郎はやられたか・・)・・・・。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
司令室

T「くそおおおおおお・・・・・なんでこうなるんだああああああ・・・・・
  ちたんのやつめええええ・・・・・一人で勝手に逃げやがってええ・・・」
うにゅう「・・・(なに・・?ちたんはここにいないのか・・・?!)・・」

そのとき司令室に一人の警官が入ってきた・・・・・・

へじほ「うにゅうさん・・・!」
T「・・・・!!!」
うにゅう「・・・!!へじほくん!来るな・・・・!!」
T「へじほさあああああああんんんん!!また会えたねええええええ・・・・・・。」
へじほ「今すぐ警部補を解放しなさい・・・!今度は安全装置は解除してます!」
うにゅう「へじほくんよせ・・・!無茶は・・・!」
T「そうはいかないなあああ・・・・・。こっちにも銃はあるよ、この刑事を
  今から射殺しようか・・・・?」
へじほ「・・・・・・!!」
T「それがイヤならきみが人質になることだなあああ・・・・・。そうすれば
  彼を解放してもいいよ・・・・・。」
へじほ「本当ですね・・・・。」
うにゅう「へじほくん!逃げろ!こいつの言うことなんか信用するな!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



160 :K:02/03/01 17:09
289 名前:K 投稿日:2002/02/23(土) 03:21 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE85

一階 廊下

イェイ「くそ・・・・!!すでに軍隊員がたくさん侵入してやがる・・・!!
    仕方ない・・・・いったん司令室へ戻るか・・・・。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
司令室

イェイ「おいT、まずいぞ・・・五郎がやられて・・・・」
T「あ、イェイ。みてよおおおおお、スペシャルゲスト登場さあああ・・・」
イェイ「・・・・!!姉さん・・・・!!」
へじほ「・・・・・・・・・・」

イェイ「T・・・・お前・・・・何をしようとしてんだ・・・・・・。」
T「彼女にドレスを着せてあげたの。10個の[C-4]爆弾を背負わせてね。
  なかなかオシャレでしょ?」
イェイ「・・・!!」
うにゅう「へじほくん・・・・・!!」
へじほ「さあ言うとおりにしたから警部補を放しなさい・・・・!」
T「いいよべつに。でもたぶんこいつは出ていかないよ。」
へじほ「え・・・・・?」
うにゅう「当たり前だ・・・・、同僚の身体に爆弾を背負わせたまま
    引き下がれるわけないだろう・・・!!」
へじほ「うにゅうさん!お願いだから逃げて下さい!私が人質になったのは・・!」

ジャキン!

イェイ「・・・・T・・・、今すぐ姉さんから爆弾を外せ・・・・・。」
T「え・・・・??ち、ちょっとイェイ・・・・。何を言ってんだよ・・・・
  銃を向ける相手がちがうじゃないかよおおお・・・・!!」
イェイ「何も間違っていない・・・・。俺はお前に銃を突きつけているんだ、
    姉さんから爆弾を外せと言っている・・・・・・。」
うにゅう「・・・・(なるほどそうか・・・!)・・・・・」

T「裏切ったなあああああイェイーーーーーーー!!!」



161 :K:02/03/01 17:09
310 名前:K 投稿日:2002/02/24(日) 03:24 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE86

T「おおおおいいいいイェイィィィィィ・・・・・。お前こんなことして
  ただで済むとおもってんのかァァァ・・・・?!CHANNEL2の掟を
  忘れてないだろうなあああああ・・・・・!!」
イェイ「忘れてねえよ・・・・。CHANNEL2の掟 その二・・・・
  [裏切り者は死刑]・・・・だったな・・・・・。」
T「お前これで[あの人]に消されるぞ・・・。どこへ逃げようが警察に捕まろうが
  お前はこれで終わりだよぉぉおぉおおお・・・・!!」

うにゅう「・・・・・(何のことだ・・・??)・・・・・」

イェイ「T・・・・よく聞け・・・、今から三つ数える・・・・・・。
    その間に爆弾を外せ・・・・・、これは最後の警告だ・・・・。」
へじほ「・・・・(いけない・・・・!)・・・・」
T「お前にぼくが撃てるのかよぉぉぉぉおお・・・・!!」

イェイ「・・・・1・・・・。」

うにゅう「・・・・(まさか・・・・!)・・・・」
T「・・・・本気かよ・・・・・・」

イェイ「・・・・2・・・・・」

うにゅう「・・・・(まずい・・・!!ヤツは本気だ・・・!!)・・・」
へじほ「・・・・・・・・・!!」

T「・・・・・・そうかぃ・・・・・・なら殺せよ・・・・イェイ・・・・。」

イェイ「・・・・・・3・・・・・・!!!」



・・・・・・・・・ダァァァーーーーンンン!!・・・・・・・・・・



うにゅう「・・・・・・・!!!」
T「・・・・・・・・・!!」

イェイ「ね・・・・姉・・・・さん・・・・どう・・して・・・・?」

へじほ「・・うぅ・・・ごめんなさい・・・・こうするしか・・・・」

うにゅう「へじほくん・・・・・!」
T「・・・・・(へじほさん・・・・)・・・・・」

イェイ「・・うっ・・!・・・ガハッ!(ビチャッ!・・・・ボタボタ・・・・)」

ドタリ・・・・・



162 :K:02/03/01 17:09
311 名前:K 投稿日:2002/02/24(日) 05:37 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE87

・・・・・・・・認識番号と名前を言え・・・・・・・・・・
・・・・・・・・No.001228546 イェイだ・・・・・・・・・
・・・・・・・・なんだ これは・・・・・・・・?
・・・・・・・・姉の写真だ、何か問題でもあるのか・・・・?
・・・・・ああ、大いに問題ある・・・。これはお前の弱点となる・・・
・・・・・・もう2年近く会ってない・・・・。姉キは関係ねえだろ・・・・・

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
イェイ「姉ちゃん、オレ大きくなったら自衛隊に入るんだ!」
へじほ「自衛隊?なんでまた・・・・?」
イェイ「オレ鉄砲撃つの得意なんだぜ!クラスで一番うまいんだ!」
へじほ「へえー・・・・すごいねえ!一度姉ちゃんも見てみたいなあ・・・」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

・・・・・・・・銃の腕は確かなんだろうな・・・・・・・・
・・・・・・・・なんなら試してみるかい・・・・?・・・・
・・・・・・・・いいだろう・・・・・お手並み拝見させていただく・・・・・

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
父親「そうか・・・・お前があの名門高校へ受かったとはな・・・・。
   父さんも鼻が高い、頑張れよ・・・・・。」
へじほ「うん・・・!」
イェイ「父さん!オレの通信簿見てよ!体育がまた上がったんだ!」
父親「へじほ、将来は何になりたいんだ・・・?」
へじほ「ん・・・・・実は警官になりたいの・・・・。」
父親「ほう・・・。なぜ警官なんだ・・・・?」
イェイ「ねえ父さん!オレのも見てよ・・・!」
父親「うるさいやつだな・・・・。今父さんはへじほと大事な話をしているんだ。
   母さんに見てもらいなさい・・・・。」
イェイ「・・・・・・・・」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

・・・・・・・・・お前にとって「家族」とは何だ・・・・・・?
・・・・・さあな・・・・・どうせ期待も必要もされていない・・・・・

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
イェイ「ねえ母さん、ちょっといいかな・・・・・。」
母親「なに・・・?母さんこれからおつかいに行くんだけど・・・。」
イェイ「俺・・・・学校辞めるよ・・・・。他にやりたいことが
   あるんだ・・・・・・・。」
母親「あ、そうなの。よかったー、ウチはお姉ちゃんの学費だけで火の車
   だからねぇ・・・。お前はまぁ好きなことをおやり。」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


163 :K:02/03/01 17:10
312 名前:K 投稿日:2002/02/24(日) 05:38 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE88

・・・・・・・・CHANNEL2に入りたいだと・・・・・・?
・・・・・ああ・・・ここにちたんというヤツがいるだろ・・・?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
イェイ「母さん・・・・俺が学校を辞めてまで何をやりたいのか
   聞きたくないの・・・・?」
母親「あ、そうだ!母さんいいこと思いついた!ねぇ!へじほー!」

へじほ「なーに。」
母親「あんたが欲しがってたパソコン、これで買えるわよ!」
へじほ「・・・・なんで?」
母親「[余計な出費]がなくなったのよ!そのお金でパソコン買いましょ!」
へじほ「・・・・・いいよべつに・・・・・」
母親「何言ってるの・・・・、今やパソコンは一家に一台なんだから。」
イェイ「・・・・・・・・・・」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

・・・・・・・・・お前の夢は何だ・・?・・・・イェイ・・・・・
・・・・自分を必要としてくれる居場所を見つけることだ・・・・・・・・
・・・・・つまらん夢だな・・・・サラリーマンのほうがまだマシだ・・・

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
へじほ「どうしても出ていくの・・・・・?」
イェイ「ああ・・・・・、この家にいても俺の居場所はないし・・・。」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


164 :K:02/03/01 17:10
313 名前:K 投稿日:2002/02/24(日) 05:39 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE89

・・・・・・ちたん君、紹介しよう。イェイ君だ・・・・・・・・
・・・・・・・よう、よろしくな・・・・ちたん・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・いいお天気でしょ!・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・(゚Д゚)ハァ?・・・・・・・・・・・

・・・・それから彼はT君だ・・・T君、紹介する。イェイ君だ・・・・・
・・・・・・・・・・よう、よろしく頼むぜ・・・T・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・しねやかす・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・あ?うるせー馬鹿!・・・・・・・・・・・・

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ちたん「この作戦にはイェイの狙撃が必要になるな・・・・・・」
イェイ「俺の・・・・・?」
ちたん「sou」
T「お前以外だれがいるんだ、ぼけ。」

イェイ「そうか・・・・・。ははは・・・・・」
ちたん「?」
T「何がおかしいんだよ。」
イェイ「いや悪い、何でもない・・・・。よし・・・任せとけ・・・!」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

・・・・・・・・・俺はCHANNEL2の狙撃手 イェイ・・・・・・・・・・
・・・・・・・この文明社会には必要とされなかったが・・・・・・・・
・・・・・・・ここには俺を必要としてくれる「仲間」ができた・・・・



165 :K:02/03/01 17:10
323 名前:K 投稿日:2002/02/25(月) 02:45 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE90

へじほ巡査がCHANNEL2の狙撃手イェイを発砲したことにより、
その直後、銃声に駆けつけた軍隊員や警官によってCHANNEL2の
爆弾魔Tを逮捕。

CHANNEL2の狙撃手イェイは大動脈瘤出血により新中A大病院へ
運ばれたが、手術困難のため現在重体。

なお異端者警部とCHANNEL2の鈴木五郎は一命は取り留めたものの、
集中治療室で二人とも現在は昏睡状態が続いている。

この日の事件によりCHANNEL2は事実上ほぼ壊滅。
だが2ちゃんねるの掲示板は衰えることなく、いくつものスレッドが
CHANNEL2信者たちによって立ち並んでいた。

新中市の暴動は軍によって暴動を起こしていた市民を次々に逮捕。
しかし街店や公共施設の被害はすさまじく、約150億円の損害を受けた。


・・・・そしてCHANNEL2の首謀者であるちたんは行方不明。


166 :K:02/03/01 17:11
325 名前:K 投稿日:2002/02/25(月) 04:15 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE91

新中警察署

うにゅう「署長・・・・、ヤツはどうですか・・・・?」
署長「爆弾魔のクセしてガラにもなく黙秘権を振りかざしている・・・・。
   ヤツはちたんの居所を絶対に知っているはずだ・・・。うにゅう君、
   君が聞け・・・・。少しは何か話すかもしれん・・・。」
うにゅう「わかりました、やってみます・・・・・。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
取り調べ室にて・・・・・

T「やあああ・・・・あんたか・・・・・」
うにゅう「だいぶお疲れのようだな・・・・。お前やイェイの携帯電話を調べたが
   発信や着信履歴を全部消しているな・・・。」
T「・・・・・・・・・」

うにゅう「情報センターの社長が吐いたぞ、お前達が情報センタービルを
   狙った目的はこの情報CDだな・・・・?」
T「・・・あ・・・・・・・」
うにゅう「お前達はすべての情報を手に入れたかったんだな?盗聴や盗撮、
   偽造身分証や偽造パスポート、このCDさえあれば何でも可能だ・・・。」
T「・・・・・・・・・」
うにゅう「だがすまないがお前にとって悪い知らせだ・・・・。このCDを
   調べてみたところ、このCDはただのCDだった。なんでも最近発売された
   映画のサントラだそうだ・・・・。」
T「あ、それ欲しかったんだ・・・。かえして。」
うにゅう「ほう・・・・。ビルを爆破してまで苦労して手に入れたCDだと
   いうのになぜ悲観しない?・・・・まるでこのCDは偽物だと知っていた
   ような口振りだな・・・・・。」
T「・・・・・・・・・・・・・・」
うにゅう「発信や着信履歴を消したのは利口だったがメール履歴を
   消さなかったのは失敗だったな・・・・。」
T「・・・・・・・・!!」
うにゅう「お前とイェイの携帯にちたんからのメール受信履歴が残っていた。
   メール内容は・・・[やっぱ一人でいくことにする]・・・・・。
   題名はなし・・・・・・・。この言葉の意味は何だ?」
T「ああああああああ・・・・・・・・・」
うにゅう「お前があのときイェイに対して言っていた[あの人]というのは
   誰のことだ?・・・ちたんはその[あの人]とやらの所へ行ったのか・・・・?
   本物のCDを持って・・・・・・・・。」
T「さああああ・・・・・・・?」

うにゅう「・・・・・・お前らの黒幕は誰なんだ!!!?言え!!」

T「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」



167 :K:02/03/01 17:11
326 名前:K 投稿日:2002/02/25(月) 04:20 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE92


これより時間はさかのぼる・・・・・。
     ○月△日 ○曜日 午前01時23分へ・・・・・・
         CHANNEL2のメンバーが作戦成功の祝いをしたときの夜・・・・・


T「おおおいいいい・・・・・イェイ・・・・もっと飲めよおお・・・」
イェイ「ううるせええなああああ・・飲んでんだろおおがあああ・・・ヒック」
鈴木五郎「ZZZZZZ・・・・・・」
ちたん「アヒャヒャハyハyハハyハyhyヒャハハyhyhyハ・・・・」


    CHANNEL2のメンバーは酔いつぶれ、全員熟睡してしまった・・・・。
       ・・・・・・・だがちたんの携帯に・・・・・・・


プルルルルルル・・・・・プルルルルルル・・・・・

ちたん「・・(ピッ)・・・・・・アヒャ?」
*「もしもし・・・・・・・ちたん君か・・・・?」
ちたん「・・・・・・!・・・・ああ・・・・あんたかぃ・・・なんだよ。」
*「もう充分飲んだだろ・・・?ぼちぼちここへ来てもらおうか・・・・。
  例の物を持って・・・・・・。」
ちたん「・・・・・・・・・・・imasugu?」
*「ああ・・・・・・今すぐだ・・・・・・。」

ちたん「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・わかった・・・・(プツッ)」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


168 :K:02/03/01 17:14
327 名前:K 投稿日:2002/02/25(月) 04:24 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE93

新中市 某所 CHANNEL2 本部 

?「やあ・・・・・・待っていた・・・・・ちたん君・・・入れよ・・・。」
ちたん「・・・・・・・・・・・」
?「何か飲むか・・・?カフェオレがいいかな・・・・?」
ちたん「・・・・・・・家族に会いたい。・・・・どこにいる?」

?「・・・・・・・・・・・・」
ちたん「dokoda」
?「・・・・・先にCDを出してもらおうか、物には順序ってものがある・・・。」
ちたん「・・・・・ここにある、さあ家族を出せ。」

?「・・・・・なぁちたん君・・・・、CDを手に入れろとは言ったが
  ビルまで破壊しろなんて命令した覚えはないぞ・・・・・。あんなにハデに
  暴れておいて暴動まで起こして・・・・・・。」
ちたん「市民が勝手に騒いでただけだ、ボクの知ったことじゃない・・・・。」
?「おかげで君は有名人どころか町のヒーローになっているじゃないか・・・。
  君はただ命令通りに・・・」

ジャキン!

ちたん「あんた耳が悪いのかい?それとも記憶力が悪いのか?ボクは
    さっきから家族を出せとあんたに命令している・・・・・。」
?「フッ・・・・CDを手に入れたとたんにこれだ・・・・・。銃なんかで
  脅しても無駄だ・・・・・・。」

ちたん「・・・・・・・・・・・・・・・・」


169 :K:02/03/01 17:15
341 名前:K 投稿日:2002/02/25(月) 13:20 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE94

?「安心してくれ、君の家族はちゃんと無事だ。もう少ししたら解放する、
  最後の仕事が残っているんだ、まだ働いてもらうぞ・・・・。」
ちたん「・・・・・・・・・・・・・」

?「ところで新中小学校のアジトに警察が気づくのもそろそろ時間の問題だぞ、
  T君達は大丈夫なのか?」
ちたん「・・・どうせここもいずれバレる。」
?「ここが警察にばれたらそのときは君が死守するんだ、そのCDさえあれば
  怖いものなしだろ?」
ちたん「・・・・・・・・・・」

?「ともかく君の能力は買っている。これからも仲良くしよう、ちたん君・・・。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

○月△日 ○曜日 午後7時02分

?「ちたん君・・・・、ニュース見たかい?ついに小学校のアジトが突きとめ
  られた・・・。全員逮捕されたよ、イェイは警官に撃たれたそうだ・・・。
  彼はもうダメだな・・・・・。」
ちたん「・・・・・・・・・・・」
?「Tがここのことを取り調べで吐くのも時間の問題だな、始末したほうが
  いいかもしれん・・・・・。」
ちたん「仲間に手を出したらボクはあんたを頃す。寝込みだろうと背後から
   だろうと100発くらいあんたの身体に弾をぶち込む。」

?「ははは・・・・・・それは恐ろしいね・・・・。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



170 :K:02/03/01 17:15
342 名前:K 投稿日:2002/02/25(月) 13:22 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE95

そして現在の時刻へ戻る・・・・。

○月■日 ×曜日 午前01時25分
新中警察署 留置所にて・・・・・

T「はぁ・・・・・。やっぱ脱走しようかなあああ・・・・・。
  ちたんさんが心配だし・・・・・。よし、決めた。にげよう!」

Tは非常時用に奥歯に詰めてあったごくわずかのプラスティック爆弾を
取り出すと鉄格子の鍵穴に差し込んだ・・・・。

T「警察たちはもうみんな寝たし・・・・脱走するなら今のうちだな・・・。」

ジジジ・・・・・・・・ボンッ!
カチャン・・・・・

T「・・・・・・(よし・・・開いた・・・・)・・・・」

タッタッタッタッタ・・・・・・・・

だがその様子をそっとのぞき込んでいた刑事がいた・・・・・。

うにゅう「・・・・・・(思った通り脱走したな・・・・・、これでヤツを
   尾行すれば・・)・・・。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

新中市 某所 CHANNEL2 本部
午前01時55分

T「はぁはぁ・・・・・・・やっとついたあああ・・・・・・・」

ピンポ〜ン♪

*「(プツッ)・・・・・・・・dare?」
T「家族が居る所で書き込むのは勇気がいるんだあ・・・・」
*「・・・・・・!!」

ガチャ・・・・

ちたん「T!!」
T「ちたあああああんんんん・・・・・!!やっぱここだったのかああ・・・」
ちたん「シーーー!!・・・・とにかく入れ・・・」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



171 :K:02/03/01 17:15
343 名前:K 投稿日:2002/02/25(月) 13:24 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE96

T「あの人は・・・・?」
ちたん「今出かけてる。もしいたらヤヴァかったぞ、T・・・・。」
T「ちたあああんん・・・・・イェイも五郎さんも・・・・」
ちたん「しってる、もうしかたない・・・・・。ところで尾行されてない?」
T「・・・・・・たぶん大丈夫だと・・・・おもう。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

だがその頃外ではTを尾行してきたうにゅう警部補が本部を突きとめていた。

うにゅう「この家か・・・・、すごい豪邸だな・・・・。おそらくここに
   ちたんが居るに違いない・・・、そして黒幕も・・・・。」

うにゅう「さて・・・・応援を呼ぶ前に中の様子を調べたほうが
   良さそうだな・・・。どこから侵入できるか・・・・。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

T「ちたん・・・・CDは・・・?」
ちたん「あるよ、今作動してる。」
T「なんでぼくたちを置いて一人で・・・・・・」
ちたん「・・・・・・・・・・・gomeso・・・・、巻き込みたくない・・・・。」
T「あの人に逆らったらいくらちたんでも・・・」

ちたん「!・・・・matta・・・・熱感知センサーが反応してる。
   庭に侵入者が入ってきた。」
T「まじでええええ・・・・・・???まさか尾行されてたのかああ・・・・!!」
ちたん「Tは逃げるんだ、たとえ警察から逃れてもあの人からは逃れられない。」
T「いやだよおおお・・・・・ちたんを置いて・・・・・・」

ちたん「dameda ike」
T「iyada」

ちたん「・・・・・・・・・・・・・・・・」
ちたん「・・・・・・・・・・・しかたない。じゃあてつだう?」
T「あたりまえだろおおお・・・・・最後までたたかうよおおおおお・・・・」

ちたん「わかった。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



172 :K:02/03/01 17:16
344 名前:K 投稿日:2002/02/25(月) 13:27 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE97

うにゅう「裏口は開いてなさそうだな・・・・、どこかに侵入できそうな
   窓があれば・・・・」

♪パーッパラッパッパーーーーー!!!♪

うにゅう「うわ!・・・びっくりした・・・な、なんだ・・・・??」
*「あー あー テステス・・・・よおこそ刑事さん!そんな裏口でこそこそ
  してないで正門から入り玉絵。今開けるから・・・・。」

うにゅう「ちくしょう・・・・すでにバレていたのか・・・・。まあいい、
   一気にカタをつけよう・・・・・。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ちたん「いらっしゃいまし。」

ジャキン!

うにゅう「二人とも動くな・・!!お前がちたんだな・・・・・。
   ついに会えたな・・・・・。CHANNEL2の首謀者・・!!」
T「尾行しやがってえええええ・・・・・・ゆるさんぞ!!!」

うにゅう「・・・(こいつら丸腰か・・?見たところ銃は持っていないが・・)・・」
ちたん「刑事さんどおぞ奥へ上がって。今おもしろいものみせてあげるから。
   T、お茶かコーヒー出してあげて。」
T「まじでかあああああ・・・・・・・・・わかった。」

うにゅう「ちたんよ、警官隊をここへ呼んでお前を逮捕する前に今の内に
   聞くことがある・・・。・・・・・お前らの黒幕は誰だ・・・いや・・
   今すぐ黒幕をここへ出せ・・・・・さもないと・・・」

ちたん「モップはてめえが!!」
うにゅう「・・・・・・・?!!」
ちたん「アヒャヒャヒャヒャ」

うにゅう「・・・・(だめだ・・・こいつの言動は読めない・・・訳の分からない
   言葉で俺まで翻弄されそうだ・・)・・・」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



173 :K:02/03/01 17:16
360 名前:K 投稿日:2002/02/26(火) 23:19 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE98

ちたん「けいじさん!このCDがどれほどスゴイものか今からみせよううう!」

カシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャ(キーボード音)

うにゅう「・・・・・・!」
ちたん「けいじさん!警官隊まだ呼ばないの?べつにいいよ呼んでも。」

カシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャ

うにゅう「・・・・・(何か企んでいるのか・・・?!だが早いところ
   呼んだほうがいいのは確かだ・・・)・・・・」
ピッ・・・ピッ・・・
うにゅう「もしもし!うにゅう警部補だ・・・!署長を頼む!大至急だ!」

ちたん「ふーん。うにゅうさんていうんだ。・・・でわうにゅうさんと
   呼ばせてもらおう!( ゚∀゚)oi! unyuusann!!!」
うにゅう「・・・・よし・・・。警官隊はこれで間もなく到着する。・・・・で・・
   今度は何を企んでいる・・・?」
ちたん「うにゅうさん!ボクが思うに[情報]というのはこの世で最も恐ろしい
   存在だと思うのだが、doukane??」
うにゅう「・・・・・・・・??」
ちたん「情報一つで人は考え方がかわってしまうし、情報一つでささいなことが
   大事件にまで引き起こす!なんんんておそろしぃぃぃ・・・!!」
うにゅう「お前が言うな・・・。そもそもこの事件はお前の戯れ言のような
   くだらん情報に引っかき回された・・・。だが今は状況が違うぞ・・・。
   お前がそのCDで何をしようとしているのか知らんが、俺は今お前に
   銃を向けている・・・。この状態で今度はどんな犯行に及ぶと言うのだ?」

ちたん「このCDは人工衛星を利用してこの新中市全区域、どんな情報でも
    コンピューターを通じて命令や伝達が可能なのだよ!うにゅうさん!
    たとえそれが[ウソの情報]だとしてもね!!」
うにゅう「なんだと・・・?!まさかお前・・・・!?」

ちたん「OK!ではおみせしましょお!このCDのすばらしさを・・・・いや、
   [情報]というものがどれほど怖いものかを・・・!!!」



174 :K:02/03/01 17:16
361 名前:K 投稿日:2002/02/26(火) 23:21 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE99

カシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャ

ちたん「みなさま!おきをつけください!ただいま全日空航空便の
   ジャンボジェット旅客機がエンジントラブルのため新中市A町へ墜落します!
   市民のどなたもクソ危ないのでケツを押さえて非難してください!(゚∀゚)アヒャ」

カシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャ!!!

ちたん「ち〜ん。かんりょお。」

うにゅう「な、何をバカな・・・・。子供の遊びか・・・?こんなへんぴな
   場所で・・・第一この町から遠く離れた市の空港管制塔まで連絡できるわけ
   ないだろう・・・・?」
ちたん「うにゅうさん!ただ今の時刻は午前01時45分だよ!この時間は
   新中市高空域を南へ向かって飛行する便があるんだよおお!!!」
うにゅう「ひ・・・飛行機・・・旅客機を墜落させようと言うのか貴様!!?」

ちたん「アーーーーーーッヒャヒャヒャヒャヒャ!!!!!!もちろんウソだようにゅうさん!!でも
   果たして彼ら市民のみなさまはウソだと思うだろおか???なにしろ
   今ボクが連絡したのは旅客機を通じて管制塔へ直接情報を流したのさ!
   [墜落警報]をさあああああ!!!!」

うにゅう「う、うそだろ・・・??そ、そんなことが可能なのか・・・???」

ちたん「いまごろ管制塔では旅客機からの墜落警報を傍受したと勘違いして大騒ぎ
   してると思うよ!そのうちこの町の広報センターから警報が
   鳴るんじゃないかな?????」
うにゅう「そんなことあるわけが・・・・!!」

ウーーーーウーーーーーウーーーーウーーーーーーウーーーー!!!
ウーーーーウーーーーーウーーーーウーーーーーーウーーーー!!!

うにゅう「・・・・!!!・・・・バ・・・バカ・・・な!!!」

*「新中市 市民の 皆様! 特別警報 です! ただいま 市中高空域を
  飛行中の 全日空航空便 ジャンボ旅客機が エンジントラブルのため 
  新中市 A町へ 緊急着陸 するとの ことです! A町の 住人は 
  ただちに 非難 してください! 繰り返します! 特別警報です!・・・・」

ちたん「アヒャァァァァァーーーーー!!!それはたいへん!!」

うにゅう「な・・・・なんてことだ・・・!!」


175 :K:02/03/01 17:17
362 名前:K 投稿日:2002/02/26(火) 23:23 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE100

プルルルルル・・・・・プルルルルル・・・・・

うにゅう「・・・・!!・・・・はいもしもし・・・!」
*「うにゅう君!大至急A町へ急行しろ!広報を聞いただろ?!A町から
  10ブロックを交通閉鎖だ!それから非常警戒線を張れ!!大至急だ!!」
うにゅう「署長!!こ、これはガセ情報です!旅客機は墜落などしません!!」
*「何を言っておる!!寝ぼけてんのか?!早く急行しろ!(プツッ!)」
うにゅう「もしもし!もしもし!?」

ちたん「新中市民を叩きおこしちまったああああああーーーー!!!(;゚∀゚)
   全員今すぐ起きやがれええええええ!!!!!墜落(・∀・)イイ!!」

うにゅう「こ・・・この悪党が・・・・!!」

ジャキン!

うにゅう「誤情報だったと連絡しろ!今すぐだ!」
ちたん「もお遅いよ!!今連絡したって町はすでに大混乱さ!!」
うにゅう「・・・・・(チィッ・・!やむを得ん・・・!!)・・・」

ダーーーン!!

ちたん「uwaaaaaaaaa!!!!・・・・ぐっ・・!!koitsu・・!撃ちやがった・・・!」

T「どうしたんだあああ??今の銃声はああ・・・!!・・・・はぅあ!!
  ちたああああんんんん!!!・・・・・・だいじょうぶかあああ!!!」

うにゅう「おい・・・!!次は胸を狙うぞ・・・・!!」
T「こおおおんんのおおおおおやろおおおおおお!!!!!」
ちたん「・・・・・・matta!!!!!!・・・・・T・・・・やめろ。」
T「・・・・・・ちたん・・・?!」

ちたん「・・・・うにゅうさん・・・!キミはすごいよ!!この状況でボクに
  発砲するなんて・・・!!でも今度はボクの番だ!!」



176 :K:02/03/01 17:17
363 名前:K 投稿日:2002/02/26(火) 23:27 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE101

うにゅう「・・・・・・・どうするつもりだ・・・!!」
ちたん「うにゅうさん・・・!キミはこのCDの恐ろしさをわかってない!!
   電車脱線や信号機を操作するよりももっと笑えることをやってやる!
   この前は[町]を停電させたけど今度は[空]を停電させる!!!」

カシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャ

うにゅう「・・・・・・・???!」
ちたん「飛行機の中で停電事故ォォォォォォーーーーーー!!!!!」

カシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャ

うにゅう「・・・!!(こ、こいつ・・・!!本当に墜落させる気か!!)・・・」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
全日空航空便 ▲■行き 002便
ジャンボジェット旅客機内 操縦室

機長「少し気流が乱れてきたな・・・・。おい、手動に切り替えろ。」
パイロットA「はっ、了解。」

ジジジジジジ・・・・・・

パイロットB「・・?・・・何の音だ・・・??」

バシュゥゥンンン!!!

パイロットA「・・・・!!!な・・!!」
機長「何事だ!!・・・!!おい!なぜパネルの表示が消えた?!!」
パイロットB「で、電気機器に原因不明の故障です・・!!」

グァァァァーーーーーーーーンンン!!

機長「・・・!!機体が急降下しているぞ!!上昇しろ!!」
パイロットA「む、無理です!!どの機器も作動しません!!」
機長「なぜだ・・・?!!な、なぜこんなことが・・・?!」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
乗客A「お・・・おい・・・・落ちてるぞ・・・!!この飛行機・・・!!」
乗客B「きゃあああああーーーーー!!」
乗客C「なにが起こったんだ!?・・・・真っ暗じゃねえか!!うわああああ!!」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

うにゅう「おいちたん!よせ!!頼む・・・!!いったいお前は・・・!!」
ちたん「ああはyはやはあっっっhfdrhcえあえjwjwjwlっslj」
うにゅう「・・・・・何が望みだ!!!」

ちたん「・・・・・・・[あの人]を・・・・・・・・korositekure・・・・・」
うにゅう「・・・・・・・?・・・[あの人]・・・・!?」
T「・・・・・(ちたん・・・・・)・・・・」

ちたん「・・・・・・・・・・・korose・・・・・・・・・」
うにゅう「・・・[あの人]とは誰のことだ!?お前らの黒幕か?!!」

ちたん「・・・・・・・korosite・・・kure・・・・・・・・」



177 :K:02/03/01 17:17
366 名前:K 投稿日:2002/02/26(火) 23:54 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE102

そのとき外から一台の車が駐車場へ入った・・・。

キキキィィィーーーー!・・・・・ブロォォーーン・・・

T「・・・・・・(帰ってきたああああ・・・・)・・・・」
うにゅう「・・・?!誰か来たのか・・・・?!おい!ちたん!早く止めろ!
  お前の目的は殺戮などではないだろう!!」

ちたん「・・・・・じゃああいつを頃してくれよ・・・・。」

ガチャ・・・・・(玄関の音)

うにゅう「まず旅客機の停電を復活させろ!!」

トントントン・・・・(階段の音)

T「・・・・・(やべええええ・・・・来たよおお・・・)・・・」

ちたん「・・・・・・あいつを・・・・・korosite・・・・・・」

うにゅう「・・・・・・(黒幕か・・・・!?)・・・」

ガチャ・・・・

?「・・・あれ?お客さんかい・・・?」
うにゅう「・・・・・・・!!!」
?「・・・・・やあ・・・・刑事さんですね・・・・えーと・・・うにゅうさん
  だったかな・・・・?確かうにゅう警部補・・・・ですね・・・?」

うにゅう「そ・・・そういう・・・こと・・か・・・!!いくら捜しても
  見つからないわけだ・・・!!貴様が黒幕だったのか・・・!!」

ひろゆき「そうですよ・・・・。おいらが黒幕です・・・うにゅうさん・・・・。」


178 :K:02/03/01 17:18
376 名前:K 投稿日:2002/02/27(水) 23:25 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE103

うにゅう「動くなひろゆき・・・!どういうつもりか知らんが今までの犯行を
   裏から糸を引いてたのがお前だったとはな・・・・!いったいなぜ・・・」
ひろゆき「・・・・まぁそれは後にしましょう、うにゅうさん。それよりも
   広報を聞きましたか?もうじきこの新中市にジャンボジェット旅客機が
   墜落しようとしています。歴史に残る事件になりますよこれは・・・。」
うにゅう「・・・・・これもお前の命令というわけか・・・!!」
ひろゆき「そうですよ、ちたん君は実によく働いてくれます。」
ちたん「・・・・・・・・・・・・・」

T「・・・けいじさん!!ひろゆきはちたんの家族を人質に・・・!!」
うにゅう「・・・・・何・・?!」
ひろゆき「・・・あれ?・・・T君いたのか・・・。そうか、キミが連れて
   きたんだな、うにゅう警部補を・・・・。」
T「・・・・・うるせー・・・・しねやかす・・・・」

うにゅう「ひろゆき!!ちたんに旅客機の停電を元に戻せと言え!このままだと
  本当にこの町へ墜落してしまう!!」
ひろゆき「・・・・・・・・・・・・」
うにゅう「・・・・おい・・・!何とか言え・・・!!」

ひろゆき「無駄ですようにゅうさん。ちたん君はおいらの命令には絶対ですから。
   ちたん君、予定通り墜落させろ。なるべくにぎやかな場所がいい・・・・。」
うにゅう「こ、この・・・外道・・・が・・・!!!」

ちたん「・・・・・・・・・・・・」

カシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャ
カシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



179 :K:02/03/01 17:18
377 名前:K 投稿日:2002/02/27(水) 23:26 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE104

旅客機内 操縦室

ジジジジ・・・・・ガシャン・・・!!

機長「・・!!おい!電気機器が復活した!!急いで立て直せ!!
   まだ間に合うかもしれん!!」
パイロットA「やった・・!!よかった・・・・!」
パイロットB「いや・・・すでに高度200まで下がっています!!エンジンを
   再燃したらとりあえず不時着するしかありません!!」
機長「やむを得ん!墜落よりはマシだ!・・・・どこか広い通りを選んで
   なるべく交通の少ない場所へ不時着する!!」
パイロットA「りょ、了解!!」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ちたん「・・・・・・・・・・・・・・」
ひろゆき「・・・・・ちたん君?ちゃんと旅客機の電源を落としたんだろうね?」
ちたん「落とした。・・・・・・で、今また入れた。」
ひろゆき「・・・・・・なんだと・・・・?」
うにゅう「・・・・・(ちたん・・・?)・・・・」

ひろゆき「ちたん君、約束が違うぞ。・・・・どういうつもりだ・・・・。」
ちたん「言われたとうり旅客機を停電させた。復活させるなとは言われてない。
   どのみち飛行機はこの町へ不時着するとおもう。」

ひろゆき「・・・・・・・何を言っている・・・・・・。本気か・・・?
   キミは墜落させるのをやめたな・・・・?」


180 :K:02/03/01 17:18
378 名前:K 投稿日:2002/02/27(水) 23:30 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE105

ひろゆき「おい・・・ちたん君・・・・・どういうつもりだ・・・・・。」
ちたん「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

うにゅう「・・・(そうか・・・!!ちたんが最初にウソの情報を流したのは
   あらかじめ、町に警告させたかったのか・・・!住人を守るために・・)・・」
T「・・・・・(ちたんさん・・・・)・・・」

ひろゆき「・・・・・・・・・・・・・・」
ひろゆき「・・・・・・・・・そうか・・・・・・・・・・わかったよ・・・。」
うにゅう「・・・・ひろゆき、もうあきらめろ・・・。もうこれで・・・」




・・・・・・・・ズダァァーーーーーーーーーンンンン!!!・・・・・




ちたん「・・・・・・uaaaaa!!!!!!!」
うにゅう「・・・・・!!!」
T「ちたああああああああああああああああああんんんんん・・・・・・・!!!」

ひろゆき「役立たずは要らん・・・・・、死ね・・・・・・。」

ちたん「・・・・・・・・・・げほっ・・・・・」


181 :K:02/03/01 17:19
379 名前:K 投稿日:2002/02/27(水) 23:33 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE106

うにゅう「や・・・・やめろ・・・ひろゆき・・・!!殺すな・・・!!」

ひろゆき「ちたん君、キミはおいらに言ったね?身体に100発くらい
   弾をぶち込むと・・・。でも一つ間違っていたな・・・。それはおいらでは
   なくキミの身体だったようだ・・・・・。」




ダーーーン!!ダーーーン!!ダーーーン!!ダーーーン!!ダーーーン!!
ダーーーン!!ダーーーン!!ダーーーン!!ダーーーン!!ダーーーン!!




ちたん「・・・・・・・がはっ・・・・・!!」

ガッシャァァァーーーーーーーンンン!!・・・・・・・
ドタリ・・・・

ひろゆき「チィッ・・・弾が切れた・・・・・。100発は無理か・・・。」
T「こんの野郎ォォォォォォォォォォォォォ!!!!」


ダーーーーンンン!!


T「がっ・・・・・!!」

ドタリ・・・・

ひろゆき「・・・・・と思ったが銃はもう一丁持っていたんだった・・・・。
   お気の毒様・・・・・T君・・・・・。」
うにゅう「・・・・・・・・!!!」

ひろゆき「さて・・・うにゅうさん・・・。これで二人きりですね・・・・・。」



182 :K:02/03/01 17:19
381 名前:K 投稿日:2002/02/28(木) 02:02 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE107

うにゅう「き・・・・貴様・・・・!!」
ひろゆき「旅客機がこの町へ不時着するまであと・・・数分ってとこかな・・・。
   見られないのは残念ですが、その間少しお話しましょうか・・・・。」
うにゅう「・・・・・・お前は・・・いったい・・・・」

ひろゆき「えーと・・・・あなたとさっきどこまで話したっけか・・・・・
   ああそうだ、なぜこんな事件を起こしたのかと聞いたんでしたっけ。
   そうですね・・・・・、一言で表すのはちょっと難しいなぁ・・・・。
   まぁしいて言うならこの文明社会に対する[復讐]でもありますし
   新しい文明を切り開くためでもありますね・・・・。小泉さんの
   記者会見での熱弁は正しいかもしれません・・・・。」

うにゅう「・・・・[48時間以内にひろゆきを出せ]とはよく言ったものだな・・
   見つかりもしない人物を捜させてどのみち犯行に及ぶ・・・・。」
ひろゆき「え・・・・?・・・・ああ、あれのコトですか・・・。あれは
   ちたん君達が独断で勝手に立てたスレッドですよ。」
うにゅう「なに・・・?あのスレッドはお前が命令したのではないのか?!」

ひろゆき「ちたん君も必死だったのでしょう・・・。自分達ではどうにも
   ならないと悟り警察を使っておいらの身柄を確保させようとしたんです。
   黒幕が警察側で確保されればおいらから逃れるとでも思ったんですかねぇ。」

うにゅう「・・・・・で・・・・命令に逆らった二人を殺してこれから
   どうするつもりだ・・・・・?」

ひろゆき「うにゅうさん、おいらが2ちゃんねるというサイトの管理人だった
   ということはご存じですよね?この二人は・・・イェイ君もそうだったが、
   こいつらは昔おいらのサイト内で好き放題暴れまくってたんですよ。
   訳の分からないクソスレをいくつも立てたり、色んな板の掲示板をいくつも
   荒らしたり・・・・・。おいらは遊びの場が作りたくてあのようなサイトを
   立ち上げたのではないのに・・・・・。」

うにゅう「・・・それで管理人を放棄して後継者に継がせ、自分のサイトを
   荒らした連中を引き込んだのだな・・・。人質を取ってまで・・・・。」


183 :K:02/03/01 17:20
382 名前:K 投稿日:2002/02/28(木) 02:05 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE108

ひろゆき「中にはバスジャックのような事件まで起こして、おいらは関係ないのに
   警察の事情調書までされた。元はと言えばお前のサイトが原因だろうとか、
   警察はおいらのせいにしてた・・・・。おいらはただの管理人だったのに・・。
   犯罪者を生み出すサイトの管理などもう耐えきれなかったんですよ・・・・。」

うにゅう「ほう・・・・。なぜかそこに矛盾があるぞひろゆき・・・・。今お前が
   やっていることはれっきとした犯罪だ・・・。」

ひろゆき「分かっていますよ、うにゅうさん。・・・・おいらのやろうとしている
   ことは、どうせ犯罪者を生み出すことになるでしょう・・・・。ならば
   いっそのこと犯罪者を利用して新しい掲示板を立てると決めたのです。
   ・・・・・・この世の中は金欲よりも[情報]に飢えている・・・・・・。
   このCDを利用してありとあらゆる情報を闇ルートで高値でさばく・・・。
   人は誰も知らないような秘密ほど知りたがる生き物ですから、そのためなら
   いくら払ってでも秘密の[情報]を買いたがるでしょう・・・・。」

うにゅう「・・・・確かにな・・・・・。」



ひろゆき「・・・・・自分が受験する学校のテスト問題を知りたい・・・・・・・
  ・・・・・・・・・・人気アイドルの恋人は誰か知りたい・・・・・・・・・
  ・・・・・・・・・・・政治家の裏取引を見てみたい・・・・・・・・・・・
  ・・・・・・・・・・・・芸能人の夜の生活を覗きたい・・・・・・・・・・
  ・・・・・・・・・皇居の中で雅子さまは今何をしているか・・・・・・・・
  ・・・・ジャニーズが未成年者に対して性的虐待を本当にしているのか・・・
  ・・・・・・何年後に発売される某ゲームの詳細はどのようなものか・・・・
  
  ・・・・人はガセ情報にも惑わされますが、このCDを使えば真実が覗けます。
  あなたの上司の異端者さんでさえ犯罪の瞬間を探索することが可能です・・・。」




184 :K:02/03/01 17:21
383 名前:K 投稿日:2002/02/28(木) 02:08 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE109

うにゅう「・・・・警部が何だと言うのだ・・・?」
ひろゆき「あれ?まだ教えられていないんですか・・・?異端者警部はその昔
   自分の出世のためにTVレポーターにワイロを払ったことのあるれっきとした
   犯罪者ですよ彼は・・・・・。」

うにゅう「・・・・・・バ、バカげている・・・・!!」
ひろゆき「本当ですよ、五郎君がそれを暴こうとしてましたから・・・。
   まぁそのうち分かりますよ・・・・。」

うにゅう「戯れ言は終わったか・・・?さあ・・・どうする・・・・?道は
   二つだけだ・・・。一つはこのままおとなしく逮捕される。お前は
   この事件すべての犯罪を犯した・・・。加えて殺人現行犯だ・・・・。
   お前は二人も殺している・・・・、この俺の目の前でな・・・・。」

ひろゆき「・・・・もう一つの道は何ですか・・・・?」

うにゅう「Tを撃ったその銃を抜いて俺も撃つかだ・・・・・。だがその銃を
   構えようとした瞬間、俺は何のためらいもせずにお前の心臓めがけて
   撃つだろう・・・・・。」

ひろゆき「・・・・・そうですか・・・・。自身たっぷりですね・・・・。
   さてどうするかな・・・・・、CDを使ってあなたの動きを止めることも
   可能ですが、この状況ではあなたはおいらをコンピューターに座ることさえ
   許してくれそうもありませんね・・・・。」

うにゅう「そういうことだ・・・・・。そのCDの力はもう十二分に理解した
   からな・・・・。絶対にそいつは使わせん・・・・・。」



185 :K:02/03/01 17:21
393 名前:K 投稿日:2002/02/28(木) 22:28 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE110

旅客機 操縦室

機長「なんとか着陸はできそうだが着陸地点が心配だな・・・・・。連絡は
   したんだろうな?」
パイロットA「はい、市民は早急に非難させるとのことです。」
機長「よし・・・!何があろうと必ず無事着陸させるぞ・・・!」
パイロットB「了解!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
新中市 A町 国道○号線

市民A「逃げろーーーーーーー!!飛行機が墜落するぞーーーーー!!」
マターリ「なんだよもー寝てたのにぃ・・・まさかうちに激突したりしないかな・・・」

署長「市民の皆さん!!危ないので道路から下がって下さい!!」

女好き「これは 大スクープ だな・・・。 たとえ 不時着で あろうと 
    取材の 価値が ある・・・・。」
洋芥子ラゴン「ああ・・・歴史に残る決定的瞬間だ・・・・。」
警官「おいあなた方!取材は遠慮してくれ!ここは危険なんだぞ!」

市民B「うわ!なんか見えてきた!あの光ってんのがそうじゃない?!」
市民C「まじで?!・・・・ホントだ!飛行機だ!!」
マターリ「ええ?!ち、ちょっとまじで降りてきたよ!!この道路に着陸するの?!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
新中病院

ダース患者「どうだ?ここから見えそうか?」
1000ワッカ患者「はっきりとはよく見えないけど○号線のほうみたい。」
考える鳥患者「今度は旅客機かよ・・・・。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



186 :K:02/03/01 17:21
394 名前:K 投稿日:2002/02/28(木) 22:30 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE111

新中市 A町 国道○号線 ゲームセンター前
○月■日 ×曜日 午前01時55分

ゴォォォォォォォーーーーーーーー!!!

シャル「ひゃっほううううううういいい!!!待ってましたあああああ!!!」
署長「もしもし!ありったけの消防車と救急車を大至急要請しろ!!もう
   旅客機は目の前だ!!」

ゴォォォォォォァァァァァァァアアアアアアアアーーーーーーー!!!!

ビビ「ゲェェェェェーーーーー!!ほんとに来たああああああ!!!」
CHANNEL2信者「旅客機マンセーーーーーーーーーー!!」
もう明やい「うおおおおおおおお!!!国道○号線にジャンボジェット旅客機
   不時着ーーーーーーーーーーーーーー!!!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
旅客機 操縦室

機長「おい!何だあれは?!野次馬だらけじゃないか!!」
パイロットA「くっ・・・交通もかなり多いです・・・!」
パイロットB「車輪を出しました!着陸体勢よし!着陸します!」

乗客A「うぅ・・・・死にたくないよおおおお・・・・・」
乗客B「こ、こんな国道に着陸だと・・・・?!」
乗客C「ママーー!」
乗客D「ひぃぃぃぃ・・・・・・!!たすけて・・・・!!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

機長「着陸するぞ!!!」
パイロットAB「了解!!」




ガシュゥゥゥーーーーンン!!・・・・ゴォォォォオオオーーーーーー!!!




○月■日 ×曜日 午前01時57分

新中市 A町 国道○号線にてジャンボ旅客機 002便 不時着




187 :K:02/03/01 17:22
395 名前:K 投稿日:2002/02/28(木) 23:18 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE112


グァァァァーーーーーーーーーーーンンンン!!!


旅客機 操縦室

ガタガタガタガタガタガタ・・・・・・・・

機長「ブレーキだ!ブレーキをかけろ!!」
パイロットA「くっ・・・・・!!」

キキキキキキキキキキィィィィィィィィィーーーーーーーー!!!・・・・

パイロットB「くそ!!・・・・なかなか止まらない・・・・!!」
パイロットA「機長!!目の前に信号機が・・・・!!」
機長「構うな!!ブレーキをかけ続けろ!!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
国道○号線 ▲交差点

市民D「お、青になったな。では・・・・」
市民E「危ない!!飛行機が来るぞ!!」

グァァァァァアアアーーーーーーーーーーーンンンン!!!

市民D「うわ!!!な・・・・・何事だ・・・・?!い、今の・・・・・
   ひ・・・・飛行機・・・・だよな・・・・・???」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


188 :K:02/03/01 17:22
ドガシャァァンン!!   ガシャン!! ガシャン!!・・・・・!!

もう明やい「うおおおおおおおおお!!!!信号機をいくつもはね飛ばしてるぜ!!
   すげええええええええええ!!!!」
マターリ「く、車が・・・・・・・」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
旅客機 操縦室

パイロットA「機長!!前方に車の群が多数駐車しています!!このままだと
   駐車している車に・・・・!!」
機長「なぜこんなとこで駐車違反なんか・・・・!!・・・やむを得ん!!
   構うな!突っ込むしかない!!」

*「搭乗のお客様!頭を低くしてシートベルトをきつくお締め下さい!!」

乗客A「は、早く止まれーーーーーーーーー!!」
乗客B「うわあああああああーーーーーーーー!!!!」
スチュワーデスA「きゃああああああーーーーーーーー!!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

女好き「す、すごい 光景だ・・・・・!! (カシャ! カシャ! カシャ!)」

シャル「すげぇぇぇぇぇぇぇーーーーーーーーーーーー!!!」
ビビ「あ!危ない・・・・・!!突っ込む・・・・・!!!」



ズガーーーーーーンンン!!・・・・・ドカン!ガシャン!

ガシャンガシャンガシャンガシャンガシャンガシャンガシャン ・・・・・!!!
パリーーーンンン!!・・・・・・ドガシャァァーーーーーーンンン!!



もう明やい「うおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


189 :K:02/03/01 17:23
396 名前:K 投稿日:2002/02/28(木) 23:21 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE113

旅客機 操縦室

ガタガタガタガタガタガタガタガタ・・・・・!!!

機長「くそ・・!!と、止まれ・・・・・・!!!」
パイロットA「くっ・・・・・・!!」
パイロットB「・・・・ハッ!!機長!!前方に新中駅が・・・・!!」
機長「な・・・!!」
パイロットA「と、止まれーーーーーーーーーー!!!!」

ガタガタガタガタガタガタガタガタ・・・・・・!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
新中駅 東口 噴水前

男「ねえ・・・・・なんか寒くなってこない・・・・?どっか入らない・・・?」
女「別に寒くないけど・・・・?」
男「あ・・・そう・・・・?いやその・・・・なんか行く所ないかなぁって・・・」
女「そろそろ帰らなきゃ・・・・」
男「え?まだいいじゃん・・・。まだきみといたいんだよ・・・・。」

女「・・・・・・ち、ちょっと・・・・・・あれ・・・・なに・・・・・???」
男「俺さ・・・・・前から・・・きみのことが・・・・」
女「ち、ちょっとそんなことよりあれ・・・・飛行機じゃないの・・・??!!」
男「え・・・・・・・?」

グァァァァァアアアーーーーーーーーーーーーー!!!・・・・・・

男「うわあああああああああ!!!!な・・・・なんだああああああ????」
女「こっちへ来る・・・・!!!きゃああああああああーーーーーー!!!」

警官「危ない!!下がって・・・・・!!」
市民F「ゲェェェェーーーー!!え、駅に突っ込むーーーーーーー!!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
旅客機 操縦室

パイロットA「機長!!噴水が・・・・・!!」
機長「知るか!!もう私は知らん!!!どうにでもなれ!!」
パイロットB「うわあああああああーーーーーーーー!!!!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





ドガッシャァァァァアアアアアーーーーーーーーーーーーーンンン!!!!!





○月■日 ×曜日 午前01時58分 新中駅 東口 噴水前
旅客機 停止   着陸地点からおよそ700m地点



190 :K:02/03/01 17:23
397 名前:K 投稿日:2002/03/01(金) 00:58 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE114

新中市 某所 CHANNEL2 本部

ひろゆき「・・・・・さて・・・・・・・・・」
うにゅう「どうする・・・・・・・・・?」

ひろゆき「・・・・・・・・・・・・・・」

うにゅう「・・・・・(こいつ・・・・抜く気だな・・・)・・・・」

ひろゆき「・・・・・・(ピクッ)・・・・・」

ジャキン!!

うにゅう「・・・・(やはり・・・!!)・・・・」



ズダァァァァーーーーーーーーンンン!!



ひろゆき「・・・・・う・・・!!・・・・バカ・・・な・・・!!」

ドタリ・・・・・

うにゅう「・・・・警察を甘く見たな・・・ひろゆき・・・・。お前は
   コンピューターのスペシャリストかもしれんが、銃にかけては素人だった
   ようだな・・・・・。」
ひろゆき「・・・・・・・くっ・・・・・」

ガク・・・・・・

うにゅう「・・・・・(殺すしかなかった・・・・・・)・・・・・」

うにゅう「だが・・・・・・これで・・・・終わったか・・・・・。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



191 :K:02/03/01 17:24
398 名前:K 投稿日:2002/03/01(金) 01:03 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE115

うにゅう「もしもし・・・署長・・・・。うにゅうですが・・・・、はい・・・・
   ええ・・・・分かりました・・・ではここで待機しています・・・(ピッ)。」

うにゅう「ふぅ・・・・おっと・・・、このCDは回収しとかないと・・・」



ダァァァァーーーーーーーーンンンン!!!・・・・・・・



うにゅう「がっ・・・・・!!」

ドタリ・・・・・

ひろゆき「あーあ、やっぱり銃ではあなたに叶わなかった・・・・。確かに甘く
   見ていましたよ・・・・うにゅうさん・・・・・。」

うにゅう「・・・・・うぅ・・・・・な、なぜだ・・・なぜ生きている・・・・」
ひろゆき「備えあれば憂いなし・・・・・・こんなこともあろうかと防弾ベストを
   下に着用していました・・・・。残念でしたねうにゅうさん、狙うなら
   おいらの心臓ではなく頭を撃つべきでした・・・・・。」

うにゅう「・・・・・ふふふ・・・そ・・そうか・・・・・ははは・・・・」
ひろゆき「・・・・・何がおかしいんですか・・・?死を直前にしてついに
   気がふれましたか・・・・・?」

うにゅう「お・・・・[お前も]・・・・・・着て・・・いたか・・・・。」

ひろゆき「・・・??・・・[お前も]・・・・・・??・・・・ハッ!!」

ガツッ!!!


192 :K:02/03/01 17:24
399 名前:K 投稿日:2002/03/01(金) 01:04 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE116

T「バカめええええええええ!!!!引っかかったなああああ!!!!」
ひろゆき「な・・・・!!お前も・・・防弾ベストを・・・・!!
    く、くそ・・・・!!は、放せ・・・・!!」

うにゅう「ひろゆき・・・・お前は大きく見間違えていたな・・・・・・。
    お前は・・・こいつらのことも・・・・甘く見ていた・・・・・。」
ひろゆき「く・・・!くそ・・・!!・・・・・ハッ!!」

ちたん「おい!あんた!なぜだ!なぜ俺はまだ生きてるんだ!!アヒャヒャヒャヒャヒャ!!!
                              ∧_∧
                            ( ゚∀゚ )
 ∴;。"*;∵ヽ;';*∴;。"*;∵ヽ;';*∴;。"*;∵ヽ;';*∴;。"*∵~~~~~~~
アヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャアヒャア
アヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャアヒャア
                       ヽ(゚∀゚)ノ
                        ( へ)
                         く  ミ3
                              ミ3
         |\+      (゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚) 
         | |    (゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚) 
     ∧_∧| 」   (゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚) 
    (  ゚∀゚ )‖  (゚∀゚)(゚∀゚)                (゚∀゚)(゚∀゚)
    (    ⊃  (゚∀゚)(゚∀゚)                (゚∀゚)(゚∀゚)
    | | |    (゚∀゚)(゚∀゚)                (゚∀゚)(゚∀゚)
    (__)_)    (゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚) 
               (゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)
アヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャアヒャアヒャアヒャアヒャアヒャアヒャ
アヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャアヒャアヒャアヒャアヒャアヒャアヒャアヒャアヒャアヒャアヒャ」

ひろゆき「ち・・・ちたんまで・・・・!?」
うにゅう「フフ・・・・・お、俺は着用していなかったがな・・・・・」

ジャキン!!

ちたん「あの世で俺にわび続けろひろゆきーーーーーーー!!!!!!」
ひろゆき「ま、待ってくれ・・・・・・!!」
うにゅう「よ・・・よせ・・・!!ちたん・・・!こ、殺すな・・・!!」
T「ちたあああああんん!!やれーーーーーーーーーーーー!!」

193 :K:02/03/01 17:25
ガツン!!

ひろゆき「うあっ・・!!・・・・・」

ドタリ・・・・・・

うにゅう「・・・・・!!・・・・・ちたん・・・・・・」

ちたん「家族の居所をまだきいてない。頃したいけどまだだめだ。」
T「ああああああ・・・・・そうだったあああ・・・・・・」

うにゅう「・・・・・・ちたん・・・・・・・・・。」

ファンファンファンファンファンファン!!(パトカー)
キキキィィーーーーーーー!!

うにゅう「ようやく到着・・・か・・・・。ふぅ・・・・・疲れた・・・・・
   もう休みたい・・・・・。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

194 :K:02/03/01 17:26
402 名前:K 投稿日:2002/03/01(金) 01:58 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE117

新中市 某所 CHANNEL2 本部 正門前

救急隊員A「おい!担架を持ってこい!」
救急隊員B「よし、乗せるぞ!いち、にの・・・・さん!!」

ドサ!

うにゅう「うぅ・・・・・・」
救急隊員「もう大丈夫ですよ警部補、すぐに病院へ運びます。」

署長「ご苦労だったな、うにゅう警部補・・・・。大丈夫か?」
うにゅう「あ・・署長・・・・・。ひろゆきは・・・・?」
署長「たった今パトカーで連行させた・・・・・。」
うにゅう「そうですか・・・・・。旅客機のほうは・・・・?」
署長「安心しろ、なんとか不時着に成功した。あとの処理がかなり大変だがな。
   国道○号線は警官と野次馬だらけだ・・・・。」
うにゅう「ふぅ・・・・・・よかった・・・・・。」


警官A「おい!おとなしくしろ!」
T「ああああああああああ・・・・・・・・・・」
ちたん「・・・・・・・・・・・・・」
警官B「おいちたん、手を出せ。手錠が掛けられないだろ・・・。」
ちたん「・・・・・・・・chottomatta・・・・・・」

警官B「おい待て!ちたん!どこへ行く?!」
ちたん「・・・・・・すこし話するだけだよ・・・・・。」

署長「何の用だ、ちたん・・・・。」

195 :K:02/03/01 17:26
ちたん「・・・・・・・・・・・・」
うにゅう「・・・・・ちたん・・・か・・・・?」
ちたん「・・・・なぜボクらが防弾ベスト着てるのがわかった?」
うにゅう「・・・・ハハ・・・・。あ、あれだけ撃たれて流血一つしてなかった・・・
   変だと思わない方がおかしいだろう・・・・?」
ちたん「・・・・・・naruhodo。あんたやっぱすごいな・・・・・。」
署長「おいちたん、もういいだろう?早く行け・・・・・。」

ちたん「あ、あともう一つ・・・・・・。」

うにゅう「・・・・・・なんだ・・・・・・?」

ちたん「・・・・・・・・・・ありがとう・・・・・・・。」

うにゅう「・・・・・・・・・・・・・・・・」

署長「・・・・もういいだろう。おい、連れてゆけ。」
警官A「はっ・・・。」
警官B「さあ来るんだ・・・・。」

ちたん「・・・・・・・・・・・・・・・」


○月■日 ×曜日 午前02時35分
CHANNEL2の首謀者 ちたん 逮捕
及び脱走を図ったCHANNEL2の爆弾魔Tも捕獲。
そしてCHANNEL2の黒幕 ひろゆきを連行。



196 :K:02/03/01 17:27
403 名前:K 投稿日:2002/03/01(金) 10:57 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE118






この日、この時刻をもって全国を震撼させたCHANNEL2事件は幕を閉じた・・・・。







197 :K:02/03/01 17:27
407 名前:K 投稿日:2002/03/01(金) 14:06 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE118

それから一週間後・・・・・・意識を取り戻した異端者警部のもとへ
うにゅう警部補が見舞いに訪れた・・・・。

新中市 新中A大病院

うにゅう「警部、具合はどうですか?」
異端者「今日はだいぶいい・・・・。今回はよくやってくれた、うにゅう君・・・。」
うにゅう「いえ・・・・・。」
異端者「君も撃たれたんだってな、もう歩いても大丈夫なのか?」
うにゅう「はい、幸い急所は外れていたので・・・・。」
異端者「そうか、よかった・・・・。」
うにゅう「あの・・・・・警部・・・・・・」
異端者「ん・・・・?どうした?」
うにゅう「その・・・・・・・・何て言ったらいいか・・・・・・・
    ・・・・・(ワイロを払ったのかどうかなんて聞けない・・)・・・・・
    ・・・いえ・・・・何でもないです・・・・・。」
異端者「・・・・・そうか・・・・・。」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
異端者「・・・・ところでへじほ君はどうした・・・・・?」
うにゅう「彼女は相変わらずイェイの病室に入ったきりですよ・・・・。あれから
   ずっと・・・・・」
異端者「・・・・・・・・彼の見込みはどうなんだ・・・・・?」
うにゅう「主治医の話では・・・・・もう長くはないと・・・・・。」
異端者「・・・・・・・・・・・・・・・」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
特別集中治療室 

コンコン・・・・ガチャ・・・・・

うにゅう「お邪魔するよ・・・・へじほくん・・・・。」
へじほ「・・・・・・・・・・・・・」
うにゅう「また痩せたな・・・へじほくん・・、・・少し休んだ方がいいぞ・・・。
   それに何か食べないと・・・・・・。」
へじほ「・・・・・・・・・・・・・」

へじほ巡査はイェイのベッドの隣りでただ呆然と座っているだけだった・・・・

イェイ「・・・・・(シュー)・・・・(シュー)・・・・(シュー)・・・・・・」

うにゅう「・・・・・・・・また来るよ・・・・へじほくん・・・・。」
へじほ「・・・・・・・・・・・・」

ガチャ・・・・・・バタン

鈴木五郎「キミ・・・・うにゅう警部補の言うとおりだぞ・・・・。このままだと
   キミまで倒れてしまうぞ・・・・・。」
へじほ「・・・・・・・・・・・・・」
鈴木五郎「弟を撃ってしまったことは心中を察するけど・・・・・キミの判断は
   警官として間違っていなかったよ・・・・・。」

へじほ「・・・・・・・・・・・・・」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



198 :K:02/03/01 17:27
408 名前:K 投稿日:2002/03/01(金) 14:09 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE119

新中警察署 留置所にて・・・

警官A「ちたん、面会人だ・・・・・。」
ちたん「・・・・・・dare?」
警官B「どうぞこちらへ・・・・・・。」

母「・・・・・・・元気そうね・・・・」
ちたん「・・・・!!」
姉「あんたこんなトコで何やってんの?」
妹「おにいちゃん・・・・・・・・。」

ちたん「今までどこに・・・・・・。」
姉「ひろゆきとかいうヤツのアジトの地下シェルターの中よ。・・・・おかげで
  あんなトコにずっと幽閉されてたんだから・・・・。」
ちたん「地下シェルター・・・どおりでCDで探索しても見つからないわけだ・・・」
母「裁判はいつなの・・・・・?」
ちたん「三日後・・・・・・。たぶん刑務所行き・・・・・。」
妹「・・・・・だっておにいちゃんはあたしたちを助けるために・・・!!」
姉「世の中そんなに甘くないのよ・・・・。」
妹「でも・・・・!!」

母「・・・母さんたちあんたが帰ってくるのいつまでも待ってるから・・・・。」

ちたん「・・・・・・・・・わかってる・・・・・・・。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

そしてこの三日後、新中裁判所にてCHANNEL2事件の裁判が行われた。

・・・・しかし裁判が始まって一週間も経たずにCHANNEL2の狙撃手イェイは
新中A大病院で息をひきとった。

・・・そしてその二日後、彼の後を追うように姉のへじほ巡査は
過労と拒食症による栄養失調のため他界。



・・・・・・・・・・・やがて判決が下された・・・・・・・・・・・・




199 :K:02/03/01 17:28
409 名前:K 投稿日:2002/03/01(金) 14:13 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE120

CHANNEL2の元警察官 鈴木五郎被告 

判決:有罪 
××刑務所にて懲役7年〜10年の刑 
しかし彼は獄中にて隠し持っていたナイフで自分の頸動脈を切り、自殺を図った。
遺書はなし。



CHANNEL2の爆弾魔T被告

判決:有罪 
××刑務所にて懲役7年〜12年の刑
現在服役中。
しかし彼は看守の部屋に爆弾を仕掛けるなどをして、たびたび独房へ入れられた。



CHANNEL2の首謀者ちたん被告

判決:有罪 
××刑務所にて懲役12年〜15年の刑
現在服役中。
彼は獄中で物理学などを勉強し、学位を二つも取得した。



CHANNEL2の黒幕 ひろゆき被告

判決:有罪 
××刑務所にて懲役12年〜20年
だが服役一ヶ月後に同室の囚人によって殺される。
殺人の理由は、あるTV番組に出演しているアイドルの話題をしていたところ、
ひろゆきがそのアイドルに対して否定をしたことにより口論となり、殺人に至る。





200 :K:02/03/01 17:28
410 名前:K 投稿日:2002/03/01(金) 14:15 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE121


なお、異端者警部のワイロの疑いはディスクが消滅したことにより、裁判には
かけられなかった。情報CDは政府の元へ保管されることになり、異端者警部と
○×新聞社編集長の洋芥子ラゴンにはおとがめはなかった。

だが異端者警部は退院後、自ら辞表を署へ提出、新中警察署から去っていった・・・。
その後うにゅう警部補は警部へ昇格、現在も新中警察官である。


○×新聞社の洋芥子ラゴンと女好きは今回の事件の取材により、○▲TV局から
24時間密着取材に出演が決定した。彼ら二人が自らレポートした取材内容を
TVを通じて2時間枠で公表。そのときのTVの視聴率はかなり上がった。





         ・・・・・・そして一ヶ月後・・・・・・・・

日本中を震撼させた新中市CHANNEL2事件は次第に人々の間で口にしなくなり、
時がそれを忘れ去っていった・・・・・・。

2ちゃんねるの掲示板は元の平穏な日々を送っていた。第2のCHANNEL2を
真似した輩が増えたりもしたが、それも次第に薄れ、そして消えていった・・・・。



201 :K:02/03/01 17:28
411 名前:K 投稿日:2002/03/01(金) 14:17 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE122

新中市 西友デパートにて・・・・

妻「ねえ、もうパソコン買うのやめたの?」
ダース「もういいや、俺には性に合わないし・・・・。」
子供「パパー!福引き福引きー!」
ダース「かんべんしてくれよ・・・・・」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
新中駅前・・・・

1000ワッカ「こいつをダウソするには・・・・・」
考える鳥「なるほど・・・・・。しかしさ、駅前でノートパソコン開くの
    やめようよ・・・・。恥ずかしいだろ・・・・。」
1000ワッカ「なんでさ、別にいいじゃん。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

女好き「渋滞 か・・・・。 また 事件じゃ ないだろうな・・・。」
aほ「相変わらずだな・・・・。だけどお前も少し変わったな・・・・。」
女好き「そうか・・・? 例えば 何だ・・・・?」
aほ「以前のように事件好きではなくなったな。」
女好き「そうだな・・・・・・俺は 根っからの 女好き だ・・・(藁)」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

*「ねぇねぇ彼女、ドコ行くの?ちょっとつき合わない?」

*「もしもし・・・。あ、課長。はい・・・はい・・・あ、その件なら・・・」

*「えーーー!?一万しか取ってないのぉ??!それって安すぎない?」

*「これがオベリスクのカードだぜ!すげーだろー!」

*「はぁ・・・・・しゃーない、ガッコ行くか・・・・。めんどくさー・・・。」



202 :K:02/03/01 17:29
412 名前:K 投稿日:2002/03/01(金) 14:19 ID:???
       CHANNEL 2      PAGE123 「最終話」




・・・・・・この文明社会にはさまざまな情報が飛び交っている・・・・・・・
・・・・・・文明が発達すると同時に、「犯罪」もまた進化していく・・・・・・
・・・・・・人はたえず時間と戦いながらこの文明が発達していく社会で
生き延びていく者、挫折する者、成功を収める者、そして反逆する者が生まれ、
・・・・そして消えていく・・・・・・。

・・・・たった一人の人生を大きく変えることで、未来は変わるかもしれない・・・・


・・・・・・・・・あるいは 未来が 人生を 変えるかもしれない・・・・・・・





               CHANNEL 2
                 〜完〜








203 : :02/03/01 17:29
421 名前:新中 投稿日:2002/03/01(金) 15:46 ID:???
異端者 うにゅう へじほ 
ちたん T イェイ 鈴木五郎 
ねおぎこ ケイ・メイ ふにゅう スコール=本物 
女好き 洋芥子ラゴン 
ダースドラゴン 1000ワッカ 考える鳥 マターリ もう明やい シャル カレー信者 
ビビ 名無子
名無し龍 緑茶
ひろゆき
(敬称略)

勝手に使ってごめん。


422 名前:鬼畜兄貴@あとがき 投稿日:2002/03/01(金) 16:00 ID:???

やっと終わりました。初めてのコテ小説。
予定では100話以内でまとめようとしたんですが・・・・。

今回のテーマは「情報」でした。
なぜかいつもハッピーエンドにはしないというクセがありますね・・・。

この物語は「警察」と「テロリスト」、そして「マスコミ」。
現代社会にうごめくこの微妙な三角関係を描きたくて書きました。
ハリウッド映画によくありがちなストーリーです。

ドカーンとかズガーンとかで表現するのも限界がありますが、書いてる本人は
マンガや落書きでも書くようなつもりで、ただはしゃいでるだけです。

バトロワのような小説は僕には書けません・・・・。単純なものしか・・・。

最後まで読んでくれた皆さん、どうもありがとうございました。



204 :へじほ ◆HEjiHozU :02/03/01 17:33
転載完了。
コテハンやっててよかったなあと思う次第でした。

205 : ◆WufFFF/2 :02/03/01 21:01
>>204
凄ぇや姉さん!

206 :新オバケの厨太郎:02/03/01 22:22
majika!sugoina!

207 :メスカル ◆MURALp3I :02/03/02 00:18
>>63
サンクス!!
では、>>57-58の答えです。
A.= 4.谷川俊太郎
B.= 1.北原白秋
C.= 2.寺山修司
D.= 3.和田誠

どうでしょう?
予想は当たりましたか?
それにしても、このスレが異常な進み方をしていて、一瞬焦りました。
違うスレだったかと思いましたよ。(w
今夜は、ダメなんだけど、今度ゆっくり拝見させていただきま〜す。
ちなみに今夜は赤ワインのんでま〜す。

208 :へじほ ◆HEjiHozU :02/03/02 12:42
ここ厨房板よりかなり連投に甘い。。厨房板はすマイルさん作のを転載したんだけど
かなりエラー出た。
厨房板出のツールにやられないといいけど…。

>>205
ここまでの名作が2chに書かれないのは惜しいからね。壁はあまりdat落ち厳しくないので。
>>206
いや、すごいのは当然お主だよ。よくこんな短期間で書き上げた!感動した!!
>>207
一気にものすごい数のコピペしたからね。。かちゅの方はさぞかし重かったな(笑)
カンで、Bだけは当たりました(笑)
文章ではBが一番イイ!ミ・∀・ミ



209 :鞍馬トマト ◆MURALp3I :02/03/07 21:21
>208
先日全部読みました。
紙にプリントアウトされるんじゃなくって、モニター通して読むのが
ベターなのでしょうね。
ほとんど知らないコテハン達なのですが、知っていると楽しさ倍増
なんでしょうね。

まざあぐうす、私のお薦めもBの北原白秋ですよ。原文に忠実ではないけれど
言葉の感じがまァるくってすきです。

210 :age2ch.pl:02/03/10 07:11
>>1 itteyoshi

211 :へじほ ◆HEjiHozU :02/03/10 13:08
>209
感謝!作者さんが1週間2chに出てこないので心配。。。
FFドラクエ板のコテハンのみが登場しているのれす。

青空文庫で読めるかな?作品…


>210
ツールか……厨房板はいいとしてなぜばたーまで



212 :age2ch.pl:02/03/10 16:23
>>1 itteyoshi

213 :へじほ ◆HEjiHozU :02/03/10 22:31
oyasumi

214 :age2ch.pl:02/03/10 23:47
>>1 itteyoshi

215 :age2ch.pl:02/03/11 11:24
>>1 itteyoshi

216 :へじほ ◆HEjiHozU :02/03/13 13:40
厨房板ほぼ壊滅状態。。

217 :鞍馬トマト ◆MURALp3I :02/03/14 03:27
何か、大変のようですね。

218 :W☆30 ◆30GaaU1o:02/03/17 18:40
復帰しました♪♪
自治スレとか結構話し合ってみたりなんかした。面白かった。

219 :◆WufFFF/2:02/03/21 23:38
保守

220 :へじほ ◆HEjiHozU :02/03/22 12:31 ID:???
>>219
ありがd

またAAでも作るかな。


221 :へじほ ◆G93qp0D6:02/03/31 13:01 ID:???
作者どんがしばらく休業するそうなので
DQ小説を転載しにきた。

222 :へじほ ◆G93qp0D6:02/03/31 13:02 ID:???
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/kitchen/1017398683/l50
ちたん、T、Pt、真の厨房を称えるスレミ・∀・ミ


先日立てたスレ 1番右の人が作者

223 :へじほ ◆G93qp0D6:02/03/31 13:05 ID:???
http://game.2ch.net/test/read.cgi/ff/1015472259/




70 :K :02/03/20 00:06 ID:???
今から1億年以上も前のこと・・・・・・
歴史上では白亜紀やジュラ紀といった弱肉強食の世代・・・・

この世界にまだ人類が誕生していなかった頃、地上には爬虫類や鳥類に近い
「恐竜」という生物が君臨していた。

するどいツメやキバを持った恐竜たちは肉食動物の中でも
王の中の王という存在であった。

・・・・だが今から6500万年前、恐竜たちは突然この世界から姿を消す・・・




     ・・・・・・そして 現在 西暦2002年・・・・・・・・

224 :◆G93qp0D6:02/03/31 13:05 ID:???
71 :K :02/03/20 00:07 ID:???





          DRAGONQUEST  ロトの称号    

225 :◆G93qp0D6:02/03/31 13:06 ID:???
72 :K :02/03/20 00:09 ID:???
DRAGONQUEST  ロトの称号    〜第一章〜   PAGE1


西暦2002年 7月25日 夏
アフリカ南部 ザンビア 首都ルサカより北東153Km地点のある森にて・・・・

気温40℃の中、シムサン考古学者とその助手ラゴンの二人は
ある遺跡を調査しにこの森へやってきた。

シムサン「この辺りのはずだが・・・・・。む?あれか・・・・!」

ラゴン「ふぅ・・・暑いなぁ・・・。大先生、ち、ちょっと休みませんか・・・。
   足がもうヘトヘトで・・・それにノドも乾いて・・・・・。」
シムサン「ははは。ラゴンくん、もうへばったのか?ついに遺跡を発見したぞ。
   おそらくこの中に何か手がかりが見つけられるかもしれん。」

226 :◆G93qp0D6:02/03/31 13:06 ID:???
ラゴン「大先生、あれは本当に存在するんですか・・・?僕には現実離れしすぎて
   とても信じられないんですが・・・・・二千年前にこの世界とは別に
   もう一つの世界が存在していたなんて・・・・・。」
シムサン「ああ・・・・、それを証明させるためにここへ来たのさ・・・。
   私が世界中を回って探しあてたこの古文書によると、この遺跡には太古の昔
   とてつもない大穴が開いていたそうだ。・・・そしてこの地上にかつて
   存在していたモンスター達は何者かによってその大穴の中へ追放された
   らしい・・・・。どうやら大穴はこの世界ともう一つの別世界とを繋ぐ
   入口だったようだ。」
ラゴン「へぇ・・・・モンスターなんて生物がこの世に存在していたなんて
    ちょっと信じられないなぁ・・・・・。」

227 :◆G93qp0D6:02/03/31 13:07 ID:???
73 :K :02/03/20 00:11 ID:???
DRAGONQUEST  ロトの称号    〜第一章〜   PAGE2


シムサン「モンスターだけじゃないぞラゴンくん、かつてこの地上に君臨していた
   恐竜の生き残りだって・・・・。」
ラゴン「え・・・・?やだなぁ大先生、恐竜は6500万年も前にとっくに
   絶滅したはずじゃないですか・・・・。」

シムサン「これは私の仮説だが・・・一部の恐竜は生き残り、そしてその恐竜が
   進化した生物が存在していたのだと思う・・・・。」
ラゴン「進化・・・・・・?」
シムサン「そう、サルからヒトへ進化していったようにね・・・・・。」
ラゴン「・・・・・・・・」

228 :◆G93qp0D6:02/03/31 13:19 ID:???
シムサン「そして・・・・その進化した伝説の生物は、ある人物を追って
   その大穴へ入っていったともされている・・・・。」
ラゴン「・・・・ある人物?・・・それはいったい誰ですか?大先生。」
シムサン「・・・本名までは分からない、でも彼の出身はオーストラリアから
   はるか東の小島で生まれ育ったらしい。」
ラゴン「なんだか僕にはよく分かりませんが・・・この遺跡の中へ行けば
   何かが分かるかもしれませんね・・・・。」

シムサン「ああ・・・・、もう大穴は閉じているだろうが壁画くらいは
   見つけられるかもしれん。・・・さあ行こうか、ラゴンくん。」

ラゴン「はい、大先生。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

229 :◆G93qp0D6:02/03/31 13:25 ID:???
74 :K :02/03/20 00:13 ID:???
DRAGONQUEST  ロトの称号    〜第一章〜    PAGE3

遺跡あと 洞窟にて

シムサン「おい!ラゴンくん!このカベを見ろ・・・!」
ラゴン「・・・・?鳥のような絵が描かれていますね・・・・。大先生、
   この絵はなんですか・・・?」
シムサン「これは紋章だ・・・・。おそらくこの鳥のような絵は、私が先ほど君に
   話した恐竜が進化した伝説の生物を表しているのだと思う・・・・・。」

ラゴン「大先生!こんなところに書物が・・・・!!」
シムサン「む・・・、この書物の中に何か別世界についての記録があれば・・・・
    ・・・・・・あった!!この書物に違いない・・・!!」
ラゴン「やりましたね大先生!は、早く読んでみてくださいよ!」
シムサン「うむ・・・・それほど昔の書物ではないようだ・・・・。年代までは
   記していないようだが、おそらく100〜200年前のものか・・・」
ラゴン「なんだかドキドキしますね・・・・・・・。」

シムサン「えーと、なになに・・・・[むかしむかし はるか むかしのこと]・・・
   むぅ・・・どうやらこれは子どもが読むようなおとぎ話のようだ・・・・。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

230 :◆G93qp0D6:02/03/31 13:26 ID:???
75 :K :02/03/20 00:16 ID:???
DRAGONQUEST  ロトの称号    〜第一章〜    PAGE4

むかしむかし はるかむかしのこと・・・・

この世界に魔法と呼ばれる不思議な呪文や、鉄を金に変えてしまう
錬金術と呼ばれる技などが発達していたころのお話です。

そしてそこに生息している動物はモンスターと呼ばれており、中には
その時代よりももっとはるか昔に絶滅した「恐竜」と呼ばれる爬虫類と鳥類に近い
生物が進化した伝説の生き物もおりました。

それはその時代で「ドラゴン」と呼ばれる生物で、この世界の天上には
どんな願いでも叶えてくれる神の竜が存在するとも言われておりました。

しかしドラゴンの子孫の中には人間たちをおびやかす悪いドラゴンも誕生しました。

悪いドラゴンはたくさんのモンスターたちを従え、自らを竜王と名乗り、
この世界をわがものにしようとたくさんの人々たちを苦しめました。

それを見た神さまは地上のすべてのモンスターともども、悪いドラゴンを
この世界とは別な世界へ追放させました。

・・・こうしてこの世界にはモンスターは一匹もいなくなり、魔法に代わって
科学という文明が発達しました。

231 :◆G93qp0D6:02/03/31 13:33 ID:???
DRAGONQUEST  ロトの称号    〜第一章〜    PAGE5

・・・・しかし別な世界へ追放された悪いドラゴンは、そこでもその世界を
わがものにしようとたくらみ、「光の玉」と呼ばれるその世界の平和の源である
美しい宝玉をうばいました。

その世界はアレフガルドと呼ばれる神さまの使いがお創りになった世界であり、
かつてその世界には大魔王が君臨していたそうです。

悪いドラゴンはかつて大魔王が住んでいた城を乗っ取り、たくさんのモンスター
たちを部下にひきこみ、このアレフガルドをわがものにしようとたくさんの
人々たちを苦しめました。

しかしある日、ひとりの勇敢な若者によって悪いドラゴンをやっつけました。
そして光の玉を取り戻し、このアレフガルドに平和をとりもどしました。

人々は歓喜にあふれ、若者をたたえました。

その若者はその昔「ロト」と呼ばれた伝説の勇者の子孫だったのです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

232 :◆G93qp0D6:02/03/31 13:33 ID:???
勇者ロトとは、かつてこのアレフガルドに君臨していた大魔王をたおし、
この世界に光を与えた伝説の勇者として語り継がれていました。


・・・・そして勇者ロトの子孫たちはこの世界の未来を何度も危機を救い、

永遠にアレフガルドの伝説として語り継がれてゆきました・・・・・。

233 :◆G93qp0D6:02/03/31 13:34 ID:???
77 :K :02/03/20 00:20 ID:???
DRAGONQUEST  ロトの称号    〜第一章〜    PAGE6

シムサン「・・・・・・・・・・・」
ラゴン「やりましたね大先生!世紀の大発見ですよ!!」
シムサン「・・・・・・・・・・いや・・・・」
ラゴン「・・・・・・大先生?」

シムサン「・・・この程度では大発見とは言えないな・・・・。かんじんの
   裏の世界アレフガルドについての情報がほとんど記されていない・・・。
   第一伝説の勇者ロトが大魔王を倒してから、その後の行方がまったく
   書かれていない・・・・。やはり100〜200年前の書物ではな・・・。」
ラゴン「・・・・そうですか・・・・・・。」

シムサン「・・・・・・うん?これは・・・・・」

・・・・・・そのとき考古学者シムサンは書物の中にはさんであった古い手紙
       らしき紙を見つけた・・・・・・・・・・・・

234 :◆G93qp0D6:02/03/31 13:35 ID:???
シムサン「・・・・・・・・・・・・・!!」
ラゴン「大先生!!それは何ですか?!誰の手紙なんですか・・・?!」

シムサン「・・・・[あなたの愛する息子より・・・・母上へ・・・・]・・・・
   こ、これは・・・・まさか・・・・・」

ラゴン「息子・・・・?母・・・・・??」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

235 :◆G93qp0D6:02/03/31 13:35 ID:???
78 :K :02/03/20 00:24 ID:???
DRAGONQUEST  ロトの称号    〜第一章〜    PAGE7

・・・・・・・・あなたの愛する息子より     母上へ・・・・・・

このアレフガルドという不思議な世界へ足を踏み入れてどれくらいの年月が
経ったかわかりません。

どうかこの手紙だけは母さんの元へ届くことだけを願っています。

私はこのアレフガルドで、何人かの仲間たちとともに大魔王と戦い、
この不思議な世界に光を取り戻しました。

大魔王を倒したのち、私なりにいろいろと試みてみましたが、どんなことをしても
もう元の世界へは戻れないことがわかりました。

今からここへ書くことはおそらく母さんたちにはとても理解できないような
ことかもしれないでしょう。

母さんたちのいる世界からやってきた竜のモンスターは、たくさんの部下を
引き連れて今も私を追い続けています。

かつて私の仲間だったみんなも次々に殺され、とうとう私一人になってしまいました。



・・・・・・・・・そもそもの始まりはあのとき竜の女王からこのような
         光の玉などを受け取ってしまったために・・・・・・・・

236 :◆G93qp0D6:02/03/31 13:36 ID:???
79 :K :02/03/20 00:27 ID:???
DRAGONQUEST  ロトの称号    〜第一章〜    PAGE8

母「おきなさい おきなさい、わたしのかわいい息子や・・・・・。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

母「ここからまっすぐ歩くとお城です、王様にキチンとご挨拶するのですよ。
  さあ行ってらっしゃい・・・・・。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

竜の女王「あなたがもし魔王を倒すことができるのなら・・・・・あなたにこの
   光の玉を授けましょう。生まれ出るわたしの赤ちゃんのためにも・・・・」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

シュヴァァァァァーーーーーーーーー!!!・・・・バシュゥゥゥンンン!!

ゾーマ「ほう・・・わがバリアーをはずす術を知っていたか・・・・・。
   しかし無駄なこと・・・・、さあ わが 腕の中で息絶えるがよい!!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ゾーマ「よくぞ倒した・・・・・・。だが光 あれば 闇も またある・・・・・
   ワシには見えるのだ・・・・この世に再び何者かが現れよう・・・・
   だがそのときはお前はすでに年老いてこの世にはいまい・・・!!
   わははははは・・・・・・!!!・・・・・・ぐふっ・・・!!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

237 :◆G93qp0D6:02/03/31 13:37 ID:???
80 :K :02/03/20 00:31 ID:???
DRAGONQUEST  ロトの称号    〜第一章〜    PAGE9

王「よくぞ大魔王を倒してこの世界に光りをよみがえらせた!そなたに
  ロトの称号をあたえよう!・・・・勇者ロトよ!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

戦士「おいロト、どうした?お前も飲めよ。」
ロト「ああ・・・・・」

賢者「どうしたの?大魔王を倒したってのに元気ないわね?」
魔法使い「・・・・・ロトよ、このアレフガルドも悪くない世界じゃぞ。
   そなたの故郷アリアハンを想う気持ちは判るが・・・・。」

ロト「ごめん・・・・ちょっと外に行って風に当たってくるよ・・・・。」

戦士「そうか・・・・・・じゃあ後でな・・・・。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

238 :◆G93qp0D6:02/03/31 19:29 ID:???
81 :K :02/03/20 00:33 ID:???
DRAGONQUEST  ロトの称号    〜第一章〜    PAGE10





    かくして勇者ロトは ここ アレフガルドの 英雄となる。

   だが祝いの宴が終わったとき 勇者ロトの 姿は どこにも なかった。

    そして彼が 残していった 武器や防具は ロトの剣 ロトの鎧

        聖なる守りは ロトの印 として 

      のちの世に 伝えられて いったという・・・・・・・。

239 :◆G93qp0D6:02/03/31 19:30 ID:???
88 :K :02/03/20 05:07 ID:???




       DRAGONQUEST  ロトの称号    〜第二章〜    

240 :◆G93qp0D6:02/03/31 19:30 ID:???
89 :K :02/03/20 05:08 ID:???
DRAGONQUEST  ロトの称号    〜第二章〜    PAGE11

ラダトーム城 明け方・・・・
城の地下にて

*「ぐぅぐう・・・・・」

ロト「・・・・すみません、ちょっと起きてください・・・・。」
*「・・・・ん?むにゃむにゃ・・・・ハッ!こ、これは・・・ロト殿・・・。
  失礼、どうなされたのですか・・・?」
ロト「うん・・・・、あなたにこれを・・・・。」
*「これは・・・・太陽の石・・・。なぜこれをワシに・・・・?いや、
  なにもおっしゃらなくても結構です・・・・。あなたの考えていることは
  分かっておりますぞ・・・・・。」
ロト「ありがとう・・・・、この世界の未来のためにその石を後継者たちのために
  役立ててください・・・。ボクはここにいても・・・・」
*「・・・・やはり行くのですな・・・・。」

ロト「・・・・・・帰れるかどうか分からないけど・・・・。」
*「・・・・・そうですか・・・。あなたがいなくなると寂しくなりますな・・・。
  しかしワシもあなたが無事、故郷へ帰れることを願っております・・・・。」

ロト「ありがとう・・・・、仲間たちには何も言ってないけど・・・彼らはこの
  世界が気に入ったみたいだし・・・・。」
*「・・・・・・お気をつけて・・・・勇者ロト殿・・・・。」

ロト「うん・・・・さよなら・・・・・。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

241 :◆G93qp0D6:02/03/31 19:30 ID:???
90 :K :02/03/20 05:11 ID:???
DRAGONQUEST  ロトの称号    〜第二章〜    PAGE12

マイラの村から西の塔 最上階にて

ロト「・・・・・・ルビス様・・・・・」

ルビス「よくやりましたね、勇者ロト・・・・・・。大魔王ゾーマを倒してこの世に
   再び光を取り戻したことを心から・・・」
ロト「ルビス様、もうそのセリフは世界中で聞き飽きました・・・・。それよりも
   ボクはアリアハンに・・・元の世界へ帰るにはどうすれば・・・?」

ルビス「・・・・・・・・・・・・・」
ルビス「・・・・勇者ロト、残念ですがギアガの大穴はすでに閉じてしまいました。
   この私でももうどうすることもできません・・・・。これからはこの地で
   生き、この地で子を産み、この地に骨を埋めていってはどうでしょう・・・?」

242 :◆G93qp0D6:02/03/31 19:31 ID:???
91 :K :02/03/20 05:12 ID:???
DRAGONQUEST  ロトの称号    〜第二章〜    PAGE13

ロト「・・・・・母さんたちに・・・ボクは身内の者たちに何も言わずに
   この世界へ来たんです、この世界は嫌いじゃないけど・・・・・やっぱり
   ボクには帰るべき場所があります、それはこの世界ではありません・・・。」
ルビス「・・・・・・・・・・・・・・・・」

ロト「ルビス様、・・・・何か方法はありませんか・・・?」

ルビス「・・・・・・・・・・・・」
ルビス「・・・・私には無理ですが・・・・方法は・・・ないことも・・・・。」
ロト「ホントですか・・・?!そ、それはどんな・・・?!」

ルビス「・・・・神竜に頼めば・・・・あるいは・・・・・でも・・・
   神竜はこのアレフガルドではなく上の世界に存在します・・・・・。」

ロト「神竜・・・・・??」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

243 :◆G93qp0D6:02/03/31 19:31 ID:???
92 :K :02/03/20 05:14 ID:???
DRAGONQUEST  ロトの称号    〜第二章〜    PAGE14

上の世界 竜の女王の城にて・・・・

A「何をしているの?」

B「あの竜の子の成長ぶりを日記に書いているのだよ・・・。」
A「そう・・・・・。あの子信じられないスピードで成長しているものね・・・。」
B「ああ・・・・怖いくらいにな・・・・。」
A「あの子誰にもなつかないし、それどころかこないだなんてあたしに
  おもいっきり噛みついてきたのよ。」

B「ふむ・・心配だな・・・ワシもこないだ夢を見た・・・あの子が大きくなって
  恐ろしい竜になって人々たちを苦しめる夢を・・・・・・。」
A「・・・・でもあの子は・・・女王さまからの頼みだし・・・・。」

B「うむ・・・・・、単なる思い過ごしだといいが・・・・・。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

244 :◆G93qp0D6:02/03/31 19:31 ID:???
93 :K :02/03/20 05:16 ID:???
DRAGONQUEST  ロトの称号    〜第二章〜    PAGE15


生まれてから一日目


その竜の子が卵から出てきたとき、まわりに私達がそばにいたのにも
かかわらず、その子は誰にもなつかず、そして母親を捜そうともしなかった。

この種族には`すり込み’という習性がないらしい。

私達はその瞬間、この子は卵の中にいるときから私達の話し声を
聞いていたのだの理解した。

`この子は自分の母親はもうすでにこの世にいないということ知っている’

そしてその子は卵から孵化してわずか2分たらずで飛ぶことを覚えた。
それから1時間もしないうちにその竜の子は[何か]を探し始めた。

食べ物を探しているのか、母親の亡骸を探しているのか私達にはさっぱりだった。
そして竜の子は私達に訴えかけるように吠えだした。

まるで竜の子は[貴様らアレをどこに隠した]と脅迫しているかのように、私達に
襲いかかるように吠えだした。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

245 :◆G93qp0D6:02/03/31 19:32 ID:???
95 :K :02/03/20 05:20 ID:???
DRAGONQUEST  ロトの称号    〜第二章〜    PAGE16


生まれてから二日目


まだ何も教えてもいないのに竜の子は突然言葉をしゃべりだした。
どこで聞いて覚えたのかは知らないが、ともかくその子が最初に覚えた言葉は

             `ぶち殺すぞ’

だった。私達はこの子を一度、神竜様に会わせたほうがよいのではないかと
思い始めていた。

この竜の子は一度暴れ出すと一時間はそこら中に炎を吐き、目にとまる者を
次々に噛みついたりする。

今はまだ私達数人がかりで何とか取り押さえられるが、これ以上成長すれば
私達の身が危険になるかもしれない・・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

246 :◆G93qp0D6:02/03/31 19:34 ID:???
96 :K :02/03/20 05:22 ID:???
DRAGONQUEST  ロトの称号    〜第二章〜    PAGE17


生まれてから一週間後


わずか一週間にして竜の子はドラゴン種族の成人体型になる。

どうやら竜の子は母親の形見である「光の玉」を探していたようだ。
この城にないと分かると竜の子は突然私達に問いかけた。

      `勇者のガキはどこへ行ったか知らねェか?’

彼は以前仲間たちとともにここへ現れたことがある。
しかしその後の彼の行方など私達が知るわけがない・・・・。

竜の子は私達が本当に知らないと分かると機嫌をそこねたのか、城の外壁を
破壊し、私達の仲間を数人半殺しにされた・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

247 :◆G93qp0D6:02/03/31 19:34 ID:???
97 :K :02/03/20 05:24 ID:???
DRAGONQUEST  ロトの称号    〜第二章〜    PAGE18


生まれてから10日目


ゆうべはなぜか竜の子はこの城にいなかった。
どこに行っていたのか聞きたかったが、最近は恐ろしくて何も聞けない。
だが竜の子は私に言った。

    `神竜に会ってきた、テメェらじゃ話にならねェからな。’

私は危うく持病の心臓発作を起こしそうになった。
心の中まで読めるのか・・・・・・・・・・。

神竜に会うためには真の勇者しか行けぬはずなのに・・・・

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

生まれてから11日目

ついに竜の子はこの城から去っていった。
私達はほっとしたが、女王さまからのたっての願いを叶えてあげられず
ただどうすることもできなかった自分達に腹立たしさを感じた・・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

248 :◆G93qp0D6:02/03/31 19:35 ID:???
105 :K :02/03/21 05:17 ID:???
DRAGONQUEST  ロトの称号    〜第二章〜    PAGE19

・・・・・そいつはドラゴンのような姿をしてはいるが、パワーを抑えるために
人間と同じ姿にも変身できる・・・・・・

・・・・・だがそいつは人型の形態でもすさまじい戦闘力を持つ・・・・・・

・・・・・・私(ロト)が見るかぎりでは、ヤツは間違いなく・・・・・

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ドムドーラの町 武器屋にて

竜王「まずはこの町から当たってみるか・・・・。竜の姿では目立つから
  人型の形態になっておくかな・・・・。」

売春婦「お・に・い・さん。あなたけっこうイケてるわね♪。わりとあたしの好み
  だから安くするわよ♪2000Gでどう?」
竜王「目障りだ、消えろ。テメェのような薄汚ねェ娼婦なんぞに用はない。」
売春婦「まぁなによ!!失礼ね!あんたカオはハンサムなクセして口が
   めっちゃ悪いわね!ば〜か、こっちから願い下げよ!!」

竜王「くだらねェ町だな・・・・そのうちブッ潰してやるか・・・。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

249 :◆G93qp0D6:02/03/31 19:36 ID:???
106 :K :02/03/21 05:20 ID:???
DRAGONQUEST  ロトの称号    〜第二章〜    PAGE20

ゆきのふ「ここは武器と防具の店だ、どんな用かね?」
竜王「・・・・ロトというヤツがここへ来なかったか?」

ゆきのふ「ほう・・・!お客さん運がいい!実は勇者ロトが装備していたという
  鎧がウチにあるんですよ!ほら、これがそうです。・・・・見て下さいよ、
  この完璧なまでの防御力、そして美しいまでの光り輝いた・・・」

ガツッ・・・!!

ゆきのふ「う!ぐ・・・ぐぁ・・・ぁぁ・・!!な、なにをするんだ・・・!」
竜王「オイ、オレはヤツが着ていた鎧なんぞに興味はねェんだ。勇者ロトの
  行方を捜している・・・・。知っていることを話せ、このまま絞め殺すぞ。」

ゆきのふ「ぅぅ・・!!・・・・ぼ、僕は・・・なにも・・・・・!」
戦士「おい!お前!何をしているんだ!放してやれ・・・!」

竜王「・・・ん・・?誰だテメェ・・?いや・・・声は聞き覚えがあるな・・・。」

ドサ!!

ゆきのふ「はぁ・・・はぁ・・・!!」
戦士「大丈夫か・・・・?」
ゆきのふ「は・・・はい・・・・な、なんとか・・・・。」

250 :◆G93qp0D6:02/03/31 19:37 ID:???
107 :K :02/03/21 05:22 ID:???
DRAGONQUEST  ロトの称号    〜第二章〜    PAGE21

戦士「乱暴なやつだな、用があるのなら俺が聞いてやる。ちょっとそこまで
   顔を貸してもらおうか・・・・。」

竜王「ホゥ・・・、威勢がいいな。ちょうどいい、テメェに聞くことにしよう・・。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ドムドーラの町はずれにて

戦士「ぐ、ぐぉぉぉおおお・・・・バ、バカ・・・な・・・!この俺が・・・!!」
竜王「どうした、もう終わりか?テメェは呪文も使えねェのか・・・?
   呪文が使えないのならせめて身体を回復させるようなアイテムぐらい
   持っておくべきだったな・・・・・。」

戦士「・・・・(こ、こいつなんて強さだ・・・・!!)・・・・」
竜王「テメェの声にはどうも聞き覚えがあると思っていたが・・・・テメェは
   勇者ロトの仲間だな・・・?」

戦士「・・・・!!な、なぜそれを・・・・?!」

251 :◆G93qp0D6:02/03/31 19:37 ID:???
108 :K :02/03/21 05:24 ID:???
DRAGONQUEST  ロトの称号    〜第二章〜    PAGE22

竜王「卵の中でテメェらがオレに話しかけてたのを覚えている・・・。あいにく
   オレは一度聞いた声は必ず覚えてしまうのでな・・・・。勇者ロトは
   どこにいる・・・・?」
戦士「卵・・・・・?!・・・そ、そうか・・・!貴様はあの竜の女王の・・!!
   だ、だがギアガの大穴は閉じてしまったはずだ・・!なぜこの世界に・・・!」

ザシュッ!!

戦士「うぉぉぉぁぁあああ!!・・・・く・・・くそ・・!!」
竜王「オイ、そんなことテメェに話してオレに何か得があんのか?もう一度だけ
   言うぞ・・・・。勇者ロトの野郎は光の玉を持っているはずだ・・・、
   ヤツはどこにいる・・・・・」

戦士「・・・・・し・・知らん・・!俺たちだってあいつを捜して・・・」
竜王「・・・・・フン、では質問を変える。他の仲間はどこだ・・・?」

戦士「・・・き、貴様のようなやつに・・・だ、誰が言うものか・・・!!」
竜王「・・・・そうか、時間を取らせて悪かったな。・・・・あばよ。(ギィィィン・・・)」

ズガァァァァーーーーーンン・・・・・・!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

252 : :02/04/22 10:26 ID:???
a

266 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)